大きいサイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490451029/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:10:29.93 ID:hy0zSolTo

    輿水幸子『ボクは世界一カワイイんですよ!そんなボクをプロデュースできるなんてとっても幸せなことですよね!プロデューサーさん!よろしくお願いしますよ!』

    モバP「というわけなんだが」

    星輝子「フ…フヒ…なかなかいいと思うぞ…ただ…そんなんで持つか…?」

    幸子『し…失敬な!ボクくらいならこれくらいがいいんです!』

    モバP「…」コクン

    輝子「無言の頷き…ま、まぁ私もこういう子は嫌いじゃない…かな」

    幸子『ということでよろしくお願いします!』

    輝子「おう…こちらこそ」

    輝子「プロデューサー…頑張ってくれ…」





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:21:09.94 ID:hy0zSolTo

    幸子『失礼します…なかなか狭いですねここ…』

    輝子「フヒッ!? 同じ机に入られると狭いな…」

    幸子『プロデューサーさんの机の下でキノコ栽培ですか…今夜はキノコパーティーですかね…』

    モバP「そうだな…バター醤油で頂くとするか」

    輝子「ふ…二人ともあれだぞ?食べられないのとかもあるからな…?」

    幸子『…?』

    輝子「触っただけで皮膚が炎症起こして最悪の場合死ぬのとか…」

    幸子『最初にいってくださいよぉ!』

    モバP「そんなの俺の机の下で育てんな」

    輝子「い、今のはちょっとしたマッシュルームジョークだ…」

    モバP「はー…キノコって英語でマッシュルームなんだな…」

    幸子『またひとつ賢くなってしまいましたね』

    輝子(その日は結局いつもの人たちでキノコパーティーをした…いつもの人っていうとリア充感が出ていいな…フヒ)




    【モバP「今までずっと黙ってたけど…実は俺…幸コンなんだ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490454205/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:03:25.34 ID:+IOGHrNp0

    小梅が幸子にSCPを紹介するSSです。
    幸子「SCP?」 小梅「…うん」  
    の続きですが、読まなくても多分大丈夫です。多分。

    紹介とともにリンクを見るとわかりやすいかもしれません。 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:03:58.03 ID:+IOGHrNp0

    小梅「は、始まりました…SCP紹介ラジオ…第1回目、です…」

    小梅「この番組は…SCP Foundationという創作サイトの中から、私…白坂小梅がSCPを紹介していく番組、です…そして…?」

    幸子「カワイイボクこと、輿水幸子が小梅さんのお話を皆さんと一緒に聞く番組です!」

    小梅「番組に…なっちゃった、ね…」

    幸子「なっちゃいましたね…どうしてこうなった状態ですよ…」

    小梅「ちょっと前…幸子ちゃんに、好きなSCPを紹介してたんだけど…」

    幸子「それをプロデューサーさんに見られていて、『こりゃいけるんですけど!』とか叫びながらこの企画が決まったらしいです…」

    小梅「プロデューサーが、いろんなSCPを知りたいって…思ったのと、話を聞いてる時の幸子ちゃんのリアクションがよかったから…って理由らしい、よ?」

    幸子「えぇ…まぁ確かにホラー映画の感想よりは反応しやすいとは思いますが…」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:05:19.81 ID:+IOGHrNp0

    小梅「…あ、まずはSCPについて少し、説明しておくね…?」

    幸子「ボクは前回聞きましたが、この番組は第1回目ですからね!カワイイボクと小梅さんの声を聴きに来た方達に楽しんでもらうには、説明が必要ですね!」

    小梅「SCPっていうのは…異常な性質を持った、物、場所、概念…いろんなもののこと、だよ…」

    小梅「SCPが存在する世界は…SCP財団っていう組織が、世界の安全を守るために…人類を保護するために、SCPを収容してる…って設定なんだ…」

    幸子「SCPは、確保、収容、保護という意味の、Secure.Contain.Protectの頭文字からSCPと呼ばれているそうですよ」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/26(日) 00:06:41.54 ID:+IOGHrNp0

    小梅「SCPは、大きく3つのクラスに分けられていて…Safe(セーフ)、Euclid(ユークリッド)、Keter(ケテル)があるよ…」

    幸子「Safeが一番安全、Keterが一番危険ということらしいんですが、以前聞いたSCPはSafeだったのに大分物騒なものでした…」

    小梅「主な基準は…収容のしやすさと危険度、だからね…ちゃんと管理できるものだったら、Safeクラスだよ…」

    幸子「見られたら夜中に無数の手に殴り殺されるものがSafe扱いですからね…リスナーの皆さんも、油断しないでくださいね?」

    小梅「見られないように収容できるから、安全…ふふっ」

    幸子「だからなんで嬉しそうなんですか…」




    【幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490447493/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 22:11:33.67 ID:kxP8YIZc0

    アイドルマスターシンデレラガールズです。
    佐藤心さん、千川ちひろさんが出ます。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 22:12:12.25 ID:kxP8YIZc0

    事務所!

