DoRide Diary

DoRideのサイトにある「日記(Diery)」を携帯(ガラケー)で見られるようにする為のブログ。

2015年10月

北海道シクロクロスに山本幸平来る&オーバーホール&告知。

はいはい。

寒い日が続いてますなぁ。
もう自転車乗ろうって気にならないライダーも多くなってくる時期ですな。

が、
8日に豊頃町ササダ沼で開催される「北海道シクロクロス」に熱いゲストが来ます。
地元十勝出身の山本幸平選手(Trek Factory Racing)。
レースもオープン参加で一緒に走っちゃいます。

シクロクロスですがAJOCCカテゴリーの下位クラス(北海道のほぼ全員のライダー)はMTBでの参加が可能です。
申込みは月曜日いっぱいです。

豊頃町といえば賞品はシャケ1本。
地元商工会のみなさんから「鮭のちゃんちゃん焼き」も振る舞われます。
ライダーはもちろん、サポートや冷やかしで来た皆さんにも振る舞われます。

大会要項はコチラ。
http://blog.livedoor.jp/doride-entry/archives/46489818.html

で、
「もう寒くて自転車は乗らないよ!」ってアナタ!
シーズンはすぐにやって来ますよ。
今シーズン散々コキ使ったマシンのオーバーホールはいかがでしょうか?

普段自分でメンテナンスしていても、多くの経験と知識を持っているプロの目は違いますよ。
「今は大丈夫だけど、来シーズン中にはダメになっちゃう」部分とかも見つけられちゃいます。
来シーズン通して気持良く乗るためのオーバーホール、おすすめします。
大会で連呼されてる「DoRide協賛」の各店に問い合わせてみてください。
予算と作業内容は各店違いますが、シャキッとさせてくれるのは間違いありません。

んで、
気が早いですが「2016年のDoRide登録」始めます。
締切りは年内としたいので。
例年動きが遅くて春にバタバタになっている反省からです(笑)。
内容確定次第告知します。

ほいで、
問い合わせの多い「DoRide最終戦」(ただの忘年会です)は11月28日(土)を予定しています。
コレも内容確定次第告知します。

と、いうことで。

ではでは。

本舗の耐久終了。

はいはい。

日曜日に岩見沢市北海道グリーンランドホワイトパークで開催された「本舗の耐久」に参加したライダー、サポート、ギャラリー、冷やかし、ケータリング担当、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

心配されていた天候も最後のジャンケン大会終了ぐらいまでは雨に当たらず良かったです。
気温も10月としては暖かい日でした。
これで時折吹く強い風が無ければサイコーな日和だったと思います。

今回も冠の札幌じてんしゃ本舗さん渾身の賞品集めの結果、素晴らしい賞品が集まりました。
運営の面々が「イイなぁ、アレ」と呟いていたのはナイショです(笑)。

で、
追加を含め200名を超えたライダーはみんな熱かったです。
昨年よりも若干難易度が上がったコース、当初戸惑っていたライダーも数周すると難なくクリア。
コースセットした私も「人間の対応力ってハンパ無いね」と思ってしまいました。

んで、
もちろん他の大会同様反省点は有るわけで。
前回「北海道グリーンランドカップ」から採用した「橋」。
平坦部が少ないゲレンデのみでは足りない距離を増やすため&作業道と遊歩道を使用しないための策でした。

北海道グリーンランドカップで周回数も少なかったので問題にならなかった橋からの上りの法面が、多くのライダーのタイヤが当たる事によって凹み、乗車したまま通過することが困難になりました。
急遽板を貼り、上りの路面を平坦化すべく作業したのですが、レース中でライダーが通過する隙をついての作業になり多くのライダーに迷惑をお掛けしました。

また下地の板が湿っていたこともあり、上の板を貼るまで非常に滑りやすい状況で複数のライダーの転倒を誘発してしまったこと、深くお詫びします。

次回以降同地での開催の際は幅、長さ共に再検討して作製したいと思います。

ほいで、
リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/
(後刻、1時間、2時間、3時間時点でのリザルトもアップします)

と、いうことで。

ではでは。

サイクルファクトリーカップ終了&本舗の耐久コース図。

はいはい。

日曜日にサッポロテイネ千尺ゲレンデで開催された「サイクルファクトリーカップ」にエントリーしたライダー、サポート、ギャラリー、冷やかし、試乗会のついでに観戦してみた方、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

