大きいサイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479545143/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/19(土) 17:45:43.69 ID:dlWC8OTx0

    μ'sのリーダーの妹、高坂雪穂。現実的でしっかり者の彼女の100のコトを今日は学んでいく…。





    4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/19(土) 18:18:49.75 ID:iw6/TuFwO

    希「高坂雪穂をもっと知りたい。雪穂の100のコト」

    穂乃果「もっと知りたいって言うか妹だからさぁ」

    絵里「普通は穂乃果は外されるはずよね」

    凛「これで優勝出来なかったら最悪だよね」

    にこ「わかんないわよ?意外と知ってるようで知らない事なんてあるものよ?」

    穂乃果「そんな事はないよ。これでもお姉ちゃんなんだよ?」

    絵里「そうよね?私だって亜里沙のクイズだったら優勝する自信あるもの」






    5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/19(土) 18:35:08.26 ID:iw6/TuFwO

    希「それでは第一問。雪穂の好きな食べ物は?」

    絵里「穂乃果が有利過ぎるわね」

    穂乃果「そうだねぇ」

    にこ「ここに居る全員長女なのよね?」

    穂乃果「凛ちゃんがいるじゃん」

    凛「凛は良く妹みたいって言われるにゃ」

    にこ「でしょうね」

    凛「にこちゃんもでしょ?」

    にこ「何でよっ」



    6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/19(土) 18:48:58.96 ID:dlWC8OTx0

    希「解答をオープン」

    穂乃果:ケーキ

    凛:いちご

    にこ:ハンバーグ

    絵里:ロールケーキ

    穂乃果「穂乃果と一緒で和菓子は飽きてるからね。ケーキが好きなんだよ、雪穂は」

    にこ「絵里も随分と具体的に書くのね」

    絵里「前に家に遊びに来た時おやつにロールケーキを出したら凄く美味しそうに食べていたのよ」

    凛「そっか。亜里沙ちゃんと仲良しなんだよね?」

    穂乃果「そうなんだよ」




    7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/19(土) 18:53:37.18 ID:dlWC8OTx0

    希『雪穂の好きな食べ物は?』

    雪穂『あっ…もう喋っても良いんですか?…はい、今日はよろしくお願いします』

    にこ「雪穂ちゃん礼儀正しいわね。雰囲気も落ち着いてるし…穂乃果の妹とは思えないわね」

    穂乃果「え?何それ?」

    にこ「そのままの意味よ」

    雪穂『好きな食べ物ですよね?………ロールケーキが大好きです!』

    希『正解はロールケーキ』

    絵里「正解しちゃったわ」

    穂乃果「ケーキも間違いではないよね?」

    にこ「まあ、ロールケーキってはっきり言ってるし」

    凛「やっぱり洋菓子が良いんだね」




    【希「クイズ!高坂雪穂の100のコト」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486491209/

    1: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 03:13:29.81 ID:+ljbaM6T.net

    にこえり短編



    2: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 03:17:14.46 ID:+ljbaM6T.net

    絵里「さすがにこね」

    にこ「……」


    にこ「その『さすがにこね』ってさあ」

    にこ「前から思ってたけど、なーんか軽いのよね」

    絵里「え?」

    にこ「ワンパターンなのよ。ぜんぜん具体的じゃないし」

    絵里「ダメかしら」

    にこ「まあ悪い気はしないけど、このにこにーを称える言葉は一通りではないってことよ」

    絵里「一理あるわね」

    にこ「そういうことだからもっとバラエティに富んだ褒め方をしなさい!」

    絵里「そうね、ちょっと考える時間をちょうだい」ウーン

    にこ「別に今からやれとは言ってないわよ」


    絵里「整いました」

    にこ「話聞いてる?」



    4: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 03:19:02.10 ID:+ljbaM6T.net

