DoRide Diary

DoRideのサイトにある「日記(Diery)」を携帯(ガラケー)で見られるようにする為のブログ。

2005年05月

5月29日

はいはい。

この週末は暖かくてサイクリング&トレーニング日和でしたな。

メッセンジャーの塩井鉄平くんからメールが来ています。

//////////////////////////////////////////////////

こんにちは、てっぺいです。
こちらはすでに北海道の夏ばりの暑さです。 
梅雨入りも目前に控え、雨対策に、ジャイアントのディスク付きロードを組む準備をしています。

さて、先週仙台では念願のJシリーズテビューとなりました!
スポーツクラスで21位・・・・くらい?
リザルトも見ずに帰ったので正確に分からないです。
(※注 正確には22位です)
スタート最後尾だったり、知らんうちにボトルおっことしてたり、いろいろありましたが、良いカタチで次戦富士見に挑めそうです。
富士見は夏樹さん、松本さん、小曽根君が来るのかな?また会いましょう!

今回はめっせんぢゃあがよく消耗したり壊すモノの寿命を紹介します。
ブレーキシュー二ヶ月(梅雨時期は三日)、タイヤ二ヶ月半、リム三ヶ月〜半年(スポークも)、チェーン二ヶ月、ワイヤー類三ヶ月、消耗が早い物はこんな具合で、スプロケやチェーンリング、ブレーキキャリパーなんかも一年くらいでガタがきます。

フレームにクラック、リムが割れたり、スポークが折れるのもよく目にしますし、走行中にステムの溶接部がとれてコケた、ハンドルバーが折れてコケたなんて話もあります。
ハブのベアリングが砕けた人もいましたね。

とにかく良く壊れ、楽しそうでしょ?やってみませんか?めっせんぢゃあ!
小曽根君とか(笑)

それではまた。

//////////////////////////////////////////////////

私、暑いの苦手なんで内地では暮らせません・・・。

ではでは。

5月28日

はいはい。

6時間耐久に「トレック/フィッシャーチーム」で小野寺健選手と堂城賢選手が参戦決定!

JCFエリートの走りが間近っていうか目の前で見られるチャンス!

自分の脚が売切れるまで追い掛け回すもよし、
泣きながら走って後ろから声を掛けられるもよし。

今年のフッズは熱いですな。

で、
士幌は90名越えました。
昨年よりもちょっと増えたかな?
折角地元の大会なのに・・・帯広方面の小学校は運動会・・・。

ごめんなさいねぇ。
悪気は無いのよぉ。
他のレースとの絡みでこの日になってるのよぉ。
来年は何とかしますから・・・。

士幌もフッズも暖かいといいなぁ。

ではでは。

5月26日

はいはい。

え〜、6時間耐久大変なことになりそうです。
「山本兄弟」に続き「トレック&ゲーリーフィッシャー・ブラザース(笑)」も参戦するかもと連絡来ました。

エライこっちゃ。
北海道出身のJCFエリートが4人揃って来ちゃう・・・。

ヤヴァイかも・・・でも楽しみ。

ではでは。

5月25日

はいはい。

士幌のエントリー終了しました。
「いつもどおり」泣きが数名(笑)。
次回以降早めにヨロシク。

で、
6時間耐久に招待選手が来ます!
山本和弘 マキシス・キャノンデール・レーシングチーム
山本幸平 国際アウトドア専門学校
のJCFエリート2名。
まぁ、説明する必要も無いと思うので、気になる方はグーグルとかで検索してみてください。

二人は「山本兄弟」(ベタで〜す!安田大サーカス風で)のチーム名で参戦します。

思えば最初の耐久もフッズでしたが、そのときの優勝も山本兄だった・・・。

「オレだって負けないもんね!」とか「一緒に走ってみたい!」とか思ったらエントリーしてください(笑)。
当然、ギャラリー参加もOKです。
みんなでワイワイ楽しみましょう!

