大きいサイズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498321689/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 01:28:10.01 ID:WoEWEWBb0


    喪黒「私の名は喪黒福造……人呼んで笑ゥせぇるすまん

    ただのセールスマンじゃございません

    私の取り扱う品物は心……人間のココロでございます

    この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします

    さて、今日のお客様は――」


    〈 滝本ひふみ 20代 ゲーム制作会社勤務 〉


    オ~ッホッホッホッホッホ……





    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 01:28:50.40 ID:WoEWEWBb0

    ―会社―

    ひふみ「……」カタカタ

    はじめ「ていうわけでさ、もう昨日は散々だったよー」

    ゆん「なんやそれ、自業自得やないん?」

    青葉「はじめさん、もう子供じゃないんですから、もっとしっかりしないと」

    はじめ「えー、それ青葉ちゃんが言う~? 私これでも先輩なんだからね!」

    ゆん「あははっ、もうどっちが先輩か分からへんなぁ」

    はじめ「ぐっ……そうだよね。青葉ちゃん、仕事頑張ってるし……私よりしっかりしてるかも」

    青葉「そ、そんなことないですよ……私うかっりしてて失敗しちゃうことがよくありますし」

    ゆん「ま、それも確かにそうやけど。まじめでちょっぴり天然なのが青葉ちゃんのええとこやで」

    はじめ「そうそう!」

    青葉「え、私って天然なんですか!?」



    3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 01:29:34.86 ID:WoEWEWBb0

    ひふみ(……青葉ちゃんはすごいな。入ってきてすぐに会社に融け込んで、誰とでも自然に会話できて)

    ひふみ(私ももっと青葉ちゃんとおしゃべりしたいけど……自分からは言い出しづらいし)

    ひふみ(青葉ちゃんも皆も優しいからよく声を掛けてくれるけど、それでも上手く喋れないし)

    ひふみ(……今は仕事中だから、ちょっと静かにした方がいいよって注意した方がいいかも知れないけど……)

    ひふみ(……言葉が口から出てこない)


    ぱんぱんッ


    コウ「おーい、ちょっとうるさいぞー君たち」

    青葉「あ、八神さん」

    コウ「一応仕事中なんだから、もうちょい私語は慎むように」

    ゆん「すみませんでした、はじめが調子乗ってもうて」

    はじめ「え、私!? あ、私だ……すみません八神さん」

    コウ「ひふみんも、うるさかったらちゃんと注意してね」

    ひふみ「! あ……うん……ご、ごめんね」

    コウ「え、いやいや、ひふみんが謝らなくていいから」

    青葉「すみません、ひふみ先輩。うるさくしてしまって」

    ひふみ「え……あ、ううん……」




    【【笑ゥせぇるすまん】ひふみ(ココロのスキマを……お埋めします?)【NEW GAME!】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498403589/

    1: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/26(月) 00:13:10.04 ID:jr+TbDIb0

    若松「はい!! 今回のローレライさんの曲、『三人のおじさん』だったんです!!」

    野崎「三人のおじさんか……聞いたことないな」

    若松「あれ、知らないんですか?」

    野崎「ああ、何の曲なんだ?」

    若松「BUMP OF CHICKENですよ」

    野崎「BUMP OF CHICKEN……聞いたことあるな」

    野崎「しかしあのローレライが邦楽を歌うなんてな」

    若松「新鮮ですよね!?」

    野崎「やっぱり……すぐ寝れたのか?」

    若松「勿論ですよ!! この曲、ボーカル以外の人も歌うんですけどその人達の声も上手く再現してるんですよ!!」

    野崎「そ、そうか……」

    若松「瀬尾先輩では到底歌えないですよ!!」

    野崎(歌えてるんだが)





    2: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/26(月) 00:13:54.84 ID:jr+TbDIb0

    数時間後

    若松「……よし、ここもトーン貼り終わった」

    野崎「少し休憩するか」

    若松「はい!」

    野崎「ローレライの曲でも聴いて寝たらどうだ?」

    若松「じゃあお言葉に甘えて……」

    カチッ

    若松「zzz……」

    野崎(相変わらず物凄い速さで寝るな……)



    3: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/26(月) 00:14:29.42 ID:jr+TbDIb0

    若松「zzz……」


















    佐倉「私の取り柄ってなんだろう……」

    佐倉「……」チラッ

    鹿島「だからここはxの二乗で……」

    佐倉「鹿島くんは賢い……」

    佐倉「……」チラッ

    瀬尾「おっしゃあ!! 今日も暴れてやるぜ!!!」

    佐倉「結月は強い……」

    佐倉「私は何も取り柄がないや……」




    【野崎「三人のおじさん?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1490531234/

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 21:27:14.244 ID:RzO9eR7fd.net

    ガヴのバイト先

    マスター「いやいや、天真くんには先輩として更に頑張ってもら」

    ガヴリール「あー、めんどいんで辞めます」

    マスター「同僚として支えあってほしいな!うん!」

    ガヴリール「それなら、はい」

    マスター「ほっ……それじゃ紹介するよ、新人のマルティエルくんだ」

    ガヴリール(マルティエル……外人か?)

