大きいサイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503211895/

    1 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/20(日) 15:51:35.97 ID:7paV1WT90

    ・「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二次創作です。
    ・花火アイプロやシンデレラガールズ劇場135話の後ぐらいに起こった話として書いています。
    ・独自設定あり。  






    2 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/20(日) 15:52:12.90 ID:7paV1WT90

    ●秋、土曜の昼下がり/事務所前

    ほたる「私は、黒猫が苦手です」

    安部菜々「あら、それは初耳ですね」

    菜々「理由を、聞いてもいいですか?」

    ほたる「―――最初から苦手だったわけじゃないんです」

    ほたる「私、昔から黒猫さんが寄ってくることが多くて」

    菜々「あっ、うらやましい」

    ほたる「小さなころは、そばにいてくれるのを喜んでいたんです……私、お友達が少なかったから、よく黒猫さんと一緒に遊んで……」

    菜々「猫、かわいいですよねえ―――」

    ほたる「―――でも、いつのころからか、言われるようになったんです。『ほら、白菊にまた黒猫が寄ってきた』って」

    菜々「……」



    3 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/20(日) 15:53:19.13 ID:7paV1WT90

    ほたる「魔女の傍には黒猫がいる。白菊の傍に黒猫が居るのもきっと―――って」

    菜々「紐付けされちゃったんですね」

    ほたる「言われ続けるうちに、私も、黒猫さんが寄ってくるのが、まるで証拠みたいに思えて来て」

    菜々「証拠?」

    ほたる「私が、人を不幸にする、不吉なものだって、証拠」

    ほたる「そう思うようになったら、黒猫さんが近づくと、胸がぎゅっ、て苦しくなるようになって。避けるようになって―――」

    菜々「そういえば、この間の花火イベントのとき、ペロちゃんを怖がってましたね」

    ほたる「……」

    菜々「雪美ちゃん、『ペロ、悪い子じゃないよ』って言ってましたっけ」

    ほたる「―――佐城さんに、悪いことしたって思っています。ペロさんはだいじな友達だそうですから、嫌がられるのは、いい気分じゃなかったはずです」

    菜々「うん、それは、その通りでしょうね」

    ほたる「だから、謝ったのは、本当の気持ちなんです。でもやっぱり苦手で、胸が苦しくて―――それがなんだか、佐城さんにとてもとても悪い気がして……」



    4 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/20(日) 15:53:58.85 ID:7paV1WT90

    菜々「……ところで、ナナからもうひとつ、聞いていいですか」

    ほたる「はい」

    菜々「黒猫が苦手なほたるちゃん」

    ほたる「はい」

    菜々「そんなほたるちゃんは、なぜペロちゃんを抱いて事務所の前で途方に暮れているんですか?」

    ほたる「とても断れなかったんです……!(足元にキャットフード他一式)」




    【【モバマス】白菊ほたる「私は、黒猫が苦手です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503334352/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:52:32.74 ID:ETTqvqHo0

    P「晶葉から預かってきた」

    泰葉「あの」

    P「お、どうした」

    泰葉「それと私達に何の関係が…?」

    泉「同意見。っていうか私はどちらかというと作る側じゃない…?」

    P「作るか? そんないかれたもん」

    泉「いや作らないけど…」

    P「そういうこった。ここにいるのはウチの事務所から選び抜いた理性的メンバーだ」

    千秋「結局は実験台ってことね? 頭が痛くなるわ…」ハァ





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:59:22.54 ID:ETTqvqHo0

    P「まあそう言うなって。俺も大概実験台にされまくってる。志希とか晶葉とかチッヒとかな」

    泉「フォローになってないよ。あとちひろさんのことどういう呼び方してるの」

    P「まあまあ。とにかく、理性的となるとこの事務所のメンツは俺含めてあまり適してる人材がいないもんでな」

    千秋(否定できない……)

    P「大人組にはそれなりに居るには居るんだが、万が一暴れたりなんかしたら危険そうな人ばかりだろ?」

    泰葉「う、うーん……」

    P「あくまで今回は実験。効力も抑えめらしいから、ちゃっちゃと済ませっちまおうじゃないか」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:07:32.88 ID:ETTqvqHo0

    P「そんじゃ説明」

    P「比較的安全そうなお前達に手伝ってもらうワケだが、それでも被害は最小限に抑えるべきだろ?」

    P「だから、別室で俺と二人きりになってもらう形で一人ずつサンプルデータをとらせてもらう」

    泉「え、ふ、二人っきり?」

    泰葉「一人ずつですか?」

    P「ああ。何せ理性のタガを外すからな。ヘタすりゃ後々の人間関係に響く」

    千秋「装置のせいにできるとは言え、本能を剥き出しにするんだものね。たしかに恐ろしい話だわ……」

    P「普段の仕事内容見てみりゃ分かる通り、俺はもう大概何があっても気にしない。ウチのアイドル達は本能に忠実なのばかりだからな」

    泰葉「そもそもなんでそんな装置を……?」

    P「さあ? 知らない」

    泉「知らないって……」




    【モバP「理性のタガをぶっ壊す装置だってさ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503325104/

    1 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/21(月) 23:18:24.84 ID:tNbxUD/90

    未央「どうして急にそんな話を?」

    茜「実はですね!面白そうな話を聞いたんです!!」

    未央「面白そうな話?」

    藍子「はい。なにやら来週末に未央ちゃんの学校が文化祭をやるようで」

    未央「げっ」

    茜「せっかくの機会なので行ってみようかと!」

    未央「駄目だよ!ってか誰から……プロデューサーか!」

    藍子「はい♪プロデューサーさんが楽しそうに教えてくれました」

    未央「くっ。スケジュールの話をするんじゃなかった!!」

    茜「それで未央ちゃんはどんな出し物をするんですか!」

    未央「……教えないと駄目?」

    藍子「教えてくれると嬉しいです」





    2 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/21(月) 23:18:59.51 ID:tNbxUD/90

