2016年06月

イメージ 1 6月25日、ネパール大地震活動報告会と2016年度どさんこ海外保健協力会総会は無事終了しました。
 帰国したばかりの前田紀子ワーカーの話から、避難所のテント村の状況も、出るはずの義援金を含め、政府からの対策のなにもないままに立ち退きを命じられるなど、どんどん変わってきているとの報告もありました。今後もきめこまかに状況にあわせた支援をしていかなければならないということを痛感しました。親を亡くした子どもたちに如何に本当に役立つような支援をするかについても、学校に先生と協力するなど、現場で苦労して頑張っているということもわかりました。
 その後の総会では、今後5年にわたりこのネパール大地震の支援を続けていくという計画を含め、活動の計画が承認されました。そして懇親会では新しい仲間も含め盛況で、ネパールの前田さん、楢戸さんとの話がはずみました。

先の報告会の案内ですが、会場の札幌市社会総合センターの住所が大通り西15丁目とありましたが、西19丁目の間違いでした。大変申し訳ありません。因みに昨日前田紀子ワーカーは無事に帰国しました。大泉 樹
イメージ 1

いつもネパールでの活動を届けてくれている前田紀子コーディネーターが、どさんこ海外保健協力会の総会のために帰国します。そして総会前に報告会を行いますので、札幌近郊の方はぜひどうぞ
イメージ 1

イメージ 1 皆さまこんにちは。いつもご支援ありがとうございます。
今回は、4月中旬の現地での震災支援活動を、ネパール駐在の前田がお届けいたします。その1に続き、その2はシンドゥパルチョーク郡での活動です。

 Thank youfor your supporting DOSANKO.

We arereporting on the field visiting for supporting students of

 earthquake victimsin middle of April. This part2 is about

activities inSindhupalchowk district.

 前回訪問時に各郡の中でもより支援が必要である地域を限定し、カトマンドゥから北東にあるシンドゥパルチョーク郡はビムタール 村、ボトシパ 村、シパポカレ 村、トゥンパカール 村を訪れました。(写真はビムタール村の崩れた家と仮設家屋の様子)

 Sindhupalchowk district located northeastfrom capital city Kathmandu.The areas were identified

as one of themost serious damaged villages by research in last visiting. We visited thevillages Bimtar,

Bhotosipa, Sipapokhari, and Tunpakar of Sindhupalchowk.(The photo is collapsed houses and
temporary houses)

イメージ 2現在当会では、緊急支援後、継続して教育と保健分野の支援を行っています。

教育分野としては、奨学金の支給ですが、この支給金には月の軽食代の一部も計算されており、生活支援を含めています。

DOSANKO started the community developmentprogram to sift

from emergency response to next phase of support. The

activities are focus on field of education and health.

As the field of education, we support thestudents of victims to

provide scholarship. It is considered with for food (lightsnacks), means that it includes living support

as well.

 シンドゥパルチョーク郡は、ネパール地震の被害が最も大きかった郡の一つです。ドラカ郡と同じく5月の余震により、さらに大きな被害が発生しました。震災での死亡者は首都カトマンドゥの3倍以上と国最多で、3000人を超えており国内死亡者の40%弱がこの郡で亡くなったと推定されています。

 This district is one of most seriousaffected area by Nepal 2015 earthquakes. The situation is same as Dolakhadistrict that huge aftershock in May of April earthquake caused heavier damage.The number of death is more than 3000 people highest among whole districts ofNepal.  The number is more than

threetimes of capital city Kathmandu. It was estimated that nearly 40% total numberof people killed 

 were lost their life here.


イメージ 3今回訪問した村は、郡庁所在地から離れています。また道路も土の細い道で、雨期には車は通れません。ビムタール村では、崩れた家がそのままになっている場所が多くありました。

その他の村でも家はほとんど崩れており、トタンの仮設家屋に多くの方が住んでいらっしゃいました。夏が近づいてきており、日中家の中も高温になります。(写真は簿としパ村の仮設家屋)

These villages are far from headquarterof Sindhupalchowk. 

Moreover, the accessibilityto the city is poor because the mountain road is narrow, and impossible todrive the car in rainy season due to slip by mud road. Many destroyed housesstill has been left in

Bimtar village. Other villages also are same that many localpeople are living in temporary house with  

 metal roof. It makes the temperaturein house increase daytime, the summer season is so hot in side

of the houses.(The photo is temporary house in Botoshipa village)

イメージ 4イメージ 5 今回の訪問では、6名の片親もしくはご両親を亡くした子供たちに会い、支援していくことになりました。特にこれから高校の入学をむかえる子たちは、将来の道のため、進学のことを真剣に考えているようでした。しっかり勉強していきたいとこうことを、インタビューで答えてくれました。

 彼らの夢を少しでもサポートしていけるように、これからも支援を続けていきます。

  We could meet and talk with 6 students inthe villages who lost single or both parent, and provided

the scholarship. Especiallyhigh school students wanted to go to college for their future. They

 answeredseriously in our interview that they have strong mind to continue studying.

