2018年12月

翌日は、ゴルカ郡の村での活動になりました。
 イメージ 1
 まず、アニルスナルくんと弟、お祖父さんに会いました(左写真)。彼らは私たちが活動する村に、住んでいるところから2時間半歩いて会いに来てくれました。アニルくんは4人きょうだいです。地震で家は倒壊し、まだ再建できず崩れた家をなんとか修理しながら暮らしています。
 また、5年前に父親を病気で亡くし、それからは母親と祖父母と暮らしていました。しかし、その母親も一年前に突然出て行ってしまい、現在はお祖父さんお祖母さんと生活しています。アニルくんのお家はダリットの家庭で、お祖父さんがほかの人の土地で小さな農家の手伝いをし、なんとか生計をたて4人の孫を育てています。当会では、彼を小学生として応援することを決めました。(下写真:アニルくんとニキルくん)
イメージ 2
 それから、救急箱を以前に配布した学校を訪問しました。使用状況を確認し、補充しました。
 これまで、この学校では救急箱の中には少し包帯などが置いてあるくらいでした。救急箱が使えるようになってから、風邪や月経痛で帰宅するしかなかった生徒たちが、授業を受けられるようになりました。
 また、運動会など生徒たちがけがをする場面にも有効に活用されました。ある生徒は、かけっこで転んでしまいましたが、けがの簡単な処置をした後、いつもより長い距離が走れて先生たちもびっくりみんなで笑ったという話をききました。
イメージ 3
 生徒たちも歓迎してくれ、ツアーの参加者の方とダンスをしたりして、楽しい時間を過ごしました。                      
イメージ 4イメージ 5
 その後チームはポカラ市へ移動、早朝はヒマラヤを眺めることができました。また、駒ケ根市からの協力で建てられた母子友好病院も見学することができました。
 今年も、スタディツアーに参加してくださった方々をはじめ、関わってくださった全ての方のおかげで無事にツアーを終えることができましたこと、感謝致します。
 (The following passages are translatedarticle in English.)
 Thank you for visiting our blog. This is reportingabout DOSANKO study tour. We had activities in Gorka district nextday as well, and moved village side.
 First, we met Anil Sunar, his junior brother and his grandfather. He has more two siblings. They came to see us bywalking two hours and half.
 His house collapsed by the earthquakes in2015. Rebuilding of the house was not easy for them and living same house which was just repaired temporally as emergency.
 His father passed away by illness 5 yearsago. Then, they were living with their mother and grandparents. Unfortunately,their mother left them and disappeared a year ago.
 They are Dalit and the grandfather does not have his own land. He is working as employed farmer just given small space offield. Bringing up the four grandsons is so hard for them. We decided to suppor tthe siblings to provide the scholarship.
 Then, we visited school to check usage offirst aid kit box distributed by us and refill consumed items.
 Before it was distributed, the school had only bandages and some items. Many students who got any symptoms as the common cold and menstrual pain they just endured or went back home. The situation changed that many of them thatthey can stay and take class using the box.
 And also it is useful for common minor injuries according to the teachers.
 One of the student got injury on his leg insport festival. He took the first aid from the teacher with the box.
 After that, he could run longer distance than before getting thewounds! Everyone wassurprised and it made them fun. They had laughing to see it including the student. The school students and teathers welcomedus and showed Nepalese dance. We enjoyed that.
 Last visiting place was Pokhara city. Theteam saw the beautiful Himalaya in early morning. We could visit the maternal and child hospital built with the cooperation of Komagane city in Nagano.
 Thank you for all, participants and who support us for the study tour. It was completed successfully.

皆様こんにちは。
 ブログを読んでいただきありがとうございます。続きの報告が遅くなってしまいました。112日から開催しました当会スタディツアーの様子をお伝えします。

