dotlinecircle blog

dotlinecircleレーベル最新情報、ライブインフォ、ニュースなどをお送りします。

LUNGFISH

THE ZOMES ( solo of ASA OSBORNE from lungfish )

7fc18750.jpgLUNGFISHのASAからパッケージが最近届きました。JWのHOLY MOUNTAIN RECORDSからTHE ZOMES名義でソロをリリースしたばかり。何ともASAでしかないスピリチュアルなフィーリング溢れる音楽でとても安心して「リピート」できます。Tape transferをNATHAN BELL(human bell,lungfish)、そしてマスタリングをTIM GREENが担当。昨日、BEATCAFEでのdlc night番外編、プロモ視聴ナイトでもプレイしましたが評判は上々でしたよ。

DUSTED mag feature MITCHELL & SEAN of LUNGFISH!

97cf0403.jpgkigo、情報サンクス!DUSTED MAGAZINEにLUNGFISHのSEANとMITCHELLが今年のtop10を語っています。2人共に、にせんねんもんだいを挙げていて嬉しいかぎり。ウェブ上のミススペリングは愛嬌というかちょっと問題なので一応seanには可能だったら直してっていっときましたが。。。ほかにもITOKENさん、静岡の解散してしまった浅野BROTHERS REVENGEや重鎮IDEA OF A JOKEなどの名前もあがってたのでなんかとても自分のことのように嬉しいです。

LUNGFISHのツアーはまた来年やりたいですね。頭の中で常にLOOP。自分が生きてるうちに何度でも見たいバンド。

DUSTED mag feature MITCHELL & SEAN of LUNGFISH!

97cf0403.jpgkigo、情報サンクス!DUSTED MAGAZINEにLUNGFISHのSEANとMITCHELLが今年のtop10を語っています。2人共に、にせんねんもんだいを挙げていて嬉しいかぎり。ウェブ上のミススペリングは愛嬌というかちょっと問題なので一応seanには可能だったら直してっていっときましたが。。。ほかにもITOKENさん、静岡の解散してしまった浅野BROTHERS REVENGEや重鎮IDEA OF A JOKEなどの名前もあがってたのでなんかとても自分のことのように嬉しいです。

LUNGFISHのツアーはまた来年やりたいですね。頭の中で常にLOOP。自分が生きてるうちに何度でも見たいバンド。

LUNGFISHの曲をカバー!最新情報。

○WILL OLDHAM+TORTOISE
今度OVERCOATから(日本はHEADZから)リリースされるBONNIE PRINCE BILLYことWILL OLDHAMとTORTOISEによるコラボレーションアルバムで"LOVE IS LOVE"がカバーされています。もうそろそろリリースになるはずなのでチェックです。ちなみに他の曲もやばいですよ。さすが!
Daniel (Elton John)
The Calvary Cross (Richard Thompson)
That's Pep! (Devo)
It's Expected I'm Gone (the Minutemen)
Cravo e Canela (Milton Nascimento)
Some Say (I Got Devil) (Melanie)
Pancho (Dan Williams)
Love Is Love (Lungfish)
On My Own (Quix*o*tic)

○JOAN OF ARC
まずLUNGFISH信者であるTIM KINSELLAによるJOAN OF ARCがWHAT MATTERS MOSTコンピレーションにてアルバム"PASS & STOW"からTHE EVIDENCEをカバー

あんまり知られてないかもですが結構TED LEOとかJOAN JETTとか色々な人が彼らのカバーをやってたりするので原曲と比べてみるのもいいと思います。

LUNGFISH 来日公演終了。ありがとうございました。

LUNGFISH来日公演終了しました。足を運んでくださったみなさんありがとうございました。

10/15にダニエルはフランスから、他の3人はアメリカから別々に到着。今回は東京2回、大阪、京都、静岡、名古屋と計6回の公演を敢行。オフの予定だった10/22にはMAPの粋なはからいで町田の梁田寺でおこなわれたJOHANNA NEWSOM,SMOGのショーにダニエルがソロで飛び入り参加という嬉しいハプニングもあったり。

LUNGFISHのメンバーの強力なリクエストで実現したにせんねんもんだいとの渋谷O-nestでのショーはこれぞケミストリーって感じで本当に両バンドともに素晴らしかった良い夜でした。

今回は2度目ということもあって動員的には大変でしたが、前回の来日よりさらにさらに強力なステージを見せてくれました。もちろん今後も彼らの日本のショーをブッキングしたりCDをリリースしたりしていく予定なので次の機会もよろしくおねがいします。たぶん来年!

