DoRide Diary

DoRideのサイトにある「日記(Diery)」を携帯(ガラケー)で見られるようにする為のブログ。

2007年10月

小野寺健選手の世界選手権レポート。

はいはい。

小野寺健選手からレースレポートが届いています。
世界選手権とJシリーズ最終戦です。
今日は世界選手権大会から。(表示幅の関係で一部改行しています)

////////////////////////////////////////////////

MTB世界選手権大会
開催場所:イギリス:スコットランド:ホォートウィリアム
開催日時:2007年9月7日(金)午後1時30分スタート
天候:霧雨
気温:14℃
周回数:5周
バイク:Hoo Koo E Koo
タイヤ:Bontrager Revort Super-X F&R 2.2(1.70psi)
アイウェア:Rudy Project SYlURO

結果:44位

 今年で5回目になる世界選手権、海外レースもいろいろと体験、海外レースに場慣れし、初めて世界戦に出た時のあの気持ち悪くなるほどの緊張はしなくなった。
 今回の開催地はスコットランド、現地に着いた初日だけ太陽が迎えてくれた、日の光を浴びているとなかなか暖かい。その他の滞在期間はすべて霧雨、曇り、日中でも吐く息は白かった。

 コースの方は、今まで世界戦にきたなかで一番走りやすく、スピードコースで、下りも厳しい場所はない。コーナーにはバンクが作られていて、雨で土が掘れれば、キレイに石で埋めてくれる。後は、平坦ぽいゆるい上り(ダブルトラック)シングルの上り、平坦のようなダブルトラックの下り、基本的に休む場所はない。タイヤはドライタイヤで行ける雨の影響は受けにくいコースで地面は締まっていた。
 レース当日、アジア戦で思い出した闘争心がメラメラと湧き上がる。アップを済ませ、オイルを塗り、レッグウォーマーをつけ、召集エリアに移動し、召集を待つ。

 「KEN ONODERA!!」と呼ばれ、前から3列目に並ぶ。前には山本幸平選手、お互い行くぞぉ〜!って感じで、にこっと目を合わせる、
。そして、自分に言い聞かせる、負けんなぁ〜、負けんなよぉ〜、と。そして戦いの号砲が鳴った!

 スタートし、まずはペダルもきれいにはまり、イィ感じ!で上りだす。すると一気に選手が真中に寄ってきた。案の定接触。みんな自転車を降りて押して走る。スムーズに行ったのはトップ10名ほど。
 すぐさま乗り出し、ダッシュ!まだ上りはつづく。一度上りきり、平坦区間に突入!列が1本に延びる。そこからシングルの上りに、ここで前が少し詰る。負けんなぁっとスタートした僕は、冷静ではなかった。上り口でちょっと強引に突っ込んでいった。
 するとアメリカ、カナダの大きな選手に挟まれ、弾き出され、コースラインの一つ下に落ちてしまった。戻るにも、1本棒状に連なっている選手の隙間はない。とりあえず自転車を押して上っていく。自転車半分ぐらいの隙間を発見し、透かさず入り込むが、この間に20人近くには抜かれてしまった。
 シングルの上りを終え、またダブルトラックの上り、選手は一列に進んでいく。さっき自転車を押して走っていたのもあり息が荒い。

 1周目を終え65位で通過。
2周目を62位で通過し少しでも前に出る。
3周目59位で通過。
自分に甘えないよう前に出るチャンがあれば前に出て、後ろに付いてくる選手は無視し、前にでる。
4周目を54位で通過。
ラスト1周!目の前にいる選手に負けないように、バイクを走らせる。
どんどん選手をパスし気持ち悪くなるも、出てくる少量のゲロは吐き出す。
最後に見えたオランダの選手をパスし44位でフィニッシュした。

 最終ラップは1周目とあまり変わらないタイムだった。
1周目が悔やまれる。
もぅ少し強引に行って大丈夫かどうか見極める事が出来たら。。。
弾き出されないよにマッチョになろうかと一瞬考えたが、なしです。
重くなりすぎるので、ちょこまか掻い潜る方にしときます(笑

 来年でアンダー23クラス最後なので今回の反省を踏まえて来年は自分が納得いく順位でゴールしたと思います!!

 最後に、北海道で応援してくれている皆様、本当にありがとうございます。
皆さんに支えられ4回も世界戦に出場できていますm(_ _)m
こんなに温かい地域はないでしょ!!
北海道でレースを始めれたことは誇りに思います。
これからも皆様の前に元気な姿をお見せできるようがんばりますね!!

たくさんの応援ありがとうございました。
                                    
     SUBARU GARYFISHER 小野寺 健

////////////////////////////////////////////////

やっぱり小さくて軽いとバイ〜ンって弾き出されちゃうのね・・・。
そこだけ変わってあげたいです(笑)。

と、いうことで。

ではでは。

最終戦の告知。

はいはい。

めっきり寒くなってきました。
通勤、通学や練習やツーリングで快適な季節もそろそろ終わりですね。

で、
今年もやります「最終戦」。
詳細は以下のとおり。

●開催日   12月15日(土曜日) 19時スタート
●開催場所 サッポロビール ライオン 狸小路店
        札幌市中央区南2条西2丁目(狸小路2丁目)
●開催種目 ジンギスカン食べ飲み放題(予定)
●クラス    オープン
●耐久の部 事前に受け付けて会場押さえます
●参加費   4000円(当日会場でお願いします)
●参加賞   例年通り用意します。

