大きいサイズ

    2012年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7_2_20110929234444


    1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/30(月) 15:05:19.62 ID:S42D7V47O

    憂「え?」

    唯「AVだよAV、リビングで一緒に見ようよ」

    憂「え……あのその………!」

    唯「私先に行って準備するから来てね」タタタッ

    憂「いっちゃった……」

    憂「ど、どうしよう……///」



    19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/08/30(月) 18:45:20.23 ID:apw6mxT50

    憂(え、ええええAVって、お姉ちゃんそんなのどこから///)

    憂「お姉ちゃんはまだ自分で借りられる歳じゃないし…」

    憂「じゃあ、一体どこからAVなんて」



    紬『うふふふ~♪』



    憂「……」

    憂「心当たりが一人しかいない」


    【唯「うい~AV借りてきたから一緒に見よ~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    xf18ief5cziooo8


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 00:32:00.66 ID:Kj7eG5V+0

    朝 律子宅

    律子「うっかりメガネを壊しちゃった・・・」

    律子「前がよく見えない・・・。眼鏡を買いに行かないと」

    律子「今日はオフだけど、眼鏡を買いに行くついでに事務所に顔出しに行こうかな」


    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 00:33:14.50 ID:Kj7eG5V+0

    765プロ前

    律子「ふう。メガネが無いと事務所に来るのも一苦労ね」

    律子「おはようございまーす」

    小鳥「おは・・・え?」

    律子「ん? どうしましたか、小鳥さん」

    小鳥「・・・」

    律子「え、いや」

    春香「あれ? 記者の方ですか? こんにちわ!」

    小鳥「記者の方?」


    【律子「眼鏡が無いと誰も私と気付いてくれない・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2011y08m09d_140333591

    ※愛宕姉妹


    568d9ca9fd4a1b4f5cfdc7e7035f3afa

    ※末原恭子

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 23:32:11.94 ID:0sRK+jVG0

    絹恵「末原先輩、大丈夫やろか……」

    洋榎「どうやろな……麻雀牌を見せたら手叩かれてもうたし」

    絹恵「重症やね……」

    洋榎「叩いた後もごめんなさいしか言わへんし」

    絹恵「でも、あんな麻雀されたらああなってまう気持ちもわかるわ」

    洋榎「せやなぁ」

    絹恵「あんなん麻雀やないで……」


    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 23:34:50.55 ID:Ptqyi2mtO

    まだ負けてないよ!


    【愛宕絹恵「どうやった?」愛宕洋榎「あかん、ずっと謝ってる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    無題


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:41:45.99 ID:Wlm/uIf20

    怜「間違えて阿知賀の車に乗ってしまった」

    穏「よーし、出発だー!」

    憧「ハルエ、後少しお願いします」

    赤土「はいよ~」

    宥「zzz」

    玄「いよいよだね、灼ちゃん!」

    怜「えっ!?」


    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 22:44:10.86 ID:Wlm/uIf20

    一方、千里山のバス

    灼「しまった、間違えた…」

    セーラ「ソロソロバスガデルデー」

    泉「先輩たち、急いでください」

    フナQ「仕切るね~」

    竜華「よっしゃ、出発やー。怜、大丈夫?」

    灼「えっ!?」


    【怜「あかん、乗る車間違えてもうた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gfp


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 00:10:03.16 ID:UFWPM3gJ0

    透華(衣が自主的に遊びに行くなんて……感動ですわ!)

