投信で手堅くlay-up!の記事「SBI証券、住信SBIネット銀行で外貨の資金移動が可能に!」より

SBI証券のメルマガで知ったのだが、どんな意味/意義があるのか、全く分からなかったが、上の記事で得心。

勉強不足、理解不足の者にも、助けが下される。投資ブログを書かれているアルファブロガーの皆さんに感謝ですわ。
ドル→円ではSBI証券で有利な手数料で現引き。

資産運用はSBI証券

休眠中(これが意味するところは→ここを参照)は住信SBIネット銀行で定期預金。

必要ならば住信SBIネット銀行で有利な手数料で円転。

なるほど。


ただし、今のところは外貨で出金できる楽天証券から、変更する気はあまり起きてきません。

確かにドルに換えるときの手数料は大きいが、ドルをそのまま出金できるので、往復の復の分の手数料はカットできますから。もちろん、あまりに低額の出金は、出金手数料(楽天証券分、銀行の外貨現金出金手数料)が、直接現金に換える手数料に負ける場合があります。お気をつけを。

有利な銀行は、今のところ。みずほ銀行でしょう。入金500円、出金1000円ですから。