一丸経営といえばアプリオリ!  しあわせの連鎖

愛知県豊川市の社会保険労務士事務所です。一丸経営の就業規則、一丸経営のリーダー養成研修、一丸経営ビジョン実現サポートをしています。

終礼のやり方は??

こんにちは!
一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

きょうはお客様のところの終礼を見せていただきました。

「終礼で問題解決をしたいのに、あいまいに終わる」というのがお悩みなのだそうです。なので、改善点をチェックしてきました。

メモをとりながら、自分のところの会議も直すとこあるなぁと思った次第です。


まず感じたのは、スタートの部分とラストの部分の曖昧さです。


うちの場合は、

議題募集に始まり→議題の共有→進行の仕方の準備→資料の準備

という事前のところを大事にしています。


そして終わった後は、議事録で決定事項を明確にしています。

でも、ここから日々のタスクに落とすところがあいまいだと、本日気づき、
早速スタッフと共有しました。


2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!

今までと一緒で大丈夫ですか?

こんにちは!
一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

世の中が進むのに、今までと一緒じゃ後退してしまいますね。

社員にカイゼンマインドをつけて、カイゼンを継続し、付加価値を生み出す、
『東三河カイゼン実践研究会』が胎動してます。

トックントックン←胎動の音。

活コンサルタント 松田先生とともにがんばってます。


カイゼンはムダを減らして、時間・空間を生み出し、
さらに付加価値を入れることです。

工夫し、考える社員になると会社は強くなりますね。

2ヶ月に1回のテーマを追いながら、
カイゼンを後押しするものです。




・カイゼンのミーティングの秘訣

・ミーティングの議事録フォームの活用

・あらためて仕事を見直して「やめる」「減らす」カイゼンをやろう

・たくさんの副次的ムダを減らせる「まとめる」「一体化」を考えよう

・待つ・作業負荷が偏る・マンネリ化は「変える」を検討しよう

・・・ ほか、参加者の困り事や、カイゼンの着眼点などをテーマにします。



あの手この手でカイゼンの継続の後押しをして、

1ヶ月たったの25,000円です。



すぐに元がとれるでしょう。

カイゼン結果だけでなく、カイゼンマインドは会社の財産になりますね。


2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!

給料が下がってモチベーションが上がる?

こんにちは!
一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

きょうは私の人事コンサルティングの師匠 西村聡先生の勉強会に出席しました。

テーマは「新人事制度導入後の従業員意識10年間の推移」です。

書籍「賃金コンサル養成講座」日本法令刊で西村先生が紹介された事例研究
「成果主義人事制度が従業員意識に与える影響について」の続きです。

コンサルティングをされている先で行った従業員意識調査をもとに
賃金と生産性と経営方針などの関連性を10年に渡って分析をされています。

こんなふうに追跡調査をしていることが希少です。

新しい賃金制度になって賃金が下がった人でも
モチベーションが上がっている人が何人かいるという結果が
出されていました。

賃金制度とその運用の納得性がカギのようでした。

そして、ビジョンの共有化ができている
風土づくりができている
遠慮せずみんなが意見が言える

そんなことも大事ということです。

2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori-t.jp/





次世代リーダーを育む

御社では以下のようなことでお困りはありませんか?
●リーダーや管理職が育たない
●職場のメンバーが自分で考えて行動しようとしない
●個人主義でチームワークが発揮できない
●業務のムダ・ミス・間違いの状況が把握できず放置されている

これらはどの組織でも共通して抱えている悩みです。
座学をくりかえしても叱咤激励しても変わりません。

その原因は、現場の意識や能力が低いからと思われています。

けれども、本当の原因は、小グループで、職場の問題点を出し合って
自ら解決する場がないだけなのです。

そこで、職場の全員参加がしてミーティングを繰り  
返し問題解決する場として小集団改善活動が有効です。

少人数でチームをつくり目標を自ら決めて、
共通テーマで対話し知恵を出し合う活動が現場の本来持っている
自主性、向上心やチーム力を育てます。

このセミナーでは、「すぐやる」小さなカイゼンを主体にして
「見える化」ボードを使って楽しさを演出してやる小集団改善活動のやりかたと
事例を紹介します。

また、同活動を社内に展開できるリーダーシップを伝授します。

そして、自社に持ち帰って学んだことを各職場で実践し、
実践結果をお互いに紹介し合い、座学と実践により、
職場のチーム力を発揮させて改善できるリーダーを養成します。

