大きいサイズ

    2012年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ET0hD


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:07:55.77 ID:BbvSyjeN0

    淡「いきなり何言ってるんですか?」

    照「あ、今週の近麻。これ。傀さんが格好良かったから」

    淡「何?それ。キンマ?」

    照「え?淡、麻雀部なのに近麻を読まないの?近代麻雀」

    淡「う…うん。初めて知った」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:10:04.22 ID:BbvSyjeN0

    照「おいおいおいおいおいおいおい。それはまずいよ」

    淡「まずいって、何がですか?」

    照「損、ってことだよ。せっかく麻雀を打つのに、その漫画を読まないなんて」

    淡「そう?」

    照「そう。そんなんじゃ、麻雀の一割も理解できないし、楽しめないよ」

    淡「一割、ってちょっと言い過ぎじゃないですか?」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:15:36.17 ID:BbvSyjeN0

    照「ふっ…淡、あンた…背中が煤けてるぜ」

    淡「はい?」

    照「あンたの背中には一人の部員も背負えない…。やめなよ麻雀は…」

    淡「え?……」

    照「ごめん。冗談。今のは哭きの竜の台詞をちょっともじった」

    淡「びっくり、し…ましたよ…」

    照(今のはまずかったかな…)

    淡(……)



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/26(金) 00:16:59.30 ID:DA6espM10

    片ちんの新連載期待してるでー



    【照「はぁ…傀さんカッコいい…」淡「は?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    c9388309


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 19:35:16.03 ID:nglji8Fo0

    淡「と、いうわけでハロウィンします!」

    穏乃「いえーい!」パチパチ

    姫子「……」

    竜華「……」

    淡「あれ?2人ともノリ悪くない?」

    竜華「ハロウィンって言うても……なあ?」

    姫子「何するか分からんし……」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 19:36:24.23 ID:ZnwbXSIa0

    こんどはハロウィンか



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 19:37:14.23 ID:nglji8Fo0

    淡「ハロウィンって言ったら決まってるじゃん!」

    淡「堂々とイタズラできるんだよ!」バン!

    穏乃「堂々とお菓子貰えるんだよ!」バン!

    竜華「許されんの小学生までやろ」

    姫子「ここ4人しかおらんし……」

    淡「そうやってすぐ水差すー……」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 19:39:36.04 ID:nglji8Fo0

    穏乃「せっかく衣装持ってきたのに……」

    竜華「は?」

    姫子「衣装なんて何に使うと?」

    淡「着る以外に何があるのさ」

    穏乃「これ着て色んな学校回るんだよ」

    穏乃「衣装も色々あるから……」ゴソゴソ

    姫子「本当に色々あるとよ」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 19:42:35.02 ID:nglji8Fo0

    竜華「どうせろくなもん無いやろ」

    淡「大丈夫大丈夫割とまともなのばっかだし」

    竜華「ほんまに着る気なん?」

    穏乃「え?竜華さん着ないの?」

    姫子「手錠って何のために……」ジャラッ

    淡「空気読んでよ」

    竜華「え、何この私が悪い的な雰囲気」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 19:45:00.30 ID:nglji8Fo0

    忘れてた
    穏乃「大将戦の4人で鍋?」
    穏乃「大将戦の4人で遊園地?」 の続きだよ



    【穏乃「大将戦の4人でハロウィン?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    b8b09ee10508d036c8bac9e121df124a


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 01:52:52.84 ID:NZVVToUj0

    居酒屋

    健夜「ごめんね、待った?」

    良子「ノーウェイノーウェイ。私もさっき来た所です」

    健夜「私から誘ったのに、遅刻なんてごめんね。美容院がなかなか終わらなくてさ」

    良子「髪型変えたんですね。ベリーグッドです。女子大生に見えます」

    健夜「えっ!ホント!お世辞でもうれしいなー//」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:01:17.35 ID:NZVVToUj0

    良子「ノーノー、お世辞じゃないですよ。ところで、何飲みますか?」

    健夜「梅酒ロックで」

    店員「お客様、申し訳ありません。当店、飲酒される方で未成年者の疑いがある方は年齢確認をしてまして…」

    健夜「だってー、良子ちゃん。二十歳になったばっかりだよね?仕方ないねー」

    良子「ノンノン」チッチッチッ

    店員「そちらの小鍛治プロ…ではなく、そちらの女子大生の方です」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:05:21.77 ID:NZVVToUj0

    健夜「えぇ~私!?」

    店員「はい」コクコク

    健夜「私か~、いやーん。もうしょうがないなー//はい、これ運転免許証」

    店員「昭和生まれ…失礼しました。では梅酒ロックでございますね?」

    健夜「はい」ニコッ



    良子(サンキュー、これ少ないけどチップ)

    店員(ありがとうございます)



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 02:09:51.75 ID:yLe2q7bHO

    さすがやねんで



    【健夜「富や名誉や地位より若さが欲しい!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    201201059344


    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 16:35:41.32 ID:yjm7ZtmS0

    洋榎「ぬ、ぬけへん・・・」

    洋榎「うわー、帰り道にちょっと近道しようと思ったらや・・・」

    洋榎「こんなとこ誰も来えへんやろなぁ・・・」キョロキョロ

    洋榎「しかも、ケータイは家やし・・・」

    洋榎「これはほんまにやばいで」あわわわ

    洋榎「・・・どないしよぉ」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 16:39:22.14 ID:yjm7ZtmS0

