大きいサイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433604221/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 00:23:51.23 ID:G/InPY070

    地の文注意




    相手の好きなものを知るというのは、コミュニケーションの初歩である。

    すなわち、相手が自分の友人となりえるのかを判断するための手段なのだ。

    例えば、新学年になったときにやらされる自己紹介にもそれは含まれている。

    読書が好きだと言えば、暗いやつ

    野球が好きだと言えば、体育会系のやつ

    アニメが好きだと言えば、きもいけど正直なやつ

    そんな空気が3年前のあの教室にも流れていた。






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 00:25:37.47 ID:G/InPY070

    頭を捻ったものの、妙案を思い浮かばなかった当時の俺は第四の選択肢を選んだ。

    『○年△組 比企谷 八幡です。…好きなものはありません』

    授業でもないのに、一瞬でシーンっと静まり返ったあのクラスには

    真面目な生徒が集まっていたのだろうか

    それあるな。

    クラス全員が雪ノ下雪乃だった説まである

    まぁ、自己逃避はここまでにしておいて

    あれからぼっちライフが始まったと思うと

    この質問は業が深い



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/07(日) 00:28:12.96 ID:G/InPY070

    それだから、たまたま街中で出会った雪ノ下陽乃がこれを尋ねてきたときは

    思わず問い返した。

    「どういう意味ですか」

    「いやだなー、そのまま意味だよ♪」

    彼女は純粋無垢な笑顔を浮かべる。

    こうやって、何人もの『好きなもの』を仕入れてきたのだろうか。

    なにこの人怖い。




    【陽乃「比企谷君が好きなものを教えてよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518348221/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/11(日) 20:23:41.46 ID:zbwybml60

    ~喫茶店「エンジェル珈琲」~

    マスター「ねぇ、天真くん?」

    ガヴリール「なんすか?」

    マスター「うちの店もそろそろメニューを増やしたいと思うんだがね。何かいいアイディアはないかな?」

    ガヴリール「メニュー? コーヒーすか、それとも食べ物の?」

    マスター「食べ物の方だよ」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/11(日) 20:27:33.77 ID:zbwybml60

    ガヴリール「ないですね、特に…」シラーッ

    マスター(えぇっ、諦め早くないっ!? そこはもっと食いついても良くないのかなっ!!)

    マスター「そ、そうかね…ははっ」

    ガヴリール「あっ、そういえば……」

    マスター「おっ、なにかね?」

    ガヴリール「そろそろあがりですね…。んじゃあ、私帰りますので」スタスタ

    マスター「えぇぇーーっ………」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/11(日) 20:32:14.78 ID:zbwybml60

    ~翌日 学校~

    ヴィーネ「えっ、マスターさんが新しいメニューを?」

    ガヴリール「そう。だけど、良いアイディアがないかなって困ってたよ」

    ヴィーネ「それは大変ね。で、ガヴは何かいいアイディア出したの?」

    ガヴリール「別に興味ないから、そこは「ないです」と答えたよ…」

    ヴィーネ「って、何言ってるのよ、あんたはっ!?」

    ガヴリール「だって、実際にそうなんだしさ」

    ヴィーネ「だからってあしらわないで、もっと食いついていかないとだめじゃないの!!」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/11(日) 20:37:36.07 ID:zbwybml60

    ヴィーネ「と、言う訳で良いアイディアを出し合いましょうか!」

    サターニャ「ちょっと呼び出しておいて何なのよ、それ!? なんで、私がガヴリールのアルバイト先のメニューのアイディアを出さないといけないのよ! ガヴリールのアルバイト先なんだから、ガヴリールが出しなさいよっ!!!」

    ガヴリール「いや、私は特にアイディアがないんだよ!」

    ラフィエル「でも、何だか面白そうですね、それ♩」

    サターニャ「どこがよっ!? ガヴリールが問題を持ち込んで、それを聞いたヴィネットが私とラフィエルを巻き込んでるだけじゃないのよ!!」




    【マスター「お店のメニューを増やしたいと思うんだがね」ガヴリール「はぁ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517562531/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 18:08:51.95 ID:2/bwf0z60

