2009年01月24日

ストレートP様へのリスペクジェラシー



はい。前回の記事でも取り上げましたように、一月二十三日をもちまして、ストレートP様の『あっというま劇場』が最終回を迎えられました。

多くの新人ノベマスPがそうであるように、私も氏には少なからぬ影響を受けた身。今回は、ちょっとストPに対して私が抱いてきた敬愛と怨念みたいなのをつらつらと書いていきたいなあと思います。

以下、とても長いので格納。拍手コメへの返答も巻き添えで格納。



タミフルP様あたりの動画で本格的にノベマスの存在を知った私がある日ノベマスタグ巡りをしていると、あっというま劇場という名の動画を見つけました。
最初の感想としては、『なんというPのひどさwww』みたいなコメをした覚えがあったりなかったり。当時は結構新鮮だったかなぁ、Pがあそこまでひどいノベマスは。タミPは割と普通のヒトですよね、割と。
で、その後もすごい勢いで続編をあげ続けるストPには意味不の念すら抱いてました。あ、間違えた。畏怖です畏怖。

で、一ファンとして毎回楽しませてもらっていたわけですが、自分で動画を作ろうと思い立ってからは最大の敵となるわけですよ。

ギャグ系のノベマスを作ろうと思ったとき、何よりはじめに考えたのが二大巨頭のタミスト両氏とどう差別化するか、ということでした。様々な不思議設定があるタミPに対してはそこまで芸風被りの心配はしていなかったのですが、ストPに対してはね、もうね、うん。

Pをまともにしてみたり、雪歩をエッチにしてみたりっていうのはその辺の対抗心からでもあったり。まあ雪歩をエッチにすると、今度はタミPとの戦いが待ってたわけですが、その辺は省略。

というわけでね、『ペデューサーP』にとって、ストレートPは敬愛すべき先輩Pであると同時に、あまりに巨大な目の上のたんこぶだったわけです。
氏と被りそうだという理由で没にしたネタは、きっと採用したネタと同じくらいあるはず。今でも「涙の没ネタ.txt」ファイルに怨念と共に眠っています。

まあ、こんな感じで芸風被りには人一倍気を配ってたほうだと思うんですよ。だってさー、明らかな劣化コピーとか嫌じゃないですか。少なくとも私は嫌なんです。それに、似たような作品ばっかり増えたってしょうもないじゃん、とかも考えてたかなー。独自性を出す努力は必要ですよね。

……とはいえ、私の動画のあちこちで、「ストPと見分けがつかない」みたいなコメが流れているのを見ると、私の文才の程度が知れようというものです。
ぎゃふん!

まあ、何が言いたいかといいますとね。それだけネタ被りを気にしていた私は、『あっというま劇場』を相当な回数見てきたということですよ。
少なくとも途中まで、「その20」くらいまでならば作者のストPを除けば誰よりもたくさん見ている自信があります。目を皿のようにして、多分100回単位でみてたからなぁ(遠い目)。

正にストPラブ(憎)! 私ほどストPを愛し、そして憎んでいたPは他にいないということですね! 異論は認めます!

で、最終回を迎えたということで、改めてあっというま劇場を見てみると、この作品のすごさはその独特の「空気」みたいなところにあったんじゃないかなあと思います。間の上手さとか、文章の丁寧さとか、選曲センスとか、挙げようと思えば他にも挙げられるんですが、この辺はストPの面白さの本質ではない気がするんです。
だらけきったぬるま湯みたいな無気力さを持つ作風・気風と、生活感を感じさせず、機械のようにきっちりと組み合わさった印象の無機質な構成・文体が合わさることによって生まれる、なんとも言えない独特の空気。これこそが、あれだけのファンを生み出したストPの面白さの根源なのではないかなぁ、と私自身は思っています。

最終回も、一ファンとしては残念な限りですが、ノベマスPとしては「見事に終わらせたなぁ」と感心することしきりです。去り際は肝心ですよね。
実はね、ドタ紙の「その4」を作っていたときに考えた私の目標の一つに、”ストPよりも先に最終回を迎える”っていうのがあったんですが、それもかなえられなくなってしまいました。およよ。

