2005年10月04日

■トイレサミット開幕

北アイルランドの首都ベルファストで今週、世界トイレサミットが開幕。
およそ350人のトイレ専門家達が集結し、トイレ内での反社会的振る舞い、携帯トイレ、盲目の人達に対するトイレ設備など、緊急とされる問題について3日間に渡って議論された。


アイルランドのトイレ協会代表であるレイモンド・マーティン氏は、「多くの目標が達成されました。例えば世界的に公衆トイレの衛生基準を設ける計画の最終的な決定などです」と、ロイターにコメントした。


また、国内の学校にあるトイレの改善を推進するキャンペーンも行われる。さらに酔っ払い対策として、夜中になると水圧を利用して地上に現れるステンレス製トイレも発表された。


公衆トイレの衛生面など考慮すると、一般的にシンガポールが世界で最も「優秀」とされており、英国は世界的には中間あたりにランキングされている。


マーティン氏は、世界のトイレ専門家が一堂に会した会議は、ユーモアに溢れたものだったと話している。
「ジョークなどを交えて議論しながらも、全員が真剣にトイレのことを考えているのです。トイレは我々にとって無くてはならないものですからね」


便座の上に座りながら話したのでしょうか?



【国内外の面白バカニュースは・・・】



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
詳細はこちらで