2006年01月26日

人気・売れ筋・流行ランキングなら「ランキングジャパン」

ランキングジャパンランキングジャパン(Ranking Japan)http://www.rankingjapan.com/は、
今話題のキーワードや、売れ筋、人気のもの等、
世の中の様々なランキング情報を集約した
ランキングのポータルサイトです。

その数、なんと300以上!

例えば
●ブログで話題のキーワードをリアルタイムで集計した「きざし語ランキング」
●独自のアンケート集計より算出したオリジナルランキング
例えば「笑っていいとも タモリの後はこの人ランキング」
●Amazonの売り上げ情報と連携した「売れ筋ランキング」
など多彩なランキングコンテンツを提供しています。

人気・売れ筋・流行に敏感なあなたにおススメします!

今ならオープニングキャンペーン実施中
詳しくは→http://www.rankingjapan.com/campaign.php

バナー1よろしくお願いします(ペコリ)

小遣い・節約・貯蓄全般 - 小遣いありがとうございます(ペコリ)  
Posted by downunder at 22:13Comments(20)TrackBack(0)press@blog

2005年12月16日

個人向けRSS広告サービス「Trend Match」とは?

先日、悪夢のAdSense抹消に伴い、
泣く泣くコンテンツ連動型広告 RSS広告 Adconmatch
に切り替えてみたんですが、
「縦5つの広告が埋まらない・・・」
というトホホな結果・・・。

どうも「思ったほど広告数が集まっていないのでは?」
と漠然と感じていたのですが、

先日、ブログ更新後の広告で目に留まったのが



さっそく登録申請してみたところ、
「株式会社RSS広告社」という、何とも懐かしい響きの会社から
登録承認のメールいただいたので、さっそく貼り代えてみました。

「Trend Match」には、2つの形態があるとのことで、

○ブログやホームページ上に広告を表示する「Trend Match for Blog/Web」
 こちらは見た感じ「AdSense」や「Adconmatch」と何ら変わった感じのしない形態
ですが、
○RSSリーダーに広告を表示する「Trend Match for RSS Reader」
 こちらは、説明によると
あなたのブログのRSSフィードの中に広告を挿入します。エントリー(記事)の概要の下に、記事内容にマッチングした広告が自動的に配信されます。ブログはRSSを自動的に生成するため、ブログをお持ちの方ならご自分のRSSフィードを登録するだけで簡単に広告を配信する事ができます。

とのことでした。

これらのタグを貼り付けるだけでOKとのことでしたが・・・

RSS
Atom
FEED
XML

ちなみに
*RSSとは?・・・ブログの記事概要を記述するための形式です。RSSで記述された文書には、サイトの各ページのタイトル、アドレス、見出し、要約、更新時刻などを記述することができます。ブログ以外にも一部のニュースサイトでも近年頻繁に使われる様になりました。

*RSSリーダーとは?・・・自分のお気に入りブログやサイトのRSSを登録して、読むためのソフトウェアです。RSSリーダーは、更新されたブログを常に通知します。ブログ読者はひとつひとつのブログを訪問しなくとも、最新の情報をまとめてチェックする事ができます。

だそうです。

詳しいことはわかりませんが、
AdSense貼ってる方は、なかなか挑戦できないでしょうから
しばらく挑戦してみて、経過報告しようと思います。
↓↓↓


バナー1よろしくお願いします(ペコリ)


小遣い・節約・貯蓄全般 - 小遣いありがとうございます(ペコリ)  
Posted by downunder at 10:41Comments(6)TrackBack(0)アフィリエイト

2005年12月12日

人生につまづき、また歩き出そうとする全ての人におくります

ProofOfMyLife1こんな風景に憧れるなぁ〜、
歳とっても、こんな親子関係でいたいものです。

それにこのコピー!
思わずタイトルに使ってしまいました(笑)
来年のお正月映画は、
「プルーフオブマイライフ」この作品にします!

