tamako_264
さる5月18日(土)に、京都市上京区の御霊神社(上御霊神社)で「御霊祭 渡御之儀」が行われました。
この祭りは「たまこまーけっと」の第4話で登場したもので、桝形商店街のアーケードを威勢の良い神輿が通り抜ける様子は圧巻です。
御霊祭は毎年この日と決まっていて、休日に重なるのは数年に一度。
これはまたとないチャンスだと思い、見に行ってきました。

また、同日には偶然なのか必然なのか、たまこまのイベント「もちもちトーク&ライブイベント 歌だ!踊りだ!お祭りだ!」の京都公演も開かれるので、そっちにも参加してきました。

まず、御霊祭とは何なのか、簡単にご紹介。
平安時代、天変地異や疫病の流行は怨霊の祟りによるものだとする「御霊信仰」が広まっていました。
この怨霊をなだめ祀るため、「御霊会(ごりょうえ)」というものが各地で行われていました。
御霊神社の御霊祭は日本最古の御霊会、また洛中で最も古い祭りと言われており、そのメインともいえる渡御之儀では三基の神輿や剣鉾、御車などが行列を作り、氏子地域を巡行します。
(執筆参考:京都観光チャンネル「御霊祭」 http://www.kyoto-meguri.com/goryousai.html )


朝7時30分、京都駅に到着。やや強めの日差しの中、出町までの約7kmの道程をのんびりと歩きました。
11時前に桝形商店街に到着、さが喜のご主人と歓談した後、御霊神社へ向かいました。

tamako_265tamako_266
到着した頃には、境内は各地区から集まった三基の神輿の担ぎ手や見物客でいっぱい。
ここでBTCの夷さんと合流し、一緒に渡御之儀を観ることに。
tamako_267tamako_268
まずは拝殿で神職が儀式を行います。
tamako_269tamako_270
儀式が終わると、いよいよ三基の御輿が拝殿から引き出されました。
引き出されたのは「末広会」、「小山郷」、「今出川口」の順。このうち今出川口の神輿が、劇中でもち蔵が担いだものと同じ神輿です。
tamako_271tamako_272
午後0時半、いよいよ行列が御霊神社を出発します。
神輿は小山郷、今出川口、末広会の順に出発していきました。
tamako_273
寺町通を北進後、鞍馬口通へ折れて烏丸通に入ります。ここで暑くなってきたので追跡を断念、桝形商店街に戻り、16時頃のアーケード内通過まで待機しました。
桝形ではTLでお馴染みの顔ぶれが揃っておられましたw
tamako_274
15時45分、小山郷と今出川口の一団が鴨川沿いを南下してきました。この後、葵橋西詰付近で別れて進んでいた末広会の一団と合流し、お稚児さんや御車などと別れた神輿がいよいよ商店街に入ります。
tamako_275tamako_276
有名な光景だけあって、アニメファンのみならず多くの人が商店街に押し寄せていました。
そして、いよいよ神輿が見えてきた!
001083749tamako_277
そうして撮れたのがこちら。ちょっとシャッター切るのが早かったけど、雰囲気は伝わるでしょうか。
tamako_278
鯖と神輿の2ショット!
tamako_279tamako_280
その後、一行は今出川御門をくぐって京都御苑に入ります。ここで終着。
ですが、たまこまのイベントの開演が迫っていたので、今出川口の神輿が到着する前に離脱することにしました。


tamako_281
京都御苑 朔平門から徒歩10分ほどでKBSホールに到着。物販もまだやってましたが、そのまますぐに入場。
隣では立見席の当日券販売で行列ができていました。

イベントレポート書くのが苦手なので、内容は詳しく書いているサイト様を参照くださいw
生で見た洲崎綾さんはやっぱり可愛かった!


舞台の比較に用いた画像は、「たまこまーけっと」第4話のものです。
著作権は京都アニメーション/うさぎ山商店街 に帰属します。