少し降ったり晴れたりを繰り返す不思議な天気でしたが、午後の表彰式の強風以外は思いの外状況は良かったです。

レースはクロカン最終戦ということもあり、白熱しました。
小学校低学年は楠幸一郎(BG8)が余裕の勝利。
小学校高学年はBG8の野澤瑠、山下柊、高嶋一矢の3名が飛び出し、常勝野澤瑠が優勝。
ファーストタイマーは2名でしたが珍しくマッチレース。
競り合いを制したのは末富達彦(チーム留年)。
マスター50は本田泰(Green Grips)が安定の走りで優勝。
マスター40は金子雅史(RFP)が他を全く寄せ付けずブッチギリで優勝。
ウィメンは終始トップをキープした中野扶早子(ライドファクトリー)が優勝。
来年のエリートへの昇格がかかっているエキスパートは荒関徹(無頼庵)がブッチギリで優勝。
エリートウィメンは昨年ランキングトップだった山田夕貴(BG8)が勝ちパターンを思い出したのか果敢な先行逃げ切りで優勝。
エリートメンは先日のCJシリーズでジュニア初表彰台をゲットした本田彬(Green Grips)が序盤から飛び出し、2位の穴田玖舟(BG8)に3分以上の差を付けて優勝した。

リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/

ポイントランキングについてはもう少々お待ち下さい。

で、
今週末に岩見沢市北海道グリーンランドホワイトパークで開催される「本舗の耐久」。
今年も200名のライダーが参戦します。
昨年の反省を踏まえ、甘々なコース設定ではありませんが初心者からベテランまで楽しめるコースになる予定です。
イメージ図はコチラ。
http://blog.livedoor.jp/doride_news/archives/51467415.html

んで、
11月8日に豊頃町ササダ沼で開催される「北海道シクロクロス」。
時期的に寒いと思われますが熱いレース期待しています。
http://blog.livedoor.jp/doride-entry/archives/46489818.html

と、いうことで。

ではでは。

豊頃町ササダ沼でシクロクロス大会開催。

はいはい。

エライ天気ですなぁ。
前回の千尺も草刈りギリギリでしたが、今回もギリギリです(笑)。
まぁ、当日さえ降らなければサイコーです。

で、
11月8日に豊頃町ササダ沼で東北海道自転車競技連盟主催によるシクロクロス大会開催します。
コースはクロスカントリーの大会で使用していた「ショートコース」をアレンジしたものになります。
ほぼフラットですね。

豊頃町商工会豊頃支部のみなさんによる「鮭のちゃんちゃん焼き」も振る舞われます。
来年からは10月にクロスカントリー大会、11月にシクロクロス大会の2大会が豊頃町ササダ沼で開催されることになります。

エントリーシートは「DoRide大会要項」にアップ済みです。
http://blog.livedoor.jp/doride-entry/archives/46489818.html

今回は1時間耐久も有りますが、カテゴリーが増える数年後には出来なくなる可能性があります。
ご了承ください。

と、いうことで。

ではでは。

ホワイトラインバイシクルカップ&ササダ沼。

はいはい。

遅くなりましたが、日曜日に開催された「ホワイトラインバイシクルカップ(DH)」に参加したライダー、濡れてエライ目に有ったサポート、こんなはずじゃなかったのにってギャラリー、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

試走終了間際に「土砂降り&落雷&ヒョウ」が一気に来て運営はグダグダ・・・。
それでもルスツリゾートMTBパークの金子大作氏の機転&尽力で、トラック搬送&ショートコースでの一本勝負に漕ぎ着けられた事、深く感謝します。

レースは乾きつつ有ったコースが土砂降りでツルツルに変化し、ライダーは相当苦労したようです。
「落車しなかった、もしくは回数が少なかった」ライダーが勝ったようです(笑)。

リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/
※リザルトのタイムについて
エリートが伸びてませんが、後半スタートによる路面状態の悪化に起因するもので単純に実力を表していないことをお含みください。

同時にダウンヒルシリーズの最終ランキング&クロスカントリーの最終戦直前ランキングもアップ済みです。
ご確認ください。

で、
ササダ沼耐久中止で大変ご迷惑おかけしました。
昨日現地で来年のクロスカントリー大会としての開催に向け、土地所有者の方々に挨拶して同意が得られましたので、来年は例年通り「クロスカントリー最終戦」として開催します。

んで、
現在AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会 http://www.cyclocross.jp/ )から外れた形になっている北海道のシクロクロスレースを全日本や世界選に繋がるようにしようと東北海道自転車競技連盟を中心に動いています。

その第一弾として11月8日にササダ沼でシクロクロスレースを開催します。
現在北海道にはAJOCCカテゴリーのC4しか居ない状況ですので、レースにはMTBで参加可能です。
レースはチビッコ&C4+CM&1時間耐久(オープンレース)の3部構成の予定です。
週明けまでに大会要項アップします。

来年は2〜3レース開催を予定しています。
AJOCCのカレンダー掲載&AJOCCのポイント付与を目指してます。

と、いうことで。

ではでは。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