精一杯身の回り

実験施設であり壮大な自己紹介でもある

虫歯

毎日毎日思い立ったら歯磨きをし、糸ようじもかけている。それでもたまに歯医者に行けば虫歯が出来ていると言われる。
先日も、銀歯の下に虫歯が出来ていたらしく、銀歯を剥がし虫歯を削ってセメントで埋める。一週間後、そのセメントを剥がし、更に歯を削って型を取り、またセメントで埋める。次回、新しい銀歯が付くらしい。しかし、今回はなぜか麻酔が効きすぎてしまったな。顔の半分が動かないや。顔面麻痺ってこんな感じなんだろうか?とか思いながら歯医者の診療台に横たわっていると、隣の部屋から「かなり念入りに歯磨きをしているのに何で虫歯が出来るんでしょうか」とまさにタイムリーな質問をしている患者がいて、それに対して医者は「歯磨きは基本歯周病を防ぐためにやるものだからね、虫歯になるかどうかは歯の組織(構造?体質?)の強さの問題。これが弱ければどれだけ熱心に歯を磨いても虫歯になってしまう。ではどうすれば良いか?と言えば、定期的に歯医者に来て、フッ素とかを塗布してもらうことです」と言っていた。
じゃあしょうがねえなと思った。

やったか!?

急に虫が多くなった気がする。毎年こんなもんだったっけ?僕のイメージでは夏にもっと多く虫がいた気がする。熱過ぎて出てこられなかったのが少し涼しくなって出てきたのだろうか。

普段、僕は部屋の電気を付けない。明る過ぎてイライラするからだ。付けるとしても間接照明の様な薄明るくなるだけのものにしている。でも、部屋の物を探す時等よく見たい時だけ一時的に明かりを付ける。

そんな感じだから、部屋が明るくなった瞬間壁に虫がいるのを見つけてかなり驚いた。ただでさえ虫が苦手なのに。
何の虫かは良く分からないけど、そこまで大きくない(小さくもなかったけど)し、動きも鈍かったからとりあえず潰してしまおうと思いティッシュを片手に近づく。
小さくない虫を潰すのはかなり苦手だ。あの潰れる感触が手に伝わるのが分かってしまうから。
でも部屋には自分しかいない。僕がやるしかないのだ。

恐る恐る近づき、一気に潰す。手には虫の感触が……
と、思った瞬間そいつが羽ばたき、僕の周辺を飛び回りだした。
まさかまだ動けるとは思わず、しかも結構素早く飛び回るから「うわっ!!」と叫んでしまった。

その後、どっかに行ってしまった虫を探し回る。結局ベッドの下にいた。見た感じ動く様子が無かったから、多分さっきの羽ばたきで残りの力を使ってしまったのだろう。
ハエ叩きがあったことを思い出し、それで一応潰して捨てた。

多分玄関を開けた時か、そもそも服に付いていたんだろうな。もう少し大きな虫だったらやばかったかも知れない。

前テレビで見た、大物芸人が家に虫が出た時に思ったひとことが非常に印象に残っているので、その言葉を借りて終わりにする。

「俺は独り暮らしがしたい」

ルーチン

タッパーを買おうと思ってドラッグストアに行った。
結局タッパーは無く、せっかくだし適当に見て回ってから帰ろうと思っていた。考え事をしながら見て回るまでは良かったが、考え事に夢中になるあまり、いつの間にかレジに並んでいた。
何にも商品を持っていないのに、しばらく気が付かなかった。他の店で買った商品の袋とかを手に持っていたから勘違いしてしまったんだろうな。気が付いた時は自分でもビックリした。俺何やってんだろうって。
その後、何事も無かったかの様に列を離れ、何事も無かったかの様にもうちょっとウインドウショッピングをして帰った。

考え事に夢中になるとルーチンを繰り返してしまうんだな。
Twitter プロフィール
Twitterもたまにはやってるよ。
ギャラリー
  • 伏 見 稲 荷
  • 伏 見 稲 荷
  • 伏 見 稲 荷
  • 中々に活動した
  • 名古屋旅行1日目
  • 湿布を貼って寝正月
  • 明けました。
  • 良いお年を
  • 人のこと言えなかった
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