日本国憲法に大きく関わったというチャールズ・ルイス・ケーディスについて調べたりしております。
→ こちら

ケーディスは日付にこだわったらしいのですが、本人が亡くなったのは1996年6月18日です。
そこで、6月18日はどういう日であるか調べてみました。

1953年6月18日に、小平市で米軍機の墜落事故があったのだとか。

その動画を見つけましたのでご紹介いたします。




日本国憲法に関わった人たちは、理想の国をつくろうと努めたことは確かだと思います。

日本国憲法9条は、アメリカの目標としてつくられたものではなかったでしょうか。
その目標のために日本がつねに働きかけていくことを期待されていたのではないでしょうか。

国際情勢が不安定な時期には、飛行機の整備に工作があるなどして問題が多く出てくるのではないかと思われます。

オスプレイの事故の原因究明がはっきりしない段階での飛行訓練は中止してくださいますようにお願いいたします。



NO WAR!

ランキングにご協力ください。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村