ガッツ石松さん、激ヤセ?している?ひさびさの公の登場なのに?


3月23日にユナイテッドシネマ豊洲にて、25日公開の
「キングコング髑髏島の巨神」の公開イベント
「絶叫!4DX試写会」イベントが行われ、
ゲストにガッツ石松さん、お笑いコンビバイきんぐ
プロレスラーの真壁刀義さんが出演されました。


この日は、一足先に本編を鑑賞した4人が、
感想など“キングコング”トークを展開。

ガッツさんは
「全然(映画の)意味が分からなかったよ」
「どこらへんで出てきたっけ…?」
「ゴジラとキングコングは全く違うんだね 」

これには小峠さんも「何で今日来たんだよ!」とお怒り。
最後には「これ、あと何回突っ込まなきゃいけないのかな?」
と呆れ返ってました。

「OKですか?」の振りに「牧場」と返すのを忘れ、
小峠に「何年、OK牧場、やっているんですか」
ともツッコまれてました。



こんにちわ。ドーシテです

TVのワイドショーでこういった一連の流れの映像を
 
ガッツ石松さんの、痩せたというより、
やつれきって、頬がこけ、髪がかなり薄くなった様子

ともに見ていると
なんだか とても不安になってきます・・・・・。

ガッツさんの頬のこけ具合には
本当に驚愕してしまいました。


いつものつるつるの大きなベビーフェイスで
こういったやり取りをしてくれるなら、

「いつも元気にぼけているなあ。通常営業だな」

ここ最近、メディアでの活躍がめっきり減り、
ようやく登場されたとしても
このお顔で、このやり取りです。

健康不安を感じざるを得ません。 


調べてみると

ガッツさんの激ヤセぶりは
去年から

日テレの「秘密のケンミンSHOW」
ネット発注のチラシのCM「ラクスル」などなど

指摘はされてました。



ドーシテ、ガッツ石松さんは激ヤセしてしまったの?

今のところ何の発表もありません。



ここでまたまた 遅くなりましたが

ガッツ石松さんの簡単なプロフィールです


1949年6月5日生まれの67歳です。
身長は172㎝。

本名は鈴木 有二(すずき ゆうじ)さん。
栃木県上都賀郡清洲村→粟野町(現:鹿沼市)出身。

俳優でもあり、タレントでプロボクサー。
元WBC世界ライト級チャンピオン。
広島国際学院大学現代社会学部客員教授。


へー。

そういえば

1996年にも自由民主党の
森善朗さんの薦めで
衆議院選に自由民主党から
立候補したけど、


落選した

のよね。思い出しました。

なんで立候補したんだろ・・・・。
 

最近はめっきり露出のほうも減ったようですが、

ドーシテでしょうか?


指摘される大きな原因のひとつは
約13年前のことになります


お笑いピンタレントの陣内智則さんが
番組対抗特番で
ガッツ石松さんと同じチームになりました。

当時陣内さんはまだテレビ出演経験が
浅かったこともあり
なんとか爪痕を残そうと
必死だったそうです。

いざ自分の出番を迎え、
コーナーの説明を受けていた
タイミングで

ガッツさんからも
話しかけられたため、
2人の会話が被っていたことを
チャンスだと思った陣内さんは

「やかましいな!」と、
ガッツの頭をおもいきって叩いてしまいました

この一撃でガッツさんは大激怒!

陣内さんに叩かれたガッツさんは反射的に右パンチを
陣内さんの顔面に叩き込んで
そのまま収録をボイコットして
帰ってしまったそうです。

当然、収録は一時中断。
オンエアで陣内さんの出番はばっさり
カットされていたようですね。
 
その後、陣内はガッツに謝罪。
今では仲が良いということですが。

周囲からは

「それぐらい許してやれよ」
「なんか扱いづらい」
「こういうところで具志堅用高さんと差がつく」と、

ガッツが悪い、器が小さいという声が
聞こえはじめました。

昨年6月に放送させた
『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の
サルっぽい”タレントを集めたロケ企画にも
ガッツさんは出演しましたが、
ここでも途中で帰っています。

帰った理由は明かされていませんが、
出演者たちはサルの格好をしてプライドを捨て、
サルになり切らないといけない企画でしたから、
企画内容に不満があったらしい・・・と言われてますが。

番組内容も問題があるかと思いますが、
あまりにキレるイメージが定着しすぎると
スタッフも戦々恐々で使いづらくなります。

ガッツさんのテレビ出演が減った
理由もなんとなく理解できます・・・

が。

ここでなんとなく、激ヤセ等の健康問題と
ボイコット問題に関連があるような・・・。

気がしてきました・・・。

調べ進めるとパンチドランカー
という単語が出てきました

パンチドランカーって

聞いたことありますか?


マンガ「明日のジョー」でも登場しましたが・・・。


パンチドランカーとは?


頭部への衝撃から生じる脳震盪
を起因とする神経変性疾患認知症に似た症状を持つ
進行性の脳障害疾患のこと。

また、そのような状態にある人間を指す。
ボクサーに多く見られる疾患であること、

最初に見つかった発症者がボクサーだったことから、
慢性ボクサー、外傷性ボクサー脳症、
拳闘家痴呆、慢性ボクシング、外傷性脳損傷:、
パンチドランクなどの別称があります。



症状は

頭痛・痺れ・身体の震え・吃音(どもり)
・バランス感覚の喪失
記憶障害・集中力障害・認識障害・
遂行機能障害・判断力低下・混乱等

暴力・暴言、攻撃性、幼稚、
性的羞恥心の低下、多弁性・自発性・
活動性の低下、
病的嫉妬・被害妄想等


だそうです。

今多数出演されている
元ボクサーは、天然キャラや超強烈な個性が受けて、
メディアに登場されてますが

そういった動向って、
少なからずもパンチドランカーと

関連がないとは

なんか言い切れない気がするんです・・・。

ですので、

ガッツさんの激ヤセも、ボイコットも
パンチドランカーの症状がすすんでしまった・・!


てことなんでしょうかね?

私もパンチドランカーの事を忘れてましたし

TVでもとんと聞きません。

ネットの民の皆さんもパンチドランカーと
という単語を探り当ててません。


パンチドランカーはいつの間にか
メディアでは禁忌みたいなものになってしまって
いるのでしょうか?