    絵里「1年生の頃はスクールアイドルなんて浮ついたもので頭がいっぱいな人くらいにしか見てなかったわね」

    にこ「なんか長そうな話が始まった」

    絵里「入学早々『スクールアイドルやりませんか』って声をかけられたのよね。その時からかわいいなとは思ってたけど」

    にこ「……じゃあなんで断ったのよ」

    絵里「情熱に大きな差があったし、いずれ不和が起こると思ったのよ」

    にこ「うぐっ……まあその通りになったわよ」


    絵里「生徒会に入ってからは冷たくしちゃったわね。廃部を迫ったりしてごめんなさい」

    にこ「それが仕事だしもう気にしてないけど……あの時の絵里キレッキレだったわね。『氷の女』とか言われてたし」

    絵里「えっ何それ、初めて聞いたんだけど」

    にこ「なに知らなかったの?」




    【にこ「褒め方に重みがない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486476034/

    1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 23:00:34.88 ID:pUJjIj1y.net

    ↓を参考にしてます。別人です。

    曜「仮想おもらし対策機……? なにそれ」



    2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 23:01:18.96 ID:pUJjIj1y.net

    ~遊園地~

    善子「次はあの天界へと繋がる空中回廊に乗るわよ!」梨子「……観覧車ね」

    善子「空中回廊なの!! あそこの上にはこのヨハネが地上に堕ちてくる前の世界……天界が広がっているのよっ!」パァァ

    梨子「はいはい。じゃあ早く行きましょう」スッ

    善子「あっ! ちょっとぉ! 待ちなさいよーっ!」ダッ


    梨子(高いところってなんだか下の辺りがむず痒くなるし、あんまり得意じゃないんだけどなぁ……)

    梨子(やばっ……なんだか想像したらお手洗いに行きたくなってきた……)


    梨子「ねぇ、よっちゃん。観覧車乗る前にお手洗い行ってもいいかな?」

    善子「ん? いいけど、もう閉演まであんまり時間ないわよ?」

    梨子「でも、どうしても乗る前に行っときたくて……。すぐ済ませてくるからいいでしょ?」

    善子「わかったわ。じゃあお手洗いに寄ってから行きましょう」



    3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 23:02:05.68 ID:pUJjIj1y.net





    善子「うわぁ……混んでるわね。かなり並んでるみたいだけど、どうする?」

    梨子「ほんとだ……どうしよう……」

    梨子「……他の場所にはないのかな」

    善子「あとは確か入口のほうに一つあるけど、そっちまで行く時間はないと思うわ」

    善子「べつに、10分もあれば乗り終わるし大丈夫よ」

    善子「それに……フフフ……天界がこの堕天使ヨハネを呼んでいるのよ! 早く行くわよっ!」グイッ

    梨子「え、ちょ、ちょっと引っ張らないでってばー!」



    5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 23:15:09.03 ID:pUJjIj1y.net




    善子「――さぁ、着いたわ。乗るわよ!」

    梨子(結局お手洗い行けなかった……)

    梨子(でも、よっちゃんの言う通り、きっとすぐ終わるしそのあと行けばいっか……)


    ――――


    善子「わぁ……夕焼けって高いとこで見るとこんなに綺麗なのね……」

    梨子「そう、ね……」ソワソワ

    梨子(うぅ……やっぱり高いとこに来ると、余計におトイレ、に……)

    善子「あっ! もうすぐ一番上までいくわよ!」




    【善子「次はあの天界へと繋がる空中回廊に乗るわよ!」梨子「……観覧車ね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484810118/

    1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 16:15:18.61 ID:F8Z1c47i.net

    善子ちゃんが生えてるよしルビ
    見てなくても問題ないけど前の続き



    63: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 20:34:41.92 ID:cR6tif80.net

    前のやつ

    善子「ルビィ、魔力供給の時間よ」ルビィ「はい」



    2: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 16:16:35.31 ID:F8Z1c47i.net