ダニエルはソロアルバムを何枚か録音する予定。





LUNGFISH 東京公演 共演者update

LUNGFISHの東京公演初日にはWON?,NO T SHIRTそして元THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUTのメンバーによる新バンドZが追加ということでPM6:00オープン、PM6:30 STARTです。そして21日はにせんねんもんだいの出演が決定。チケット発売中です。よろしくおねがいします。

10/16(sun) 東京二子玉川PINK NOISE
open 18:00 start 18:30
w/ALAN SMITHEE,WON?,NO T SHIRT,Z
チケットはSOME OF US,ローソン,PINK NOISEで発売中!


10/21(fri) 東京渋谷オーネスト
open 18:30 start 19:00
w/にせんねんもんだい
チケットはSOME OF US,NAT,ローソン,ぴあにて発売中!

LUNGFISHへのコメント 前回の来日用

前回の来日公演来た人は持ってると思われるフリーペーパーI DRINK MILKのラングフィッシュ号。そのとき掲載されたミュージシャンのラングフィッシュ賛辞コメントを回想してみましょうか!もちろんdotlinecircleによる取材です。

●ANDREW WK
「まずはじめにこれを書くにあたってひとつの事を明確にしておきたい。LUNGFISHは俺が今まで観てきた中で、そして今後観るであろうバンドの中でもベストなバンドの一つであるし、ニューアルバム『Love Is Love』は今まで聴いてきた中で、そして今後聴くであろうアルバムの中でもベストな作品であるということだ。これは決して誇張表現でも過大視しているわけでもないし、このステートメントで人の反感を買ったり何かしらの反論やリアクションを求めようとしているのでもない。単純に俺がLUNGFISHというバンドにどれだけ衝撃を受けたかというのを説明するのに他に適した表現は無いんだ。LUNGFISHの音楽は俺を常に驚かせ、圧倒し、確証させ、畏怖を感じ、意識を拡大させられ、そして、俺にとっては究極的に完全に素晴らしい音楽なのだと実感させられる。メロディーに対する最大のフォーカスと緻密な傾倒。リズムとライムの揺るぎない断固たる統御。デリケートに、しなやかに押し進められる音符と楽章。すべての楽節、すべての反復から注ぎ込まれる純粋な喜び。これらは彼らの楽曲のプレゼンテーションを聴けば明白であり、リアルタイムで観ることがあればより明白に感じることができるだろう。まったくもって――今まで観てきた中で最高のドラマーである。今まで観てきた中で最高のベーシストである。今まで観てきた中で最高のギタリストである。今まで観てきた中で最高のシンガーである。――たった一人としてこれらの例外に洩れることは無い。すべての楽節にわたって、熟考された、とても慎重な、ある一定のトーンが流れている。そして各楽節がこれほどまでに素晴らしいと、それを繰り返さない手は無い。一曲一曲と聴いていくうちにこの循環する楽曲の構造を発見したとき、俺は恍惚をも通り過ぎるほどだった。これらは最高の形で提示されていて、俺がもっとも魅力を感じるところは、自分の怠慢のせいでそれまで好むことの無かったこれらの楽曲のクオリティーの高さなのだ。LUNGFISHは世界でもっとも大好きなバンドの一つだ」 Andrew W.K. 2004

●BEN DAVIS(sleepytime trio,bats & mice,milemarker...)
「LUNGFISHは人を魅惑する。今回のショウではきっと彼らにくぎ付けになるだろう。なぜこれほど長い間、多くのバンドに影響を与えてきたかがわかるはずだ。」

●BRIAN DESJEAN(no knife)
LUNGFISH:反復のパワー!脳への信号!真理!分子レベルにまで分解された人類!瞑想録!好き嫌いが分かれる。啓示!真実の預言者による詩!純真!精神的指導者!

