はいはい。

昨日ニセコグラン・ヒラフで開催された「リズム・ヒラフカップ」に参加したライダー、ギャラリー、サポート、その他関係者のみなさん、おつかれさまでした。

エントリーは少なかったものの、試走日を含め天候に恵まれ非常に楽しい大会になりました。

コースはリズムサイクルさんが管理している常設コースの「上級者ライン」を使用して行われました。

草あり、砂利あり、土あり、ガレ場あり、ラダーありのバラエティーに富むコースは後半のペダリング区間を含む全長約3.2キロ。
通常のライディングでは滅多に転倒しない面々も、レースモードに入ると全体的にスピードがアップして結構バタバタと転んでいたようです(笑)。

ウィメンはシーディングランをパンクで走ったものの、決勝ではチューブドにして挑んだ常勝渡辺織枝(札幌かえる庭園)が優勝。
ノービスは元エリートの前田孝志(TEAM SCHNEIDER)が優勝。
エリートは竹内洸司(F POINT)が接戦を制した。

リザルト、ポイントランキングとも「DoRideリザルト」にアップ済みです。
http://blog.livedoor.jp/doride-result/

今大会開催に協力していただいたリズムサイクルさん、グラン・ヒラフさんに深く感謝します。
リズムサイクルの常設コースは10月中旬まで営業しています。
レースで使ったコースを走行できますよ。
http://nisekocycles.com/ja/grand-hirafu-mountain-bike-park/

と、いうことで。

ではでは。