DoRide Diary

DoRideのサイトにある「日記(Diery)」を携帯(ガラケー)で見られるようにする為のブログ。

2016年06月

上砂川4時間耐久終了&怒涛の7月。

はいはい。

日曜日に上砂川町パンケの湯の正面で開催された「激闘!泥とスリップをMTBで攻略しろ!大会」に参加したライダー、サポート、ギャラリー、洗車要員、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。
※正式名称は「全道MTB4時間耐久in上砂川」です(笑)。

レイアウトが変えづらいコースなので、軽くアレンジと思ってゲレンデの下り部分の難易度上げてみたのですが、大会前日&当日の雨とライダーが走ることで荒れてドロドロのエライ状態に・・・。
チビッコと女性を中心に乗車出来ない部分が複数出てきてしまい申し訳なかったです。

レースは地元ということもあり「TEAM BG8」が参加者の6割以上を占める状態。
チームの部の表彰は全て同チームという快挙というか、エライことになりました(笑)。

リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/

んで、
今週末は「サイクルファクトリーカップ(XC)」。
少しだけコース変更してギャラリーがより楽しめるようになる・・・はずです
(笑)。

ほいで、
7月はXC3戦&DH1戦と怒涛のスケジュールですが、お付き合いよろしくお願いします。
来年は怒涛部分解消します。

と、いうことで。

ではでは。

士幌大会終了&山本幸平選手への寄せ書き。

はいはい。

日曜日に士幌町「士幌高原ヌプカの里」周辺で開催された「耐寒・山の天気をナメるなよ!大会」(正式名称は士幌大会)に参加したライダー、サポート、ギャラリー、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

曇天から霧に包まれ気温がドンドン下がる生憎というか驚きの天候でしたが、レースは中々熱かったです。

今大会はエリート・メン以外は際どい競り合いが無く、淡々と進んだ感じがしました。
エリート・メンは穴田玖舟(TEAM BG8)とゴールまでもつれ込んだ接戦を制した本田彬(Green Grips)が連覇しました。

会場では「リオデジャネイロ五輪」のMTB・XCOの日本代表選手となった山本幸平選手(Trek Factory Racing)に対する応援メッセージ(日の丸の国旗に寄せ書き)を参加ライダーやサポートの方々を中心にいただきました。
ありがとうございました。
山本幸平選手のオリンピックでの活躍を期待します。

リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/

エキスパートクラスの集計ミスで表彰式が遅れ、寒い中待たせたことお詫びします。
また、今回の大会開催に際し音響や選手のアップ等で「士幌町農協新田牧場」関係者のみなさんにご迷惑おかけしました。
謹んでお詫び申し上げます。

と、いうことで。

ではでは。

サイクルファクトリーカップ(DH)終了。

はいはい。

日曜日に開催された「サイクルファクトリーカップ(DH)」に参加したライダー、ギャラリー、冷やかし、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

土曜日の試奏は小雨がパラついたりしてましたが、日曜日は晴天。
少し風が有って肌寒い感じでしたが、コンディション的には悪くなかったかと。

コースは後半ゲレンデに入ってから以前使用した登山道部分を含めた直線的なレイアウトにしてみました。

レースはほぼシーディングランの成績どおりの決勝結果でした(笑)。
簡単にタイムが縮まる魔法は無いってことなんですかね?

リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/

と、いうことで。

ではでは。

ONOチャレンジおつかれさまでした。

はいはい。

天候が安定しませんなぁ。
屋外作業の目処が立たずに困っております・・・。

で、
22日に好天の中開催された「ONOチャレンジ」に参加したライダー、サポート、冷やかし、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

天気が良いってのはイベントの要素としては最高です。
これもスポンサーである「サイクルONOサッポロ」の小野盛秀社長の日頃の行いですな!(笑)

レースはとにかく小学生が多かった!
高学年は22名のエントリー。低学年も10名エントリー。
この中から勘違いして内地や世界に飛び出して行くライダーが居るのかと思うとニヤニヤしてしまいます。

小学生高学年は野澤瑠(TEAM BG8)が他を全く寄せ付けず優勝。
スピード的には小学生じゃないんだけど、負荷かけ過ぎると良くないので小学生のスポーツクラスでの出走は考えていません。
小学生低学年は陣内孝侑(TEAM BG8)が優勝。
ファーストタイマー優勝の富川暁(クワザワAC)も頑張りました。

スポーツは中学生の山下柊(TEAM BG8)が市川裕樹(チーム輪駄)との接戦を制して優勝。
マスター40は初参加の田中奏桜(トランスきのこサイクリングチーム)が、マスター50はスコットにこだわる喜田一彦(藻岩MTB研究所)が優勝。
ウィメンは中野扶早子(ライドファクトリー)が勝ちました。

エリート・メンは黒瀬文也(TEAM BG8)が、エリート・ウィメンは佐藤寿美(MIYATA MERIDA BIKING TEAM)がそれぞれブッチギリで優勝。
今回の白眉はエキスパートで優勝した西田晃平(室蘭工業大学サイクリング部)。
去年とは明らかに別人の走り。兄で世界選にも出場した西田尚平よりも速くなりそうな雰囲気。
次戦以降のエリートクラスが楽しみ。

リザルトは「DoRideリザルト」にアップ済みです。
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/

んで、
来季からエリート・メンを5名程度減らす予定です。
ランキング上位20名+途中昇格者+エキスパート上位3名の30名程度と考えています。

単純にシーズン後半に途中昇格者がエリートに上がるため、レースで走っているエキスパートが少なくなって競り合いが減るための措置です。
今月中には明文化して告知します。

と、いうことで。

ではでは。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