遊びやすいGアーマー玩具を探していて辿り着いたのがこちら。
1979年発売クローバー社製『機動戦士ガンダム DX合体セット』。
当時の販売価格は5800円でした。
CL_GUNDX_001
シール未使用の比較的状態のいいものが入手出来ましたので簡単レビュー。

【パッケージ】
上蓋
キャッチコピーが購買意欲をそそります。
CL_GUNDX_002

取っ手
CL_GUNDX_003
当時の大型玩具は取っ手が付いているものが多くありました。
この取っ手は、親子で玩具店に行き購入、子どもがその取っ手を握って
持ち帰るというものを想定して付けられたものだそうです。
当時の子どもたちが大きな優越感に浸れるギミックだったそうです。
これはどこの玩具メーカーが最初に考案したのかはわかりませんが、
秀逸なアイデアだと思います。
…なぜかNEOGEOの持ってるだけでステータスというフレーズを思い出しました。

内蓋
箱を開けると、ウインドウの付いた内蓋があります。
CL_GUNDX_004
パーツや武器名が記載され、ワクワク感をさらに増幅させてくれます。
アニメ初期の設定を参考に設計されたようで、アニメ未登場の武器やアイテムがあります。
CL_GUNDX_005
 ガンダム合体計画書(取扱説明書)の下にはコアファイターの車輪(3つ)やシールが入っていたようです。
CL_GUNDX_006

【ガンダム本体】
G・胸部
CL_GUNDX_007
アニメで言うAパーツ。
胸のダクト部はシールで再現されています。
Gアーマーにするときにひっかけやすく、破れなどが生じやすいです。
両腕はメッキされたG・パンチをバネ仕掛けで発射させることができます。
胸部はダイキャストなのでずっしりと重いです。 

コアファイター
CL_GUNDX_008
機首がミサイルになっています。
GUNCL02_017
GUNCL02_018
ガンダムに合体するときは機首と尾翼をを外して行います。
それもあって機首と尾翼は失くしやすいパーツのひとつとなっています。
コアファイター内部には直径5ミリ円柱状の重しが2本入っていますので、
その大きさから受ける印象とは異なりずっしりときます。

G・脚部
CL_GUNDX_009
アニメで言うBパーツ。
膝メッキパーツ、足首シール部分はGアーマーにするときにひっかけやすく、
メッキ剥がれやシール破れなどが生じやすい部分です。
膝から下がダイキャストで構成されていますので、ずっしりと重いです。 
またカカトには金属製の車輪が付いています。 

G・パンチ
CL_GUNDX_010
メッキされた手首です。左右で対象の造形になっています。

【ガンダム武装】
ラッシュ・ライフル
CL_GUNDX_011
デザインはガンキャノンのものに酷似しています。

ソードジャベリン
CL_GUNDX_012
機動戦士ガンダムUCのフルアーマーユニコーンガンダムの装備として、
スポットライトが当たりました。
メッキされた刃がとてもきれい。

ハイパー・バズーカ砲
CL_GUNDX_013
名称がロケット砲となっていますが、同等のものがバンダイ1/100プラモデルにも付いています。
CL_GUNDX_014
当時はなぜアニメに登場しないのかなと疑問に思っていました。
ソードジャベリンのように、いつか陽の目を見る日が来るかもしれません。

★ビーム・サーベル
CL_GUNDX_015
ボックスに入った状態だと、ガンダムの背に装備されたままのようです。
ですので、内蓋にはビーム・サーベルの記載はありません。

すべてを装備すると『フル装備したガンダム』が完成します。
『フル装備したガンダム』正面
GUNFa

『フル装備したガンダム』背面 
GUNFb


【G(ガンダム)・ファイター】
CL_GUNDX_021
G・カプセル
CL_GUNDX_016
G・ウイング(左右)
CL_GUNDX_017
G・キャタピラ
CL_GUNDX_018
ビーム・キャノン(左右)
CL_GUNDX_019
この6パーツがG・ファイターを構成する主なパーツです。
Gにははすべてガンダムとルビがふられています。
G・ファイターも同様なので、読みはガンダム・ファイターとなります。 
※こちらは取扱い説明書に記載されています。 

CL_GUNDX_020
G・キャタピラには2ミリ厚ほどの円盤状重しが数枚内蔵されており、
G・ファイター形態やガンダムと組み合わせて遊ぶときの重しとなっています。
ダイキャスト製のガンダム本体に負けないようG・キャタピラだけで
150グラムほどの重さがあります。
G・キャタピラ中央の白い円盤パーツは回転し、G・ファイターやG・ブルの時に
機体を旋回させることができます。
また、G・キャタピラ下部にはプラスチック車輪が4つ付いていて、
転がし走行(以下コロ走行)が楽しめます。


【G・ファイターギミック】
ビームキャノンは上下に可動させることが可能です。
またG・カプセルとの接続部を中心に、2門のビームキャノンは独立させて
左右に旋回させることができます。
CL_GUNDX_025
キャノン側面にはバネ仕掛けのミサイル発射機能がついていて、
赤いミサイルを飛ばすことができます。

【前方】 
CL_GUNDX_022
【側面】
CL_GUNDX_024
【後方】
CL_GUNDX_023

ガンダム合体計画書(取扱い説明書)とシール
CL_GUNDX_026
CL_GUNDX_027
CL_GUNDX_028

次回は今回紹介しきれなかった合体形態、その他ギミックなどを紹介したいと思います。
続きは 機動戦士ガンダム DX合体セット クローバー(その2)