    マルティエル「よろしくお願いします」

    ガヴリール「おう、よろしく」



    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 21:28:15.288 ID:RzO9eR7fd.net

    マスター「マルティエルくんの方が年上だが天真くんが先輩だからね、マルティエルくんは天真くんに仕事を教わってくれ」

    ガヴリール「いや、仕事教えるのはマスターの仕事でしょ」

    マスター「そうだね!私が店長だものね!」

    マルティエル「がんばります」



    マスター「……と、こんな感じかな?何か分からない事はあったかい?」

    マルティエル「これくらいなら普段の仕事より……いえ、問題ありません」

    マスター「ん?普段の仕事?」

    ガヴリール「ま、客なんか滅多に来ないから気楽にやれ、マルティエル」

    マスター「それは酷いよ天真くん⁉︎ホントのことだけど!」



    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 21:29:10.362 ID:RzO9eR7fd.net

    カランカラーン

    マスター「お!お客様が来たようだ!二人ともしっかり頼むよ!」

    マルティエル「かしこまりました」

    ガヴリール「へい」

    ガヴリール「へいらっしゃい……ってお前らかよ」

    サターニャ「今週も来てやったわ!」

    ヴィーネ「お邪魔するわね」

    マルティエル「……」




    【マスター「新しいバイトの子が入るよ」ガヴリール「え、私クビすか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497714910/

    1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 00:55:11.25 ID:QRjAWgzm0



    『臨時メンテナンスのお知らせ いつも遊んでいただき誠にありがとうございます。 アクセスが集中なために臨時メンテナンスを実施します。』



    『終了時間は未定でございます。 皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。』




    ガヴリール「最近、ネトゲの臨時メンテ多くない・・・?すげぇ暇なんっすけど?」




    ガヴリール「そうだ・・・臨時メンテの間は、適当に暇を潰すか・・・」




    ガヴリール「>>4」





    4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 00:57:18.40 ID:U7DhfaOWO

    ksk



    5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 00:58:08.69 ID:lc7tZUZb0

    FX



    6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 01:00:59.89 ID:QRjAWgzm0


    ガヴリール「そうだ!FXをやってみよう!」




    ガヴリール「FXで儲かれば・・・課金もし放題!なんて頭良いんだ私は・・・」




    ガヴリール「でもFXのやり方わからんしなぁ・・・誰か知ってる奴いねぇかな?」




    ガヴリール「とりあえず、誰でも良いからFXのやり方聞くか。」




    >>7 電話先の相手



    7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 01:02:27.55 ID:KerKmD6M0

    サターニャ




    【ガヴリール「ネトゲが臨時メンテだから安価で何かしようと思う」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498328073/

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 03:14:33.80 ID:zyWDei640

    サターニャ「ガヴリール勝負しなさい!」

    ガヴリール「えー、嫌だよ」

    ガヴリール「なんで私がそんなめんどーな事を……」

    サターニャ「問答無用、食らいなさい!秘技《サタニキアパンチ》!」

    ガヴリール「ちょ、待っ!ぐはぁ…」

    サターニャ「勝った」

    ガヴリール「……………」シーン

    サターニャ「冷静に考えれば体力のないガヴリールを倒すのにはこうするのが一番早かったのよね」

    サターニャ「ふ、ガヴリール…倒してみると大した事のない敵だったわね、なーっははは」

    ヴィーネ「ちょっとサターニャ!?ガヴに何してるのよっ!」スタスタ

    サターニャ「げえ、ヴィネット、しかもあの顔は怒っているわ、このままじゃいつものように叱られてしまう…」

    サターニャ「こうなったら仕方ないわね……」

    サターニャ「ヴィネット覚悟しなさい!」

    ヴィーネ「え?」

    サターニャ「《サタニキア踵落とし》!」ドカン

    ヴィーネ「ぐふ…」バタン

    サターニャ「流石に踵落としはちょっとやり過ぎたかしら?」

    まち子「く、胡桃沢さん?」

    サターニャ「《サタニキアチョプ》!」シュバ

    まち子「あべし!!」バタ

    サターニャ「あ、ごめん委員長、つい反射で…」 






    2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/25(日) 03:15:42.83 ID:zyWDei640

    グラサン「おい胡桃沢!教室で暴れているというのはお前だな!」

    サターニャ「ぐ、グラサン!?」

    グラサン「今日という今日は許さんからな!」

    サターニャ「こっちこそ今日はアンタなんかに負けないんだから」

    サターニャ「いくわよ、先手必勝っ!」

    サターニャ「必殺《サタニキアブロウ》!!」

    グラサン「《グラサンガード》」

    サターニャ「甘いわ!超必殺《サタニキアッパー》!!!」

    グラサン「グギャアア!」

    サターニャ「ふぅ、なんとか倒す事が出来たわね」

    グラサン「………………」

    サターニャ「で、でも念のためもう一度しっかりトドメをしておきましょう」

    サターニャ「《サタニキアキック》」バキ

    グラサン「………………」

    サターニャ「これで一安心ね」




    【サターニャ「普通に戦ってガヴリールを倒す事にしたわ」】の続きを読む

    このページのトップヘ