タグ:練習用

イメージ 1
 皆様こんにちは。
 ブログを読んでいただき、ありがとうございます。ネパールワーカーの前田がお届けいたします。今回は、1月から生活支援として職業訓練受講をはじめた女性のお話をお伝えします。(左写真:講習の様子をアニシャさんにきき、作成中の服や勉強ノートを見せてくれている。)
 カブレパランチョーク郡で被災したアニシャ ラマさん(19歳、左写真)は、義理の両親と住んでいた家を地震で失いました。地震前は家族で農業を営んでいましたが、震災で生活の基盤は崩れ、その立て直しは簡単なことではありませんでした。彼女は、首都カトマンドゥに住む兄を頼り移り住み、仕事を探しました。
 アニシャさんには2歳の子供がいます。高校生のときに結婚した彼女は、嫁ぎ先の家の農業などを手伝うため、通学は断念しました。
 その後、夫は海外に出稼ぎに行きましたが、その先で別の人と結婚してしまい帰ってきませんでした。彼女の両親も高齢で経済的にも余裕はなく、震災後は一人で子育てをしています。石運びなどの日雇い労働に就きましたが、毎日はなくいつ仕事がなくなるかもわからない状態でした。生活は厳しく、子供が病気になったときもなかなか病院に連れていくことができませんでした。
 イメージ 2
 支援の検討当初、奨学金の支給による通学支援が検討されましたが、現状と彼女の希望より裁縫の職業訓練の受講を支援することになりました。6か月のコースで基礎的知識と技術を学びます。
  ネパールでは、布屋で布を買い仕立て屋で普段着を作る人が多く、街の中ではそれらのお店をよく目にします。受講生を受け入れている仕立て屋では、多くの女性が毎日実践を学んでいます。(右写真:仕立て屋の様子。コースを受けている他の女性の姿も見られる) アニシャさんは、「コース受講後仕事を見つけ、子供はちゃんと学校に通わせたい、できるだけのことをしてあげたい」と、希望に満ちた笑顔で話してくれました。当会では、就職までできるだけのサポートを継続し、彼女の生活を応援していきます。
イメージ 3イメージ 4

 (The following passages are thetranslation of this article in English.)

 Thank you for visiting our blog.

 This reporting is about livelihood supportwith vocational training for the earthquake victim. Anish Lama (19 years old) has started to takethe course since January.

 She lost her house due to the earthquakes.She was living with her parents in low, working as farmer and  raisinglivestock in Kavrepalanchok district. The disaster took the basis of livelihoodaway from them. She moved to the small rent room of her brother in the capitalcity Kathmandu so that she found any jobs.

 She is bringing up 2 years old son alone after earthquake.She got married when she was high school student. A lot of works at home andfarming forced her to give up attending the school.

 Then, her husband got married with otherwomen when he went abroad to find the job. Also, her parents are old and cannotafford the time and money for supporting of her.She got job as a day labor bring thestones in construction places in Kathmandu. But it is not regular and shortterm work. She could not bring her sonto the hospital when he got sickness. She did not have enough money. The lifewas difficult.

 We considered of her support to provide sewingcourse as vocational training instead of scholarship for attending high school.It was fit with her hoping as well as the situation. The course is 6 months to learn basic knowledge and skills for making simple dress of Nepal. Wearingorder made dress is popular for females in Nepal. You can see many cloth shopsand tailor’s shop in the towns. Some of the shops provide the courses to thetrainees, many females are learning there in practice.

 Anisha told us with smile about herstrong motivation to learn it, ‘I would like to give proper education for myson, and to do best whatever he needs.

  We continue the support for herindependent living.                                                                 

  Reported by Noriko Maeda,coordinator

イメージ 1
 ラムジュン郡ラムジュン病院の見学 (左写真)後はカスキ郡ポカラ市へ移動。ポカラでは、親が刑務所にて刑に服しており、身寄りもない子供たちが共同生活する施設、ガールズホームを訪問しました。入所後両親が迎えに来ず、孤児となるケースは少なくありません。

 参加者の方からは、大変な境遇でありながらも明るい笑顔で出迎えてくれた子供たちと接し、胸を打たれるおもいだったとの声をききました。





イメージ 2

 最後はポカラで日の出前のサランコットの丘を訪れました。天候にも恵まれ、日が昇ってくるとヒマラヤ山脈が姿をみせました。ネパールの様々な現状を知るだけでなく、素晴らしい自然も楽しむことができました。










 参加いただきました皆様からは、現地訪問の感想などいただき、駐在している私やネパール人スタッフも、今後の活動へのパワーをもらいました。


 最後に、この度どさんこスタディツアーに参加していただきました皆様、誠にありがとうございました。安全に無事終了できましたのも、皆様のおかげです。忙しいスケジュールで大変だったと思いますが、またのご参加を心よりお待ちしております。

 また、日頃から会員の皆様が支えてくださり、今年もツアーを開催することができましたこと、感謝申し上げます。


(The following passages are the translation of Japanese.)

