ブログネタ
心の道場 に参加中!
強度の霊媒体質であった私は、中学生になるまでは病気がちであり、人ごみにいると気分が悪くなったり、お腹が痛くなってトイレに駆け込んだりすることがしょっちゅうでした。
中学生になってからは、体操競技に目覚め練習に明け暮れる毎日で気が付いたら病気になりにくい体になっていました。
そして、現役を引退し、運動量が減少するにつれて風邪をひきやすくなり回復するにも時間がかかるようになったのです。

霊能開発を行ってわかったことは、運動することで生体エネルギー(気エネルギー)が強化され様々なエネルギー障害から身を守ることができるということです。

私自身は強度の霊媒体質の為、いつも様々な霊的エネルギーとの戦いを強いられ肉体的にも精神的にも苦しみを感じる毎日でした。
そんな中で、運動をして生体エネルギーを強化する方法の代わりとなる方法を模索していくうちに気功法にたどり突きました。
中国に伝わる仙道をベースに様々な方法を試していくうちに独自の気功法を身につけることができ、一種の健康法として他人に指導して効果が認められたため「心癒功」と名付け普及に力を入れることにしました。

現在も霊的エネルギーと闘いながら生活しているため、常に新しい霊との関わりによる肉体的・精神的な苦しみはいつも感じています。
生体エネルギー(気エネルギー)の低下により、肉体的痛みを感じたり、不快感を感じるようになります。
そんな時には、心癒功のフルバージョンを実施して気の強化を図っています。
理想的には毎日行うことがよいのですが、最低でも週1回は実施する必要があると考えています。

気の強化を図ることで、霊的エネルギーとのバランスが保たれ肉体的苦痛や不快感から解放されるのです。
このメカニズムに気づいたとき、体調不良を感じている人たちにも有効な健康法だと考えました。
より多くの方に「心癒功」を実践していただきたいと心から願っています。

No2156












写真は[ 大山寺付近から見る尾道水道 ]
大山寺付近から見る尾道水道の風景です。
正面に見えているのはしまなみ海道新尾道大橋、その奥には尾道大橋。
尾道水道に沿って走る電車も見えています。

写真は「おのみちや」より