菅一男の心の道場

神霊コンサルタントの菅一男がお勧めする霊障を自分で浄化できる「自己浄霊法」のご紹介と、神霊にまつわる無料相談へのアドバイスや、心、霊、魂、霊障に関する解説や日々感じたことをお知らせします。

2010年08月

菅一男の心の道場では、霊障診断(霊査)を行い、霊障対策として、自分で霊障を除霊・浄霊できる自己浄霊法を紹介しています。

質問を頂きました その3

ブログネタ
心の道場 に参加中!
◎お経の効果(どのお経がどの様な時に効果が大きいのか)

お経については私にはまったく知識がありませんのでコメントできません。
般若心経が有名ですが、効用は確認しておりません。


◎祝詞、パワーコール、真言などに付いても知りたいのですが(何かの時に効果があるのでしょうか)。

私の立場としては、これ等のものがまったく効果がないとは言いませんが、根本的な解決法とは思えません。一時しのぎの対処法と捉えています。
それぞれの方法については詳しく解説したホームページもたくさんありますので、お調べになることをお勧めします。
 ※自己浄霊法を実施するときに唱える言葉がありますが、目的が違います。

私の経験ですが、「ありがとう」の言葉を何回も唱えていると神界のエネルギーを引くことが出来ます。つまり運が良くなったりします。
また、「南無阿弥陀仏」の言葉も同じような効果が期待できます。

ある言葉を唱えることで、ある世界(霊界・仏界・神界など)と波長が合い、その世界に存在するエネルギーが肉体に流れ込んでくることがあります。そのことで、肉体内の悪いエネルギーが取り除かれたり肉体に直接作用して良い効果が表れる結果となります。

質問を頂きました その2

ブログネタ
心の道場 に参加中!
◎特に、外敵や本来は望んでいない縁(悪縁)、人の想い、悪いエネルギーを跳ね返す方法、引きよせないような方法、縁を持たないような方法、元に帰っていただく様な方法などもあれば知りたいのですが。

悪いエネルギーを跳ね返す方法:
望んでいない縁を跳ね返すには悪縁を持たないようにすることです。(後で述べます)
人の想い(生霊)は防ぐことは出来ません。恨みを待たれたり、行為をもたれたりしないように心がけることです。(人間としては無理ですよね)しかし、生体エネルギーが強い人はそれらのエネルギーを跳ね返すことは出来ます。(気功法や心癒功を実施すると生体エネルギーが強くなる)
悪いエネルギーは種類がたくさんあり、それぞれに対象法が異なりますので、詳しい解説は難しいですね。これ等の場合は自己浄霊法などでエネルギーを浄化するのが一番です。


悪いエネルギーを引き寄せない方法:
悪縁に関しては引き寄せることと縁を持つことは同義語だと想います。
悪縁にかかわりを待たないようにするには自分の心の状態を悪縁と同じ状態にしないことです。
エネルギーは波動(周波数といっても良い)がありますので、悪縁の波動と同じは動を自分が発していればその時点で縁が出来てしまいます。未浄化霊などが憑依する原理もこの理論が成り立ちます。
人の想い(生霊)に関しては前述したように恨みを買ったり、人に頼られたり、好意をもたれたりしないように心がけることです。しかし、このような生き方は味気ないですよね。
生霊は多かれ少なかれ誰でも影響を受けています。生霊も自己浄霊法で浄化すれば対処できますが、生霊は相手が想うことを止めない限り来続けますので、継続して自己浄霊法を行う必要があります。(生霊を受けているという自覚症状がある場合)


元に返っていただく方法:
これは霊的なものに対する事柄となりますが、下記のお経や祝詞、パワーコール、真言などが古くから伝えられていることでこの方法に該当するのだと思います。
効果のほどは確かめていませんのでなんとも言えませんが。
憑依している霊に元に戻っていただく(体から外れていただく)ということは除霊という言葉で表されます。人間に憑依する霊は未浄化のものですので、元に戻っても未浄化のままなのですから、再び憑依するか別の人間に憑依する可能性もあります。これでは根本的な解決方法にはなりません。
一方、除霊に対して浄霊法は未浄化の霊を浄化して高級神霊にしてあげることですので、この霊は二度と人間界に戻ってきません。このことがもっとも大切なことなのです。
従って元に戻ってもらう方法は一時的に人間は良くなるかもしれませんが、長い目で見ればあまり意味がないと思います。

質問を頂きました。

ブログネタ
心の道場 に参加中!
先般、書籍 "神癒" を購入ましたが、内容が素晴らしいなと感動しながら読ませていただいております。

◎できれば、絵、写真、図などを入れて、更に次の書籍を発行して頂きたいと思います。
(実は年齢(60歳)とともに、文字が見にくくなってきております為)

神癒は心の問題など目に見えない世界を対象としていますので、絵や図にすることが大変難しいのです。



◎木や植物の霊、動物霊、妖精はいるのかなどに付いて少し知りたいです。

動植物の霊は自然霊と呼んでいます。動植物の生体エネルギーが死後残存エネルギーとして存在し、長い時間を経て強烈なエネルギーに変化します。
妖精は植物の残存エネルギーと思われます。
また、動物の残存エネルギーが強くなって、天狗や河童などに例えられるのだと思います。


◎例えば太陽、月、星、水に関わるもの大自然のエネルギーや霊現象なども少し知りたいのですが。

自然界に存在する物には全てエネルギーが存在します。
大宇宙も同じことです。地球にも太陽にも月にもその星独特のエネルギーが存在します。
太陽や北極星のエネルギーはよく利用しています。
ただ、エネルギーの存在自体や働きなどを完全に理解しているわけではありませんので詳しく解説することは出来ません。今後の課題としています。

