2013年03月24日

高松宮記念回顧

いやー

ロードカナロア強いー!!!恐れ入りました
モノが違うみたいです

後ろに人気馬がいるせいか、スローで流れましたね。そのペースを頼りにハクサンムーンが馬券に絡みました。四着にはサクラゴスペル
後ろからいくサンカルロには無理な展開でしたね。

バレンチノ松山君は終始ロードカナロアを後ろから、絶対こいつを差してやる!!といった意気込みで追走してました。

しかし、ロードカナロアの直線残り300メートルくらいからのグイッとくるエンジンに付いていけなかった。ハクサンムーンを交わし切るので精一杯。松山君はいい騎乗だったと思います
どう乗ってもカナロアに勝つことは無理だった

この化け物はいったいこれからG1を何勝するんだろうか。。。




馬券は結局カナロアとの馬単裏表買いました。保険にカナロアとバレンチノのワイド買ったんですが、間違えてサンカルロとカナロア買ってました笑

収支は1000円プラス。穴馬はこないと思っていたのでハクサンムーンには驚かされました。有力馬に差し馬が多いことから先行のハクサンムーンを買えた方は馬券上手ですね!!
敗北です

酒井騎手流石です。今日は岩田4勝戸崎3勝
やはり地方ジョッキー上手い
地方は騎乗数が多いし経験が違いますね

doubutsuningen at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

高松宮記念予想

◎ドリームバレンチノ
◯ロードカナロア
▲サンカルロ
△ダッシャーゴーゴー



本命はドリームバレンチノ。実のところカナロアの方が勝つ確率は高いと思いますが、単勝1.5倍で買う馬なのか疑問なのでこっちを選びました。
ロードカナロアは確かに強く、スプリント界のトップに立つ馬だ。ライバルであるカレンチャンもいなくなり、独走してしまうと皆さん考えているだろう。
でも、まだ残っている実力馬がいる。それがこの三頭。ドリームバレンチノ、サンカルロの末脚は見限れない。ダッシャーゴーゴーの一線級で結果を残してきた実力も侮れない。
ロードカナロアが取りこぼすこともあると考えた。というより、考えたい笑

本命にしたドリームバレンチノは条件戦とはいえ左回りのみちのくステークスを二着馬に0.3秒離す圧巻の走りを見せた。
今回も同じ左回りの中京。もしかすると、左回りの鬼なのかもしれない。それに対しロードカナロアは唯一、連を外したレースが去年のこのレース。馬が若かったという意見もあるが、やはり左は少しささるのではと思う。今までのカナロアでグンっという伸びを感じなかったのはあのレースのみだ。それに、去年の函館ではドリームバレンチノはカナロアに勝っているし、オッズほどの差はないと感じる。
松山君もそろそろG1あるんじゃないかな。

差を感じるのは上記四頭と他の馬だ。正直かなりの実力差があるのでは。。
割って入ることが出来るのはサクラゴスペルくらいかな。
人気馬に追い込みが多いのでもしかしたら前が緩くなり残る可能性も!?
いや、中京の長い直線で残るゴスペルを想像するのは難しい。カナロアにあっさり交わされて、後ろからドリームバレンチノ、ダッシャーゴーゴー、サンカルロが追ってくる形だろう

サンカルロはドリームバレンチノと本命迷いました。阪急杯では内枠で上手く出せない、スローペースで過去最高体重といった最悪な条件
もちろん切りました。結果はというと、この馬、なんと四着にまで届いたのです。この時、高松宮記念はサンカルロとカナロアだな!っと思っていました。
しかし、自分の直感を信じるとドリームバレンチノの方に今日心が動きました。
フェブラリーのグレープブランデーの時のように。

カナロアとバレンチノかサンカルロの馬連もしくはワイドに突っ込むレースではないのかな。
穴馬は今回、本当にいらないと思います。堅いレース確定でしょ
とにかくドリームバレンチノ!カナロアに届いてくれ!松山君と一緒に夢を見よう

GOOD LUCK!!


doubutsuningen at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2013年03月08日

ラーメン食ってて思ったこと

カウンターでラーメンを食い終わった。携帯を眺めながら水を飲む

左方の席にサラリーマン風の黒いジャケットを着た40代くらいの男登場


左手で無言で5000円札を天へかざしていた

店員に暗に「券売機は1000円札しか通らないから両替しろ」ってことだった

従業員はご丁寧に対応し、両替してあげていた。
男は、ありがとうは勿論ウンともスンとも言わなかった

彼は何様なのか?みなさんお分かりだろう





神様だ!!!


日本ではお客様が神様なのだ
理解できない。同じ人間なのになんでこんなに上下関係があるのだろうか
金をはたいてくれる客は確かに店側にとってみれば有り難い存在である
しかし、ちょっとそのコミュニケーションの取り方には疑問を感じる
日本人の多くが思っていることだろうが不可思議だ。マックの店員はなんであんなにニコニコしてくるんだ?気持ち悪い!普通にしてくれ。今日は暑いですねーとか世間話でも一言くれた方が嬉しいな。こっちから振ると何にも答えないじゃないか
ロボットか。店員も会社、上司の縛りがあるから殻を破れないのだろう。
自分が店員でも上手く言葉は返せないかもしれない
打って変わってバーのマスターはマック店員と真逆で人間味があって良いね
大規模チェーンの人間ロボット大量生産による、労働生産性の向上というわけか
なるほど


モンスターペアレンツの要因は精神疾患、社会事情とあらゆる原因がある。
その中でも「お客は神様」という要因もあるだろう。客なら店員に何言っても良いような風潮がある。だって、店員は客に怒っちゃいけないんだもん。そりゃ、横暴な客はつけ込みたくなりますわ
可愛い店員がいたら、話しかければ無視されないからいいっすよ笑
店員という立場上嫌なおっさんが話しかけてきても無視できないからね。僕もお気に入りのアパレル店の店員に番号聞いたことあります。もし、断ったらお客さん減るかもしれないし、今後会う時気まずいからねえ
もっと店員と客が対等の存在になればいいなあと望んでいます
もっとさ、フレンドリーにフランクに接したい
堅苦しい対応は壁を感じるしややこしい。マックやらファーストフードの対応は酷いけどラーメン屋はあっさり男声で「ありがとござます!」痺れますねえ。本当に心が伝わってきたんです
特に大好きなラーメン二郎の態度はクールだ!!
店主「おまえら、俺らのラーメン食ってみろ!!!」っていう意気込みが、店内に緊張感を張り巡らせている
俺についてこいのような、男気のある店ですよ
二郎はロックです!

店出るとき挨拶されるけど、その人の方に顔向けてお辞儀したりしちゃうよね。なんか、丁寧にされると申し訳なくて。せっかくあんなに美味いラーメンを一生懸命作ってくれて、提供してくれたことに有り難うって思いますよ。僕は神様じゃないですよ。ただの凡人。大木ボンド





doubutsuningen at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常