    透華「あら、どんな遊びをしたのかしら」

    衣「こんな感じだったぞ!」チュッ

    透華「な、なななな///?何をしていますの!?」

    衣「咲が教えてくれたんだ、友達というのはすきんしっぷが大切だと」

    透華(まあフレンチキスくらいなら……むしろ衣には大切かしら)

    透華「それで、どんな遊びをしましたの?」

    衣「なんかふわふわしてあんまり覚えてないぞ。咲が気持ちいい事いっぱいしてくれたのは覚えてるんだけど」

    透華「き、気持ちいい事ですって?!」

    衣「うん、最後は一緒にシャワー浴びた!」

    透華「ああ……」クラッ

    衣「トーカ?トーカが倒れた!」

    一「ええっ?!透華ー!!」




    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/31(木) 00:12:11.47 ID:g6g8vJTy0

    とーかおかーさんは倒れるくらいショックだったんか


    【衣「トーカ、咲と遊んできたぞ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    9wl5eg28h3bzp3y


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/29(火) 20:30:48.86 ID:1pMDU/Lv0

    春香「千早ちゃん!今度の土曜日、ケーキバイキングいかない?」

    千早「ん…そうね… …せっかくだけどいいわ、私じゃ元とれないし そんなにケーキ大好きってわけじゃないもの」

    春香「そ、そっかぁ… でもおいしいよ? チーズケーキとか!」

    千早「ごめんなさい あまり魅力に感じないわ…」

    春香「…うん わかった… ごめんね?しつこく聞いちゃって」

    千早「い、いえ 私の方こそ…」

    春香「…じゃあ 私かえるね…」トボトボ

    千早「春香… え、ええ ごめんなさい…」


    【千早「今時の女子高生と言われても」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20111109-502e


    1
    以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:12:03.49:5BaytDUU0

    澪「…」ソワソワ

    澪「…」ソワソワソワソワ

    澪「…」ソワソワソワソワソワソワ

    澪「だーっ!!ダメだ!落ち着かない!」


    4
    以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:22:15.19:5BaytDUU0

    一週間前

    唯「今年のクリスマスどうするー?」

    律「どうすんべ」

    紬「あ、あの…私、今年はどうしても実家で過ごさなくちゃいけなくて…」

    唯「えー!」

    紬「寮に入ってから両親とも全然会ってないから何が何でも年末は帰ってきなさいって言われてて…本当にごめんね!みんなと過ごしたいのは山々なんだけど…」

    澪「まぁそういうことなら仕方ないな。ムギ抜きで何かやるのも悪いし、今年はみんな実家で過ごすか」

    唯「…だねー。あー憂の料理楽しみだなぁ」

    律「んじゃあ私もクリスマスは自分の好きに過ごすか」


    【澪「もしかしたら今頃律は誰かと性の六時間を…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1314291012374


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 03:24:21.28 ID:1xfgGjgM0

    あずさ「どうしてなんですか?」

    P「さぁ、どうしてでしょうね。でも、気にするほどのことじゃないと思いますけど」

    あずさ「そうでしょうか?」

    P「社長や音無さんには敬語なわけですし。特別、あずささんだけのものじゃないですよ?」

    あずさ「目上の人や年上の人なら敬語もわかりますけど……その」

    P「はい……」

    あずさ「私、まだ21でプロデューサーさんより年……下なんですよ?」


    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 03:25:36.64 ID:3to3aw5a0

    おっぱいを敬っているから


    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 03:35:38.33 ID:6M7ZXqe70

    大人っぽいからしかたない


    【あずさ「プロデューサーさんは、どうして私に敬語なのかしら?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    v61av6smrlmihc1


    1 名前:1:2011/12/03(土) 22:03:37.99 ID:+hCfvYYc0

    けいおんSSですが、元ネタは漫画及び映画作品『刑務所の中』です。パラレルというか何というか。
    すごくしょうもないので、心の広い人だけお読み下さい。


    2 名前:唯「けいむしょ!」:2011/12/03(土) 22:05:17.93 ID:+hCfvYYc0

     
    律「おおっ、今日もいっぱい抜けてんなぁ」

    午前6時40分、起床。
    布団をたたんで片付けたら、すぐに房内の掃除。
    10分後の6時50分には点検だから、ちょっと忙しない。

    律「なあ。これ、梓の陰毛だろ」

    梓「違いますよ」

    りっちゃんが毎朝毎朝、飽きる事無く繰り返す話題はいつも体毛の事。
    小中学生レベルだよー、まったくもう。
    でも、慣れてしまった今となっては日課みたいな感じ。

