IMG_0591
レトロフリーク発売前にretron5の遅延について検証してみました。
今回はスーファミソフトの検証です。スーファミとretron5を両方起動し、
コントローラのボタンを同時に押し、2つの音声を同時に録音して遅延を検証しました。


コントローラを2本用意します。
コントローラを分解し、Rの部分の2箇所に リード線を半田で配線します。
IMG_0598

コントローラーに配線した線を2回路2接点のスイッチに配線。
IMG_0599

同じ作業をもう一つのコントローラでも行い、スイッチの反対側に配線。
これでスイッチをオンにすると2つのコントローラが同時に押される仕掛けの完成です。

スト2のソフトを2本用意して両方を起動。
オプションのサウンドモードの適当なSEを同時に押し両方の音声を左右片側づつ録音します。イメージ642



録音した音声データを比較します。
fdd6ed59

上がスーファミ実機 下がRETRON5になります。
実機が1.52秒に再生させているのに対し、retron5は1.62秒後に再生されています。
結果、0.1秒retron5が遅延していることがわかりました。

15/12/07追記
例のスレで晒されていたので追記します。
入力そのものが0.1秒(6フレーム)遅延しているわけではありません。

入力の遅延+音声遅延+分離機の遅延=6フレームの遅延となります。(分離機の遅延は体感できる数字では無いと思いますが一応。)
操作して体感する入力遅延は当然それ以下の数字となります。

録音方法について
①↓のような製品でミニプラグからRCA入力に変換してPCのマイクに接続


②SFCのコンポジ出力の音声の片側だけをPCに接続したRCA入力に接続

③HDMI入力を↓のスプリッターのミニプラグをRCA出力に変換し、もう片側のRCA入力に接続


④PCから適当なソフトで録音


入力遅延について、良い検証方法あればご教示ください。