と、いうことで。

ではでは。

5月23日

はいはい。

昨日はロードレース「道新杯」のフィニッシュジャッジ(ビデオ)のお手伝いしてきました。
MTB系のライダーが多く参加していて楽しかったですね。

で、
昨日はJ1の仙台大会。
北海道からの遠征組もがんばってましたよ。
リザルトは↓で確認してみてください。
http://www.846.info/2005results/senmtb/200505sen.htm

神奈川登録で「塩井鉄平」くんも活躍してます。

と、いうことで。

天気が良いと大会は楽しいねぇ。

ではでは。

5月20日

はいはい。

やっと暖かくなってきましたなぁ。
昨日までは「乗りたい!」とはなかなか思えない天気が続いてましたからねぇ。
今週末が楽しみな方も多いでしょうね。

で、
士幌大会のエントリーは月曜までです。
基本的に「泣き」は無しでお願いします(笑)。
会場は高地で寒いんで防寒に留意してください。
特にギャラリーの皆さんは寒いとつらいですよ。

んで、
フッズで開催の6時間耐久のコースですが、ペンタスロンみたく上までは行きません。
小学生とかも参加するのでキツイコースにはしない予定です。
「池」よりも上には行きません。

ほいで、
7月のテイネ大会準備中です。
来週中にはエントリー開始出来ると思います。

と、いうことで。

ではでは。

5月15日

はいはい。

雨の中、ペンタスロンに参加された皆様お疲れ様でした。

予想されていたとはいえ天候不良により周回時間がかかり、タイムスケジュール及び周回数の変更を余儀なくされましたが、最終的には帳尻を何とか合わせる事が出来ホッとしました。

マディなコンディションにも関わらずゴールしたライダーに笑顔が多く見られ、楽しんでいただけたようで安心しました。

そして、この雨の中、スムーズな競技運営の為にズブ濡れで働いてくれた全ての人とギャラリーに感謝。

で、
子供の日に開催されたダートクリテの様子が「photo journal EARTH APLLE」さんにアップされました。
(上のバナークリックしてKINGDOM→SPORTSと進む)

私も地味にオーダーしてしまいました・・・。
だって最近乗ってる写真なんて無いんだもの。

「photo journal EARTH APLLE」さんは士幌にも来てくれるそうです!
皆さん各自「キメのポーズ」を練習しておいてください(笑)。

ではでは。

5月13日

はいはい。

ペンタ直前情報。

本日コース完成しました。
本当に後半は全く違うコースになってます。
絶対試走必要。

で、
試走時の心得なんぞを少々。

1)まず「どんなコースなんかね?」と1周。
2)「他の人はどこ走ってるのかね?」と1周。
3)「ワシこの辺得意やねん」ってところ以外を気にしながら1周。
4)「当日天気予報だと雨っぽいなぁ」って思ったら、普段走らないようなところも走ってみて1周。
ってな感じでどうですか?(笑)

体力温存の為に「オレは1周しかしない!」ってのは結構キビシイ。
最低でも2周はしましょう。

んで、
気になるのはお天道さまのご機嫌ですな。
この「春の走行会」ことペンタスロン、白幡山→滝野丘陵公園→フッズと会場は変更になってるものの、天気のイメージは「雨」。

まぁ、なんて言うんですかねぇ「日頃の行いの悪い」人達が集まって・・・(友好な人間関係の為、以下略。笑)

ほいで、
会場で6月5日開催の「士幌大会」と6月19日開催の「6時間耐久」のエントリーシート配布します。

んでもって、
明日は試走日。
私も「管理人」として会場に居ます。
まぁ、「移動マーシャル」とか「コース確認」とか言ってMTB乗ってるかもしれませんけど。

多分、そんなに忙しく無いので気軽に声かけてください。
コースについての意見もお願いします。

と、いうことで。

ではでは。

5月7日

はいはい。

え〜、
DoRideの活動と直接関係無いのでどうしようか悩んだのですが、公開しても問題の無い情報は共有すべきだと考えましたのでアップします。

昨日、15日に開催される「ペンタスロン」のコース設定に行ってきました。
今年は積雪が多かった関係で雪解けが遅く、当初予定していたコースでの開催が危ぶまれたことからゲレンデ部分を中心に変更しました。