    律「これは唯の陰毛だろ。なあ、そうだよな」スッ

    唯「ん~?」ジーッ

    唯「違う。私のじゃないよ」プイッ

    律「絶対そうだって。ほら」

    唯「違うよぉ! 私のじゃないってば!」

    どうでもいい事をみんな必死で否定するんだよね。私も含めて。

    あ、申し遅れました。私は平沢唯といいます。
    見ての通り、この某女子刑務所の214号室に囚人として服役中です。
    そして、私と同様に朝の清掃に励んでいる四人。

    律「やっぱムギの陰毛はわっかりやすいよな。金髪だし」

    掃き掃除をしながら、お決まりの体毛話を振ってくるのが田井中律ちゃん。通称、りっちゃん。
    214号室の房長で頼りになる姉御って感じ。顔が広くて面倒見がいいから、他の房でも彼女を
    慕う人は多いんだよね。
    暴行とか傷害とか、そんなような罪状らしいけど、全然そんな風に見えないなぁ。

    澪「もう! マジメにやれ、馬鹿律!」ゴチン

    同じく掃き掃除をしながら、りっちゃんに拳骨したのが秋山澪ちゃん。通称、澪ちゃん。
    りっちゃんとは刑務所に入る前からの友達らしくて、刑務所の中でも仲良しさん。少し羨ましいな。
    罪状は大麻取締法違反、覚醒剤取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反と、薬物数え役満。
    筋金入りのジャンキーさんだね。

    紬「あらあら、今日も二人は仲良しさんね」ニコニコ

    りっちゃんと澪ちゃんのやり取りを見ながら笑っている
    拭き掃除担当が琴吹紬ちゃん。通称、ムギちゃん。
    大企業の社長令嬢らしくて、いつでもおっとりぽわぽわ。
    他のみんなのお世話が大好きで、房のお母さん的存在。
    ムギちゃんの罪状は何だか難しくて忘れちゃった。いろんな企業から何億円も騙し取ってたんだって。

    梓「何してるんですか、先輩方。あと三分で点検ですよ。早くしないと」

    便所掃除を終わらせて、房内の掃除を手伝い始めた彼女は中野梓ちゃん。通称、あずにゃん。
    私達五人の中では一番年下で、ここに収監されたのも一番後。
    だから私達の事は必ず“先輩”って呼ぶんだよ。気にしなくていいのに。
    あずにゃんの場合は長年の間、食い逃げと食料品万引きを繰り返して、被害総額は一千万円以上。
    しかも裁判では「生きていく為にやった」って一切反省の色を見せなかったから、刑期は相当
    長くなっちゃったみたい。

    とまあ、これが私の仲間、214号室の面々。
    みんな犯罪者とは思えないくらい、いい人達ばかり。
    この刑務所の、この房で本当に良かった。出所まで何とかやっていけそう。

    え? 私はどうして刑務所に入る事になったのかって?
    私の場合は銃砲刀剣類不法所持と火薬類取締法違反なんだけど…… ん~、その話はまた今度ね。




    【唯「けいむしょ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1013aimas_0352

    こちらの続き↓↓
    美希「星井美希の、正直眠いの」

    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2012/05/30(水) 00:41:20.09 ID:FL5gn6LW0

    美希「こんばんは。ミキだよー。この収録、レッスン明けでリアルに眠いの……あふぅ」

    美希「前回の放送、いっぱい意見をくれてありがとね!ミキも参考になったの!…ホントは前回の放送前の収録だけど」

    美希「でも、きっとお便りもいっぱい届いてると思うな。千早さんも一緒だったし!」

    美希「それじゃあ、今回もテキトーにゆるゆるでいくのー!」

    美希「VTR、れぇっつすたぁ~とぉ~♪なの!」

    【美希「星井美希の、正直眠いの。なの!」】の続きを読む

    このページのトップヘ