2017年07月25日

1000116468_2


大分前になりますがプレミアムバンダイにてジムIIのユニコーンVer.が受注販売が始まりました。
今回のガンダムユニコーンのEP4に登場するジムIIを再現しています。前回のZバージョンと比べると違いがよくわかります。

1000116468_8


左がユニコーンで右がZです。
正面から見て下半身の造形が違うことがわかります。特に膝の長い部分やスリッパの形状がカトキスリッパと呼ばれるジムカスタムなどと同じような形のものになってます。

こうして見るとHGUCで発売されたZバージョンとして出しているジムIIはユニコーンVer.のほうがよく似ていることがわかります。

スカートアーマーの形状や大きい部分などZ版とは違いますね。

1000116468_9

後ろから見るとリアのスカートアーマーの形状が違います。これはHGUCのジムIIとも形は違います。
ユニコーンのジムIIの設定画に合わせた形です。足の脹脛のスラスターなども違います。ユニコーンVer.はZバージョンにあるスラスターがありません。確か、脹脛の横のスラスターが丸のモールドのような形になってます。膝の関節周りの色も違います。

足首のアンクルガードの基部の色も違います。

また、肘、膝、アンクルの丸モールドが斜めのスリッド板が入ってます。前回のは入ってません。
HGUCには腕と足のスリッド板の向きが逆と言う謎の仕様となってます。

1000116468_10

こうして見ると結構違う。HGUCのジムIIの形がよく似ていると思います。脛の下にある台形のモールドが凹みモールドで再現されてます。これはカトキさんのジム系に共通するデザインですね。

前回のZバージョンは凹みは無くスジボリのモールドになってました。これは旧キットのジムIIと同じ再現でした。

後、シールドの形も違うかな。白いフチの部分が太いですね。HGUCのジム系に付いているシールドの形と同じだと思います。連邦軍の十字マークもありませんね。

色々と見ると前回のZバージョンと色々と違うので、HGUCのジムIIをZの設定画に近づけようと考えた場合、MGの形状をトレースしたら良い参考になるのかなと思いました。

このユニコーンVer.も良いですね。次はMGジムIIのエゥーゴバージョンですかね。エゥーゴのジムIIは形式番号がRGM-179になります。伝統のRGMナンバーです。
ユニコーンでもバリエーションも沢山あるので色々出せそうですね。

しかし、Zバージョンは一般販売して欲しかったなぁ・・・(^^ゞ

2017年06月19日

1000115672_2


トワイライトアクシズに登場するバイアラン・イゾルデがプレミアムバンダイで販売になりました。
予想はしていましたが予想より早く決まったかなって感じですね。
発送は8月だそうです。値段は高いですね。

バイアラン作るのに前腕と足首とアンクルガードは使えますね。顔は全然違います。これ見た時から思っていたのはアンクシャみたいだなと思いました。アッシマーの顔をジム顔にしたやつです。
前腕のビームサーベルが収納されているギミックは無いみたいですね。キュベレイやエルガイムみたいに出るやつです。
またビームサーベルの柄の部分がオリジナルとは少し違うのかな?
手首は差し替え式で三本指を再現していますね。

これが出るってことは、バイアランが出るのを期待しますね。もう随分昔から書いてきましたがHGUCバイアラン欲しいです。
一般で出して欲しいですね。

R・ジャジャはどちらで出すのでしょうか。白色かオリジナルの赤色か。
バイアランもR・ジャジャもカッコいいので欲しいところです。
楽しみな展開になってきました。

2017年06月04日

img001

積んでたバイアランカスタムをパチ組みしまして、眺めながらバイアランにするにはと思いながらパーツを外していき切ったりしましてこんな感じに。

バイアランにするにはまだまだ先は長いです。ちなみにバイアランは頭頂高は18.6mです。このキットかなり大きくて、24.2mのバーザムより背が高いです。1cmくらい縮めないと設定に近くならないかなと思います。

トワイライトアクシズにバイアランイゾルデでしたっけ、バイアランの派生の一種が出るんですが顔がガンダム顔であれも、素のバイアランとは違いますね。キット化されたら腕は使えそうですね。前腕とか。

顔をアゴの下をプラ板で1ミリほど延長しましたがアゴが長くなりすぎて変ですね。顔はまだまだ弄らないとバイアランには遠いです。

バイアランが大好きなんでずっと待ってはいますがどうなるかなと今回の映像化で期待しているところはあります。R・ジャジャもです。
バーザムが売れてるみたいだし、Z系のMSこの流れでバウンドドックとか出してくれたらなぁと思います。

2017年05月22日

IMG_1838-01

昨日買ってきて、パチ組みしました。バーザム、特に好きでも無かったけど、これはカッコいいですね。
昔から思ってたのは変わった体型のデザインだなという印象。
しかし、バーザムがHGUC化されるとは思いませんでした。バイアランより先に出るとはね。
バイアラン、バウンドドック、ZのMSで好きなんですがいつ出るのか。うーんわかりませんね。
隠れハイザックも欲しいですね。ハイザックカスタムと呼ぶよりこっちのほうが馴染みがありますw
Z系は欲しいものがまだまだありますね。

このバーザムは出来が良いなと思います。簡単に組めました。久しぶりに楽しめました。色分けが完璧に近いです。進化してますね。

写真追加しました。
DSC_0410 01

驚異の可動

DSC_0424 01

ビームライフルが変わった形でカッコいい。

DSC_0435 01

Zガンダムに斬りかかるバーザム。

DSC_0448 01

キュベレイ的なポーズ。平手が付くので色んなポーズが決まる。

DSC_0454 01

後姿もなかなかカッコいい。

DSC_0456 01

腰を落とした格闘ポーズも決まります。かめはめ波はちょっと厳しかった。

うーむ、普通に組んだだけだけど、面白い。ティターンズの量産機の中でかなり出来の良いキットと言っても良いのではないだろうか。
名前のあるパイロットが乗ってた記憶が無いんですが、かなり良い物になってます。
初登場は、ヤザンに貸すはめになったアレキサンドリアのから発進したバーザム部隊でした。
百式がキリマンジャロに落ちてしまう話。Zがウェイブライダーで助けて降下する話です。
地球でもバーザムは出てきますね。宇宙と地球で両方で配備された機体のようです。