●brian lowitt(dr shadezz ,lovitt records)
LUNGFISHのライブは美しく、魅惑的で、とてもラウドであり、そして驚きである。見逃しちゃいけない。

●geoff farina(karate)
LUNGFISHは90年代中頃からの大ファンだ。92年−93年の間DCに住んでいたとき、よくバルチモアまで彼らを観に行ってたし、『Necklace of Heads(ネックレス・オブ・ヘッズ)』はとても不思議で、催眠作用のあるレコードだった。他のバンドはよくアルバムを通して一曲のなかにたくさんのものを詰め込むけど、僕は彼らをもっとも偉大な、ミニマリストなロック・バンドだと思っている。Dan Higgsはすぐれた超現実主義の詩人でもある。

●shelby cinca(decahedron,black sea,frodus,cassettes)
LUNGFISH:催眠的であり、詩的であり、美しく、恐ろしく、そしてパワフルだ。魂の音が宇宙に触れ、そのフォースを言葉と音にして津波のように吐き出す。驚くべき伝説的DCバンドである!

●samuel james ( bluebird)
LUNGFISHはDCのバンドの中でももっとも重要なバンドの一つといえるだろう。彼らが作り出しプレイする音楽は、みずからが位置する狭量な音楽シーンの境界線を広げるだけでなく、その他の同様なジャンルをも刺激し挑むほどの識見とクリエイティブな虚勢を持ち合わせている。Rocky Ericksonの13th FLOOR ELEVATORSなどといった過去の影響と、彼らの時代のコンテンポラリー音楽(HUSKER DU, RITES OF SPRINGなど)をブレンドさせ、新鮮で、情熱的で、アーティスティックな音楽を作り上げた。ロックのみならず、パンクや、“ポスト”世代にも大きく貢献したのだ!LUNGFISHの音楽は、今でも新しい作品が出るたびに驚かされる。彼らはとてもユニークなものを作り上げた。生得的に、まったく彼ら独自のものを。すべての作品は、労力を課せられた創作的な人間の醜さの体現である。しかし『Necklace of Heads』と『Talking Songs For Walking』は永遠に心に残るだろう。もちろんおれが一番好きな曲は”Samuel”さ!

●syd butler (les savy fav)
おれはLUNGFISHを愛してる。もう彼らは長いこと活動をしている。彼らに関しては好き嫌いが分かれると思うが、アートや音楽とは本来そうあるべきものだ。彼らは美しいリズムを何度も繰り返し演奏する。それはとても催眠的であり、強烈だ。

●pat graham (photographer of dischord band etc)
まるで宇宙のように、LUNGFISHは永遠だろう。私はLUNGFISHを愛している。

●chris prescott(no knife)
LUNGFISHは僕や僕のバンドメンバーに常にインスピレーションを与えてくれる。彼らは楽曲を蒸留し、その本質を汲み取ることに熟練している。そこには無駄な音が一つもない。LUNGFISHは、シンプルな反復運動がとてもパワフルかつ催眠効果のある作用を生み出すことができるということを提示している。言うならばそれはアメリカのミニマリスト作曲家のパンクロック・ヴァージョンだといえるだろう。その歌詞に関しても捻りが効いていて、楽曲に深みを出している。天才と狂人の紙一重だ。

● Alec bourgeois(captital city dusters,ex SEVERIN,dischord direct)
LUNGFISHはLUNGFISHであり、愛は愛(『Love is Love』)であることもまた然り。求めても得られないが、受け入れることによって報いることができる。

