自己浄霊法の実施にあたってどのくらいの頻度で行ったらよいのか明確な基準はありませんでした。
霊障が認められた時に自己浄霊法で対処していただくというスタンスで説明をさせて頂いていましたが、私自身の経験や、会員様からの霊査依頼のメール、気功法実践講座に参加されている会員様とのやり取りの中で、1日に最低でも1回は自己浄霊法を実施していただくことが良いだろうという結論に至りました。

人間は寝ている間にも様々なエネルギー影響を受けています。
そして、目覚めた時には体内に良くないエネルギーが溜まっていることが日常的に起こっています。
体調に変化を起こすような霊障の影響が無いとしても、エネルギーは溜まっています。
そしてそのエネルギーのおかげで魂などの霊格が抑えられ、霊障に対する免疫力などが低下します。
そのような状態が続くと風邪をひきやすくなったり、霊障の影響を受けても気が付かなくなることもあります。
そのような状況を防ぐためにも私自身は毎朝目覚めたときに寝床の中で自己浄霊法を行っています。おかげで毎日変化なく過ごすことが出来ています。

皆様にもぜひ寝起きの自己浄霊法をお勧めいたします。
朝は忙しい方もあるかと思いますが、トイレの中でも結構です。
この場合には、イメージで自己浄霊法を行う方法を身につけておいてください。
いつでもどこでも自己浄霊法を行うことが出来ます。

jibakurei