「見送る人々」は1938年に二科展に初入選の作品とのこと。そして阿部合成の代表作となったのだという。日中戦争の出征の見送りを題材としているとのこと。
DSC02854


黒田猛「幻の画家 阿部合成と太宰治」より
・画面の左下隅に子供達、その後ろに中学生、青年、中年男。熱狂して日の丸を振る群衆は、くずれおちる怒涛のように鑑賞者の頭上におおいかぶさる。その人波のかげには泣きくずれる女達老人達。右上の空間には飢饉(ケガジ)で荒れた野面を遠去かってゆく雪ぞりの上の出征兵。ここには絵巻物の、時間的経過を同一画面上に同時存在させた手法がとり入れられている。
 絵の中心、対角線の交点には孫絵里子を抱いた老父を、その後ろに右頬をかくして凝視するのは妻千代、左隅の中学生は教え子の小坂圭二がモデルになったと聞いている。
 実際の津軽の見送り風景がこのままだったというのではない。この絵は見送る人々それぞれの心の中にひそむ「君死にたまふことなかれ」の真実を阿部合成は描いたのである。だからこそ会場では人々の足をとめ、目をひき、国際写真情報の口絵にとりあげられたのである。

********************************
1937年(昭和12年)の7月に杉並にアトリエが建てられ、秋に長男和唐が誕生して、充実した環境の中で完成された作品であった。
しかし、この「国際写真情報」に掲載されたことによって、28歳の阿部合成は反戦画家としての扱いを受けることになったらしい。  → こちら
日本人が悲壮な黒人もしくは無智な土人のような印象を与え聖戦に影響を与える・・・・・

1938年ならばまだ引き返すこともできたのかもしれないのに、外交官の一言は大きな影響があるという例ではないだろうか。

昭和13年に反戦画家とされることによって、活動の場が少なくなり、また軍に3度召集され、その3度目で中国・満州に転戦、シベリア、北鮮で抑留生活とのこと。
抑留されたときは、画家としてソ連兵の似顔絵を描いて部下を養うなどリーダーシップを発揮できたらしい。
しかしまた、その抑留生活の中で持ち前の大きな器が傷つけられた・・・・・ということがあったのではないだろうか。帰国後しばらく異常な行動があったとのこと。

さて、この「見送る人々」が描かれていたときは、太宰治は最初の(内縁の)妻小山初代と別れて美知子と結婚する前であり、杉並のアトリエをよく訪れていたらしい。
この絵の群衆の中に太宰治はいないものか・・・・・

右上の生気を失った手 これは太宰治の手ではないだろうか。
もしそうならば、なんとまあ、複雑な関係なのだろう。

黒田猛は、この絵とともに太宰治「風の便り」をあげている。「風の便り」は こちら
嫉妬とかでは説明できない、複雑な愛憎でしかも自分と相手の気持ちが入れ替わったりするような関係とでもいうべきか。

阿部合成は、自分の運命を予知して太宰治の手で表現した?
自分の運命というよりは、日本の運命であるのかもしれない。

阿部合成と太宰治の透視力が重なった絵・・・・・ということだろうか。

そしてまた、阿部合成のこの絵によって、気の小さな太宰治は覚悟ができたのかもしれない。

NO WAR!
ランキングにご協力ください。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村