画像3
週末起業イベントStartupWeekendに行ってみた。

StartupWeekendは、金曜日の夜から日曜日にかけて54時間で起業にチームでチャレンジするイベントです。
主役はいつかなにかで起業してみたいと考えている会社員の方やフリーランスの方、すでに起業しているけどもう一度スタートアップしてみたいなと思っている方です。

こんな趣旨のイベント。
前の職場の上司の参加をfacebookで知り、なにやら面白そうだったので、
最終日のみ、見学者として潜入してきました。

で、これが大変興味深かった。
ので、イベントの流れについて書こうとも思ったんですけど、
最終日のみの見学で詳細が語れるでもなし、
また、実際に参加された方のブログも既にあったので、
わたしは、ただ単純に、フリーターの視点からの感想をつらつらと書いてみます。

下記URLを参照された上で、本文を読まれることをおすすめします。

StartupWeekend Okinawa
http://okinawa.startupweekend.org/

StartupWeekend
http://startupweekend.jp/
画像1
まず、こうした経験ができる場というのを、今までにわたしは知らなかった。
誰しもが一度は考えるであろう「こんなことしたら儲かるんじゃない?」が、
現実的にビジネスモデルとして成り立つのかを確かめられる。
実際の投資家の判断が聞ける。
そんな場を。

いや、わたしが知らなかっただけで、あるとは思う。
人脈だったり、お金だったり、地位だったり、知識だったりを持っている人は、
きっとそんな世界に生きている。はず。

けれど、そんな人ってひと握り。
わたし含め、日本の多くの人たちは、
そういった機会には恵まれないまま、日々を過ごしている。
画像1
しかし、StartupWeekendが素晴らしいのは、
そんなわたしたちでも参加ができるというところ。

誰でも。
わたしでも。
あなたでも。

フリーランスや、会社勤めの方はもちろん、
学生や、新入社員、フリーター、果ては無職でも、
参加費(今回は5000円でした)さえ払えば、そんな場に潜り込むことができる。
起業のノウハウや流れを、身をもって体感することができてしまう。

これって、すごいことだと思う。
画像2
いや、別に、わたしは起業しようといった志を持った人間ではありません。
やりたいこと、ありません。
お金なんて、あればいいです。

けれど、そういう人たちにこそ、一度は行ってみてほしいと思った。

個々が個人事業主としての意識を持たなければならないこの時代、
StartupWeekendに参加することで得られる感覚というのは、
とてつもなく大きなものだと思う。
画像5
正直なところ、その感覚が今後の自分の人生にどう活きてくるのかは、
まだわたし自身も結びつけられてはいない。
受けた衝撃が大きすぎて、処理しきれていない感がたっぷり。

けれど、そんな状態であれ、人には確かに勧められる。
より多くの方に、あの場を体感してほしい。
あの場から得られる感覚を共有したい。

我ながら、本当にとりとめもないな。
何が言いたかったかと言うと、
フリーターは行くべき、フリーターこそ行くべきということ。
画像4
次回の沖縄開催は、3月を予定しているそうです。
沖縄は、OISTの名称で呼ばれる沖縄科学技術大学院大学の分校で行われるのですが、
その施設だけでも、一見の価値あり。

今度こそ参加したいと、切に思う。
まあ、3月に、わたし自身がどこで何をしているかは、まったく定かではないのですが。
画像6
ちなみに、記念すべき沖縄開催第一回目の優勝は、
なんと、わたしの元上司のチームが勝ち取りました。

すげーよ。
おめでとうございます。


ついでに、一押し。