dotlinecircle blog

dotlinecircleレーベル最新情報、ライブインフォ、ニュースなどをお送りします。

May 2008

MIKA MIKO (from Los Angeles,US) japan tour 2008

14d01063.jpg6月中旬のLIQUID ROOMで行われるKILL ROCK STARSショーケースのためにDEERHOOF,XIU XIU,PANTHERなどとともに来日するロスの女の子5人組MIKA MIKOの単独ツアーが決定。日程はこのようになっています。3,4年彼女達のライブを見て来てますが、ここ最近の彼女達のライブはマジでヤバイです!要体験。

MIKA MIKO JAPAN TOUR 2008

6/14(sat) TOKYO EBISU LIQUID ROOM
"KILL ROCK STARS showcase"
w/DEERHOOF,XIU XIU,PANTHER

6/15(sun) MATSUMOTO ALECX
w/P-HEAVY,6EYES,TORCH
open 18:30 start 19:00 adv \2800 / door \ 3300
ticket:alecx 0263-38-0050

6/16(mon) OSAKA UNAGIDANI SUNSUI
w/Bogulta,Panther,Yolz In The Sky
open 18:30 start 19:00 adv \2800 / door \3300
ticket:Sunsui 06-6243-3641 pia (p-code 292-405),
Lawson (l-code 54515)

6/17(tue) KYOTO KIYAMACHI URBANGUILD
w/DODDODO,ZoOoOoOm,Fluid
open 18:30 / start 19:00 adv \2800 / door \3300
ticket:Urbanguild(075-212-1125)

6/18(wed) NAGOYA TSURUMAI KD JAPON
w/NOSHINTOH,Sika Sika,Happa-No-Uragawa Sisters
open 18:30 / start 19:00 adv \2800 / \3300
ticket:KD JAPON

6/19(thu) TOKYO SHIBUYA O-NEST
w/NISENNENMONDAI,Oninko!,I'm Tokyo,You're Osaka
open 18:30 / start 19:00 adv \2800 door \3300
ticket:O-nest (03-3462-4420),Linus (03-5307-4661)
Pia (P-code 292-916),Lawson (L-code 76810)

ticket info : http://www.toadrecords.com
ticket reserve : mikamiko@toadrecords.com

photo from paper magazine...

SYSTEMATIC DEATH in LONDON!

systematic deathのワールドツアーの模様。youtubeからピックアップ!5/11は横浜club lizardへ集合!

-SYSTEMATIC DEATH in LEIDEN/HOLLAND!-


-SYSTEMATIC DEATH in LONDON




THE VSS "NERVOUS CIRCUITS" 再発 from HYDRAHEAD

88df5ad6.jpg5/20にHYDRA HEADからTHE VSSの大名盤"NERVOUS CIRCUITS"(オリジナルリリースはHONEY BEARから)が遂に再発!DVDなど映像もパッケージされたコンプリート of THE VSSな内容!当時、時代を完全にリードしていたそのサウンドがあらためて再確認できるのはかなり嬉しい事ですね。今まで知らなかった人にも届くと思うし、さらに再評価されて欲しいバンドです!

以下はsoldprからの英語インフォ。


Announce Nervous Circuits Reissue, out May 20th on Hydra Head!

Back in 1997, we were all crammed into A. Ron Turner’s apartment back in Boston, talking about the first Miltown seven-inch like it just gave us a reach-around in the men’s room. On the other side of the country―San Francisco, to be precise―four dudes we’d never met put out a record called Nervous Circuits. Originally released on Honey Bear Records, the album unveiled the kind of punked-up robotic noise and feverish melodies that anticipated the vast and varied keyboard-enhanced punk/rock stylings of These Arms Are Snakes, The Faint and Death From Above 1979. Featuring former Angel Hair members Sonny Kay (vocals) and Joshua Hughes (guitar) alongside bassist/keyboardist Andrew Rothbard and drummer Dave Clifford, The VSS filtered Black Flag’s nihilism through a litany of crooks, hooks, edges and angularities (and their own light show, as seen on the bonus live DVD) to create “an environment of total saturation of sound, light and motion.” It was our kind of shit, but we just didn’t know it yet. And then the fuckers had to go and break up―before forming Pleasure Forever (Clifford, Rothbard, Hughes), Year Future (Kay) and Gold Standard Laboratories (Kay). But hey―thank Christ for reissues.

