本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大高等研究院特別教授(76)が2018年ノーベル医学生理学賞に決まり、癌の治療で免疫療法が話題になっています。
私もずっと前から癌は免疫力を強化することで克服できると考えていました。
癌の治療法は、抗がん剤、手術、放射線治療が主でしたがここにきて免疫療法が脚光を浴びてきている状態です。
しかし、癌の治療で基準になるのは死期をどれぐらい遅らせるかということにつきます。
つまり癌は完治させることすなわち健康な状態に戻すことはとても難しい病気とされているのです。
癌細胞を消滅させることが不可能に近いという事だと思います。

この度、気功法実践講座を開講するのですが、気功法は免疫力の強化と自然治癒力を高める効果があります。
この部分では免疫療法と重なる部分があると確信しています。
今後は癌の患者さんと積極的に関わっていきたいと考えています。