2013年02月24日

今日の一曲



Lali PunaのScary World Theory
ポーティスヘッドのボーカルを彷彿させる透き通った声にエレクトロの要素が加わりとても聴いてて気持ちいいです



人気ブログランキングへ

doubutsuningen at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2013年02月21日

今日の一曲



Pascal PinonのÞerney
というのも、今日さっき知りました
久しぶりの友人と会うため、これまた久しぶりのタワレコ新宿で待ち合わせしました
このユニットを視聴して一発で好きになっちゃいました
優しく包み込んでくれる雰囲気ですね。シンセが非常に効いています
裏面を見て驚きました!なんとアイスランド出身!!さらにこのアルバムを出したとき18歳らしいです!!!
すごい。。。このクオリティの高さはなんなんだろう
しかも、双子らしいですよ。神が与えた才能なんですかね
これから有名になって来日してほしいです


タワレコで違和感あったのですが、CDの置き方が変わっていた
上からつかみ取るタイプから、本棚のようになっていました
アーティスト名が見やすくなって良いのですが、どこか安っぽくなった感じがしました



人気ブログランキングへ

doubutsuningen at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 

2013年02月20日

今日の一曲







DeerhunterのSlowlyとAgoraphobia
今日の一曲って題名なのに二曲ですいません!この曲はセットで一曲だと考えています
Microcastleというアルバムの1,2曲目です。
内へ内へと少し閉鎖的で籠もった雰囲気の音を奏でるバンドです。ボーカルのブラッドフォードはとても痩せている。彼はマルファン症候群という遺伝障害らしいです。
障害=個性があるからこそ創り出せた音楽の世界観だと僕は思っています。なんと不思議な音と蕩けるような声なんだろうか。
このバンドの人気が出始めた頃、世間では「ニューゲイザー」と括られていた。確かにシューゲイズな音色も感じますよね。シューゲイズやオルタナ、サイケなどの要素も垣間見え、彼らの作り上げたオリジナリティにはリスペクト!!


オアシスのリアム、レディオヘッドのトムヨーク、ブラーのデーモン、その後にはコールドプレイのクリスなど大衆に人気のカリスマ性を誇るミュージシャンがいた。しかし、その後の10年くらいロック界を引っ張るようなアーティストはいないように思える。
ブラッドフォードこそ、そういう存在になりえるとも思うのだが、やはりUSインディという地味な存在もしくは音楽性が少しニッチだからかグイッと大衆にまでは受け入れられない現状だ。(ルックスか?笑
ジュリアンみたいなイケメンだったらもっと受けているのかもいれない
何はともあれ僕にとってはブラッドフォードはカリスマ的存在なのだ!
今までのアルバム全てが名盤であり、もう一つのバンドであるアトラスサウンドも譲れない
彼の創る音楽に共振している人は沢山いるのだ。現に、一昨年リキッドルームでは真夏の夜ながら多くの熱烈なファンが駆けつけていた。そこで、繰り広げられる彼らのサウンドは閉鎖的という言葉はなく、光を浴び客の愛情を受け取り前へ前へ歩んでいるように見えた
今後の作品もきっと素敵な贈り物を届けてくれるに違いない

1アーティスト1投稿にしようと思ってましたが、1アーティストで複数の投稿もしようと思います。やろうと思えばitunesのストックからして365アーティストできるのですが、Deerhunter挙げてたらもっとUPしたくなりました笑

good night!!






人気ブログランキングへ

doubutsuningen at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