【得られる効果】
●職場のチーム力を発揮させて改善できるリーダーが育つ
●職場のメンバーが自分で考えて行動し始める
●職場のコミュニケーションと連携が良くなる
●職場の業務のムダ・ミス・間違いの状況が把握できてカイゼンがどんどん進む

【集合研修開催日】 各日とも13:30-17:00
第1回:5月22日(木)第2回:6月26日(木)
第3回:9月11日(木)第4回:11月7日(金)

【会 場】 豊川商工会議所1階 研修室
豊川市豊川町辺通4−4 電話0533-86-4101

【受講料】6ヶ月 1社 \240,000(消費税別)
1か月あたり\40,000 (一括払い/月払い選べます)
1社5人まで受講可能です。

【講師】
活コンサルタント 松田英一
あかつき社労士事務所 冨田高子

【カリキュラム】

1 5月22日(木)
・カイゼンとは何か?なぜ必要か?
・多くの会社が知らない業務改善の2つの視点
・ムダを50%減らす方法
・カイゼンは○○ではじまり○○で終わる
・簡単にメンバーの信頼を得る方法
・モチベーションの元の見える化

2 6月26日(木)
・チャレンジ課題のふりかえり
・小集団活動の意義とねらい
・小集団活動スタートさせるステップとポイント
・メンバーへの説明会のしかた
・メンバーへの役割の与え方。 
・見える化ボードのつくりかた

3 7月【WEB研修】 SKYPE個別相談
・人を活かす質問のスキル 
・簡単に優先付けをする方法 

4 8月【WEB研修】 SKYPE個別相談
・ミーティングを盛り上げる方法 

5 9月11日(木)
・チャレンジ課題のふりかえり
・改善したことを後戻りさせない方法 
・発表会の意義とやりかた。

6 11月7日(木)
・発表会を体験
・小集団カイゼン活動のめざすもの


【参加者の声】
・ミーティングの都度、全員の名前を呼びかけて、
ほめるところを見つけてほめることはメンバーの参加意欲を高めて意見を
引き出すうえできわめて効果的だった(電子機器製造業)

・自分が動けば皆が動くことがわかった。(自動車部品製造業)

・1人のメンバーの思いつきの行動が職場のルールになって、
そこから改善の必要ができて別の改善が始まるという良い連鎖が生まれた。(不動産業)

・棚がいっぱいで製品が通路にあふれて新しい棚の購入予定があったが
2時間サイクルで業務をまわすようにしたら棚のほとんどが空スペースになった。(OA機器製造業)

・なかなか行動してくれない人を毎日困らせていたら行動してくれた。
その後もっとも協力してくれる人になった。(老人保健施設)

・個々が抱えていた問題をネタにして発表するなかに、
ストレス解消になっている事もあり、職場の雰囲気が穏やかになった。(建築工務店)

・月あたり50時間をムダとり改善で生み出したが、
一番の成果は人が育ったこと。(工具製造業)


【受講特典】
●A2ミニ見える化ボードのテンプレートとスチレンボード
(活動を見える化して活動の共有し行動を促進します)
●A2キャリーバック(職場からセミナー会場までボードを持ち運びできます)
●カイゼンシート(カイゼン前/後を写真に撮って皆で学び合いします)
●発表用資料テンプレート(まとまった発表用資料が簡単につくれます)


コンサルタントを依頼すれば、100万円単位で費用がかかるでしょう。
それが6ヶ月で1社たったの24万円(税別)です。

なぜそんな金額にしているかというと、
地域の企業を元気にしたいからです。
次世代リーダーが育てば、会社にとっても、地域にとっても
とてもいいことだと思っています。


また、他社の仲間と刺激しあえるので、伸び方が違います。

お申し込みは、

※フォームからの場合は、「ご依頼内容」に
「次世代リーダー養成講座受講」とお書きください。

早く取り組めば、早く成果が出ます。
お会いできるのを楽しみにしています。


表彰はしてもされても嬉しい制度

こんにちは!
一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

表彰されていますか?





