DoRide Diary

DoRideのHPにある「diary」を携帯で見られるようにする為のブログ。

2008年09月

CFカップ&ドリクロ終了。

はいはい。

昨日開催された「ドリクロ」こと「なんちゃってシクロクロス」は楽しかったですな。
奇跡的に雨にも当たらず、ドラ焼きの差し入れがあり、フレームが折れる(笑)。

初めてにしてはまぁまぁかなぁと。
反省点は少なくないんですが、キチンとリザルト出せたので良かったです。
賞状は出せなかったんですが・・・。
私のPCを扱うスキルが足りなかったと反省。

コースはフィニッシュ前の上り部分が長過ぎましたね。
当初トイレ手前の副道部分に本部&フィニッシュを置こうと考えていたのですが、
今回の目玉の法面下りとシケインの両方を「MCがイジレル」ので駐車場にしたのですが若干失敗でした。
下の駐車場から連続する上りのコース部分を変えるべきだったと思います。

次回のドリクロは石狩川の河川敷地なので、今回のような悩みは無いはず。
まぁ、次回は賞金じゃなくて賞品だと思いますが(笑)。

で、
サイクルファクトリーカップ&ドリクロのリザルトアップされています。
CFカップ http://www.doride.org/~kazama/08/CF/
ドリクロ  http://www.doride.org/~kazama/08/doriX/080923.htm

んで、
次は札幌からは遠いけど「伝統の最終戦」ササダ沼大会。
まだエントリー間に合います。

賞品のシャケがライダーを待ってるじぇ(笑)。

と、いうことで。

ではでは。

CFカップ&ドリクロ。

はいはい。

日曜日に開催された「サイクルファクトリーカップ」に出場したライダー、
観戦したギャラリーもしくは冷やかしの方々、お疲れ様でした。

天候も暑くも無く寒くも無く、素晴らしいレース日和でした。

今回も若手の頑張りが目立ちました。
「今日は勝ちます!」と宣言して本当に勝っちゃうスポーツの榊原選手とか、
前回優勝したご褒美に新車買ってもらったらエキスパートで2位になっちゃう西田選手とか。
きっとその活躍に刺激されて強くなりたいと思う若手も出てくるはず。
こりゃ来年も楽しみですな!

で、
本日はDoRide初の試み「ドリクロ」。
高速コースにするのに悩みましたが、参加者が少ないので思い切って駐車場を使いました。
日曜と似ているようで似ていないコースをライダーの皆さんがどう走るのか楽しみです。

と、いうことで。

ではでは。

ツール・ド・北海道。

はいはい。

今日から「ツール・ド・北海道」が開催されますな。
MTBライダー関連だと
・北海道選抜
 山本和弘選手
・マルコポーロ
 小野寺健選手
 竹之内悠選手
・北海道大学
 織田修平選手(室工大から助っ人)
が出場します。

忘れてました・・・。
マルコポーロの監督で堂城賢選手(じゃないか。監督か?)と
北海道選抜のメカニックとしてDoRideの風間が参加しています。

リザルトはhttp://www.tour-de-hokkaido.or.jp/の「結果 Result」から確認してください。
例によって例のごとくPDFばっかりですけどね。

と、いうことで。

ではでは。

結婚式とドリクロ告知。

はいはい。

MTB乗るには良いシーズンなんですが明日はレースありません・・・。

が、
DoRideメンバーのホリヤスの結婚式がございます。

先日はDoRideメンバーのsaruもメデタク入籍し、30名程度で大騒ぎしました。

そんな理由で明日はレースが無かったのです。

披露宴で飲み過ぎなければ画像もアップしたいなぁと思います。

で、
「なんちゃってシクロクロス」こと「ドリクロ」の開催場所は
・9月23日(火曜日・秋分の日)はサッポロテイネ千尺ゲレンデ。
 21日(日曜日)にサイクルファクトリーカップを開催する場所です。
・10月19日は石狩市美登位(ふとみ銘泉の近く)の石狩川河川敷地。
 10月26日に「本舗の耐久」を開催する場所です。

要項も完成済みですので、間もなくアップされると思います。
いつもの自転車店には月曜日に配布に回ります。

ちなみに9月23日のドリクロは21日のサイクルファクトリーカップ参加者は1000円でエントリー出来ます!
もちろん毎度のことながら中学生以下は無料です!