A brief history and disclaimer:

The VSS began in Boulder, Colorado in January 1995 and ended unceremoniously in July 1997. In that time the band relocated to San Francisco, toured the U.S. twice and Europe/UK once, released a series of 7-inch EPs and issued Nervous Circuits, its only full length album. It was recorded and mixed over the course of one week of sessions (usually lasting upwards of 16-hours per day) in October 1996 at the same Denver studio in which The VSS recorded its debut EP. Tracking of Nervous Circuits began on a Monday morning and the last mix was completed that Friday (Halloween) at midnight. The band then raced across town to play a late-night show that was one the most intense and unhinged performances of its brief tenure.

To this day, The VSS is commonly known for two things, 1) its inventive use of horror-film keyboards, angular guitar, unusual rhythmic shifts and vocal effects in creating a dark, jarring sound that merged punk, goth, psychedelia and experimental rock, and 2) its "crazy" light show, an unprecedented notion for the underground basement show set. These two components are said to be influential on the aesthetics of myriad bands to follow in the decade since the band's demise. Of course, the synthesizer was nothing new in punk rock. However, by the mid-90s, the synthesizer was such anathema to musicians still reveling in the faux-grit of grunge, that to the members of The VSS, adding keyboards to underground noise-punk seemed the perfect prescription for what had become a staggeringly dull scene.

The live footage included on the enclosed bonus DVD has been assembled from VHS tapes traded and distributed by fans over the years. Considering that many of the copies that found their way to us were fifth or perhaps even tenth generation and shot on consumer VHS camcorders at all ages venues, the video content is far from professional. However, we feel that these video clips capture the essence of The VSS aesthetic -- to create an environment of total saturation of sound, light and motion within a realm far distanced from the tedious trappings of arena rock posturing and production values. The footage here represents a good deal of the disorienting, unnerving and cathartic live experience of The VSS... perhaps an essential component to placing Nervous Circuits in context today.

* The VSS members currently play in: Year Future (Kay), Red Sparowes (Clifford), Rabbits (Hughes) and Andrew Douglas Rothbard (solo.)



“Nervous Circuits” CD
1. Death Scene
2. In Miniature
3. Sibling Ascending
4. Effigy
5. Lunar Weight
6. Conscious
7. What Kind of Ticks?
8. Chemical In Chemistry
9. Swift Kicks
10. Nervous Circuits

“The Skin of Tiny Teeth” CD (Bonus Disc/Digital content)

Studio recordings:
1. No Hands
2. Rats
3. Accessory
4. Silt, Etc.
5. Tone Dialer
Live on KZSC radio Santa Cruz, CA:
6. Trajectory
7. Death Scene
8. Swift Kicks
9. In Miniature
10. Sibling Ascending
11. Solid Gold Follower
12. What Kind of Ticks?
13. Lunar Weight
14. Nervous Circuits

DVD contents:

A) Nervous Circuits Tour 1997 (select performances of songs)
1. Death Scene (Fireside Bowl - Chicago)
2. What Kind of Ticks? (Fireside Bowl - Chicago)
3. I'll Wait Right Here* (DUMBO Warehouse - Brooklyn)
4. Swift Kicks (DUMBO Warehouse - Brooklyn)
5. Chemical In Chemistry (Black Cat - DC)
6. Lunar Weight (First Unitarian Church - Philadelphia)
7. Sibling Ascending (The Depot - Boulder)
8. I Cut My Teeth (The Depot - Boulder)
9. Nervous Circuits (The Depot - Boulder)

*Previously unrecorded

B) Full live set: Brooklyn, NY - DUMBO Warehouse
1. What Kind of Ticks?
2. Sibling Ascending
3. Death Scene
4. I'll Wait Right Here
5. Swift Kicks
6.I Cut My Teeth

C) Full live set: Boulder, CO - The Depot
1. Intro
2. What Kind of Ticks?
3. Death Scene
4. Sibling Ascending
5. I Cut My Teeth
6. Swift Kicks
7. Nervous Circuits

D) Full live set: Berkeley, CA - Co-op
1. Swift Kicks
2. What Kind of Ticks?
3. Lunar Weight
4. Evolution

E) Slideshow gallery:
1. Photos
2. Fliers

For more information, visit:
www.thevss.com
www.myspace.com/thevssmusic
www.hydrahead.com

I'm Tokyo,You're Osaka myspace!

92d31c4a.jpgI'm Tokyo,You're Osakaっていうバンドというか多目的ユニットを昔なじみのきっちょむ(monostereo)と組みました。今、曲を制作中でそのプロセスとして1曲"HEART ATTACK 83"(仮タイトル)をmyspaceにあげてみました。デモのデモって感じですけど。myspaceやっている人はフレンズADDしてみてください。よろしく!