After visiting to the Lamjung hospital inLamjung district, the team moved to Pokhara city of Kaski district and  went tothe girls’ home. The home is for the girls whose parents are in jail. In thissituation, bringing up the 

children is so hard for the mothers without their husbands.Moreover, many of them become orphans because     the families never come back thishome to see the girls.

The participants were impressed theircheerful smiles and hospitality thought their circumstances were 

difficult. 
 

Finally, the team visited the hill ofSarankot before sun rise. Then, the lucky sun showed them the incredible

 viewof Himalaya! They had the opportunities to know the situationas well as to enjoy the beautiful natures in  Nepal.

 

After finishing all schedule, we hadgreat time to exchange impressions and ideas about Nepal and the 

supporting asDOSANKO works. And also, these comments of participants motivated the DOSANKO staff 

working in Nepal.
 

Thank you for the cooperation of all theparticipants during study tour in Nepal.

In addition, we appreciate the members ofDOSANKO and all supporters that we could continue to conduct the field study tourin this year as well.

 

                                                                                       Reported by Noriko Maeda,coordinator 

イメージ 1

皆様こんにちは。

ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 ネパール駐在の前田がお届けいたします。今回の報告は、1118日から24日にネパールで開催されましたスタディツアーの様子をご報告いたします。

 参加者はどさんこ会員の7名の皆様(左写真;7名の方と楢戸駐在員、ネパール人スタッフ)。現地での活動の様子やネパールの現状をお伝えするため、各地域を訪問しました。


 


 
 まず、ヌワコット郡とラスワ郡にあります被災者キャンプの訪問からスタート。
イメージ 2

こちらのキャンプには、現在も100世帯以上の家族が簡素な仮住まいにそのまま住んでおり、当会が行っている奨学金支援の奨学生の子たちもいます。(写真はラスワ郡のキャンプで子供たちに古着を配布しているところ)

 また今年も寒い冬がやってきており、訪問時には冬服を中心に古着を配布しました。

この古着は、ツアー参加者の皆様が渡航時ご本人たちの荷物もあるにも関わらず、ご持参くださったものです。たくさんの量で、出した後はスーツケースの半分または約一個分が空になったのには驚きました。また、楢戸駐在員が日本から運んできたものも一緒に持っていきました。これらの古着は、日本の皆様からご寄付いただいたものです。


イメージ 3

 続いては、当会の活動を現地でサポートしてくれているネパール人ヒクモトさんのお宅訪問。震源地であったゴルカ郡にある、ヒクモトさんの村も被災しました。多くの人が少しずつ自分たちで家屋を再建しています。

 お家までは車両が通れないので、途中から車を降り約2時間歩き到着。飼育しているヤギの見学やヒクモトさんのお宅でとれた季節の果物をいただき、村での生活を体験しました。






イメージ 4
イメージ 5












(The following massages are the translation of above article.)

Thank you for visiting our blog.

This reporting is about DOSANKO studytour conducted from 18th to 24th in November to visit theproject 

fields and other local areas in Nepal by 7 DOSANKO members.
 

First, DOSANKO team visited the evacueecamps Nuwakot and Rasuwa district where the scholarship 

students and more than100 households of victims still have lived in simple temporary houses.

They talked with the students anddistributed used clothes to the victims for winterization.

These a lot of clothes were brought bythemselves from Japan to fill the half or most of space of their suit

 caseswith the clothes.

Other distributed clothes were donated byJapanese supporters as charity.

 

Next place was the hometown of Mr. HikamatBahadur Khatri DOSANKO Nepali staff in Gorkha district. Gorkha was theepicenter of earthquake 2015, and his village also was damaged. The villagepeople were rebuilding the houses by themselves.

Reaching his house took nearly 2 hours bywalk since the vehicle was not able to go through the narrow road 

of village. Everyoneenjoyed the experiences of the village life seeing the livestock (goats) andeating the 

seasonal fresh local fruits in his house.

12月3日土曜日に、札幌チカホ広場で国際協力フェスタ2016が開催されました。

どさんこは企画から参画し、当日のブースではネパールグッヅを販売。大盛況でした。様々なNGOとの
交流もあり、大変充実した一日でした。当日ご協力いただいた皆様ありがとうございました!

イメージ 1

インフォデスク担当で活躍したどさんこ会員の木原さんと、、大学生グループ「えにわ組」の皆さん。今回のフェスタのポスターデザインからパンフレット作成をしていただきました。

今回のフェスタ企画運営の一翼を担う、重要なメンバーです!