XCでは「ここ面白いけど上れないしなぁ・・・」なんて考えていたところも走らせちゃいますよ。

と、いうことで。

ではでは。

NHKの波に乗る。

はいはい。

告知を一件。

今夜21時05分からNHKラジオ第一放送で「もぎたて北海道」って番組が放送されます。
全国ネットの放送らしいです。
http://www.nhk.or.jp/radiodir/shou/hokkaido/

今回のこの番組のお題は天狗山。
それでMTBのコースを走ってみたいって話がありまして、19日にサトウタカシ君とハタヤヤスキ氏と3人で収録のお手伝いに行ってきました。

アナウンサーの星野さんは「特別運動をした経験が無い」ってことだったので若干不安でしたが、実際には意外にも(失礼!)カンの良い方で天狗山のXCコースの倒木ゾーンと西側を2周しました。

どんな番組になってるんですかねぇ・・・。
私達3人のコメントも使われているらしいので、聞くのが怖い気もします(笑)。

御用とお急ぎで無い方のみお聞きください(爆)。

と、いうことで。

ではでは。

8時間耐久終了&シクロクロス。

はいはい。

昨日の「恐怖の8時間耐久レース」に参加されたライダー、応援、観戦、冷やかし&大会役員のみなさんお疲れ様でした。

よくもまぁこんなアンポンタンなことを考えて実行(開催)したものだと自分でも思いますが、ソレに乗ってきたライダーには更に感心しています(笑)。

受付時には弱い霧雨だったもののスタートしてからは良好で、午後からは日が射して暑いくらいでした。

今回のゲスト、MTBXC北京オリンピック日本代表の山本幸平選手(チームブリジストンアンカー)も楽しんでくれたようでした。
途中、他の参加ライダーと話したり、サインに応じたりと周回数は少なかったものの北海道のライダーとは違う次元の走りを見せてくれました。
その力強い走りに刺激を受けたライダーも多かったようです。

山本幸平選手も「北海道のライダーに何かを伝えられれば」と考えていたようですので、目的は達成されたのかもしれません。

で、
レースは総周回数1972周でした。(これと別にスタッフも多分15周以上は走ったはず)
一周約2.7キロ(GPSで計測)でしたから5324キロ!
コレって札幌からどの辺まで行ける距離なんですかね?
少し興味があります(笑)。

トップは72周だったので194.4キロ!

次の耐久は10月末の「本舗の耐久」の予定。
楽しみですな。
ライダーにも役員にも優しい4時間です(笑)。

8時間耐久のリザルトはコチラ。
http://www.doride.org/~kazama/08/8h.htm

んで、
少々遅れ気味で申し訳ありませんが「サイクルファクトリーカップ」「ササダ沼大会」のエントリーを始めます。
エントリーシートは明日いつもの自転車店に配布予定です。

ほいで、
北海道でシクロクロスを開催していた方が内地に移住しまして、道内のシクロクロスはHCFの北海道選手権大会のみの開催になってしまいました。

MTBレースとともに私自身を育て、北海道内のオフロードシーンを支えて来たレースですので何とか維持しようと考えています。

ただし、
例によって例のごとく「競技」ではありませんので日本自転車競技連盟(JCF)及び日本シクロクロス競技主催者協会(AJOCC)とは全く関係の無いレースで有ることをご理解ください。

故に正確には「シクロクロス風味のXCレース」って言うのが正しいかもしれません(笑)。

開催日は9月23日(火曜日、秋分の日)と10月19日(日曜日)です。
要項は今週中にアップします。

と、いうことで。

ではでは。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