    ルビィ「待ち合わせ時間を過ぎてるのにまだ来ない、何もなければいいんだけど……」


    ルビィー


    ルビィ「あ、きたきた」

    善子「遅れてごめん」ハアハア

    ルビィ「大丈夫、事故にでもあったんじゃないかと思ったけど何もなくてよかったよ」

    善子「連絡しておけばよかったわね、急いでてそこまで気が回らなかったわ」フゥ

    ルビィ「けど遅れてくるなんて珍しいね、お寝坊でもしたの?」

    善子「いや、準備自体は間に合ってたのよ?」

    善子「間に合ってたんだけど……」



    3: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 16:19:41.79 ID:F8Z1c47i.net

    数十分前

    善子「よし! 準備オッケー、 そろそろ出ようかな……ん?」prrr

    善子「……もしもし?」ピッ

    花丸『あ、も……もしもし』

    善子「どうしたのよ? 朝早くから」

    花丸『あ、あのね? 今日はルビィちゃんとデートでお泊まりなんだよね?』

    善子「そうよ、昨日尋問されてる時に言ったはずだけど?」

    花丸『一応確認、それでね?』

    善子「なに? そろそろ出たいから手短にして欲しいんだけど」

    花丸『その、あ、あんまりルビィちゃんにムチャさせたらダメだよ?』




    【善子「ルビィとお泊まりデート」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484717799/

    1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 14:36:39.26 ID:lw92zw1b.net

    むかーしむかし。あるところに漁港がさかえる小さな王国がありました。

    その王国には、周りの国にもうわさが広がるほどのとてもきれいなお姫さまがいたのです。

    お姫さまがうまれた時に、王さまはこう言いました。

    国王「おお、なんとうつくしい…まるで宝石のようではないか!」

    王さまはその美しさにふさわしい名前をつけようと、一生懸命考えました。

    そして、この世で一番価値の高い宝石であるダイヤモンドにちなんで、「ダイヤ」と名前を付けました。

    文字通りキラキラな名前のお姫様がこの世に誕生しました。



    2: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 14:37:37.35 ID:lw92zw1b.net

    ダイヤは王さまにとてもかわいがられながら、すくすくと成長していきました。

    大きくなるたびにダイヤはますます美しくなり、国中のひとびとをトリコリコにしていきました。

    王家の血筋と美貌を持ち合わせるダイヤは、周りからどんどん甘やかされて育つことになりました。

    そうしてダイヤは、とてもとてもわがままなお姫さまになってしまいました。

    わがままなお姫さまとはお話するだけでもひと苦労。

    ダイヤ「わたくしはとっても忙しいんですの!用があるならまずはプリンを持ってきなさい!“おこい“以外は認めませんのよ!!!」

    と、最高級抹茶プリンを持ってこないと取り付く島もありません。



    3: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 14:38:03.35 ID:lw92zw1b.net

    お姫さまのわがままはこれにとどまりませんでした。

    ダイヤ「μ’sのライブコレクションが見たいですわ!5秒で用意しなさい!」

    ダイヤ「なに?そんなにすぐに出来ないですって?それでは担当を変えなさい!あなたはクビですわ!!!」

    と、歴史に名をのこす独裁者もびっくりの横暴っぷりでした。

    王さまを始めとする元凶どもは、流石にドン引きしました。

    こうなってしまったことに責任を感じたときにはすでに手遅れ。

    もはやダイヤは誰の手にもおえなくなってしまいました。

    そうして誰もダイヤに寄り付かなくなってしまいました。



    4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 14:39:17.79 ID:lw92zw1b.net

    友達のいないダイヤは今日もひとりで遊びます。

    お気に入りの遊び道具は金の鞠です。

    金の鞠「ダイヤ!今日も一人で遊ぶのね!」

    遊び場はお城の近くの森です。

    ダイヤはいつもここでこの鞠を投げ飛ばしたり蹴飛ばしたりしてあそんでいました。

    ダイヤ「…」バシーン!

    金の鞠「Oh!もう!相変わらず激しい遊び方するんだから!」ヒューン

    ちなみに鞠の声はダイヤにとどいていないようです。

    なのでダイヤは構わず鞠で遊びます。




    【ダイヤ「カエルの王様」】の続きを読む

    このページのトップヘ