2005年02月19日

Mar Adentro 海を飛ぶ夢

さて、「Mar Adentro」(邦題「海を飛ぶ夢」)見ました。ずーっと期待をぱんぱんに膨らませて待っていたわけですが、その期待通りの見事な作品だと思います。僕は貧乏にもかかわらず、なかなか公開されない作品や気に入った作品はどしどしDVDを買う、という非常にデンゲル係数(家計におけるDVD出費の支出割合、ころりの造語)の高い生活を送っているわけですが、この作品のように期待通りの作品を出会えるから止められないわけです。
以下しょむないつぶやき。
(5点!)


まず始めに、前作「アザーズ」が全く気に入らなかった僕としては、アメナーバルが天才っぷりを再度見せ付けてくれたことに至福の喜びを感じております。「テシス」と「オープン・ユア・アイズ」は僕のかなり気に入っている映画ですから、彼のカムバック(とは人は言わないのだが)は非常に喜ばしい。ね、やっぱし、ハリウッドなんか行ったって駄目なんですよ。金にしか興味の無いプロデューサーにごちゃごちゃ言われるだけだよ?(多分) 確か、フリオ・メデムも、一度アメリカで映画撮りかけた事があったはずです。中止になったわけですけど。とにかく、アメナーバルには、スペインでじっくりと映画を作り続けて欲しいです。次はまた恐いのが見たいな。

ハビエルを皮切りに、出てる俳優さん、みんな素晴らしい演技だったと思うよ。誰も取り上げないだろうから言及すると、ロサ役の女優さん、どっかで見たな、と思ったら、「トーク・トゥ・ハー」に出てたみたい。看護婦さん役だったかな?この人、すごく上手だったと思う。特になんてことは無いんだけど。

映像の素晴らしさにはまたも舌を巻きました。アメナーバル、いい画作りしますなぁ。この詩情に溢れたキャメラ。フレーム全体から迸るポエジーに浸るべし。

最後のハビエルのナレーションの詩が良い。Mar Adentro, Mar Adentro,

dovzhenko at 13:52│Comments(5)TrackBack(10)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『海を飛ぶ夢』  [ ラムの大通り ]   2005年02月19日 14:45
-----おやおや、アカデミー賞外国語映画賞 ノミネート作品というのに渋い顔してるにゃあ。 「う〜ん。実話という重みがあるから語りにくいけど...」 -----けど、なに? 「物語の性質上、仕方がないんだけど、 とにかくここには全編にわたって“死”の匂いが立ちこめている。
2. 2月7日(月) 『海を飛ぶ夢』完成披露試写  [ 映画の胃袋 Живот киноего ]   2005年02月19日 15:06
★★★ (ネタバレと言っていいか微妙だけど、ひょっとしたらネタバレになってるかもしれないのでご注意) 独特の世界観を持つホラーやサスペンスを発表し続けてきたアレハンドロ・アメナーバル監督。これまでの彼の作品のファンには、今回の新作は戸惑いを覚えるに違いない
■映画『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』 邦題:海を飛ぶ夢 ●第61回ベネチア国際映画祭審査員特別賞の銀獅子賞と主演男優賞を受賞したのは、アレハンドロ・アメナーバル監督の最新のフィルム、『The Sea Inside/ザ・シー・インサイド』(原題:Mar Adentro/英
4. 私の心にぴったりとはまる映画  [ nahoritaのBrooklyn★Brooklyn ]   2005年03月20日 00:01
愛する人が心の底から死を望んだとき、あなたならどうしますか? Mar Adentro (The Sea Inside) 2004 監督:アレハンドロ・アメナーバル 数ヶ月前、映画の短いシノプシスを目にした時、これは絶対に観なければいけない映画だと思った。 これは
5. 海を飛ぶ夢&モーターサイクルダイアリーズ  [ ESTOY MUY CONTENTA !★元ラテン駐在妻の記★    (エストイ・ムイ・コンテンタ!) ]   2005年03月24日 20:20
本年度、ラテン関係の下記の2本の映画がアカデミー賞を受賞をしました!! ヽい鯣瑤嵬粥文饗蝓АMar Adentro』・『The Sea Inside』) 先ごろ発表されたアカデミー賞で見事に外国語映画賞を受賞しました。 ベネチア映画祭でもハビエル・バルデムが主演男優賞を
6. 海を飛ぶ夢  [ エンタメ!ブレイク? ]   2005年04月17日 00:31
重たいテーマだが、軽やか&さわやか。 「尊厳死」を望む不遇な男の 飛翔する心を描
7. 海を飛ぶ夢  [ It's a Wonderful Life ]   2005年04月19日 19:36
かなりデリケートな「尊厳死」というのがテーマになっているので、 この映画は人によって見方がかなり違うんじゃないかと思います。 僕は、主人公よりもこの主人公を支え続けて来た家族たちに胸うたれる ものを感じてしまいました。静かでいい映画です。 全く予...
8. 『海を飛ぶ夢』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2005年04月20日 08:57
 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 ■監督・脚本 ハレハンドロ・アメナーバル(『アザーズ』) ■原作 ラモン・サンペドロ(「海を飛ぶ夢」) ■キャスト ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベナ、セルソ
9. 海を飛ぶ夢  [ impression ]   2005年05月25日 18:00
<ストーリー>9歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中の国々を旅してまわったラモン・サンペドロ。 だが6年後、皮肉にも同じ海で起きた事故により四肢麻痺の障害を負ってしまう。 家族に支えられベッドで寝たきりの生活を28年間続けた末、ラモンは尊厳死を決意するのだ
10. 海を飛ぶ夢 Mar Adentro / The Sea Inside  [ ネコと映画と私plusワンコ ]   2005年06月02日 16:50
おとといナビオTOHOプレックスで観た映画。 この時の一番人気は「甘い人生」だった。 さずが今をときめく韓流スター、イ・ビョンホン主演。 イ・ビョンホンは確かにかっこいいし、「甘い人生」も面白い映画なんだろうけど、この映画もとっても良かった。 とにかく多くの