    ガヴリール「チッ、なんで私が…」トボトボ

    回想

    ガヴリール「あ~あ、喉が渇いたなぁ」

    ヴィーネ「あっ、私も。ガヴ、ちょっとオレンジジュース買ってきてよ?」

    ガヴリール「はぁっ、おま、何言ってるんだよ!?」

    サターニャ「じゃあ、私はお茶をお願いしようかしら?」

    ガヴリール「お前は自分で買いに行けやぁっ!!」

    ラフィエル「あっ、私はカフェオレで♩」

    ガヴリール「ラフィエルもかよっ!? ってか、お前はいつからそこにいたんだよっ!!??」

    回想終了





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/02(金) 18:14:09.86 ID:2/bwf0z60

    ガヴリール「最近、ヴィーネとかサターニャとか、人遣い…じゃなかった、天使遣いが荒いよなぁ…」ブツブツ

    モブたち「「「」」」ヒソヒソ

    ガヴリール「んっ、なんだ? どこかで話し声が??」

    モブたち「「「」」」ヒソヒソ

    ガヴリール「あっ、良く見たらあそこに男子どもがいるなぁ。どうでもいいけど、何の話してんだ?」




    【ガヴリール「私らの話?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518101886/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:58:06.51 ID:gnAxgCMv0

    前作 【艦これ】赤城「おいしいご飯を食べる方法」
    と関連があるような、ないような。

    また、研そうげん 先生の艦娘漫画に触発されたことをここに記し、感謝の意を示したいと思います。
    漣可愛いです。





    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:58:33.44 ID:gnAxgCMv0

     空腹は最高のスパイス、とはよく言ったものです。

     勤務はおおよそ三交代制となっていますが、遠征や演習、あるいは深海棲艦邀撃の兼ね合いで、ずれることは珍しくありません。
     その日、わたしが泊地へ帰投したのは二十三時をさらに半分回ったころでした。第五海域の哨戒及び邀撃が任務として言い渡されていましたが、小隊を組むはずの球磨さんが遠征から戻るのが遅れ、さらにいつもより戦闘も長引いて、そんな時間になったのです。
     ずれることは珍しくないと言いましたが、ここまでずれこむことには不慣れでした。

     探照灯を装備している川内さんがいたのは不幸中の幸いでした。そして幸い中の不幸は、探照灯を装備していたのが川内さんだったということです。




    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:59:07.70 ID:gnAxgCMv0

     暗闇、潮風、火薬、砲弾、戦闘機。螺旋状にそれらが絡み合った死地から無事に生き返ったわたしたちではありましたが、当然のように疲労困憊でした。生の実感に震える暇すらなく、ぼやけた視界をこすりながら、寒さを堪えて口は真一文字。
     その中にあって、川内さん、彼女は一体どこからエネルギーを捻り出しているのでしょうか。出航時よりも帰投時のほうが元気にすら見えました。

     彼女は港に着くや否や、水面を一蹴りして陸へと降り立ち、どこかへ走り去ってしまいました。

    「よっこらせ、っと」

     桟橋から、その小柄な体すら鈍重に感じるとでも言いたげに、至極ゆるりとした動きで龍驤さんが陸へと上がっていきます。ぽっくりに似た艤装にも関わらず、とてもきれいな立ち姿でした。
     金剛さん、霧島さん、青葉さん。残る三人も続いていきます。




    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/08(木) 23:59:33.64 ID:gnAxgCMv0

    「腹減ったなぁ。もうウチ、お腹ぺこぺこやで」

     大仰にお腹をさする龍驤さん。夕食の時間と被ってしまったため、しっかりとした食事はとれていませんでした。簡易的な糧食なら頂きましたが、満足とは言い難く。
     龍驤さんの言葉はわたしたち全員の代言でもありました。青葉さんが大きく伸びをして、食堂に何か残っていないか探してきますと歩き出します。戦艦二人は目を合わせ、そしてこちらを向き、