●MATT SWEENEY(ex CHAVEZ,ZWAN,bonnie prince billy)
はじめにLUNGFISHのことについて聞いたのはバルチモアに住んでいる友人からだった。彼らはその音楽を説明することはなく、決まってまじめなトーンで「絶対に観たほうがいい」としか言わなかった。それらの噂を聞いてから数年後、遂に彼らのショウを観ることができた。おれは完全に吹き飛ばされた。彼らは、彼ら自身が一つのジャンルであり、自分自身がどこか変わらない限り彼らを観ることはできない。彼らは新しいプレイヤーの形を創り出し、シンガーのDan Higgsはまるで雷をも受け止める選ばれしシャーマンのようである。彼ら以上にいいバンドはいない。人生を台なしにしたくなかったら彼らを観に行ったほうがいい。

●PAUL OLDHAM(bonnie prince billy,parlour etc)
観る者を鼓舞する風変わりなロックンロール。聴くのもいいが、ライブは特に楽しめる。

●WILL OLDHAM(palace,bonnie prince billy)
日本のオーディエンスにライブという形でLUNGFISHが紹介されるのを目撃できるのはとても光栄だ。”Form and Function”でのDavidとGoliathの顔が目に浮かぶ。さあ笑って叫ぼう!



LUNGFISH JAPAN TOUR 2005 update5

b2db4ce9.jpgワシントンDCの老舗インディペンデントレーベル、FUGAZI、THE EVENSのイアン・マッカイとジェフ・ネルソンが運営してきているDISCHORD RECORDSから通算11枚目の大傑作アルバム"FERAL HYMNS"をリリースしたばかり!1988年に結成された大ベテラン4人組。ボルティモアの巨匠巨人ラングフィッシュの2度目の来日が決定!前回の初来日公演は衝撃的なライブを披露。他のバンドではあり得ない強靭なミニマルサイケデリックグルーブは宇宙!そして孤高である!THE MARS VOLTA,FUGAZI,JOAN OF ARC,WILL OLDHAMそしてANDREW WKにいたるまでミュージシャンに圧倒的支持を受けているそのサウンド、たたずまいを要体験!

LUNGFISH JAPAN TOUR 2005
10/16(sun) 東京二子玉川ピンクノイズ
open 18:00 start 18:30 adv ?3000 lawson lcode35110
w/ALAN SMITHEE,WON?,NO T SHIRT,Z
10/17(mon) 大阪鰻谷燦粋
adv ?3000 pia:0570-02-9966(pcode 212-939),lawson:0570-06-3005(lcode51906)
w/8 [otto],NEUMANN DJ:DAWA (SYFT RECORDS) 
SUNSUI TEL (06)6243-3641 info@sunsui.net
10/18(tue) 名古屋鶴舞KDハポン
open 18:30 start 19:00 adv ?2800
w/GUIRO,act we act,steve jackson
10/19(wed) 京都祇園ウーピーズ
open 18:00 start 18:30 adv ?2500
w/up and coming,PEACH FUZZ,CAPTION,folio
10/20(thu) 静岡スパイラルマーケット
open 18:30 start 19:00 w/IDEA OF A JOKE
10/21(fri) 東京渋谷オーネスト
open 18:30 start 19:00 adv ?3000
w/にせんねんもんだい
O-nest 03-3462-4420, ぴあ03-5237-9966(pcode 208-194),
ローソンチケット 0570-063-003(Lcode 38304),
SOME OF US(渋谷)03-3496-1070,NAT RECORDS(新宿)03-3368-8262

LUNGFISH パーソナル

DANIEL HIGGS ダニエル・ヒッグス
(詩人、歌詠い、口琴、ごくたまにギター、そして画家、
タトゥーアーチストとしても有名)
ASA OSBORNE エイサ・オズボーン
(ギター、ミニマル・リフの達人名人)
MITCHELL FELDSTEIN ミッチェル・フェルドスタイン
(ドラムス。ミニマル覚醒ドラムの達人。FALL好き。オリジナルパンクス)
SEAN MEADOWS ショーン・メドウズ
(ベース。最年少。JUNE OF 44,HIM,LETTER E,SONORA PINEなど
やばいバンドにいい感じで在籍してきた。)

