2005年05月

2005年05月31日

第31回外国文化週間・続報

c8ad6c9d.jpg 同志社大学第31回外国文化週間が6月6日より始まる。 6月13日には今出川校地寒梅館にて映画上映、そして東京エスムジカによるライブが行われる(整理券を当日14時より配布)。また、6月21日からローム記念館にて写真展が開催。「サッカー」をテーマに世界の人々の生活に浸透したサッカーにまつわる風景写真が展示される。写真展は7月9日まで。入場無料で事前申込は不要。【5月31日 同志社大学PRESS=UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 20:48|PermalinkTrackBack(0) 告知 

2005年05月30日

脱線事故から一ヵ月、京田辺校地でチャペルアワー

347bffff.JPG JR福知山線脱線事故から1ヶ月をむかえた5月25日、27人の死傷者がでた同志社では、犠牲になった3人の学生と、福島のバス事故で亡くなった学生の死を悼み、チャペルアワーが行われた。(写真=チャペルアワー会場に設けられた献花台)【5月25日 同志社大学PRESS=UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 21:06|PermalinkTrackBack(0) 事件・事故 | JR福知山線脱線事故関連

2005年05月29日

第31回外国文化週間  映画上演や講演会が6月6日より

a7d52b4e.jpg 同志社大学第31回外国文化週間が6月6日より始まる。
 「映像で見る外国文化」と題された今年度は、今出川・京田辺両校地にて映画上映や講演会などを行う。「映画の最前線にある各国の作品を紹介しつつ、これと講演会・コンサートを組み合わせることで、文化とは何かをあらためて考える機会としました」(PRチラシより)。
 この催しは、7月9日まで行われる予定。【5月29日 同志社大学PRESS=UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 21:59|PermalinkTrackBack(0) 告知 

2005年05月28日

脱線事故から一ヵ月 献花台で犠牲者の冥福祈る

b6f97114.JPG24人の学生の命を奪った、JR福知山線脱線事故から1か月を迎えた。事故現場の献花台には、犠牲となった学生の家族や友人、同じ大学の学生が訪れ、犠牲者の冥福を祈った。(写真=献花台で冥福祈る参列者)【5月25日 同志社大学PRESS=UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 19:20|PermalinkTrackBack(2) 事件・事故 | JR福知山線脱線事故関連

2005年05月26日

寒梅館ハーディーホールにて映画を上演 6月の毎週木曜日

7b6e8d1f.jpg 「木曜日には何かがある!」を合言葉に、寒梅館ハーディーホールを利用した様々なイベントを用意する企画、「WOT(ワット)」。
 6月はハーディーホールにて映画を上演しており、9日には「北の零年」、16日には「血と骨」、30日には「珈琲時光」が上映される。また、23日には新作映画試写会(タイトルなど詳細は未定)「HINOKIO ヒノキオ」の試写会が行われる予定だ。同志社生は入場無料。事前手続きも不要。また、2日には同志社卒の槌橋雅博さんが監督した映画、『動・響・光』が上映される。この日は上映前に槌橋監督によるトークも行われる予定。【5月25日 同志社大学PRESS=UNN】
※新作映画試写会の詳細が判明したので訂正しました。(6月9日)続きを読む

doshisha_p05 at 18:31|PermalinkTrackBack(0) 告知