個人的には、今でもお気に入りの「恋におちたシェークスピア」の
名コンビ復活、というだけでも十分過ぎるほど期待してるんですが、
タイトルにも思わず使わせてもらった
「人生につまづき、また歩き出そうとする全ての人におくります」
今の自分の心境にもピッタリ過ぎて「早々と当確」です(笑)

以下、 「プルーフオブマイライフ」オフィシャルサイトより抜粋
↓↓↓↓
早くも出た!『2006年アカデミー賞最有力!』

アカデミー賞7部門、英アカデミー賞4部門、
さらにゴールデン・グローブ賞3部門を受賞した大ヒット作
「恋におちたシェイクスピア」。
現代人が忘れていたロマンティックな夢を甦らせ、
人生の素晴らしさを教えてくれた感動作から7年。
互いを尊敬し、深い信頼で結ばれた
ジョン・マッデン監督主演グウィネス・パルトロワのコンビが
再び贈る「人生の再生」を描いた感動の物語!
2006年1月14日(土)より、全国東宝洋画系ロードショー!

【作品紹介】

「プルーフ」は、もう二度と立ち上がれないほど深く傷ついた一人の女性、
キャサリンの魂の再生の物語だ。
どんなに幸せな日々を送っている女性でも、
ある日突然、悲しみに容赦なく心を壊されることがある。
家族の死、失恋、仕事の失敗・・・誰の人生にも様々な困難が待ち受けているのだ。
それでもまた人を愛することで、そして何より自分自身を信じることで、
人は再び歩き出すことができる。
「希望に輝く朝が必ずまた訪れる」
キャサリンはそれを私たちに感動的にプルーフ=証明してくれるのだ。

名匠マッデン監督の呼びかけに応えて、一流の共演者が顔をそろえた。
主演は本作で、キャリアの中で最高の演技と全米でも高く評価されている
グウィネス・パルトロワ
大プロデューサーでもあった父ブルース・パルトロウを
癌で撮影開始の前年に亡くしたグウィネス。
亡き父への想いは主人公キャサリンの父ロバートへの想いと重なり、
その迫真の演技は多くの人々の心動かすこととなった。
父ロバートを演じるのは、「羊たちの沈黙」でアカデミー賞を受賞した、
名優アンソニー・ホプキンズ
キャサリンに想いを寄せるハルには、ハリウッドの最も有望な若手俳優の一人として
注目されている「デイ・アフター・トゥモロー」のジェイク・ギレンホーラ
キャサリンの姉のクレアに扮するのは、
「アバウト・シュミット」「アメリカン・スプレンダー」で高い評価を得たホープ・デイヴィス

また、戯曲「プルーフ」を書き上げた劇作家、デイヴィッド・オーバーン
自らが脚本を手がけた。
世界各国の観客が涙した、“どんな悲しみに出逢っても人は必ず立ち直れる”というテーマを、
スクリーンにも見事に焼きつけた。
その他、“誰が証明したのか”という謎解きをサスペンスフルに見せる撮影は、
「モーヴァン」で数多くの賞を受賞したアルウィン・カックラー
縦横無尽に過去と現在を行き来する編集は、
「恋におちたシェイクスピア」のミック・オーズリーが担当した。


【あらすじ】

若さと美貌、天才的な頭脳──誰もが羨む才能に恵まれた女性が、
生きる気力を失っていた。彼女の名はキャサリン(グウィネス・パルトロワ)
1週間前に父親(アンソニー・ホプキンズ)が亡くなったのだ。
精神のバランスを崩した父を一人で看病していた彼女は、
抜け殻のようになってしまった。
天才数学者だった父は、自身も数学を究めようとしているキャサリンにとって師でもあった。
人生の羅針盤をなくしたキャサリンの元に父の教え子のハル(ジェイク・ギレンホーラ)がやって来る。
彼の優しさに、少しずつ心を開くキャサリン。
しかし、彼女がある1冊のノートをハルに託した時、すべてが一変する。
そこには画期的な数学の証明が記されていたが、
キャサリンはそれを証明したのは父ではなく自分だと主張したのだ。
果たしてそれはキャサリンの証明なのか、それとも父の証明なのか・・・。

Proof of My Life2

バナー1こちらもよろしくお願いします(ペコリ)

小遣い・節約・貯蓄全般 - 小遣いありがとうございます(ペコリ)  
Posted by downunder at 16:53Comments(4)TrackBack(0)press@blog