この記事へのコメント

1. Posted by suiker   2005年02月19日 16:18
ころりさんもこの映画お気に召したようで、良かったです。
「オープン・ユア・アイズ」や「テシス」とは映画の内容は全然違いますが、共通する、強力な何かを感じました。衝撃感と言いますか・・?やっぱりアメナーバルの実力はすごいですね。
そうそう、ロサ役の人をはじめとする、脇の俳優さんたち皆良かったです。スペインの俳優女優って、顔が個性的な人が多いような気がするんですが・・・。(必ずしも美男美女ではなく)
2. Posted by benita   2005年02月19日 21:41
ころりさん、こんばんわ〜。
"Mar Adentro”ご覧になったんですね〜。前に西語のインタビュー記事で読んだのですがアメナーバル監督は「自作のテーマは一貫して死である」と言ってました。それを読んでから作品を見直すとどの作品も映像に映るものからだけじゃなく死の匂いを感じました。だからサスペンスやホラーの監督じゃないのかもしれません。「アザーズ」では死者のアルバムの中のひとり、死体役で監督自身も出演してましたね。彼は死に惹かれているのか怖がっているのかどっちなんでしょう。見た目より複雑な人のような気がします。
>ロサ役の人
 「靴に恋して」でナイワ・ニムリの妹役。「トーク・トゥ・ハー」では最初の方しか出てこないベニグノに夜勤を替わってもらう看護師役でした。

ハビエル、「パリ ジュテーム」と言う映画でフリオ・メデム監督と組むらしいです。短編集みたい。
http://us.imdb.com/title/tt0401711/fullcredits
3. Posted by ころり   2005年02月20日 00:55
suikerさん、確かにスペインの俳優さん達は、いろんな意味で濃い顔をしてると思いますねぇ。印象的と言いますか。ところでアメナーバル、音楽も自分で書くんですよね。ほんと多才。また恐いのが見たい、と書きましたが、他のジャンルにも挑戦してもらいたいものです。

benitaさん、なるほど、テーマは死、ですかぁ。だからどの映画も暗いのね。。でも、Mar Adentroは愛に溢れていて良かったと思います。
「パリ・ジュテーム」、うーんこれはなかなか面白そうですねぇ。ハビエルとフリオが組むなんて、期待するなと言っても無理ですね、これは。
4. Posted by 元ラテンアメリカ駐在妻   2005年03月24日 20:22
見るのが怖いようなテーマなのですがでも内容が深いですものね。

私もこの映画に関してのコメントを書きましたのでTBさせてください。

よろしくお願いいたします。
5. Posted by ころり   2005年03月25日 01:08
コメントありがとうございます。こちらからもTBさせてください。この作品は僕の今年のベスト5に入ると思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字