大きいサイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1494950476/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/17(水) 01:01:16.28ID:cbooIT8u.net

    海未「おおきーいーなー」

    穂乃果「………」

    海未「つーきーはーのぼるーしー」

    海未「ひはしーずーむー」

    穂乃果「………」

    海未「………」

    穂乃果「………」



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/17(水) 01:06:51.86ID:cbooIT8u.net

    ザパーン

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ザパーン

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ザパーン

    海未「うーみーはーひろいーなー」

    穂乃果「………」

    海未「おおきーいーなー」

    穂乃果「………」

    海未「………」



    3: 名無しで叶える物語 2017/05/17(水) 01:08:46.90ID:cbooIT8u.net

    ザパーン

    海未「うーみーはー」

    穂乃果「…うーみーはー」

    海未「えっ…」

    穂乃果「えっ」

    海未「………」

    穂乃果「………だめだった?」

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ザパーン

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ザパーン



    6: 名無しで叶える物語 2017/05/17(水) 01:12:40.00ID:cbooIT8u.net

    ザパーン

    海未「……うーみーはーひろいーなー」

    穂乃果「………」

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ザパーン

    海未「つーきーはー…」

    穂乃果「………」

    海未「つーきーはー?」

    穂乃果「…えっ」

    海未「つーきーはー?」

    穂乃果「………」

    海未「………」

    穂乃果「…のぼるーしー…?」

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ほのうみ「…ひはしーずーザパーン

    海未「………」

    穂乃果「………」

    ザパーン


    ザパーン



    7: 名無しで叶える物語 2017/05/17(水) 01:12:53.13ID:CqnCRXY/.net

    ちょっぴり後悔する海未ちゃん




    【海未「うーみーはーひろいーなー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485811560/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 06:26:01.03 ID:x84GNuT10

    ~~土曜日、部室にて~~

    果南「......」ナデナデ

    善子「えっと....(なんでヨハネ、果南になでられてるのかしら)」

    果南「......」ナデナデナデ

    果南「あっ、ハグしていい?」

    善子「え、うん.....」

    善子「うん?」

    果南「じゃ、ハグ~♪」ギュウウウウ

    善子「ちょっ」

    善子「.....まぁいいけど」  
       





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 06:27:17.01 ID:x84GNuT10

    果南「(いやー、梨子の言った通り抵抗しないなー)」ギュウウウ

    善子「???」


    ~~回想~~

    梨子「よっちゃんともっと仲良くなりたい?」

    果南「うん」

    梨子「私が見てる分には仲悪いようには見えませんけど....」

    果南「そうなんだけどさ。ほら、私って善子と二人っきりになること少ないじゃん?」

    梨子「はぁ」

    果南「もうちょっと仲良くなって二人で話とかできたらなー、って」アハハ

    梨子「なるほど(そういえばよっちゃんも最近『くっくっく、そろそろ果南を本格的に堕天させたいわね』とか言ってたような....)」

    梨子「(多分よっちゃんも果南さんともっと仲良くなりたいんじゃないかなー)」

    果南「そこで!最近善子と仲がいいと噂の梨子にアドバイスをば!」

    梨子「わ、私がですか!?よっちゃんとは普通だと思うけど....」

    果南「そこをなんとか!」ズイッ

    梨子「わ、わかりましたから」

    梨子「じゃあとりあえず知ってることを教えますね。まずよっちゃんは.....」

    果南「うんうん」

    ~~回想終了~~





    【【SS】果南「.....」ナデナデ 善子「あのー.....」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1494688164/

    1: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 00:09:24.55ID:E0797p92.net

    梨子「えっ? サプライズパーティ?」

    曜「うん。千歌ちゃん、もうすぐ誕生日でしょ? だからみんなでお祝いしたいなって」

    梨子「いいんじゃないかしら。きっと喜ぶと思うわ」

    曜「それで、梨子ちゃんにも協力してほしいなって思って」

    梨子「もちろん」



    2: 名無しで叶える物語 2017/05/14(日) 00:10:42.32ID:E0797p92.net

    梨子「でもサプライズねぇ……。いつもはどうやってお祝いしていたの?」

    曜「千歌ちゃんの家でパーティすることが多かったかなぁ」

    梨子「それじゃあサプライズにならないわよね。……マリさんに頼んでみるとか?」

    曜「あっ、それいいかも! たしかにマリちゃんなら会場とか用意してくれそうだね。わたし、頼んでみるよ!」

    梨子「それじゃあ私はプレゼントとかプログラムとか考えてみようかな」

    曜「ありがとう! 最高のパーティにしようね!」

    梨子「そうね」


    曜(ふふふっ、千歌ちゃん喜ぶだろうなぁ。よしっ、がんばろっと!)

    …………
    ………
    ……




    【曜「千歌ちゃんとけんかした日」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495344487/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:28:07.21 ID:uZlR/pLyO

    よしまるSSです。
    書き溜めあるので一気に投下します。





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:29:09.80 ID:uZlR/pLyO

    屋上

    善子「相変わらずあんたちっさいわね」ケラケラ

    花丸「それを言っていいのは鞠莉さんや果南さんくらいになってからずら!」

    善子「どちらにしてもあんたより私の方が背が高いっていう事実は変わらないのよ!」

    花丸「もーう!善子ちゃ~ん!?」

    善子「私はヨハネ!捕まえてみなさい!べぇ~だ!」ペロッ

    花丸「待つずら~!」

    ダダダッ!