来日記念盤としてLUNGFISH史上初のリミックスEP by BUNDY K BROWN(ex TORTOISE,DIRECTIONS IN MUSIC,PULLMAN)が発売される予定でしたが諸事情で中止になりました。

SEAN MEADOWS(LUNGFISH) 愛用 FENDER JAGUAR 1963 for SALE

64f36681.jpg10/16から日本ツアーをスタートさせる生きる伝説LUNGFISH(ラングフィッシュ)!海外からのレスポンスがやっぱり多いというのは悲しいかな事実ではあります。レーベル関係者やいろいろなバンドのメンバーから”お前はラッキーな男だ!”とか”日本の人がまた彼らを見れるのはハッピーなニュースだ”とか。このまえもニューヨークでにせんねんもんだいを見に来てたニック(YYYs)も”彼らはホントすごいよー”って言ってたり、さっきもマタドールの連中から”今までよりさらに彼らすごくなってるぜ”とかいろいろ。ぜひ見に来ていただきたいです。選挙の演説ばりに繰り返したくたくなるわけです。

LUNGFISHのベースのショーンから”昔から愛用していた1963年のFENDER JAGUARを売りたいんだけど日本の人で興味ある人いるかな?”ってメールが来ました。そうJUNE OF 44とかでつかってたあのギターですよ。もちろんかなりレアなビンテージだしいろいろな思い出がつまっているものだけど子供も生まれたし生活をもっとシンプルにしたいっていうことで売ることを決めたとも言ってました。もし興味あるひとがいたらdotlinecircle@hotmail.comにメールをもらえると嬉しく思います。希望は大体¥300000ぐらいみたいです。来日前に連絡もらえれば盛ってきてもらうことも可能だとは思います。興味のあるひとはぜひ。英語で直接交渉できる人はメアドを教えます。よろしく!

LUNGFISHコメント by TIM KINSELLA(MAKE BELIEVE,JOAN OF ARC)

MAKE BELIEVEの1stアルバム"SHOCK OF BEING"はやっとアメリカで10/8発売!POLYVINYLからはアナログ盤がリリースされてますね。来年1月の来日公演の予定も着々と進めてきてるので引き続き要注目ですよ。ヴォーカルのティムはかなりのラングフィッシュファンで有名ですが彼からもコメントが届いています。

Lungfish is among my favorite things any humans do. I've written about them for a couple magazines, but can never articulate exactly what it is about them that speaks to me so deeply, and that inability to name it only makes it more intense for me. They collapse and resolve what seem like contradictions, creating a totality of vision (or maybe it's a vision of totality.) It rejects and affirms. And nothing is as inspiring to me as a model of a lifestyle as this devotion to such simple getsures.
That's the only way I can explain it at this moment, but an hour from now it would be something totally different and that's why I feel so strongly towards it. I see this reaction to any external force as inevitable, but few external forces are so open with me as to allow me this space to see in them as I may at any given moment.



LUNGFISHのコメント by JON THEODORE(THE MARS VOLTA,GOLDEN)

現在SYSTEM OF A DOWN,HELLAとのツアー真っ最中のTHE MARS VOLTAのジョン・セオドアから届いたラングフィッシュがいかにすばらしいかというコメント。

"LUNGFISH is the truth. these radiant vessels form a
constellation of magnificent and graceful structure to
transmit essential beauty and clarity."

ジョンは9/10のLAのTHE SMELLでのにせんねんもんだいのショーに来てくれたんですが去年からロスでのにせんねんのショーはほぼ皆勤なのでうれしい限り。ちょうどそのころオマーなどとTHE MARS VOLTAのライブアルバムの作業をBLUEBIRDのポール・フィグとすすめてた最中でした。「いい感じだよ」って言ってたのでこれの出来もかなり楽しみですよね。

LUNGFISH 10月東京公演詳細

fb541b1e.jpgDISCHORDから大傑作11枚目のアルバム"FERAL HYMNS"をリリースしたばかり!前回の初来日公演は衝撃的なライブを披露。1988年に結成された大ベテラン4人組。ボルティモアの巨匠巨人ラングフィッシュの2度目の来日が決定!他のバンドではあり得ない強靭なミニマルサイケデリックグルーブは宇宙!そして孤高!東京公演のチケット発売中です!

