「まめことネコゼのどたばた会議」って?

twitterで知りあった3人がまわりの友人たちとお届けするweb系フリーテーマpodcast!気になる会社訪問や大好きなwebサービスを語ったり。生放送もあるのでよろしくね!
諸事情により、番組・ニュースの更新は2010/9/30の更新をもって、当分の間お休みさせていただきます。

どたばた会議ニュース始めました

どたばた会議スタッフが気になったWeb系トピックを日替わり(土日除く)でお届け。Podcastと同じスタンスでお送りする、文字で読むどたばた会議!

ただいま視聴率上昇中!テレビ各局が恐れる「その他」って何?

8 17 2010

どうもどうも。火曜日担当ネコゼです。

「ガリガリ君」の生産が間に合わない、なんてニュースがありましたが、最近その代わりにかった「ガツンとみかん」てアイスがめちゃめちゃ美味くて、最近仕事から帰ってそれを食べるのが楽しみになってます。

…で、冷静にパッケージ見てみたら、これ、ガリガリ君と同じメーカーの商品なんですね…。おそるべし、赤城乳業…!

…さて、今回は、テレビ各局が今恐れている…かもしれない「その他」についてのお話です。
「その他」………………??

テレビ東京が今最も恐れる?「その他」

テレビ東京の公式サイトに定例社長会見のページがあるのですが、その中でたびたび指摘されているのが「その他」という文字です。

4月クールの視聴率(第8週まで)は、ゴールデンタイムが6.1%(前年比−1.0ポイント)、プライムタイムが5.8%(同−0.9ポイント)、全日2.8%(同−0.4ポイント)と、依然として低迷が続いています。
当社がこれまで得意としていたM3・F3層が「その他」に流れ始めているため、既存番組が苦戦しています。一方で、10月編成に向けた新しい番組の開発が、まだ成果を出していないこともあろうかと思います。
10月クール、1月クール、そして最終的に来年度の4月クールに向けて、どうやって汗をかき、どう踏ん張って、どんな新しい番組を開発するかということにかかっていると、私は考えています。辛抱のしどころだろうと思います。

テレビ東京 - 会社情報 - 定例社長会見

4月クールの視聴率(第3週まで)は、ゴールデンタイムが6.3%(前年比−1.1ポイント)、プライムタイムが5.9%(同−1.1ポイント)、全日 2.9%(同−0.4ポイント)です。プロ野球が開幕し、「その他」視聴率に、テレビ東京の得意とするM3層などが流れている傾向があります。これは、構造的な問題ですから、正面から受け止め、番組を強化していかなくてはなりません。同時に、それに負けないビジネスモデルを作るため、今、現場がいろいろ苦労しているところです。

テレビ東京 - 会社情報 - 定例社長会見

やたらと、「その他」に視聴者が流れてしまっていると警戒しています。

決算報告の資料を見てみても、「視聴率の実績」でゴールデン・プライム・全日といった時間帯全てで「その他」が全クール歴代最高値を叩き出しているとしています。

2010年度(2011年3月期)第1四半期決算説明会(PDF)

この「その他」って一体、何なのでしょうか。

地上波からBS・CSに視聴者が流れてる??

この「その他」、テレビ東京だけでなくテレビ朝日の社長会見でも同様に指摘されています。

もうひとつ気になったことでは、テレビ視聴率の「その他」の区分が上昇していて、先週20時台が8%、21時台が7.3%、22時から深夜の占拠率は殆ど二桁だった。ここ2〜3年ジリジリと(BSやCSなどの)視聴可能世帯の増加に伴って上がってきている。

早河洋社長 定例記者会見(5月25日)の要旨

…で、この「その他」、この会見の要旨を読み進めると分かるのですが、どうやらBSやCSといった衛星放送のことを指すようなのでです。

BS・CSといえば、放送内容をあるカテゴリに特化したチャンネルが多数存在しています。
テレビ東京は、その衛星放送に視聴者が流出してしまっていると警戒していて、テレビ朝日も同様に検証が必要としています。特にプロ野球やサッカーなど、スポーツ中継がひとつの要因のようです。

ここ2〜3年ジリジリと(BSやCSなどの)視聴可能世帯の増加に伴って上がってきている。ひとつの要因は地上波のプロ野球中継が少なくなってBS、CSで放送するようになったことである。地上波のソフト力の低下が原因だとすると問題なので、検証していきたい。

早河洋社長 定例記者会見(5月25日)の要旨

そういえば、ワールドカップの際、NHK BSの視聴率が6%近くまでいったというニュースもありました。

この流れは一時的なものなのか、それともスポーツ中継をはじめ、よりマニアックでクオリティの高い番組を求める視聴者が地上波からどんどん流れていってしまうのか。

今まで、Webとテレビ、という対立軸で語られることが多かったのですが、
今後は、Web・地上派・衛星、という関係で考えていく必要があるのかもしれません。

writtenby ネコゼ(@necoze

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字