変更点を列記していきます。

1)最初のシングルトラックに電柱が設置されたので若干上り部分が狭くなっている
・これちょっと考えたんですが、元々ある程度のスキルが無いと上れないところなのでそのままにしました。

2)上のシングルトラックが昨年の台風による倒木の為、若干変わっている
・行けば分かりますが「明るく」なってます(笑)。
・倒木を除去した際に機械を入れたのでちょっと変わってしまいました。
・降りる部分は広くなりましたが、ベストのラインを見つけるのは難しくなったかもしれません。
・降りきったところの「川」部分も広くなっています。
・上りはじめてからの部分は広くなり走りやすくなったと思います。

3)上のシングル出てからの土手の下り後の左カーブ部分
・昨年落車が多発した場所です。
・進入部分を外に振り、カーブのRを大きくして落車を減らすべく変更しました。

4)ゲレンデ部分の上り
・例年初心者を中心に評判の悪い部分です。
・今年は芝部分の上りを止め、作業道を上ることにしました。
・ペダリングのスキルがあまり無くてもパワーが有れば問題なく上れると思います。

5)ゲレンデ部分の下り
・昨年と全くレイアウトを変えたので試走は必須です。
・途中林の中で少しだけ上り返しがあります。
・上り返し後は池の横を走るようにしました。
・落車が想定される部分については、進入を一旦上に上げ(減速目的)更にRを大きくしてあります。

6)ゲレンデ奥部分の変更
・例年だと「炊事エリア」付近からフィニッシュ(ゴール)付近に上ってきましたが、今回は更に下まで下ってから折り返すようになっています。
・上り部分はハウスや洗車スペースからも近く、ギャラリーがすぐ横で見られるようにしました。
・炊事エリア部分は林の中のなるべく斜度が緩い部分を上るようにしました。

大きくはこんなところでしょうか。

初心者のライダーはアップとか試走とかを軽視する(単に疲れるのを嫌っているだけかも。笑)傾向がありますが、自身の落車や怪我を防ぐためにも重要です。

で、
この週末はコース全く出来ていませんので試走は出来ません。
シングルトッラクぐらいしか参考にならないと思います。
ゲレンデ部分は「目印」として鉄ピンが立っているだけですので多分・・・判らないと思います。
(あの状態でコース理解できたら相当な「ちゃちゃきマニア」です。笑)

正式な試走は前日土曜日の10:00〜15:00になっています。

と、いうことで。

ではでは。

5月5日

はいはい。

ダートクリテリュウム&試乗会に参加された皆さん、寒い中お疲れ様でした。

「北海道初(だと思う)」のダートクリテリュウムは数名の当日エントリーありましたが、混乱も無く楽しい大会になりました。

中でも「ミス&アウト」の第一コーナーにトップで入り、そのまま転倒した松本選手。
彼のおかげで見ていてカナリ楽しい展開になり、非常に盛り上がりました。

何より普段のXCレースでは一緒に走ることの無い、異なるクラスのライダーが同時にスタートする状況で刺激を受けたライダーも多かったようです。

ダートクリテ(4周)
1位 小曽根 誠 ONO&CF
2位 山田 夏樹 GAS PANIC SP
3位 南野 一博 美唄林輪XC
4位 山 武司 ONO&CF
5位 松本 文秀 GAS PANIC SP
6位 鷲田 章人 中山マウンテンライダーズ

ミス&アウト(8周)
出走18名
1位 山 武司 ONO&CF
2位 平沢 芳史 ちゃりぽっかり
3位 山田 夏樹 GAS PANIC SP
4位 南野 一博 美唄林輪XC
5位 小原 正人 カローラ札幌自転車部
6位 松本 文秀 GAS PANIC SP
7位 長束 貴之 GAS PANIC SP
8位 中村 朋男 みしょにょONO&CF

で、
同時開催の試乗会。
当初日程&天候で来場者数が心配されてましたが、結構盛況だったようです。
試乗会に来て「たまたま」レースを見た人も結構楽しげでした。

来年以降もこういったイベントとの同時開催を続けて行きたいものですな。

最後になりましたが協賛各社から多大な賞品協賛いただきました。
本当にありがとうございました。

と、いうことで。

ではでは。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