2009年03月

2009年03月31日

新たなスタート地点に立つ新入生 コラム『路地裏』

 今年も同志社のキャンパスが桜で彩られる季節が来る。一年前の入学式、一人で田辺坂を登る私の胸中は期待より不安の方が勝っていた。キャンパス内に入り、校舎と校舎の間に並ぶ桜の木を見つけ、その壮麗さにふっと緊張が解けたのを覚えている。【3月31日 同志社大学PRESS】
続きを読む

doshisha_p05 at 20:03|PermalinkTrackBack(0)

15000人に春来たる 一般試験の合格発表

 同志社大学計12学部を一般選抜試験で受験した約4万人のうち約1万5000人に「春」が訪れた。今年度から実施した心理学部の試験には67人の募集に1243人が受験し、189人が合格を決めた。前年度から大幅に志願者を増やした学部は文化情報学部。本年度の志願者は2061人で、前年度の1480人を大きく上回り、12学部の中で最も人気が高かった。一方で前年度の入試より12学部合計の受験者が約3000人少なく、全体の合格倍率が3.0倍と昨年度の3.3倍から低下する結果となった。また、学内併願が減ったことも大手予備校の河合塾の調査から明らかとなった。【3月31日 同志社大学PRESS】続きを読む

doshisha_p05 at 19:46|PermalinkTrackBack(0) 文化記事 

2009年03月17日

楠神が川崎フロンターレから特別指定 サッカーJリーグ

 サッカーJ1リーグの川崎フロンターレは3月13日、同志社大学サッカー部の楠神順平を特別指定選手とした。日本サッカー協会の許可がおりた。これにより、楠神は川崎フロンターレの選手と同様に試合に出場することができる。【3月16日 同志社大学PRESS=UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 02:06|PermalinkTrackBack(0) サッカー 

エース復活で優勝へ 関西学生野球開幕前特集

 昨季の関西学生野球リーグ、6勝6敗勝ち点2の3位に終わった同志社。終盤まで優勝争いに加わるものの、あと一歩のところで失速した。今季も優勝を目標に部員たちは練習に励んでいる。春季リーグ開幕に向けて監督や選手に話を聞いた。【3月13日 UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 02:01|PermalinkTrackBack(0) 野球 

柔道部元監督、不正受給に関与 OB柔道整復師に便宜

 全日本学生柔道連盟理事で同志社柔道部の元監督(62)が03年に当時の複数の部員から健康保険証のコピーを集め、同部OBで接骨院を営む柔道整復師(37)に療養費支給申請書を不正請求させていたことが明らかになった。柔道整復師は04年までに約240万円を不正受給したが、05年に大阪府の調査を受けて全額返還しているという。【3月11日 UNN】続きを読む

doshisha_p05 at 02:00|PermalinkTrackBack(0) 事件・事故 | その他