    心「マジ?」

    モバP(以下P)「マジっす」

    P「ロケの日程が延期になったんで、心さんは明日明後日と連休です」

    心「連休……連休かぁ……!」

    P「嬉しそうですね」

    心「当然☆ 最近ほんっとーにお仕事一杯だったからね☆ 連休なんて久々だし♪」

    心「それに連休って事は、明日二日酔いで潰れてても、もう一日休めるんだぞ☆」

    P「潰れるほど飲まないでくださいよ、アイドルなんですから」

    心「アイドルだって一人の人間だから☆ 命の水は大切だぞ☆」

    心「と言うわけで、今晩一緒にどう?」

    P「誘ってもらえるのは嬉しいんですけど……」

    心「ダメ?」

    P「そっすねぇ……。多分、今日は泊まりで企画書作ったりしないといけないんで……」

    心「んー、そっかぁ」

    P「また今度一緒に行きましょうよ」

    心「だな☆ とりあえず今日は他の人誘ってみる♪」

    P「あんまりハメ外さないでくださいね」

    心「わかってるわかってる♪」






    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 22:13:06.92 ID:kxP8YIZc0



    心「んー……。とは言ったものの」

    心「菜々先輩は地方ライブでしょ? 美優ちゃんも深夜番組、楓ちゃんは休暇で温泉旅行中」

    心「瑞樹さんも早苗さんも今日はテッペン超えそうって言ってたし」

    心「礼子さん、志乃さん、礼さん辺りは既に飲みに行ってるみたいだし、そっちに混ざるかなー♪」

    ちひろ「~♪」

    心「お?」

    ちひろ「はい?」

    心「なんだかご機嫌だね♪」

    ちひろ「はい♪ だって何年かぶりに連休なんです♪」

    心「ちひろちゃんも?」

    ちひろ「も、って言う事は心さんもですか?」

    心「うん☆」

    心「じゃあ行こっか☆」

    ちひろ「はい? どこへです?」

    心「飲みに☆」







    【佐藤心「たまには」千川ちひろ「お酒を飲みましょう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490452224/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:30:25.21 ID:UitrZb/Eo

     天才ロボット工学者兼アイドル池袋晶葉により開発されたウサちゃんロボ
     ウサちゃんロボはバックダンサーから団子作成配布までこなす優れロボである!

     そのウサちゃんロボに異星の超技術ウサミン科学によって改良を加えたのがウサミンロボである!

     ウサミンロボは今日も、アイドルの自由と平和のために張り切ったり頑張ったりまったりするのだ!  
     






    2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:31:33.10 ID:UitrZb/Eo

     今日は事務所のお掃除の日です。
     正確には、いつもウサミンロボが待機しているお部屋のお掃除の日です。

     ウサミンロボは掃除担当の別のウサミンロボが来るのを見届けると、邪魔にならないように移動します。

     きゅむきゅむ

     今日はキャタピラではなくて足をつけています。だから履帯の音ではなくて、足音が聞こえます。

     移動先はプロデューサーのお部屋です。
     いつもプロデューサーがお仕事をしているお部屋です。
     机の上には、お仕事用のパソコンがあります。

     うさー



    3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/25(土) 23:32:01.01 ID:UitrZb/Eo

     ウサミン科学のAIを搭載したウサミンロボですから、パソコンにも興味はあります。
     沢山のアイドルのお世話をするプロデューサーのパソコンは、地球の最新鋭機種らしいのです。

     うさ

     ロボは、机の上のパソコンの画面を観察します。

     きっと、難しいお仕事をしているのでしょう。
     デスクトップには「見るな」とタイトルの付いたフォルダがあります。極秘事項に違いありません。

     アナライズうさ

     画像データと動画データがたくさん入っていることがわかりました。

     そのときウサミンロボは、かつてプロデューサーに言われたことを思い出しました。




    【【モバマス】「ぼののを救え! ウサミンロボ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490453467/

    1: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:51:07.55 ID:xNqNfAZfO

    ――事務所内

    P「ただいまー」

    ちひろ「お帰りなさい。会議お疲れ様です。スタドリどうぞ」

    P「お、ありがとうござ……これ無料ですよね」

    ちひろ「……有料です」チッ

    P「もう騙されねえぞちひろ!」

    ちひろ「騙すなんて人聞きの悪い!」





    2: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:52:57.90 ID:xNqNfAZfO

    P「この前は俺のモバコイン搾取したじゃないですか!」

    ちひろ「べ、別に、騙すつもりなんて、なかったんだからな!」

    P「そんな奈緒風に言わなくても!」

    ちひろ「うふ、冗談ですよぉ?」

    P「まゆ風に言わなくても!」

    ???「あ、あの、もりくぼ以外の人と、話すの、楽しいですか……?」

    P「まゆと森久保を混ぜなくても!というかちひろさん森久保の声真似上手いな!」

    ちひろ「え?今の私じゃ……」

    P「……え?」

    森久保「プロデューサーさんは、もりくぼのことだけ、見ていればいいんですけど……」

    P・ちひろ「……はい?」



    3: ◆qTT9TbrQGQ 2017/03/25(土) 23:54:09.89 ID:xNqNfAZfO

    ちひろ「あぁ、机の下にいたんですね、乃々ちゃん。びっくりしましたよ」

    森久保「……」ジー

    P「そんなに俺のことを見つめてどうした?いつもは目を逸らすだろ?照れるぞ?何があった森久保ォ!」

    森久保「い、いきなり叫ばれるの、苦手なんですけど……」プイッ

    P「あ、ああ、すまん……んで、何があった?輝子から変なキノコでも食わされたか?」

    森久保「そんなの、食べてないんですけど……」

    P「じゃあ、まゆの、なんか怖い感じ……あれ、なんて言うんでしたっけ」

    ちひろ「ヤンデレ」

    P「ああ、その"ヤンデレ"とやらでも、うつったのか?」

    森久保「別に、"ヤンデレ"は"怖い感じ"でも、伝染病でもないんですけど……」


    森久保「昨日、まゆさんから、プロデューサーさんの良い所、1時間くらい教えてもらっただけです」

    P・ちひろ「それだ!」




    【モバP「森久保乃々がヤンデレになった」】の続きを読む

    このページのトップヘ