LUNGFISH(from BALTIMORE) JAPAN TOUR 2005
10/16(sun) 東京二子玉川ピンク・ノイズ
10/19(wed) 京都祇園ウーピーズ
10/20(thu) 静岡スパイラル・マーケット

10/21(fri) 東京渋谷オーネスト
open 18:30 start 19:00 adv ¥3000 door¥3500
オーネスト公演のticket :
O-nest 03-3462-4420, ぴあ03-5237-9966(pcode 208-194),
ローソンチケット 0570-063-003(Lcode 38304),
SOME OF US(渋谷)03-3496-1070,NAT RECORDS(新宿)03-3368-8262







LUNGFISHがリミックスEP???

01a23fd3.jpg10月中旬の1週間!日本でまたマジカルなショウを見せてくれるだろうLUNGFISHですが現在dotlinecircle用になんとリミックスEpを制作中!!!リミキサーとしてコラボレートするのがexTORTOISE,PULLMAN,DIRECTIONS IN MUSICの才人BUNDY K BROWNというのだから期待しないわけにはいかないです。すでにDISCHORDのIANは"LOVE IS LOVE"と"FERAL HYMNS"のマルチテープをBUNDYに送った模様。とにかくどんなできになるのか楽しみです!音源が届き次第また報告しますよ!LUNGFISHの日本公演は東京のほかには静岡、名古屋、京都を予定してます。よろしくです!

LUNGFISH 10月再来日!

65a18517.jpgイアン・マッカイをはじめ、なぜに数多くのバンドのメンバーそしてアーチストが彼らを尊敬してやまないのか。昨年の来日公演はもはや伝説として語り継がれてもよいと思えるほど最高だったDISCHORD唯一のロングランバンドLUNGFISH!11枚目のアルバム"FERAL HYMNS"は今までのアルバムの中でもかなりすごい出来のアルバムに仕上がっていて健在ぶりをしめしてくれました。10月に2度目の来日が決定!なんとなんとこの来日のために特別な音源が用意される模様!東京公演の日程を一部早出し!dotlinecircleの情報のrepostはガンガンやってくださいというか広めてください。

dotlinecircle presents
LUNGFISH JAPAN TOUR 東京公演
10/21(fri) TOKYO SHIBUYA O-NEST
OPEN 18:30 start 19:00 adv \3000 door \3500

LUNGFISH "FERAL HYMNS" dlcに到着!

05d86ec8.jpgちょっと前のニュースでもお伝えしたとおりDISCHORDから6/13に昨年4月に来日してとてつもない宇宙を見せてくれた孤高のバンドLUNGFISHの12枚目のアルバム"FERAL HYMNS"がリリースされるわけなんですがプロモがdotlinecircleに到着!全10曲約40分。前作"LOVE IS LOVE"をも上回る大傑作に仕上がっています。FUCKING CHAMPS,ex NATION OF ULYSSESのTIM GREENによる初のサンフランシスコでの録音の効果もかなりでてますね。このアルバムは海外の各方面のプレスでもかなり大評価されることでしょう。瞑想、宇宙、大地とにかくこの壮大な音源をキャッチして次の来日に備えてもらえるとうれしくおもいます!以前の来日で配布した伝説的フリーペーパー"I DRINK MILK"(JOTA師匠監修)で掲載した。WILL OLDHAM,ANDREW WK,MATT SWEENEY(ex CHAVEZ,ZWAN,BONNIE SWEENEY etc),PAUL OLDHAM(bonnie prince billy,parlour etc),SYD BUTLER(LES SAVY FAV),GEOFF FARINA(KARATE),SAM VELDE(BLUEBIRD,COLD SWEAT records),CHRIS PRESCOTT(ex NO KNIFE),BRIAN DESJEAN(ex NO KNIFE),BRIAN LOVITT(LOVITT),SHELBY CINCA(DECAHEDRON),BEN DAVIS(ex SLEEPYTIME TRIO,MILEMARKER),ALEC BOURGEOIS(CAPITOL CITY DUSTERS,DISCHORD)などの様々なアーチストによるLUNGFISHへの愛を語ったコメントはここのウェブでもタイミングみて公開できればと思っています。さらなる人にも語ってもらう予定にしてるのでお楽しみに!