I03Y06 myspace

円盤ジャンボリー5周年記念!開催中!

ed87650e.gifいつもお世話になっている高円寺円盤。渋谷オーネストにて恒例の円盤ジャンボリー開催中ですよ!5周年という事で渋谷オーネストをゴールデンウィーク埋め尽くしていますスペシャル仕様。明日は確実に行きます。楽しみ!

円盤 website

詳細は以下の通り。円盤ウェブから転載。

やってます!!!!!
円盤5th Anniversary "円盤ジャンボリーSPECIAL"

高円寺の店舗はお休みで、商品は会場に持って行ってますので、ぜひともお買い物の方もご来場を!

出演者の要注意の追加、変更(特に4日!!!!!)などありますので、もう一度下の方へスクロールして要チェック!!さらに詳しい読み応えたっぷりの出演者の横顔は

http://blog.goo.ne.jp/enban_taguchi

をぜひご覧下さい
タイムテーブルは以下ご参照ください!

前売り予約は前日一杯、つまり0:00まで受け付けます!!
4、5日の前売り予約はまだ受け付けています!
お名前と人数を書いて
info@enban.org
まで!!

2008年5月1〜5日 場所はいつもの渋谷O-NEST
前売り 各日2000円/当日2500円


円盤は今年の3月でオープンからちょうど5周年を迎えました!!店はほぼ今と変わらぬ形態ですが、もともとは音楽制作出版会社の美音堂と音楽家の永田一直との共同経営という形でスタートしたのですが、紆余曲折の末、2005年の春より現在の店主田口の個人経営となりました。当初から、「こんなスタイルで続くはずがない」と方々から言われておりましたが、そうした人々のアドヴァイスをすべて無視した結果(笑)!! 5年間続けることができましたのはお店に来てくれる人たちと出張先で出会った人々のおかげです!!

円盤店内でも毎日のように何かをしておりますが、オープン当初より、月に1〜2回は他の町に誰かを連れて行ったり、共同でイベントを主催したりしながら、出張店舗を出しに行ってます。

これまでに、札幌、新潟、名古屋、京都、大阪、神戸、姫路、岡山、鳥取、香川、山口、福岡、大分などなどに行かせてもらいました。

その出張先で出会った人、お世話になった人と、円盤店内イヴェントにたくさん出演していた人たちをなるべくたくさん集めたのが、今回の5日間です。

正直言って、出しきれませんでした...。都合がつかなかったり、タイミングが悪くなったりして、出られなかった人も多くて、残念なところもあるのですが、それでも5日間はいっぱいです!!! ぜひぜひ遊びに来てください!! 円盤に商品置いてる人、円盤に来たことある人、そして出張先で出会った人も、連休中ですんで、ぜひぜひ都合の付く日に遊びに来てください〜!!

円盤ジャンボリーも店内ライヴもそうですが、円盤が重視しているのはただただ「縁」だけです。

アンダーグラウンドの専門店でも、優れた音楽を提供する場所でもありません。
「これが置いてないのはおかしい」「この人が出ないのはおかしい」と言われることも多いのですが、店に来たこともない、会ったこともない人を、お祭りに呼ぶなんておかしいですよ。いろんな音楽制作者やレーベルの方々が、宣伝のために「ブッキングさせてほしい」と言われること、本当に多いんですが、全部断ってますから。興味がある人ならお店に来るし、ライヴに来るし、足を運ぶほどは興味がないから来ないわけですから、そんな人たちに自分たちのために何かしてくれって言われてもねえ...。目の前に足を運んで来てくれている人の方が大事に決まってるじゃあないですか。人それぞれのペースや状況もあるからなかなか来れない人もいますけど、そんな人でも何年かに一度でも会えれば、本当に興味があったかどうかなんてわかりますよ。それでも会えない人は、縁が無いわけで、それを無理矢理コンタクト取ることはないと思います。縁があればいつか会えます。

あ、それから「ライヴ安すぎ、大丈夫?!」との声が多数ありますが、日々をちゃんと送っているので、祭りの日はいいんです。祭りって本来そういうもんでしょう。最近は「フェスでかせぐ」みたいなのが多いようですが、完全に勘違いしてますね。嫌いです。そういうの。

それから、来てくれる人に格差があるとはとても思えないので、招待もディスカウントもありません。少なくとも2000円分以上のものは見せられてると思うんです。皆が平等だと考えたら、これ以上安くするのは無理でした。1日、前売り2000円。通し券5555円。あの場所であの出演者。安いと思うんです。