イメージ 1
 ツアー2日目は、ダーディン郡を訪問したのち、ゴルカ郡へ移動。ダーディン郡ダーディンベシでは、二人の女の子が縫製所で裁縫の基礎コースの研修を受けています。当会では、研修費と研修のための滞在費の一部を支援しています(2018年10月のブログにて紹介)。
 「はじめは難しかったこともありましたが、今はいろんなものが作れるようになって楽しいです。自分で作った服を着るというのは、特別です。」と話してくれたのは、研修生のガンガさん(16歳)とラムマヤさん(22歳)です。
イメージ 2
左:ラムマヤさん、自作の服を着ている
右:ガンガさん
 縫製所を後にし、避難キャンプの跡地にそのまま住んでいる方たちいる住宅地を訪問しました。少しでも収入につながるようにと、かご作りをしているお家がたくさんありました。
イメージ 3イメージ 4
左上写真:被災者キャンプ地に建つ家々 右上写真:竹を使ってかごを編まれている
 それから、チームはゴルカへ移動。孤児院の子供たちと一緒に楽しい時間を過ごし、夕食をとりました(下写真)。また翌日は、孤児院の中の奨学生と校長先生と話をすることができました。今回の訪問でも、みんな笑顔で私たちを迎えてくれました。
イメージ 5
(The following passages are the translatedarticle in English.)
 Thank you for visiting our blog.
 Sorry for late update reporting about Dosankostudy tour held from 2nd Nov.Second day of the tour, first we visited tailorshop to see scholarship students in Dhading besi of Dhading district. The twofemale, Ganga (16 years old) and Ram maya (22 years old) are taking basic course of sewing. We are supporting them to provide the fees of training and partialliving cost (The details were introduced by blog in October).
 ‘Indeed, sewing became fun after I gotskills to make various types of clothes even though learning was not easy forme. Wearing clothes which is made by me is special!’ they said.
 Then, we moved the place where it was evacueecamp for the victims of earthquakes and they are living still now in built newsimple houses with support from organizations. The residents were making basketwith bamboo to make income.
 After that, we went to orphanage inGorkha district. We spent fun time with the students, and took dinner together there. Next day, we saw the scholarship studentsand talked together before they went to school They welcomed us with big smilesin this time as well.

本日12月15日、チカホ北三条広場で北海道国際協力フェスタが開催!どさんこも参加しています!道内の国際協力に関わる団体も多数参加、さまざまなイベントもあります!

イメージ 1

ただ今準備中。

イメージ 1

 皆様こんにちは。

 ブログを読んでいただきありがとうございます。ネパールワーカーの前田がお届けいたします。今回は、11月2日から開催しました当会スタディツアーの報告です。

 ツアー1日目は、シンドゥパルチョーク郡ビムタール村周辺を訪問。ジープに揺られ約4時間で村に到着しました。 途中、奨学生のアスミタちゃんとおばあちゃんに会うことができました。(下写真:村までの道と、カトマンドゥからの道中参加者の皆さんと)    

イメージ 2イメージ 3
 そこから山道に入り、当会の他の奨学生の子たちが通っているビムタール村の学校を訪問し、救急箱を配布しました(下写真:左が学校の先生たち、右は看護師ボランティアスタッフのラクシミさん)。この学校を卒業し、現在はカトマンドゥの大学在学、休暇のために帰ってきていた奨学生アルタップくんも参加してくれました。
 出迎えてくれた先生たちは、学校の生徒たちの様子を教えてくれました。ダヌワールという少数民族の子供たちがほとんどを占めるこの学校では、全校生徒の約7割が毎日登校するということでした。残りの生徒たちは、川の砂を集めたり魚を取ったりして、学校をよく休んでは家計を支えているのが現状です。      
イメージ 4
 学校から村の待ち合わせ場所に到着、そこでは奨学生のプジャちゃんとラクシミちゃん、そのご家族が待っていてくれました。二人は震災で母親ときょうだいをなくしています。地震が起こった時、プジャちゃんは崩れた家の下敷きになり、2時間後ようやく救助されました。その間、彼女をお母さんとおばあちゃんがかばい二人に挟まれるように守られていました、お母さんは亡くなりました。女の子たちと出会って2年以上経ちます。元気に成長しており、今回も素敵な笑顔を見せてくれました。

イメージ 5イメージ 6

(左写真:右からプジャちゃん、ラクシミちゃん、アルタップくん)(右写真:再建された建物とそのままになっている仮設が混在する村を、ツアーの皆さんと歩く)


 (The following passages are the translatedarticle in English.)
Thank you for visiting our blog. This is reporting about Dosanko studytour held from 2nd Nov.
 First day of the tour, we visited Bimtarvillage in Sindhupalchowk district. It took 4 hours to reach the village because of bumpy road. We could see the scholarship student Asmita and her grandmother on the way. After that, we moved to school whereother scholarship students attend to distribute the first aid kit box. 
 The school teachers welcomed us. One of the scholarship student graduated this school, Altap also joined this visiting. He had come back the village fromKathmandu for long holiday of college. The teachers introduced us this school tous. Majority of students are ‘Danuwar’ is one of minority Ethnic group inNepal. According to the teacher, only 70% of student attend every day. The others often absent why they have to support their family financially gatheringthe sand to sell or catching fishes in the river.
 Then we met the scholarship students Pujaand Laxmi with their families near the school. They lost both mother andsibling by collapse of house in the earthquake. Puja was in side of house whenit happened. She was pressed the house and rescue took 2 hours. During waitingit, she was sanded mother and grandmother so that they tried to save her. Unfortunately, her mother could not survive. 
 More than two years has passed since wemet both of them first time. Their blight smiles made sure they are growing upwell.
 Reported by NorikoMaeda, coordinator 

↑このページのトップヘ