何にせよストレートP様、今までお疲れ様、そしてありがとうございました。
一ファンとしては、ストPには今すぐにでも帰ってきて欲しいのですが、動画投稿者のペデューサーPとしては、しばらくは帰ってこないほうが格好良いんじゃないかなあと思います。なんという二律背反……! ま、決めるのはストPなので全然関係ありませんけどねー。


以下拍手コメ

>ペPが知らない間に真美変がUPされてるのが一番怖いです(≧∇≦)b
た、確かにそれは怖いですね……。いや、でも美味しいのかもしれません。
真美編は鋭意製作中でございます。

>ストPファンでもあったので普通にショックだー。ペド様はどうか末永く活躍してくれるよう願っております
私もショックです。今後の身の振り方は、とにかく真美編を仕上げてからでしょうか。

>ストPの最終回に驚き!いつかは終わるとはいえ・・まだ早い気が。彼のモチベーションが下がったのかな?まぁ未完よりちゃんと終わらせる彼に感謝っすね。ぺデュPはまだ大丈夫ですよね?                                ところでおっぱいうpマダー?
その通りですね。しっかりと終わらせるのは素晴らしいことだと思います。
おっぱいうpの予定はこれっぽっちもありません。

>紳士ということは全裸にネクタイ,靴下着用なんですね
いやね、普通の紳士と変態紳士は明確に区分されてしかるべきだと思うわけですよ。私がどちらかなんて、説明するまでもありませんよね?

>俺……期末が終わったら大百科更新するんだ………
なんか死亡フラグが立ってますよ!? 大丈夫ですか!?
こ、ここは私に任せて先にいけ! …なあに、すぐに追いつくさ。

>通行人Z様
初の拍手コメ名指しです! どんどんぱふぱふ!
はい! 全部見ましたよ!
というか、もはやP名に私との関連性が皆無な気がします。
取説は普通に面白かったです。今度紹介させてもらうかもしれません。


dotabata44 at 15:16│Comments(11)TrackBack(0)その他ニコニコ動画 | ニコニコ動画拙作紹介

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by にゃる   2009年01月24日 15:40
…これを例の企画で出してくれればよかったのに、と思った俺イズヒア。

> 目を皿のようにして、多分100回単位でみてたからなぁ。
ドタ紙をそのくらい見た俺に隙はなかった! あ、でも俺ペドPを憎んではないから、たぶん! たぶん!

> だらけきった(中略)なんとも言えない独特の空気。
同意。あの空気感がイイんだよね。ペドPがアッパー系だとしたらストPはダウナー系。お、こう考えるとネタ系も分類できるような気がするな。憂鬱Pはアッパー系の極北とか何とか。

で、真美編は?w
2. Posted by ぴえーるP   2009年01月24日 15:57
そして自由気ままに、シリアス話の地平を切り開きまくっている拙者が参上で御座います!!(`・ω・´)b
初カキコです。

ストP先輩は、さながら英国でいうモンティ・パイソンのように颯爽と現れて、NovelsM@ster界に大きすぎる影響を与えていきましたよね。

彼以降の新人は、多少なりとも
「ストPとどう違う面を出していくか」「ストPのように人を引きつけるには?」みたいに、
彼を意識することから始まってきつつある気がします。
自分もその一人ですがw

本当、ストP先輩の最終回は惜しいです。
しかし引き時としては絶妙なタイミングではあります。
ペデューサー先輩には、是非とも頑張っていただきたいですね。
ではではです。


追記:

ストレートPの優れている点は、アイドルやPのキャラ立てが上手い点だと思いますね。

たいていのPは数話を費やして、ようやくキャラのイメージを構築していくものだと思うのです。
けれど彼の場合は、キャラが吐く数台詞が印象的すぎて、あっという間に新しいキャラ像が出るんですよね。
犬千早とか、DVD好き律子や、寝取り美希とか。

それはひとえに、キャラの把握力と言語センスに富んでいるからなのでしょうね。
自分も話作りに迷ったときは、あっという間劇場を参考にしていますね。
3. Posted by ぴえーるP   2009年01月24日 16:08
おっと書き忘れです。