同業の友人が共著した、日本で初めて表彰制度について書かれた本です。
人は「認められたい」という欲求を根源的に持っていると思います。
表彰制度を上手に使えば、社員さんが変わり、会社の雰囲気が変わるのではないでしょうか。

たたえるほうも、たたえられるほうも、応援する人もうれしくなるのが表彰ですね。

表彰には3タイプあるそうです。

1 最大の功労者を賞讃する「顕彰型」
2 縁の下の力持ちを称える「奨励型」
3 職場の雰囲気づくりには「HR型」

目的に応じた表彰制度の実例や生かし方が載っています。


この本を読まれて、オリジナルな表彰制度を作られてはいかがでしょうか?


2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori-t.jp/

外圧?をかけながらでも習慣化

こんにちは!
一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

活コンサルタントさんとの協業、「カイゼンを通じた次世代リーダー養成講座」をある企業さんで
させていただいています。

4回シリーズで先日3回目が終わったのですが、

カイゼンボードを作り、周りを巻き込む段階に入り、むずかしいと躊躇されるのかと思いきや・・・

みなさんとても工夫してくれてすばらしいカイゼンボードを作って活動をしてくれていました。

きっと楽しくなってしまったのでしょうね。
 明らかに今までと発表の元気さが違いますし、
「ボクにもっと話させてください」みたいな勢いの方もいらっしゃいました。



大事なのはある程度外圧?をかけながらでも習慣化すること。



○カイゼンマインドを身につける
・・・「カイゼンしなきゃ」という目で見ると、今まで見逃していたカイゼンすべきことが見えてくるんですね

○人を巻き込む
・・・どうやったら人を巻き込みながら活動を進められるのかというミーティングのやり方やコミュニケーションの仕方が身につきます

といったことがあげられます。

別の会社では抵抗勢力をどうやって味方につけていくかを私たちが話しながら引出し、
協力をとりつけたという事例もあります。

「人の力」恐るべし。【力を発揮できる場作り】がんばります!!


2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori-t.jp/

慎重型か希望型か

こんにちは!
一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

日経新聞「親和力」コーナーに ジュニアメイト学習教室 阿部順子さんが
http://www.junior-mate.com/
書かれていたことをご紹介します

或る親子がいました。子供のほうは小学校5年生の男の子です。
お母さんは息子に「勉強しないと将来困る」と繰り返し聞かせました。
息子は漠然とした不安から懸命に勉強しました。

結果が思わしくないと、お母さんは「今のままでは将来まともに就職できない」と
さらに不安をあおる言葉を突きつけました。お母さんとしては奮起して勉強にしてほしいと思っての声がけです。

でも、息子のほうはいきていくことがとても大変でつらいことのように認識して、気力を失いました

というお話でした。

---------------------------------------------------------------------

よく自分がしてもらってうれしいことを人にしなさい

と言いますが、そうとばかりは言えないんですね。

相手のタイプを見分けて言葉の内容を変えると効果的ということがあります。

これはお母さんが慎重型、息子さんが希望型かもしれません。
お母さんは自分がいやなことにならないように何かをするということで動機付けられるので、ついつい
息子も自分と同じだと思ってこうした声がけをしてしまったのだと思います。
すると希望型の人の場合は、やる気を失います。

希望型の人には「勉強すると将来イギリスに行ってサッカーができるよ」
とか「勉強すると高い給料がもらえるようなかっこいい仕事ができるよ」とかにしたほうがやる気が出ます。
これを間違えると、よかれと思ってやったことが逆効果です。


相手のために良かれと思ってやったことが裏目に出たら悲しいです。

この2つを覚えておくだけでも違いますよ.