    未央「………………」

    茜「未央ちゃん!」

    藍子「未央ちゃん」

    未央「……カフェ、だよ?」

    藍子「カフェですか」

    茜「いいですねぇ!」

    未央「ほら、それだけだからさ、来ても楽しくないよ!」

    茜「ですが、待ってください!」

    藍子「?」

    茜「私がクラスメイトならただのカフェなんていうもったいないことはしません!」

    未央「!?」

    藍子「確かにそうですねー」

    茜「私がクラスメイトなら!」

    藍子「クラスメイトなら?」

    茜「メイドカフェにします!!!」

    藍子「わーい!」



    3 : ◆Rj0X.392Pk 2017/08/21(月) 23:19:39.26 ID:tNbxUD/90

    未央「…………」

    茜「どうでしょうか、未央ちゃん!」

    未央「二人ともうちのクラスに潜んでた?」

    茜「?」

    藍子「?」

    未央「まさしくそんなやりとりだったんだけど」

    茜「当然ですね!」

    藍子「クラスに未央ちゃんがいたら誰だって思いつきますよ」

    未央「……くっ。これだから二人には内緒にしておいたのに」

    茜「なぜですか!」

    未央「いじられるに決まってるからだよ!?」

    藍子「いじるだなんてそんな。ちょっとポーズをとってもらってカメラに収めるくらいですよ?」

    未央「あーちゃん、それを世間ではいじるというんだよ?」

    茜「未央ちゃんが好きだからこその行動ですよ!」

    未央「物は言い様だね」




    【【モバマス】茜「未央ちゃんの」未央「学校に?」藍子「行きますよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1503357763/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 08:22:43 ID:n1NYoVe.

    ウルヴァ凛「それで私たちが集められたの?」

    奏(ソウ)「……プロデューサーさん、悪趣味が過ぎるわよ?」


    キャプテンアメ莉嘉「でもなんだか面白そー☆」

    (東郷)あいアンウーマン「この私がきたからにはもう大丈夫だ」

    スパイダーマキノ「……待って、この格好は拷問としか思えない。こんなの合理的じゃないわ、ただの変態よ」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 08:24:11 ID:n1NYoVe.

    アンズマン「プロデューサーさぁ……余計なことして仕事増やすのやめよう?」

    晴ク「オレは別にいいぜ?面白そうだしよ」

    ドクタースト蓮ジ(加蓮)「面白くないよ!なんなのこの扱い……病弱だからってドクターは関係ないでしょ……」

    モバP「いやいやいや、似合ってるよ加蓮」

    奈緒「そうだ加蓮!あたしなんて素だぞ!?」

    ウルヴァ凛「え?一般人がなんでここにいるの?」

    ドクタースト蓮ジ「一般人立ち入り禁止ですけど」

    奈緒「扱い酷くね!?」

    ブラック川ウィドウ(千秋)「皆のおかけでヒーローのスタートラインに立つことができたわ」プルプル

    奈緒「スルー!?」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/22(火) 08:26:03 ID:n1NYoVe.

    ロケット「ヒーローとかむーりぃー……」

    奈緒「あっ……可愛い」

    ウルヴァ凛「……うん、可愛い」

    奏(ソウ)「似合ってるわね」

    モバP「そして君がファルコンだ!」

    鷹富士茄子「私でお役に立てるのでしたら♪」

    アンズマン「これは想定内だね」

    モバP「で、ホークアイ(川千夏)には出演を断られたので、代打で翠に頼んだ」

    奏(ソウ)「それで正解だと思うわよ?」

    モバP「急な話だったんでスケジュール開けてなくて、翠は今日は欠席だ」

    奈緒「思いつき!それ思いつきって言うんだぞ!」




    【モバP「新ユニット安部ンジャーズを結成だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1503319038/

    1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:37:18 ID:.3S.sMHo

    凛母「人間には決して知られてはならぬ。我らが人狼の一族であることを……」

    凛父「凛を頼むぞ、ハナコ」

    ハナコ「承知。我の使命は凛お嬢様を護ること」



    2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:38:00 ID:.3S.sMHo

    10年後。

    凛「……身体がダルい」

    ハナコ「大丈夫?」

    凛「心配しないで。大丈夫だから……」

    ハナコ「牙が出てる」

    凛「……限界だね。狼であることを抑えられない」

    ハナコ「明日は満月だよ?」

    凛「……もう少し続けたかったな……アイドル」

    ハナコ「凛……」



    3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/08/21(月) 21:38:47 ID:.3S.sMHo

    凛「ごめんプロデューサー……ごめん」

    ハナコ「泣かないで」

    凛「覚悟はしてたんだ。どんなに夢を追い求めても、私みたいな人狼では叶わない……いつかバレるってさ」

    ハナコ「凛らしくないよ!まだ諦めちゃだめだ!」

    凛「無理だよ……最近狼でいる時間が長くなってる。こんな調子じゃいつか皆にバレる」

    凛「親しくなった皆が、私の本当の姿を見たらどう思うかな?……私はそれを知るのが怖い」

    ハナコ「…………」

    凛「私が思ってたよりさ、私って強くなかったみたい」

    ハナコ「……辞めるの?」

    凛「うん。皆に迷惑かける前にね」

    私はプロデューサーに辞意を表明した。




    【モバP「公式ウルヴァ凛?」】の続きを読む

    このページのトップヘ