 ,.――――-、、
 ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、 で、真美話の進捗状況を聞いておきたいよね
  | |  (・)。(・)| ……っと、紳士スタイルで、首とその他を伸ばして待っている拙者でござる。 
  | |@_,.--、_,>
  ヽヽ___ノ   の巻
4. Posted by ト・アル   2009年01月24日 19:58
やっぱりあれだけのPだから
影響受けた人も多いのだろうねー。
ストPより先にデビューしたのもあるせいか、
正直俺はそこまで影響だとか考えたことはないのだけれど。
いつかは、自分も
他の人に影響を与えられるくらいのPになりたいね(`・ω・´)
5. Posted by JAM99P   2009年01月24日 21:33
幼くして生き別れた姉妹
そして二人は再会する……
片や直球エロスの変態P、片や幼女が大好きなペドPとして……
昼休み劇場、牡丹と百合
ペデューサーP作

乞うご期待!
6. Posted by サイカ   2009年01月25日 03:18
あっというま劇場の終わりは一視聴者としては残念ですが、作品を無事に完結させてくれた、というのに感謝感激ですよ。

初めて見たときから、あの独特な作品のセンスには惹かれっぱなしでした。

(中略)

なにはともあれ、ペデューサーPの次回作にも期待です!真美編とか・・・
7. Posted by ぺ   2009年01月25日 18:33
>にゃる様
し、しまった!? その手があったか!
……あ、でも今からでも間にあいますかね? まだ1月中だし。トラックバックをつければ……!
にゃるさんに相当恨まれているようなので、返事を頂くまではトラックバック自粛しますが。ぶるぶる。

>ぴえーるP様
はじめまして! ペデューサーPと申します。気軽に良心Pと呼んで下さいねっ!
ホントにストPは影響を及ぼしまくりです。
ただ、あっというまを参考にしたことはないかなあ。私なりのちっぽけな意地だったりしますです。ちっぽけだなあ、ホント。
真美編は、ちょっとお色直し中。

>ト・アル様
トアル様も結構な古株さんですよねー。
あ・ずさPとお呼びしましょうか?
良心系のPのかたがたに聞いて回れば、トアル様の影響は見て取れる気もしますが、さて。

>JAM99P様
ぺ「お姉ちゃん! ストお姉ちゃんでしょ!?」
ス「……私は、あなたのことなんて知らないわ。家へ帰りなさい」
ぺ「お、お姉ちゃぁぁぁぁぁぁん!!」

まさかのシリアス。

>サイカ様
完結させるのは本当に立派ですよね。
さすがストPです。
真美編は……どうなるんでしょうか(無責任)
8. Posted by にゃる   2009年01月25日 22:59
べ、別に俺はペドPのこと、恨んでなんかないんだからねッッ!

…これじゃ恨んでるみたいだなw いや、アレです、愛も憎しみも含めて愛なんです。愛って便利ッ!

例の企画は何でもいつでも姦ゲイ、いや歓迎してますお。
9. Posted by ぺ   2009年01月25日 23:10
>にゃる様
お許しも出たようなので、トラックバック送信してみました。
これで企画に参入ですよ参入!
10. Posted by k.   2009年01月26日 19:53
>>5
を見ていてなんとなく。


あいつのことか
ああ 知っている(『あっというま劇場』を相当な回数見た的な意味で
話せば長い
そう 古い話だ

知ってるか?
プロデューサーは3つに分けられる
ストレートを求める奴
ペドに生きる奴
タミフルを飲める奴
この3つだ

あいつは―


彼は『ペドフィリアの妖精』と呼ばれたプロデューサー
『彼』の一ファンだった男

よう相棒
いいコメだ
ここから見ればどのノベマスの良心(笑)も大して変わらん


私は『彼』を追っている


あれは涙の没ネタ.txtの増える寒い日だった



おお、エスコン ZERO テンプレに沿えばシリアスもいけ……そう……?
11. Posted by ぺ   2009年01月26日 22:52
>k.様
よし、では早速動画作成のほうに取り掛かってください!
出来あがったらここで紹介させていただきますから!

……だめ?(上目遣い)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