水にも不思議な力があります。
「水からの伝言」と言う書籍がありますが、多くの科学者が否定をしていますが、私はありえることだと思っています。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/3163/crystals.html

その他、水に関しては多くの不思議な体験をしています。
科学的に証明することが出来ませんので、ここで詳しく解説することは出来ませんが、科学で証明できないこともあるのです。
というより、私の行っている行為そのものが非科学的なことなのです。


他にも質問がありましたので、数回に分けて掲載いたします。

感想メールを頂きました

「神癒」は大変良い内容の本ですね。
感動することが多々あります。
以前、パソコンで行う除霊(忘れましたが)?を申し込んでいた事があったのですが、正直なところあまり感じた様子は無かったのですが、此の度は書籍自体からエネルギーが出ているような感じがします。
気のせいか読んだ後がすっきりする感じがします事と、読んだ後に枕元に置いておくとよく寝れるような感じがします。
気のせいかもしれませんが。
自分の性格について、落ち着く様に冷静沈着になる様に、言葉で相手に嫌われないような等など、特に私の場合は早合点で余計な事をしゃべりすぎる傾向がありますが、自分の性格を改善する方法が無いかと思っております。


ますます、ご活躍をしてください。
また、新しい書籍等が出るのを待っております。

青森県
K.G

ありがとうございます。
お役に立てたこととてもうれしく思います。
ご自分の性格がわかったいらっしゃるのですから、改善しようというお気持ちがあれば少しずつではありますが、変わっていくと思いますよ。

青木ヶ原樹海で…  心霊写真鑑定結果

ブログネタ
心霊写真鑑定 に参加中!
2010 Summer 富士周辺 020
今年8月22日(日) 富士 富岳風穴周辺の青木ヶ原樹海を何気なく撮ったデジカメの画像です。
真ん中周辺が何かモヤモヤしており、プリントアウトしたら蛇がとぐろを巻いてるように見えますが気のせいでしょうか。
この前後の写真には全く現れないので、レンズの所為では無いと思われます。

鑑定よろしくお願いします。


菅より

靄のように写っているものは、地縛霊のエネルギーです。
画面の左下部分に存在する地縛霊のエネルギーが画面の真ん中まで広がって、何かを訴えているようにも感じられます。地縛霊自身の存在をアピールしているようです。
別の表現をすれば助けを求めているということではないでしょうか。
菅一男の心の道場

自己浄霊法

あなたの成功力は?

癌をやっつけろ!

Profile

神霊コンサルタント

中学から高校までクラブ活動として体操部に籍を置き、体操の練習に明け暮れる毎日を過ごす。
高校の3年間は新聞配達で生活費の一部を稼いでいた。
この3年間のアルバイトが辛抱強い自分を使ったのではないかと思っている。

高校卒業後は河合楽器に入社し、体操部の一員として静岡県浜松市で3年間競技生活を送る。
河合楽器体操部の活動停止に伴い、故郷の三原市へUターン。
三原・福山を中心に河合楽器ピアノ調律師として調律業務に従事する。

○昭和48年3月に独立し、菅ピアノ調律所を開設。
 各家庭のピアノを定期的に調律する傍ら、ピアノの販売や音楽発表会の録音などを手掛ける。

○昭和48年11月に三原体操クラブを設立する。

 体操教室の運営とピアノ調律の2足のわらじで収入を得るが資金繰りにいつも苦しんでいた。

 デジタルピアノの出現により、ピアノ調律の仕事は激減すると考え、健康に関する仕事をしたいと考えるようになる。
 そんな時ネットワークビジネスであるニュースキンと出会い、特定非営利活動法人 日本成人病予防協会の健康管理士一般指導員の資格をとる。

 また、スポーツと心理の関係に興味を持ちいろいろ調べていくうちに、霊能開発に取り組むことになる。
 死ぬほどの思いをして得たものは、人間の心が読めるということと、霊的なエネルギーを認識できると共に未浄化霊を浄化することが出来るようになったこと。
 ピアノの調律は目に見えない音波(波動)というものを対象にした仕事。
 又、心や霊というものも一種のエネルギー(波動)。

 様々な仕事を経験していくうちに自分の本当にしなければならないことに近づいているように思えてならない。

 人間の心がわかるようになり、心や霊との関係がわかるようになるにつれて霊障などの悩みの相談を受けるようになり、様々な種類の悩みの原因の大半が霊障であることがわかり、その解決方法も指導出来るようになる。

 たくさんの方から相談を受けるが、時間が足りなくなり、会員制として心の道場を発足する。

○平成1年(1989)4月  呼吸健康法講座(気功教室)開講 
○平成2年(1990)6月  心の道場 開設

 心の管理の重要性を解くとともに自分で霊障を浄霊できる「自己浄霊法」を提唱する「心の道場」、食事(栄養)の重要性を説く「食の道場」、独自の気功法と適度な運動を行うことで心と体を健康に導く方法を指導する「心癒功普及会」をインターネットを利用して提供するサービスとして「癒しの道場」を開設する。


 体操教室の在り方も時代に合った形態に変化しなければならないと考え、NPO法人設立に向けて準備をする。

○平成19年(2007)6月18日 特定非営利活動法人 青竜スポーツクラブを設立

アクセスカウンター




facebook 菅一男の心の道場
心癒功通信講座

心癒功 ネット講座
心癒功通信講座
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Archives
  • ライブドアブログ