ドブログダウナーケイ

文房具とかロードバイクとかMacとか。

自前のカムアップシステムを作る

43ll
あけましておめでとうございます。
今年も細々と更新していければと思いますので、よろしくお願いいたします。

一年の計は元旦にあり…ではないけれど、タスク回しの一助に新しい方策を投入してみようかと考えた。
なお、この文章を打っているのは大晦日の午前中。

ベースにするのは、43foldersというその筋では有名なタスク管理のカムアップシステム。
とはいえまったく大袈裟なものではなくて、1〜31の日別と、1〜12の月別の番号を割り振ったクリアファイルか何かを用意し、それらを組み合わせて「その日に行うべきこと」を把握するというもの。
31+12だから43folders。直截。

ただこれを実際にやろうとすると一番ネックになるのは、そんな大量のファイルを一体どこに置くのか?ということ。
43foldersはその日のタスクであることさえ分れば、支払書なりチケットの入った封筒なり、別にタスクを書いたメモでなくても放り込んでおけるのが特長なのだとは思う。そのサイズが利点となるということ。

43foldersをアレンジした、43tabsシステムを作成された方のブログを読むと、別に大きなファイルである必要はなさそうだと感じる。
情報カードで実践する、という手もあるのかと。

上記を参考に、手近にあるものを組み合わせて、置き場所に困らない自分なりの43foldersを作ることにする。

今回用意したのは、無印良品のB5サイズルーズリーフに、バインダー、見出しふせん。そしてハーフサイズの徳用ポストイット5色入り。
どれも買ったはいいものの使い道が決まっていなかったものばかり。適当に床に転がっていた。
ルーズリーフをクリアファイルに見立て、見出しふせんに1〜31、1〜12の数字を書き込み、一枚ずつ貼付けていく。
うまいこと見出しの耳が揃うようにするのがポイントといえば、ポイント(単に見栄えの話ですね)

タスク管理はポストイットに書き込んで、日付に対応したルーズリーフに貼付ける。
もちろんだが、タスクの日時変更はポストイットを貼り替えれば済む。

ポストイットが多色というのも、普段の管理方法に合わせた。
Google Todoなりでタスクをまとめる際に、どこで実行するものなのか(コンテキスト)別のリストに放り込んでいる都合。
いつもは、
    @home(ざっくりと家事)
    @desk(書き物や書類整理)
    @mac(Mac上での作業)
    @outside(買い物や外出)
    @office(職場)

の5つに分けている。
同様にポストイットの色を各コンテキストに対応させて、Google Todoとの整合性を図る。

B5版なら、マスキングテープで書類や封筒を貼付けるくらいのこともできるだろう。
持ち歩く訳ではないし、マステの糊もそれなりに強力ではあるので、貼り付けたものが落っこちることはなさそう。

以上、43looseleavesの簡単な作成紹介でございましたとさ。続きを読む

来年のスケジュール帳にタスク管理特化型を選ぶ

皆さん、仕事してますか? 働いてますか?
来年のスケジュール帳は決まりましたか?

手帳といえば、ずっと選んで来たのは週次レフト。
週単位で予定を俯瞰するのが好みに合っていたし、その日にこなす内容や、予定を先取りしやすいのが便利だと感じていたから。
そんなわけで今年使っていたのは、博文館のMD-1 Monday、そしてカバーノートに入るからという理由で移行した、無印良品のA6マンスリー・ウィークリーノート(8月始まり)

どちらも特に深いこだわりはなし。
レフト式、その時々で使いやすい判型、あと平日/土日で欄の大きさが変わらないもの。その程度。
見聞きしたり感じたことは、別途持ち歩いているモレスキンに書き留めているので、タスクさえ書ければそれでよかった。

タスク。
そう、タスク。
気がつけば、 スケジュール帳に本当にタスクしか書いていなかった。
文頭に□(チェックボックス)をつけた文言ばかりが並ぶ。

ならば来年は、タスク管理漬けの手帳がいいじゃないか。
さらに云うなら、Googleカレンダーよろしく、タスクを消化する時間が見える(予約できる)ものがいい。

自分ならこんな手帳が欲しい、という誌面構成をノートに書き綴り、星の数はあろうかビジネス手帳の中を掻き分け至高の一冊を選ぶ助力とする(このあたりが、我ながらおかしい)
そこで手に入れたのが、高橋書店のティーズクリエイティブダイアリー。



この手帳、実にすばらしい!
チェックボックスしかないぞこれ!

メモ欄なぞ巻末にあれば十分。日次、週次、月次、年次…。ひらすらタスク管理だ。
本当にそればかりだ!
いくらなんでも、高橋書店は尖りすぎている。

時間の目盛りは7〜21時。
ここはできれば24時間の方が好みなんだけれど、それでもおおよそのスキマ時間を探す分には不便はないはず。

余談だが、巻末のフリーページも横罫、方眼、プレカットのメモと充実しているのもいい。
月次の目標と振り返り、プロジェクト管理、参照情報の貼付け、ポストイット置き場、人に渡すメモ、重要なタスクを書いておいて終わったら切り取り…等々、使い方を考えるだけでも幅が広がりそうだ。


今週末から12月。
次月は少しずつ今の手帳から、内容を移し込んでいきたいところ。

肥え太るノートのジャスティス

月も変わり、週も最後の方を迎えつつある今日この頃。
持ち歩き、あれこれ何でも記録するユビキタス・キャプチャに使っていたポケットサイズのモレスキンをそろそろ使い切りそうだ。
残りわずか8ページ。
今回の使用期間は、1ヶ月と2週間といったところ。

DSC_0051
もはや純然たるノートとは呼べない何かに変貌している。
小口からはみ出る、何か。

DSC_0053
未開封の同等品と比較すると、いかに分厚くなったかがうかがえるというもの。

DSC_0058
書くだけでなく、貼り込んで育てて行くのもこの手のノートの魅力だが、

DSC_0056
判型が近いからというだけでファストフードのパンフレットを糊付けしたりもしていれば、

DSC_0060
当然こういうことになる(展開図)

行ったラーメン屋のクーポン券、文房具のリーフレット、貰った服のタグ、健康診断の結果…。
ぱらぱらとめくってやれば、おれの時間はまさにここに凝縮されている!といった謎の感動すら覚える。

ちなみにEvernoteに対応したスマートノートを土台にしたものの、全部で10ページくらいしかインポートしませんでした。宝の持ち腐れ…
Twitter