「まめことネコゼのどたばた会議」って?

twitterで知りあった3人がまわりの友人たちとお届けするweb系フリーテーマpodcast!気になる会社訪問や大好きなwebサービスを語ったり。生放送もあるのでよろしくね!
諸事情により、番組・ニュースの更新は2010/9/30の更新をもって、当分の間お休みさせていただきます。

どたばた会議ニュース始めました

どたばた会議スタッフが気になったWeb系トピックを日替わり(土日除く)でお届け。Podcastと同じスタンスでお送りする、文字で読むどたばた会議!

あの「龍馬伝」ですら実は苦戦中??激戦の日曜20時台を考える

9 7 2010

どうもどうも。友達のmixi日記に「まだまだ三十路だし」って書いてあるのを見て、勝手に勇気づけられたりしている火曜日担当、ネコゼ(三十路)です。

最近、何の脈略もなく、勝手に勇気づけられる癖ができてしまってます。はい。

…えー、さて。今回は、龍馬伝・イッテQなど人気番組がひしめく日曜20時枠について考えてみたいと思います。

まずは、以下に日曜20時台のここ1ヶ月の視聴率をまとめてみました。

  8/1 8/8 8/15 8/22 8/29 9/5
龍馬伝(NHK) 16.0% 16.7% 13.7% 16.3% 15.4% 16.8%
世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ) 14.1% 12.1% 13.2% 16.0% 18.6%
クイズ☆タレント名鑑(TBS) 8.2% 5.2% 4.7% 7.7% 4.7% 5.8%
(爆笑レッドカーペット→特番枠)(フジ)
10.4% 16.5% 9.5% 11.5% 8.6% 14.3%
大改造!劇的ビフォーアフター(テレビ朝日) 11.1% 10.5% 9.6% 6.5% 10.3%
日曜ビッグバラエティ(テレビ東京) 3.2% 5.2% 2.7% 6.7% 6.1%

何かと話題の「龍馬伝」ですが、実は「イッテQ」と激しいデットヒートを繰り広げている状態。
先日の放送では、ついに「イッテQ」が時間帯トップに躍り出てすらいます。

ここ最近の龍馬ブーム的なものもあり、視聴率も独走しているイメージがありましたが、まさか「イッテQ」がここまで肉薄してるとは…。おそるべしです。

この後を追うのが、「劇的ビフォーアフター」。かつて、SEASON1が放送されていた頃は、大河に肉薄する程の勢いがありましたが、現在も安定して2桁の視聴率を記録中。時間帯3位が定位置になりつつあります。

同じくビフォーアフターと3位争いを繰り広げていたのが「爆笑レッドカーペット」…でしたが、先日打ち切られ現在は19-20時の特番枠となっています。
「レッドカーペット」はこの枠に移動して以降、強力な裏番組に押され徐々にかつての勢いが無くなってしまいました。打ち切りの際には、「単に枠移動が間違いだったのでは?」との声もあったようですが、それだけ激戦の枠なのです。

こんな具合で、日曜20時台は4番組近くが2桁を記録する激戦枠なのですが、大きく遅れをとっているのが、TBSとテレビ東京。上位陣と大きく数字を離された状態が続いており、TBS・テレ東が最下位争いを繰り広げています。

そろそろ「龍馬伝」もクライマックスに向かいつつありますが、果たしてストーリーの展開と、この枠のデットヒートがどう関係してくるのか、どちらも目がはなせません!

…や、どっちにも目がはなせないのは自分くらいだと思いますけど…。

「クイズ☆タレント名鑑」が実は面白い件

…という訳で、強力な番組がひしめく日曜20時台ですが、
先月からTBSがスタートさせた「クイズ☆タレント名鑑」が、意外にもめちゃめちゃ面白いんで、ちょっとだけご紹介。

この時間帯は、「ビフォーアフター」を主に見てたんですけど、先日「タレント名鑑」にくら替えしました。元々ノーマークだったんですが、twitterやブログで評価する声が多く、再放送をチェックしてみたら、意外にも面白かったんですよこれが。

内容は結構シンプルです。芸能人のプロフィールに関する問題に特化したクイズがひたすら出題されます。

例えば、「出した本が100万部超えてる?超えてない?」といった問題が矢継ぎ早に出題される「芸能人!してる?してない?クイズ」や、インターネットで検索する際に表示される関連ワードから連想される有名人を答える「芸能人!検索ワード連想クイズ!」などなど。答が芸能人の名前の問題が、次々と出題されます。

…で、ポイントなのが「クイズのネタにされた本人は出てこない」ということ。この手のクイズだと、大抵本人が出てきて、そのままトークみたいな流れになりがちですが、予算の関係もあるのか、そういった演出は一切無し(本人のイラストは表示されます)。

そのため、解答者(ほぼ芸人)は、まるで放課後の学校のように、好き放題その人物についてコメントする訳です。この辺りのやり取りが非常に面白く、特に有吉が出演した際には、どさくさに紛れてタレントの悪口?を散々ぶっ込んでは周りから注意されたり、関根勤さんが「岡本真夜さんは第1子が難産だった」「内Pで三村が大怪我している」などコネタを嬉々として語ったりする流れだとか。

友達と芸能人のゴシップネタで盛り上がる感じを、そのままクイズ番組に持ち込んでるんです。

雑学や脳トレ全盛のテレビ番組の中で、芸能界やテレビ好きであれば誰でも答えられる問題で、かつ、トーク主体のようでいて、クイズの出題数もかなりの数があり、クイズ番組としてのクオリティもなかなか。
尾崎豊の「I love you」を誰がカバーしているかをひたすら当てさせたり、モノマネタレントが実在するかしないか答えさせたり、毎回新しい形態のクイズを開発してくるので、飽きがこない作りです。

視聴率的にはなかなか厳しい状態ですが、どうにか長く続いて欲しい番組です。マジで。

writtenby ネコゼ(@necoze

コメント一覧

    • 1. sarako
    • 2010年09月08日 20:29
    • タレント名鑑は本来の意味で芸人向けのクイズ番組ですよね。
      細かいボケ・ツッコミもしっかり拾ってもらえるし、視聴率低くても視聴者に媚びようとしない姿勢が良いですw
    • 2. けんけん
    • 2010年09月12日 22:39
    • 5 クイズタレント名鑑面白い!!!!!
      ほとんどテレビを見ない私でも
      欠かさず見ています
      打ちきりせずに続けてくださいTBS!!!!!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字