DoRide Diary

DoRideのHPにある「diary」を携帯で見られるようにする為のブログ。

2007年11月

新しい自転車店。

はいはい。

今日はある店の宣伝を。

その店の主はDoRideのレースでもお馴染みの延澤一紀さんです。
サラリーマン生活に終止符を打ち、
12月1日に釧路市愛国で自転車店「Cycle Garage PAZ(サイクル ガレージ パズ)」をオープンします。
(PAZとはスペイン語で「平和」ってことらしいです)

学生時代からの長い競技の経験と釧路湿原でのファンライドの経験を元に「ライダー目線」の店になると思っています。

29インチに傾倒する延澤さんらしく、29インチ専門のメーカー「Niner Bikes」とも契約し日本で唯一の正規代理店にもなっています。

店のURLは以下のとおり。
http://www.cg-paz.com

釧路周辺のライダー&全国の29erファンの皆さんは要チェックですな!

と、いうことで。

ではでは。

久し振りに更新。

はいはい。

相当期間放置状態で申し訳ない。
海よりも深く反省。
とりあえず週2回を目標にがんばる・・・予定(笑)。

で、
遅くなりましたが今年もやりますアンケート。

それほど真剣に考えずに思ったことを書いてきてください。
「コレってもう少しどうにかならないのかなぁ・・・」とか
「コレだったらこうしたほうがいいんじゃないかなぁ・・・」とか
ふと思ったことでOKです。

自分だけじゃなくて意外とみんな同じことを思っている可能性は高いです。
でも、
DoRideのメンバーは気付いていないことかも。

状況説明とか詳細なものは必要ありません。
「コレっておかしくないですか?○○の理由でこうしたほうが良いような気がします」
なんて簡単なものでOKです。

メールはinfo@doride.orgまで。
FAXは011−695−5414まで。
どちらも「名無し」は勘弁してください。
ヨロシク。

んで、
この冬もレースやります!
1月27日に60分耐久、2月17日に90分耐久、3月2日に120分耐久を開催予定。

ほいで、
年内のレースはほぼ終わったようなので、オーバーホールの季節です!
3月になると自転車店はどこも春に売る自転車の組み立てで大忙し。
比較的マッタリしているこの時期にオーバーホールするのが良いと思います。
来年モデルのカタログもそろそろ揃う時期だし、パーツも新しいのが出ている季節です。

DoRideに協賛してくれている6店(オノサッポロ・サムズバイク・じてんしゃ本舗・ナカムラサッポロ・クランカー・サイクルファクトリー)では若干の違いは有るものの2万円くらいで基本的なオーバーホールをしてくれるようです。

自分では何とも無いと思っていてもプロの目は違いますよ。
レース中にBikeが壊れて悲しい思いをする前にオーバーホールしましょう!

各協賛店舗のHPは「LINK」から進んでください。

と、いうことで。

ではでは。

小野寺健選手のJシリーズ最終戦レポート。

はいはい。

すっかり寒くなってきましたな。
MTBのオーバーホールにナイスな季節です。
来年も冬からレースやりますからね!

で、
小野寺健選手(SUBARU GARYFISHER)からのレポートです。
J最終戦。(表示幅の関係で一部改行しています)

////////////////////////////////////////////////

MTBジャパンシリーズ最終戦in瀬名高原大会
開催場所 : 石川県瀬名高原スキー場
開催日時 : 2007年10月14日(日)午後2時スタート
天候 : 晴れ
周回数 : 7周
バイク : Hoo Koo E Koo
タイヤ : Bontrager Revort Super-X F&R 2.2(1.80psi)
アイウェア : Rudy Project Syruro

結果:3位

 Jシリーズは約2ヶ月ぶり、こんなに空くとシーズンが長く感じるが2007年最後のMTB公式戦、最後は気持ちよく締めくくりたいく、しっかりとコンディションと気持ちを持ってレースに臨んだ。
 その前の週に北海道で4時間耐久レースに招待されもちろん参加することに。
北海道でのレースは僕が北海道から離れ4年の月日が経つけど変わらない盛り上がり。
変わったのは若いライダーが増えてきていること。そんな若いライダーが北海道みたいに大きく育って、何時か世界に飛び立って欲しい。
そしていろいろな所から元気をもらい最終戦が行なわれる石川県に向かった。

 レース当日は晴れ!気温もちょうどいぃ感じで!レース前には偉大な先輩2人の引退セレモニーが行なわれスタート前なの少しうるうるしてしまった。
気持ちを入れ替えレースモードに。
久々に感じるこの闘争心、緊張感、レーサーになった僕は、号砲(鳴らなかった)と共に走り出した。

 レースは7周、1周は約15〜17分でラップを重ねていく事になった。
出だし成功、一つ目の上りを終え下りに、下り切るところで前の選手がメカトラでバイクを降りる。その間にトップを走る選手とビハインドがついてしまった。僕は2番手。

 1周目を終える頃には前に一人、後ろに僕を含め3人で前を追うかたちになった。
 その後は3人で走っていたが、分裂。
そして竹谷選手、辻浦選手、自分と若干の差を保ちながらレースは進む。
そして僕は辻浦選手との差を埋め、そのまま前を走る竹谷選手を追う。
差は15秒ほど、すぐに追いついた。
いけいけモードになった僕は、そのまま前を走り3人パックの先頭を引く。

 残り2周。
あれ?残り1周と勘違いしてた僕はぺースを上げすぎていた。
上り区間で竹谷選手が先頭に、キツイ、残り2周、精神的にもダメージがでかかった。
あと2回上ればいぃんだ!と竹谷選手から離れ過ぎないように粘る。
 するとまた、前でトラブルを起こしていたのでパスし、ここから辻浦選手との一騎打ちが始まった。お互い、平坦区間は先頭交代しながら汚い駆け引きは嫌いなので真っ向勝負でこのレースを楽しんだ。

 見ている観客からの声援も盛り上がり、足、腕が吊りそうになりながら必死にレースをした。
最後は数秒で2位を譲ってしまったが、見ている人も、走っている僕も楽しかったと思う。
最高にキツかったし悔しかった。
でも来年に繋がるいぃレースで最終戦を走りきったと思います。
 これもすべて、チームスタッフ、スポンサーの皆さま、応援してくれる皆様のお陰です!!
今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました!!   

    SUBARU GARYFISHER 小野寺 健

////////////////////////////////////////////////

これからも前向きな姿勢でレースに挑み続けて欲しいですな。

と、いうことで。

ではでは。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