    「榛名が夜食を用意してくれているそうなので」

    「今日はこんな時間までお疲れサマでした!」

     そうして仲良く歩いていってしまいます。

    「姉妹仲がいいっちゅーのはええことやな。羨ましくなるで、ほんま」

    「……そうですね」





    【【艦これ】加賀「幸福と空腹は似ている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1469525889/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:38:09.09 ID:3VrUEqjp.net

    ~昼休み 3年教室~

    絵里「でね、亜里沙が『あれ?お姉ちゃん、このメロンパン、メロン入ってないよ?』って」

    希「あはは、亜里沙ちゃんは可愛いなぁ」

    にこ「ふふ、まあ気持ちはわかるけどね。そういえば、ここあが最近メロンクリーム入りのメロンパンがお気に入りでね、よく買ってくれって頼まれるのよ」

    絵里「あるわね、アレ美味しいわよね」

    にこ「でも下手すると夕御飯に支障が出るからね、注意しないと」

    絵里「にこはいいお姉さんね♪」

    にこ「あの子たちは育ち盛りだからね、栄養にも気を遣ってあげないと……って希、どうしたの?ぼうっとして」

    絵里「具合でも悪い?」

    希「ん、いや、なんでもないよ?」

    にこ「なんかあるなら言いなさいよ、アンタはすーぐ無理するんだから」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:38:50.63 ID:3VrUEqjp.net

    絵里「そうよ、希はもうちょっと周りを頼るべきだわ」ウンウン

    希「うーん別に大したことやないけど……というか絵里ちに言われるとはなぁ」

    にこ「気軽に話しなさいよ、メンバー同士だし、同学年だし」

    希「あはは、ありがと。……いや、羨ましいな、って」

    えりにこ「羨ましい?」キョトン

    希「うん、絵里ちもにこっちも、妹さんおるやろ、にこっちは弟さんも」

    にこ「そうね、あ、それが羨ましいってこと?」

    希「うん、ウチ一人っ子やし」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:39:44.90 ID:3VrUEqjp.net

    絵里「なるほどね、……ふふ、それに希は寂しがり屋さんだものね♪」

    にこ「そうねぇ、意外に可愛いところあるのよねぇ」ニヤニヤ

    希「ちょ、ちょっと///……もぅ、二人とも、からかわないでよ!///」

    絵里「あら赤くなった」

    にこ「慌てると口調変わるわよねぇ」

    絵里「そこがまた可愛いわね」

    にこ「そうね、萌えポイントね」

    絵里「わかるわ……って希?」

    にこ「……希さん?どうしたの?そんなに身体をわなわなさせて、あとその手はなんなのかしら?」

    希「ふふふふふ」

    えりにこ「」

    希「二人ともーわしわしMAXやー」ワシワシ

    キャー
    ワ、ワルカッタワヨカラカッテ
    モンドウムヨウヤー



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:40:42.52 ID:3VrUEqjp.net

    にこ「え、えらい目にあったわ……」ゼエゼエ

    絵里「そうね……」ハァハァ

    希「もう、二人が悪いんよ、ウチは正直に話したのに、からかうから」プンプン

    にこ「照れ隠しにしてもやりすぎよ、まったく」

    絵里「まあ悪かったわよ、それにしても妹ね」

    希「二人の妹さんは可愛いしなぁ、羨ましいんよ、やっぱり」

    にこ「まあこのにこにーの妹だもの、可愛くて当然よ」フフン

    絵里「そうね、喧嘩したりもするけれど、いいものよね、妹って」

    希「ええなぁ、あとメンバーやと穂乃果ちゃんとこの雪穂ちゃんか」

    絵里「あの子も良く出来た妹さんね、亜里沙とも仲良くしてもらってるわ」

    にこ「穂乃果には勿体無い良い子よ、……まぁ姉がアレだからしっかり者になったんでしょうね」



    7: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2016/07/26(火) 18:41:16.57 ID:XGOcvW6q.net

    スクフェスの小悪魔衣装のかよちん可愛かったなぁ




    【天使な希と小悪魔かよちん】の続きを読む

    このページのトップヘ