Zが作られた時、色んな方がMSをデザインされていたそうです。なので、色んな形のMSが出てくることになることになったようです。リック・ディアスからこのバーザムまで幅が広いですよね。
ZのMSデザインは良い、面白い。見てて飽きませんね。

2017年04月10日

何かすごく久しぶりの更新になってしまいました。今年初ですね。まだ見てくれている方がいるみたいで申し訳ないです。ご挨拶も出来てないのですいません。
プラモのほうもぼちぼちとやってます。

ジムIIなんですが、モデルグラフィックスに掲載されていた作例のかなり影響を受けてちょっとずつ弄ってました。

放置期間もかなりあったりしますが、今はこんな感じです。
形を変えるほうが面白くて変えていった感じで、工作が粗いのは見逃してください(汗)

IMG_1785-01

以下、長文の説明になります。興味のある方だけ読んでもらえればと思います。ほとんど自分のためのメモみたいな物です。

スリッパは以前にも書いた旧HGUCガンダムから拝借。脛の長さを裾のほうから2ミリ切りました。脛の厚みは元に戻しました。脹脛のバーニアとの繋がりのラインがおかしかったので戻した次第です。

胴体は肩関節のポリキャップを一段奥に入るように内部のダボを削り位置を変えました。これはモデグラの作例から参考にさせてもらいました。肩関節の位置を0.5ミリほど後方に設置してます。
肩を繋げて見て、肩関節のボールジョイントの軸が見えにくくなるのと肩の位置を調整しました。

黄色の襟パーツ?って言えばいいのか、ジムIIの物は横幅が広いのでHGUCガンダムG30の物と交換しました。隙間を瞬着パテで埋めてプラ材も使ってます。まだ綺麗にしてないのでこれから、まだ調整します。

首は首関節の基部を切断後に別パーツとして長さを下で2ミリ、上で1ミリのプラ板を貼って長さを変えてます。首関節はモデグラの作例を参考にダブルボールジョイントとしました。長さは12ミリくらいです。

首の位置も変更してます。頭側のボールジョイント受け部分を後方にずらすようにリューターで削りました。頭の取り付け位置を変えてます。元がどの位置だったかわからなくなってます。

胸の黄色の排気ダクト?は右側だけ少し向きを下に下がって見えるようにずらしてます。まだここは思案中でどう形にしようかと思ってます。

胸の赤いパーツは側面と前面の外側を削ってます。側面は幅が広いのでRX-78ガンダムなどと並べると特に大きいので小さくみせるために削りました。前面の外側を削ったのは胸の黄色のダクトからなだらかに下がって見えるようにしたいなと思って削りました。

腰のグレーの部分コックピットの胴の部分ですがここも横幅が他のジム系のキットやHGUCネモに比べて、1〜2ミリくらい大きかったので側面を削ってみました。本当はHGUCネモと並べてもおかしくないくらいにしたいんですけど、ネモが細身なのでなかなか難しいです。他のジム系よりもネモは細身に感じます。

腰のアーマーは両サイドを胴体側に取り付けたいのでポリキャップの関節位置を切断して縮めてスカート周りというか小型化を目指してます。多分1ミリずつくらいは削って横幅を小さくしてます。

IMG_1793-01


腿は膝関節のグレーの部分が見えるのが気になったのでプラ板で切り込みのところを埋めて関節のほうを切って削りました。設定画にあるディティールを加えていくつもりです。
腿の側面もヤスリで削って横幅を細くなるようにしてます。気持ち程度ですが。

脛の丸イチモールド、マイナスモールド?と言えばいいのかここの周りのスカスカに空いた部分をジムのように瞬着パテで形を変えているところです。まだ整形してません。

足首の関節は仮組のやり過ぎでポリキャップがヘタってしまったのと関節の位置を変えるのもあってWAVEのプラサポとPC-03ポリキャップに変えてます。

肩はスラスターの仕切り板を0.5ミリプラ板で作りました。

腕はHGUCガンダムG30から上腕から前腕まで交換しようかと思っていたのですが、全体的にこの太いジムIIには細く感じて、バランスがうまくとれなかったのと拳のパーツが大きく見えてしまうのでジムIIの腕にしました。丸イチモールドは削りポリパテで埋めてます。
WAVEのUバーニアフラット1の物に置き換える予定です。

手首の周りは段差を削り、0.5ミリプラ板を貼って形を変えてます。ここは手首カバーをつけてみようかと思ってます。隙間が目立ちますからね。

頭はカメラゴーグルの部分、上の所を1ミリプラ板、エバーグリーンの0.5x1ミリの細切りの物を使って幅詰めしました。ゴーグルの形を変えようと思ってやりましたが1ミリ幅は詰め過ぎたかなとも思いましたが、好みの感じになったので良いかなと思ってます。

アンテナはまだ、仮の状態ですが1ミリ真鍮線を使って角度を変えてます。長さは旧キットのアンテナの長さを参考に14ミリくらいです。長すぎる感じがするので変更する予定です。ここはネットの先人の方の素晴らしい作品を参考にさせていただきました。マネなど出来てませんが・・・。

IMG_1804-01


IMG_1819-01

素組と比較です。結構弄ったな。元がゴツ過ぎるんですよね。