そして、こんなことができるのは、もちろん会場として1回目から場所を提供してくれているO-NESTの方々の協力のおかげです。本当に感謝いたします。


1日18:00open/19:00start←終了!!!!
<5F>
18:00- opening客入時LIVE:ASUNA「each organ」
19:00- テニスコーツ featuring 山路智恵子(yumbo)+梅田哲也
19:45- ふちがみとふなとと外山明(ds)
20:45- LETTER(exラブクライ)
<6F>
21:00- entrance LIVE:今井次郎(時々自動)


2日18:00open/19:00start←終了!!!!!
<5F>
18:00- opening客入時LIVE:虹釜太郎(360°)
19:00- オシリペンペンズ
19:40- ECD × イリシット・ツボイ × 久下恵生
20:30- 遠藤賢司(特別ゲスト!!)
<6F>
21:30- entrance LIVE:梅田哲也


3日16:30open/17:00start
<5F>
17:00- 松倉如子(vo)+渡辺勝(g,pf)+船戸博史(b)
17:40- 佐々木匡士(vo,g)+村岡充(g テストパターン)+山本達久(ds)+ヒロナカスグル(b GEGEGEGE QUARTET)
18:25- 久下恵生+ユダヤジャズ
19:10- ドラびでお+ジョン(犬)〜ジョン(犬)+柳家小春〜柳家小春+上野茂都〜上野茂都+船戸博史(次第にメンバーが入れ替わって行くリレーLIVE)
20:10- 倉地久美夫(from福岡)
21:10- ヒゲの未亡人(岸野雄一)
<セットチェンジ中に2回>飯田華子(紙芝居)
<セットチェンジ中に3回>はたあきお(蒸気機関車8ミリフィルム上映)

<6F>
17:00-HOSAKA AKANE
17:30- サボテン
18:10- ホライズン山下宅配便(4人バンド編成!!)
18:50- ビトwith礼文島
19:30- 徳久ウィリアム+弘中聡+ヒロナカスグル
20:10- zuppa di pesce
20:50- 佐藤沙恵(テルミン演奏家)
21:00- lake
21:30- toreo(タナカ、ボルゾイ、村岡充、野村善生、パグタス、田口史人、ASUNA、村上ゴンゾ<マルオト、ラブクライ>、植野隆司<テニスコーツ>、吉田悠樹)from岡山、鳥取、大阪、名古屋


4日16:30open/17:00start
<5F>
17:00- 坂本移動どうぶつ園
17:20- conti
18:00- 百蚊(from福岡)
18:40- 駅前旅館(from岡山)
19:40- BOGULTA(from大阪)
20:20- 円盤5年間チャート発表&総合1位ゲストLIVE=後藤まり子(vo,g ミドリ)+小銭喜剛(ds ミドリ)+岩下優介(b 嘘つきバービー)
21:00- BEST MUSIC(小田島等+細野しんいち)〜にせんねんもんだい+円盤田口
<セットチェンジ中DJ>ボギー(nontroppo、ヨコチンレーベル from福岡)

<6F>
17:00- スッパバンド
17:40- チェリーストロウ(アベミキb,vo、チャーリーg、サイトウエレトリコds)
18:10- 山本達久(ds)+足立智美(センサー服)+尾上祐一(自作楽器)
18:50- ぴかちゅう(ds あふりらんぽ from大阪)+坂本弘道(cello)
19:30- 犬風(from大阪)
20:10- ルケーチ featuring 長谷川剛
20:50- ほりゆうじ(from姫路)
21:30- Americo


5日16:30open/17:00start
<5F>
17:00- 水中、それは苦しい
<セット間 プリンのため息>
17:40- 巨人ゆえにデカイ(from大阪)
<セット間 エーツー>
18:20- ヨルズインザスカイ(from大阪)
<セット間 加藤亮二>
19:00- 湯浅湾featuring村岡充(テストパターン from岡山)
<セット間 秘密博士>
19:45- 佐伯誠之助(from宝塚)
<セット間 プリンのため息>
20:30- ドラびでお(from山口)
<セット間 猫ひろし>
21:20- AMAZON SALIVA(HIDE、TABATA、NANI)

<6F>
17:00- fockea crispa
17:20- ジャグズ(from岐阜)
18:00- モノポリーズ(from三重)
18:40- スティーブジャクソン(from名古屋)
19:20- サイトウエレトリコグッドサウンド
20:00- エーツー
20:20- 角煮(from札幌)+おにんこ
21:00- オクムラユウスケ(from福岡)
21:40- 川染喜弘


その他、全日共通企画も以下のように充実!!
<フード>
長丁場なんで、毎回フードも用意しておりますYO!! 金万福と同じ事務所のフードタレントの卵を予定!! 本格的!!

