イメージ 1
 いつもブログをみていただき、ありがとうございます。どさんこ海外保健協力会では、今年度の総会に原発事故後の福島を撮り続けている写真家の菊池和子氏をお招きしました。みなさまぜひお立ち寄りください。
くまざわ書店展示スペース 
 アリオ札幌3F(JR苗穂駅至近)
 2019年6月21日(金)~7月7日(日)10時~21時
☆菊池和子氏トークショー
 6月23日(日)14時~16時
☆どさんこ海外保健協力会トークショー
「東日本大震災から私たちは何を学ぶのか」
 代表理事 大泉 樹
 7月7日(日)14時~15時   いずれも入場無料
<写真展開催によせて>
 どさんこ海外保健協力会は、東日本大震災支援を続けています。ここ数年は気仙沼での活動のみとなっていますが、仮設住宅は昨年度でなくなり、支援は終息に向かいつつあります。
 私たちの目標に「同じ地球上の他の国や地域のことを考える中から、北海道に住む私たち自身の生活を見直していきます」とあります。今回、気仙沼が落ち着いたから支援活動にピリオドをうっていいものか考えました。振り返ると震災直後は、福島第一原発の水蒸気爆発に怯えながらも決死の覚悟でボランティアに向かいました。そして、原発事故の被害は、現在も帰還困難区域やその周辺の多くの住民の人生に影響を与え続けています。こんなことが、今後繰り返されていいのでしょうか。私たちにできることはないのでしょうか。そう考えてこの度、フクシマを撮りつづけている写真家の菊地和子氏をお招きしました。この写真展が皆さまにとっても、自分たちの生活を見直すきっかけになれば嬉しく思います。(大泉 樹)