どさんこ海外保健協力会の紹介

ホームページへ http://dosanko-hokkaido.com
フェイスブックへ https://www.facebook.com/%E3%81%A9%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%93%E6%B5%B7%E5%A4%96%E4%BF%9D%E5%81%A5%E5%8D%94%E5%8A%9B%E4%BC%9A-368881346779208/

 どさんこ海外保健協力会は、北海道で家庭医の草分け的存在として地域医療を実践してきた楢戸健次郎医師を中心に1994年に設立された、発展途上国で保健活動を行う北海道発のNGOです。
設立以来、医師やコーディネーターの長期ワーカーを派遣し、カンボジアの農村部では保健ボランティアの育成や健康保険のシステムづくりなどの地域保健の支援を行ってきました。
 2011年の東日本大震災では、宮城県気仙沼市を中心に支援を行い、2015年度までは毎月、医師看護師を派遣し、現在もコミュニケーティーを支える地元団体の支援を続け、仮設住宅や地域での健康相談会などを実施しています。
 ネパールでは、2011年度より、西部の地方の病院で予防教育や衛生環境整備といった活動の支援をしています。2015年4月のネパール大地震では、避難所での仮設学校や診療所の支援から、震災孤児への生活、教育支援を行っています。
 国内では、活動地を訪ねるスタディツアーの企画や、月1回、テーマを決めて楽しみながら「国際協力」を語る会を催しています。