LUNGFISH new "FERAL HYMNS" 詳細!

cdbbb1b5.jpg昨年の4月来日して言葉に言い表せないすばらしい”宇宙”を感じさせてくれた孤高のバンド!LUNGFISHの12枚目のアルバム"FERAL HYMNS"のアートワークと曲目がDISCHORDのウェブサイトにアップされています。日本のライブでも披露していた曲"TIME IS A WEAPON OF TIMES"を含む全10曲!FUCKING CHAMPSのTIM GREENの所有するLOUDER STUDIOでの初のサンフランシスコ録音!DOTLINECIRCLE BOOKINGではすでに2度目となるツアーの日程の話をし始めています。SEANの奥さんが懐妊したためちょっと当初の予定より日程がずれていて調整中です。もちろんこのすばらしいバンドを日本で世界で広めないわけにはいかないです!よね?とりあえず夏にはスペインで数回のショウを予定しています。あとPAT GRAHAMといえばDISCHORDにかかわる写真家の中ではかなり重要な人ですが彼は今UKでギャラリー96GILLESPIEをMELANIE STANDAGEと運営していて現在はJOANNA VIRELLOがキュレーターをつとめる"NEW WAVE OF AMERICAN POP ART PAINTING"がちょうど終了したところ。これにはLES SAVY FAVのドラムHARRISON HAYNESのアートワークも出展されてました。次に5/13から6/9までLUNGFISHシンガーDAN HIGGSのアートエキシヴィジョンがおこなわれます。5/12のオープニングではDANおとくいのJAW HARPをフィーチャーしたショウも行われるようです。LUNGFISHの日本ツアーと同時に彼のアートエキシヴィジョンを日本でもやりたいものですね。とにかくすべてにおいてスピリチュアル&孤高な彼らをチェック!

LUNGFISH / FERAL HYMNS dischord 147
tracklist
1. All Creation Bows
2. Time Is A Weapon Of Time
3. Wailing Like Dragons
4. Picture Music
5. You Are The War
6. Invert The State
7. Way-Out Is The Way Out
8. Sing
9. Interdimensional Seams
10. Sweet Nucleus

higgs

drawing by DANIEL HIGGS(LUNGFISH)


LUNGFISH US TOUR!!!

8ed9cff7.jpg次のアルバム"FERAL HYMNS"が楽しみなLUNGFISHが短いUSツアーやりますね。

LUNGFISH MARCH tour
3/3 MD, Baltimore Ottobar (2549 N. Howard St)
All Ages 9pm Info: www.theottobar.com
3/4 PA, Philadelphia North Star Bar (2639 Poplar St)
$10/$12. 21+ 9pm Info: www.northstarbar.com
3/5 PA, West Chester Rex's
3/6 NY, New York Knitting Factory (74 Leonard St)
$12. All Ages. 9pm Info: www.knittingfactory.com
3/7 MA, Cambridge T.T. The Bears (10 Brookline St)
w/ The Subject. $8. 9pm Info: www.ttthebears.com
3/9 RI, Providence AS 220 (115 Empire St)
Info: www.as220.org
3/25 MI, Kalamazoo Kraftbrau Brewery (402 East Kalamazoo Ave)
w/ Hornet 9pm. $10. Info: www.kraftbraubrewery.com
3/26 IL, Chicago Logan Square Auditorium (2563 N Kedzie)
8.30pm. All Ages. $12. Info: www.emptybottle.com