イメージ 2

どさんこブース担当の皆さんです。
写っていないメンバーもいますが、ご了承くださいませ。











みなさん、来年もよろしくおねがいします!

皆様こんにちは。
 ブログを読んでいただき、ありがとうございます。
ネパール駐在の前田がお届けいたします。今回の報告は、10 月終わりのヌワコット郡ラスワ郡での学生奨学金の支給に、現地訪問した時の様子です。

 震災支援の一つとして、当会では奨学金でのサポートを行っています。学生は、両親または片親を震災で亡くしている、他には親または本人が震災で障害をおった子供たちです。現在ダーディン郡合わせ6つの被災郡(他ゴルカ郡、ヌワコット郡、ラスワ郡、シンドゥパルチョーク郡、ドラカ郡)の33名の奨学生を支援しています。
イメージ 1 現在この二つの郡で支援している奨学生は7名で、うち6名は現在も被災者キャンプで暮らしています。1名はラスワ郡庁所在地ドゥンチェで、ネパール軍の支援によって建てられた仮設家屋に住んでいます。被災者キャンプの方たちは、キャンプ地から離れた山間の村から来ています。土砂崩れの被害が大きかったことや村での生活の立て直しが困難などの理由で、一年半以上たった今も村に帰れていません。

(左写真:被災者キャンプの様子)


 ラスワ郡ボガティタールキャンプに住むスシルくん兄弟(8歳、3歳:左写真)とサルミラちゃん姉妹(6歳、2歳:右写真)は、ともにご両親を震災で亡くしています。前回訪問した5月から、みんな大きくなっていました。学校に楽しく通っていると、笑顔で話してくれました。
イメージ 2イメージ 3











 イメージ 4ドゥンチェに住むラクシミちゃん(13歳)。お父さんは震災前から視力障害があり、ほとんど目が見えません。お母さんは地震で崩れた家の下敷きになった外傷で、歩行器でなんとか少し動ける状態です。ラクシミちゃんは両親のお世話や家の仕事などで、毎日は学校に通えていないようでした。学校の先生や現地のNGOと協力して、状況が改善されるように今後も支援を続けていきます。

(左写真:お母さんの立ち上がるのを手伝うラクシミちゃん。ピンクのセーターは今回届けた古着)






今回の訪問では、奨学金の他、皆様からご支援いただきました古着も届けることができました。冬が近づいてきており、とくにドゥンチェは標高2000mの街なのでこれから寒さが厳しくなります。

 子供たちみんな、喜んで服を受け取ってくれました。

イメージ 5イメージ 6












 学校に通いたい子供たちの心、未来を少しでもサポートできますように引き続き支援を続けていきます。今後ともご支援宜しくお願い申し上げます。

(The following paragraphs are translation of Japanese report.)                               

Thank you for visiting our blog.

  Thisreporting is about visit in Nuwakot and Rasuwa district for supporting thevictims of student with scholarship.

  Weare conducting the scholarship program for support rebuilding of life.  Scholarship students have same difficultsituation that they lost parents or one parent due to the earthquakes. Othercategory of support is that the students or the parent got injuries anddisabilities in earthquake.

  There are 33 students from 6 affected districts, Dhading, Gorkha,Nuwakot, Rasuwa, Sindhupalchowk, and Dolakha district.


 InNuwakot and Rasuwa district, we have 7 scholarship students. There are 6students in victims’

camps, other one is living temporary house built by Nepalarmy in Dunche (head quarter of Rasuwa).

  Most of the victims in the camps camefrom mountain areas far from there. They cannot go back to

 their own villages morethan one and half years after the earthquake. The problems are huge

damaged ofland sliding covered villages, difficult to rebuild the life without livestockand farm, not

enough saving money and so on.


 The students of two siblings Susilbrothers (8 and 3 years old) and Sarmira sisters (6 and 2 years old)

are livingBhogotitar victims’ camp also lost their both parents.

 We could see theirgrowing up even though the passing time from last visiting was only 5 months.

They were smiling to tell us about the fun time in school.


 The student Raxmi (13 years old) isliving in Dunche. Her father has lost vision since before

earthquake. Hermother got disability on the leg due to the clasped house in the earthquake,and

walks only in the house with walker now.

  She cannot attend school regularlybecause she has to take care them and help for a lot of

 housework. We willcontinue the support with cooperation of the community as school and local

NGOs.

 In this visit, we could provide usedclothes donated as charity in Japan to the all students. Winter is

coming inNepal. They were so happy to receive the clothes. Especially Dunche located 2000mabove

 sea level will be very cold.

 We will continued the program to supportthe hope of children to attend the school and their future

 as much as possible.


Reported by Noriko Maeda, coordinator



↑このページのトップヘ