<占いの館>
人生の様々な壁にぶち当たる人たちが集うイベントなんで、生きる指針として毎回用意してます。
タロット&手相。多分5Fの踊り場でやります。

<円盤ギャラリー>
円盤店内にオープン当時からずーっと続いている壁の展示企画。
様々なテーマでのレコードジャケット展示「見るDJ」円盤ギャラリーの好評だった企画、一気に展示します。

<タミオー旅日記>
狂気の手作り本「タミオー日記」「インド日記」は円盤大ヒット商品のひとつですが、作者のタミオーは、昨年からしばらく南米に行っていたのですが、つい先日帰国しましたので、常設展示として、最新旅報告を開催いたします!こちらもお楽しみに!

<円ジャン写真館>
パグタスの坂田律子による過去の円ジャン記録用写真展も開催。
<円盤初の公式グッズ=古武術Tシャツ&大橋裕之の似顔絵>
円盤初の公式グッズもこの日発売!!
円盤カウンター前に置いてある大人気マンガ家、大橋裕之の傑作「音楽」に登場するツインベース&バスドラ抜きドラムスのヤンキー・バンド"古武術"のバンドTシャツです!!

で、「QJ」での連載も好評だった彼の似顔絵書きますコーナーもあります。オオハシファンもぜひに御来場を!!

<タダレコ>
前回信じられないほど大好評だった「勝手に持っていけレコード」コーナー今回も設置。
前回1200枚投入しましたが、その倍、用意できまっせ。
初日から連日補充!! 正直、本当にとにかくモノを減らしたいのでバカバカ持ってってください。あ、袋とか無いんで、持参するか、普通に物販なんか買ってね。



記事検索
Profile
dotlinecircle katoman





make donation for
DOTLINECIRCLE
through PAYPAL



DOTLINECIRCLE
SPARKMUSIQ
discography
(欲しい商品の画像及びテキストをクリックするとダイレクトでe-storeのページに飛びます。dotlinecircle,sparkmusiq,import,goodsカテゴリーの商品2枚以上購入で代引送料手数料無料!)
DOTLINECIRCLE e STORE Now In Store


NISENNENMONDAI / TORI enhanced CD
NISENNEN 0002




NISENNENMONDAI / SOREDE SOUZOU SURU NEJI CD
NISENNEN 0001




KOKUJIN TENSAI / CLUBZ THUGZ SEX DRUGZ CD
KETSUTOBI KTTB0020


黒人天才 - Clubz Thugz Sex Drugz

BATTLES / EPC

DLC010 ex HELMET,LYNX,DON CABARELO,TY




COPTIC LIGHT / EP enhanced CD
DLC009 ex BITCH MAGNET,DON CABARELO,ANTIOCH ARROW,STORM AND STRESS




GEOFF FARINA / 5 SONGS CD
DLC007 ex KARATE




GHOSTS AND VODKA / ADDICTS AND DRUNKS CD

DLC006 ex CAP'N JAZZ,OWLS,JOAN OF ARC,TETSUO




DEFACTO / MEGATON SHOTBLAST CD

DLC005 THE MAR VOLTA,ex AT THE DRIVE IN




ALL SCARS / STRETCHING JUPITER CDep(3")

DLC004 ex METAMATICS,FUGAZI,TELEGRAPH MELTZ




THE LOCUST / FLIGHT OF THE WOUNDED LOCUST CD

DLC003 ex STRUGGLE,SWING KIDS,LE SHOK,CATTLE D,CRIMSON CURSE




THE ALBUM LEAF / ONE DAY I'LL BE ON TIME CD

DLC002 TRISTEZA,THE LOCUST,GUYVER ONE,GOGOGO AIRHEART...




TRISTEZA / DREAM SIGNALS IN FULL CIRCLES CD

DLC001




SAXON SHORE / THE EXQUISITE DEATH OF SAXON SHORE CD




TRISTEZA / A COLORES CD




HELLA / CONCENTRATION FACE,HOMEBOY DVD+CD




TYONDAI BRAXTON / HISTORY THAT HAS NO EFFECT CD




THE ETERNALS / OUT OF PROPORTIN jpn edition CD




HELLA / CHURCH GONE WILD,CHIRPIN'HARD 2xCD




TRISTEZA / MARCH OF WHITE LIES CD




MAKE BELIEVE / SHOCK OF BEING CD




BLUEBIRD / FALLING BACK TO EARTH CD




MINUS THE BEAR / HIGHLY REFINED PIRATES CD




ILYA / POISE IS THE GREATER ARCHITECT CD




SUNSHINE / NECROMANCE CD




BLUEBIRD / HOT BLOOD CD




NO KNIFE / RIOT FOR ROMANCE CD






















QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