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:29:55.34 ID:uZlR/pLyO

    ダイヤ「こら!休憩中に疲れることは…」

    果南「まあまあ!元気ならいいことじゃん?」

    ダイヤ「ですが…」

    鞠莉「相変わらず硬いんだから!謙虚にならなきゃ!」

    ダイヤ「はぁ…」

    千歌「最近かなり仲良いよね、あの二人?」

    曜「ねぇ~!だいたいは善子ちゃんが花丸ちゃんにちょっかい出してってのがほとんどだね」

    梨子「よっちゃんって結構かまってちゃんだしね?ルビィちゃんもそう思うよね?」

    ルビィ「………」



    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:30:35.68 ID:uZlR/pLyO

    梨子「あれ?ルビィちゃん?」

    ルビィ「ぴぎゃっ!?」

    梨子「わっ!ど、どうしたのルビィちゃん?」

    ルビィ「ご、ごめんなさい…ちょっと考え事してて…」アセアセ

    千歌「そういえばルビィちゃんもボーッとしてること増えたよね?」

    曜「何か悩み事なら相談に乗るよ?」

    梨子「うんうん!可愛い後輩だもの!」ニコッ

    ルビィ「みんな…!ありがと♪でも、大したことないから大丈夫♪」ニコッ

    千歌「ほんと?困ったらいつでも私たちを頼るんだよ?」



    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:31:26.48 ID:uZlR/pLyO

    果南「千歌じゃちょっと頼りないかな?」ズイッ

    千歌「にゃにおう!?」

    鞠莉「曜もちょっとね~?」クスクス

    曜「そ、そんな~!?」

    ダイヤ「梨子さんも少し不安要素が…」

    梨子「え~!?」

    果南「うふふ♪まだまだ先輩の座は渡さないよ?」ニコッ

    ルビィ「あはは、みんな頼もしいな!」

    ダイヤ「ルビィ?お姉ちゃんにはいつでも頼るんですよ?なんでも構いません!」

    ルビィ「ありがと、お姉ちゃん♪」ニコッ

    ルビィ「(みんな優しいなぁ…で、でも!これだけはルビィが!た、大変だけど…)」

    ………




    【ルビィ「ハッピーエンドを待ってるよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495318007/

    1 : ◆tdNJrUZxQg 2017/05/21(日) 07:06:48.12 ID:srcZDy/r0

    ラブライブ!サンシャイン!!SS

    ※残酷描写ありなので苦手な方は注意してください。





    2 : ◆tdNJrUZxQg 2017/05/21(日) 07:08:25.60 ID:srcZDy/ro

    ――汝、如何様にして彼の者を寵愛す?

    ……解せぬ……。しかし……その言葉……その祈り……その覚悟が本物であると言うのならば、よかろう。

    人の業故、無に帰すことは出来ずとも此方彼方にて因業の天秤の重しを交換するならば真の理に大きく干渉することもなかろう。

    ――汝の清き心に……祝福あれ――





        *    *    *






    3 : ◆tdNJrUZxQg 2017/05/21(日) 07:09:18.29 ID:srcZDy/ro


    2学期も始まって、本日は9月9日金曜日――

    Aqoursの練習が終わって、後片付けをしていると……


    善子「リリー、今週の日曜日ちょっと付き合って」


    よっちゃんが私のところに来て、唐突にそう切り出してきた。


    梨子「今週の日曜日?どこに行くの?」

    善子「沼津で一緒にショッピングしましょう」


    二人でお出かけのお誘い……よっちゃんと一緒に過ごすのは楽しいし、嬉しいんだけど……


    梨子「ごめん……もうその日はすでに千歌ちゃんと遊びに行く約束してて……」

    善子「……じゃあ、千歌には悪いけど、その約束断ってもらえるかしら」

    梨子「え?」



    4 : ◆tdNJrUZxQg 2017/05/21(日) 07:09:46.01 ID:srcZDy/ro

    私はよっちゃんの言葉に目を丸くした。


    善子「――だから、その日は千歌との約束を断って。それで、私と買い物に行きましょう」

    梨子「よ、よっちゃん……?」


    ――よっちゃんらしからぬその物言いに私は動揺した。

    よっちゃんは自由な性格に見えて、思いやりのある常識人だ。

    百歩譲って、私がダブルブッキングをしてしまった……とかならまだしも、そもそも千歌ちゃんの先約があるのにそれを断ってまで、自分の用事を優先しろと言われるとは思わなかった。


    梨子「え、でも……千歌ちゃんに悪いよ……」

    善子「いいから、いくのよ」



    5 : ◆tdNJrUZxQg 2017/05/21(日) 07:10:13.50 ID:srcZDy/ro


    なんだか、よっちゃんの目が据わっている気がした。


    梨子「ら、来週じゃダメ……?さすがにいきなり言われても……」

    善子「次の日曜じゃないとダメよ。」


    遠まわしに断っても、なんだか今日はぐいぐい来る。

    よっちゃんの普段とは違うベクトルで強引さだ。

    私はそれに動揺と同時に軽い苛立ちを覚えた。



    6 : ◆tdNJrUZxQg 2017/05/21(日) 07:10:40.24 ID:srcZDy/ro


    梨子「だから、その日はもう千歌ちゃんと約束してるから……っ」

    善子「――そんなのいいからっ!!」

    梨子「!?」


    よっちゃんの大きな声に私の体がビクリと跳ねる。

    もはやそれは叫びに近かった。


    善子「え、あ……ご、ごめん……」

    梨子「え……いや……その……」


    よっちゃん自身も想像以上に大きな声を出してしまったことに驚いたのか、私同様うろたえていた。




    【善子「一週間の命」】の続きを読む

    このページのトップヘ