2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori-t.jp/

日本の幸福度が上位になったら

一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。


 今朝、めざめる直前のぼんやりしたときに突然降ってきた質問が

 「私、何のために生きているのだろう?」でした。

 本来は「生かされているのだろう?」でしょうか。

 
 そこで自問自答。

 冨A「そうよね、何のために生きているんだろう?」

 冨B「幸せの連鎖のため。うん、ちゃんと答えがあるな。よかったな」


 答えがあることに安心した私は、朝日の中、伸びをして起き上がった

 のでした。
 
 「幸せの連鎖」はうちの理念であり、私が創業したときから

 願っていることです。いい気分や笑顔は伝染しますね。

 それと同じように、多くの人に幸せ感が広がっていくといいです。



 ギャラップが2010年に行った世界の国々の「幸福度ランキング」調査によれば、

 日本の幸福度は81位。まだまだ伸びシロがありますね。


 日本の幸福度が上位になったときが、周りの人々や環境や日本国に対する

 最大の承認になるのではないでしょうか。

 その日が来るのが楽しみです。



2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori-t.jp/

夫婦の出生力の低下要因から認める効用を考えてみました

一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

内閣府経済社会総合研究所(ESRI)は
8月30日、「夫婦の出生力の低下要因の分析」と題したディスカッションペーパーを
ホームページに掲載しました。
出生率低下の要因として、未婚化の影響とは別に、夫婦の出生児数の近年の減少傾向に着目し、
経済状況や夫婦の意識・価値観などとの関係を分析しています。

http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis301/e_dis301.html

その主な結論の一番が

1)夫婦の育児分担、情緒関係、共同行動という夫婦関係と夫婦の出生力について:

夫の育児参加が少ないことは、男女とも現実的に第3子を出産しようとする意欲を低下させることがわかったが、育児分担以上に強い効果がみられたのが、配偶者からの情緒的サポートであった。また、夫婦の伴侶性をみると、夫婦共通に行う行動が多いことや夫婦共通の趣味があることは、おおむね追加出産意欲を高めていた。


「配偶者からの情緒的サポート」が大事なのですね。

仕事が忙しく育児に協力する時間が少なくても
情緒的なサポートができれば、妻は報われるということなのでしょうか。

情緒的サポートとはつまり、「認める」とか「ねぎらう」。

「よくやってくれているね。ありがとう」

「次の休みの日は子供のめんどうは見るからお友達と楽しんでおいで」

といった声掛けをしたり、

頭をなでる、優しい目で見る、抱きしめるなど、身体的なストロークがされると
さらによいと思います。


大切なことをしてくれているということを伝えたり、
育児の大変さは有限

といった価値を伝える、見通しを伝えるということも大事なのかもしれません。


私も経験がありますが、育児期間中は世間から取り残された気持ちがする人も
いるのではないかと思います。

「なんで私ばっかり大変なのよ」
「いつも束縛されている」
「せっかく積んできたキャリアなのに・・」
そんなことを思うとしたら、それを解くことで救われます。

育児はとても重要なことだよ、とねぎらわれれば気持ちが変わります。


こうしてみると、育児に対する情緒的サポートであろうが、
会社における同僚や部下(上司や経営者でも!)に対するサポートは
同じなんですね。

2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori−t.jp/



喜び貯金

一丸経営で一番になる会社を増やすサポートをして、まずは東三河から元気にする!をめざす
あかつき社労士事務所/アプリオリ(有)の冨田高子です。

チームNo.1特別企画
「原田式・自立型組織の作り方」研修に行ってきました。



IMG_2118


















原田隆史先生の場の整え方がすごかったですよ。

私にとって一番役立ったのは「喜び貯金」です。

最近 自分がダメコちゃんという思いがあったのですが、
それはこの貯金をしてなかったからかもしれないと思いました。

プラスのことがあったら、
「よっしゃ〜」とおおげさに喜ぶ、というのが成功者の秘訣!
1日3000回〜1万回と言われてたような・・・

私はうまくいくのが当たり前、これぐらいたいしたことない
とあまり喜ばないところがありました。


そして、失敗したときは、
おおげさに「くっそーーー」「がーーーん」とやって、
失敗と縁切りをするのだそうです。


☆☆ 万歩計ならぬ、万喜び計を毎日やります!! ☆☆


これの実践として、隣の人とじゃんけんをして、
勝ったら大喜び、負けたら大悔しがりというのをやりました。

普通はこういうの、恥ずかしがって、中途半端にやると思うのですが、

さすがチームNO.1のメンバーのみなさん、
会場が割れんばかりのおおげさぶり。

す・す・すばらしいっ゙(@д@)ノ゙?!

2020年までに一丸経営の火種になるリーダーを800人育てます!http://www.apriori-t.jp/
Profile
冨田
★お知らせ★
弊社メルマガ「順風天道丸」で人事、労働関係、コミュニケーションなどの情報を発信しています。
ご希望の方にお送りします。
info@apriori-t.jpまでご連絡下さい。

★リクルート★
このブログ2006.5.8付けの仕事に興味のある方は上記アドレスまでご連絡くださいね。一緒に成長しましょう♪
Profile