LUNGFISH"FERAL HYMNS"録音終了!

mt心のバンド!昨年の初来日では神降臨のごとくとてつもないオーラをだしていたボルティモアの4人組LUNGFISHがDISCHORDから11枚目となるアルバム"FERAL HYMNS"を完成させた模様。いい結果がでたとはベースのSEAN MEADOWS談。サンフランシスコでFUCKING CHAMPS,NATION OF ULYSSES,VILE CHURUBSなどなどのTIM GREEN(TRISTEZAの1stも彼)との録音は吉と出たみたいですね。楽しみです。3月にちらほらショウが決まってますがそのあとは5月にseanに子供が生まれる関係でちょっとわからないようですが今年のおわりまでには日本に戻りたいとのことなので楽しみに待っててください。

写真は"MT FUJI DUO" photo by sean meadows
記事検索
Profile
dotlinecircle katoman





make donation for
DOTLINECIRCLE
through PAYPAL



DOTLINECIRCLE
SPARKMUSIQ
discography
(欲しい商品の画像及びテキストをクリックするとダイレクトでe-storeのページに飛びます。dotlinecircle,sparkmusiq,import,goodsカテゴリーの商品2枚以上購入で代引送料手数料無料!)
DOTLINECIRCLE e STORE Now In Store


NISENNENMONDAI / TORI enhanced CD
NISENNEN 0002




NISENNENMONDAI / SOREDE SOUZOU SURU NEJI CD
NISENNEN 0001




KOKUJIN TENSAI / CLUBZ THUGZ SEX DRUGZ CD
KETSUTOBI KTTB0020


黒人天才 - Clubz Thugz Sex Drugz

BATTLES / EPC

DLC010 ex HELMET,LYNX,DON CABARELO,TY




COPTIC LIGHT / EP enhanced CD
DLC009 ex BITCH MAGNET,DON CABARELO,ANTIOCH ARROW,STORM AND STRESS




GEOFF FARINA / 5 SONGS CD
DLC007 ex KARATE




GHOSTS AND VODKA / ADDICTS AND DRUNKS CD

DLC006 ex CAP'N JAZZ,OWLS,JOAN OF ARC,TETSUO




DEFACTO / MEGATON SHOTBLAST CD

DLC005 THE MAR VOLTA,ex AT THE DRIVE IN




ALL SCARS / STRETCHING JUPITER CDep(3")

DLC004 ex METAMATICS,FUGAZI,TELEGRAPH MELTZ




THE LOCUST / FLIGHT OF THE WOUNDED LOCUST CD

DLC003 ex STRUGGLE,SWING KIDS,LE SHOK,CATTLE D,CRIMSON CURSE




THE ALBUM LEAF / ONE DAY I'LL BE ON TIME CD

DLC002 TRISTEZA,THE LOCUST,GUYVER ONE,GOGOGO AIRHEART...




TRISTEZA / DREAM SIGNALS IN FULL CIRCLES CD

DLC001




SAXON SHORE / THE EXQUISITE DEATH OF SAXON SHORE CD




TRISTEZA / A COLORES CD




HELLA / CONCENTRATION FACE,HOMEBOY DVD+CD




TYONDAI BRAXTON / HISTORY THAT HAS NO EFFECT CD




THE ETERNALS / OUT OF PROPORTIN jpn edition CD




HELLA / CHURCH GONE WILD,CHIRPIN'HARD 2xCD




TRISTEZA / MARCH OF WHITE LIES CD




MAKE BELIEVE / SHOCK OF BEING CD




BLUEBIRD / FALLING BACK TO EARTH CD




MINUS THE BEAR / HIGHLY REFINED PIRATES CD




ILYA / POISE IS THE GREATER ARCHITECT CD




SUNSHINE / NECROMANCE CD




BLUEBIRD / HOT BLOOD CD




NO KNIFE / RIOT FOR ROMANCE CD






















QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