We are supporting as much as possible though this program so that their dreams come true.


                                                                                                          
                                                                                                            Reported by Noriko Maeda, Coordinator





 イメージ 2皆さまこんにちは。いつもご支援ありがとうございます。

  今回は、4月中旬の現地での震災支援活動を、ネパール駐在の前田がお届けいたします。(写真はチランカ村の奨学金対象の子供、父親を震災で亡くしました。)

  Thank youfor your supporting DOSANKO.

We arereporting on the field visiting for supporting students of earthquake victimsin middle of April. (This photo is the children who lost father and were provided scholarship by DOSANKO)


イメージ 3 訪問地域はカトマンドゥから北東に位置するドラカ郡とシンドゥパルチョーク郡です。

 前回訪問時に各郡の中でもより支援が必要である地域を限定し、今回ドラカ郡のチランカ村とシンドゥパルチョーク郡のビムタール 村、ボトシパ 村、シパポカレ 村、トゥンパカール 村を訪れました。(左写真はシンガティ村、ほとんどがトタン屋根の仮設家屋になっている)

  The visitingareas were Dolakha district and Sindhupalchowk district located northeast fromcapital

Kathmandu.

 The areaswere identified as one of the most serious damaged village by research in lastvisiting. We

visited the villages Chilankha of Dolakha, Bimtar, Bhotosipa,Sipapokhari, and Tunpakar of

Sindhupalchowk. (This photo is Singati village. Most of houses are temporary house with metal roof.)

 現在当会では、緊急支援後、継続して教育と保健分野の支援を行っています。

教育分野としては、奨学金の支給ですが、この支給金には月の軽食代の一部も計算されており、生活支援を含めています。

 DOSANKOstarted the community development program to sift from emergency response tonext

phase of support. The activities are focus on field of education andhealth.

As the fieldof education, we support the students of victims to provide scholarship. It isconsidered

with for food (light snacks), means that it includes living supportas well.


 
 最初に訪れたのは、シンガティ村。シンガティ村での被害が大きかったという情報を聞いていました。シンガティに行き、情報収集でわったことは、シンガティ村からさらに山奥のチランカ村での死亡者が多かったということでした。

 First, wevisited Singati village in Dolakha following the information about the areasuffered heavy

damages. Then, caught another fact that the number of death washigh in Cilankha village it was

remote area deep in the mountain from Singati.

イメージ 1 2015425日に引き続き、512日、ネパール大地震から震源地をかえ大きな余震が発生しました。ネパールの人たちはこの巨大余震によってさらに大きな被害を受け、4月からの震災の精神的ショックをさらに助長しました。 同日、シンガティ村からさらに山奥のチランカ村の人たちは、朝から支援物資を受け取りにシンガティ村に来られていました。そして、バスの代わりに利用しているトラックの荷台に50人近くの人が乗っていました。帰る道中に余震が発生、地滑りにてトラックは破壊、14名の方が亡くなる大惨事となりました。(写真:現在も事故の跡がそのままになっていました)

 Huge aftershockof earthquake 25th April 2015was happened in 12th May. Itcaused heavier

destroyed as well as more serious mental shock.

 From themorning of the same day, the people of Cilankha village went to Singati to bedistributed

 the relief goods.  After tookit, nearly 50 village people were going back sitting cargo bed of truck.

In that time, the aftershock was happened. The land sliding covered the truck, 14people died.


 チランカ村へは整備されていない道を約2時間。四駆かトラックがやっとなんとか通れる狭く険しい山道です。村へ入った後は車両が通らないので、徒歩にて訪問しました。

 The roadleading to Cilankha had not been developed. Only four wheels car and truckcould go

through slowly. In the village, we got the car off and walked becauseof narrow and rough path.



 イメージ 5イメージ 6村の方にどさんこの活動を説明を聴いていただき、対象者の子供たちとそのご家族とに知らせてもらいました。みなさん学校から、また畑からなどから6名の子供とご家族集まってくださいました。チランカ村での対象の子供は7名で、きょうだいの子供たちもいます。

 We introducedto local people about our programs, and noticed the persons whose situationmatch with the criteria of scholarship.  Totally6 children and their families gathered to see us from farm,

school and so on.We found 7 children of scholarship, some of them were siblings.

イメージ 4









イメージ 7 村では少しずつ地震で崩れた家を建て直しています。政府からの支援は、一年経ってやっと始まろうとしているところです。訪問したお家では、震災前と同じ耐震度の土と石の家を、ご家族と大工とで作り始めていました。「今建てないと。また雨の季節になる」。震災から二回目の雨期が来ようとしています。

 The local people is starting toreconstruct their collapsed houses

little by little. The support by Nepalgovernment is still under the

process though it was already past one year. Wevisited one house.

They were making the house with stones and soil it was samelow aseismatic strength as before

earthquake. ‘We cannot wait the support fromthe government any more. It must be rebuilt before

 rainy season.’   The secondrainy season after earthquakes happened is coming.


                                     Reported by Noriko Maeda, Coordinator



↑このページのトップヘ