で、
何で開催種目が(予定)なのかと言いますと、ジンギスカンの設備がある4階が52名程度で満タンなんで勘違いして60名とかになったら「しゃぶしゃぶ」に変更になります!(笑)
ちなみに昨年は45名程度でした。

んで、
耐久の部(2次会)も会場押さえたいと思っています。
去年も「流浪の民」状態だったんで。

ほいで、
エントリー希望のライダーは
●氏名
●連絡先(出来れば携帯電話)
●参加人数
●耐久の部の参加の有無
を明記の上race@doride.orgにメール、もしくは011−695−5414にFAXしてください。

と、いうことで。

ではでは。

山本幸平J1初優勝。

はいはい。

とうとうやりました!
山本幸平選手(ブリヂストン・アンカー)がJ1初優勝!

素晴らしい。

喜びのコメントはコチラ。
http://www.yamamotokohei.com/2007/10/post_122.php

先週「本舗の耐久」に来てくれた小野寺健選手(SUBARU GARYFISHER)が3位。
山本和弘選手(キャノンデール・ディアドラレーシング)が4位とそれぞれ健闘。

新しい時代が来るのかなぁ・・・。

で、
早いですが今週中に「最終戦」のエントリー開始します。
saruの気分次第ではwebエントリーもやるかも(笑)。

と、いうことで。

ではでは。

本舗の耐久無事終了。

はいはい。

日曜日の「本舗の耐久」は天候にも恵まれ、いつもどおり楽しい大会になりました。

ゲストの小野寺健選手(SUBARU GARYFISHER)も本気で走ったり、将来のエリートライダーと一緒に走ったり、メタボ確定の店長と走ったりで楽しんでくれたようです。

ライダーも小野寺選手の走りに魅了されたり、感心したり、何かを盗もうと必死だったりで楽しそうでした。

表彰後にはジャンケン大会で愛用の品をプレゼントしたり、サインをせがまれたりと忙しそうでした。

今季最後の大会にふさわしい天候&ゲスト&大会でした。

で、
リザルトアップされてます。
ご確認ください。

ちなみに小野寺選手もソロの部4位として表彰したのですが、
「表彰されるんだったら1位になれば良かった」と余裕の発言でした。

んで、
サイクルファクトリーカップで怪我をして入院した芦崎さんからメッセージが来ています。
「ドリブロ」にアップしましたのでご確認ください。
また、応援メッセージもお願いします。

ほいで、
今年も残るは「最終戦」のみ。
12月15日(土曜日)開催予定です。
また今年は「耐久の部」(俗に言う二次会)の用意もしますよ!

と、いうことで。

ではでは。

本舗の耐久近し。

はいはい。

今週末(日曜)は石狩川河川敷地で「本舗の耐久」。
翌日は「北海道最大の闇レース」。
スポーツの秋ですな。

で、
本舗の耐久のコース図を「ドリブロ」にアップしました。
イメージトレーニングにご利用ください(笑)。

コースは約2.1キロ。
最大高低差は多分4メートル以下です。
全体的にほぼ平坦ですが、細かい凸凹と柔らかい路面で結構キツイと思います。

今回のピットは一列。
70チーム総勢130名ですので壮観ですな。
来年もここ使えるなら対面のピットにしたいかも。
でも、対面にすると川側を走ってるライダー見えなくなるんだよねぇ・・・。
痛しかゆしですな。

んで、
いつもどおり「どこラー」こと「どこでもラーメン」来ます。
飲み物は無いので持参してラーメン食べつつの観戦も楽しいですよ。
河川敷の土手の上からだと全体の3分の2は見られると思います。

土曜日は試走可能です。
公式なものではありませんが、コースの雰囲気を確かめるにはいいかもしれません。
作業してるかもしれませんが、危険な作業は今日で終了なので大丈夫です。

会場に看板立てますが、今回は受付を本部ではない場所でやります。
看板にしたがって進んでください。

と、いうことで。

ではでは。

ササダ沼大会終了。

はいはい。

昨日のササダ沼に参加したライダー、ギャラリー、いやいやながら連行されたご家族の方等々みなさんお疲れさまでした!

正直、札幌からは遠い。
でも今年も面白かった。

レース自体は予想よりも速い展開で驚いた。
エリートのトップが1時間越えない久しぶりのレースになった。
来年はいつもどおり1時間越えてもらわないとね。

で、
毎年どこかで「地味な」ショートカットがある。
まぁ私たちがコーステープ張ればいいんだろうけどね。
正直「今年はどこかな?」って楽しみにしていたりもする(笑)。

今年のササダは最初のシングルトラック部分(ドロドロのところ)だった。
泥で柔らかくなった部分を避けて直線的に走ってる。

でも凄いね。
そこスゲー狭いのよ。
一か八かって狭さなんだよね。

そこを通って行ったライダーを目撃!
するっと通ってた。
ヤルナ!変に感心してしまった(笑)。

んで、
今年もやりました「豊頃ビッグエアー」。
トップページの右上をクリック!
賞品はレースと同じく地元豊頃町大津産シャケ1本!
楽しかった。

ほいで、
本舗の耐久のエントリーは今日締め切り。
エントリーフィーの振込みも遅くても明日いっぱいにお願いします。

最悪明日振り込めなかった場合は、当日ご持参ください。
その際は当然ですがつり銭の無いようにお願いします。

と、いうことで。

ではでは。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