7月月版

どなたにもお仕事や、健康などに悪い影響を及ぼす毎月の方位をお知らせしています。
できるだけ避けて行動されることをお勧めします。
個人別に良い方位、悪い方位はありますが、ここでは対象としていません。
個人別に良い方位、悪い方位を知るにはこちらを参考にしてください。

九星気学 八雲院


2022年は暦の上では2月4日から始まって、2023年2月3日までの1年間が壬寅(みずのえとら)五黄土星の年となります。

1年間(2022年2月4日〜2023年2月3日)は、南西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て南西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

そして、1月17日〜2月3日、4月17日〜5月4日、7月20日〜8月6日、10月20日〜11月6日、の期間は土用となり、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

2022年月7月7日は小暑で暦の上ではこの日から7月となります。

2022年7月7日〜2022年8月6日までの期間は、車など高額な買い物、1泊以上の旅行、病気で入院などの場合は、北東と東南と北西の方角は注意が必要です。

なお、北東と東南と南西と北西の方位への移転や、その方角の土地の購入などは避けてください。
また、家の中心から見て北東と東南と南西と北西の向きになる部分の増改築は避けて下さい。

又、7月20日〜8月6日の期間は土用となりますので、新増改築・工事・動土などは慎まなければなりません。

8歳以下のお子様が旅行などで北の方角に移動される場合は事故などに気をつけて下さい。