    洋榎「・・・とりあえず、助けを呼ぶか」

    すぅ・・・

    洋榎「誰かぁー!!助けてぇーー!!」

    しーん・・・

    洋榎「・・・あかんか・・・」

    がさっ・・・

    洋榎「誰や!?」

    安価>>15



    15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 16:41:08.97 ID:vAnVTTRb0

    ちゃちゃのん



    【洋榎「近道したら足がミゾにはまってもうた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    zoo1350300365907


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:00:01.71 ID:f5B0AmTE0

    -部室-
     
     
    憧「……」ペラッ
     
    憧「……」ペラッ
     
    憧「んふふふ」
     
    憧(やっぱ”永水の巫女”はいいわよねー!)
     
    憧(神代小蒔と石戸霞の二人が、雀神スコヤとその下僕に狙われて……)
     
    憧(共に戦っているうちに愛が芽生える話……素敵よねー)
     
    穏乃「憧ー!何読んでるのーっ?」
     
    憧「えっ!?シズ!?」


    『小蒔ちゃん……私……貴方の事が好きよ』
     
    『霞ちゃん……嬉しい……』
     

    穏乃「……な、なにこれっ!?女の子が抱き合ってる……っ」///
     
    憧「」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:04:38.00 ID:f5B0AmTE0

    穏乃「……」///
     
    憧「ち、違うのシズ……」
     
    穏乃「え、えっと……!」
     
    穏乃「……あ、憧も女の子だから!」
     
    穏乃「そういうのに興味持ってても……おかしくないよね……ハハハ」
     
    憧「し、シズっ……!」
     
    穏乃「ご、ごめん憧!読書の邪魔しちゃ悪いよね、先帰るよ」
     
    憧「ま、待ってシズ!」
     
    憧「……」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/30(火) 21:04:55.92 ID:Q37Y8fRk0

    処女喪失までしてしまうアレか



    【憧「コミック百合娘を読んでたらシズに見られた……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    0d13c528


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 01:35:08.18 ID:8NGc+3j90

    照「行って来ます」オイノリ


    ガチャ

    菫「おーい、照。一回戦がそろそろ始まるぞ」

    照「わかった。今すぐ準備する」

    菫「咲ちゃんの遺影は、持って行くなよ。控室までだからな」

    照「わかってるよ。きっとどこかで私を見守っててくれてるはず。三連覇、必ず成し遂げてみせる」ゴゴゴ

    菫「頼むぞ。どれ、私も照の必勝祈願を、咲ちゃんにお願いしようかな」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 01:39:59.40 ID:8NGc+3j90

    照「はい、これ遺影。ツインテール咲ちゃんだ。カワイイだろ」

    菫「もう何百回も見たし、聞いたな」


    パンパン

    菫「なにとぞ、天国から照を見守っててやって下さい」Ω\ζ°)チーン

    照「咲は私の心の中で今も生きてる。お姉ちゃん、頑張るからね!」




    恒子「一回戦、白糸台の先鋒宮永照が、新道寺女子以外を飛ばして終了です!強い、強すぎる!」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 01:45:36.90 ID:8NGc+3j90

    阿知賀の一回戦


    玄「咲ちゃん…どうしよう…この園城寺さん…強すぎる…」カタカタ

    咲(一巡先が見えてるみたいだし、玄さんのドラ爆の弱点も把握してるみたいですね…)

    玄「私じゃ、勝てないのかなぁ…」ウルウル

    咲(±0点にまで戻せばいいですか?)

    玄「えっ、そりゃもう!でも私、三万点も失ってるし…」

    咲(大丈夫です。三万点くらい、私と玄さんならすぐ取り返せますよ!)



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 01:45:42.31 ID:8hGm7WGd0

    桟橋から落とされた方か火事で焼かれた方かどちらだろう



    【照「咲が死んでからもう五年か…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    H14Es


    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:09:41.60 ID:M8DzEE750

    穏乃「憧、それロン!18300!」

    憧「くっ!今日のシズは調子いいわね」ジャラ

    穏乃「へへ、まあね~♪」

    憧(シズの調子がいい時は…♪)



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:10:58.96 ID:M8DzEE750

    穏乃(よし!今度もいい調子!)

    穏乃(なんだかこの牌でツモれそうな気がするな~♪)チャッ

    穏乃「ひゃう!?」ポロ

    憧「ロン、6400!」

    穏乃「あ、憧~。またやったな!」プンプン

    憧「え~。そんなことないって♪それに…もっと慣れとかないとね♪」ニヤニヤ

    穏乃「ひゅい!?ま、またやったな~!」

    穏乃「そっちがそのつもりなら…!」

    憧「ん…!やってくれるたわね、シズ!」クイクイ

    穏乃「ちょっ!そっちだって!」クイクイ



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:12:21.91 ID:M8DzEE750

    しばらく後

    憧「はぁ…はぁ…」グッタリ

    穏乃「はぁ…はぁ…」グッタリ

    宥「あったか~い♪」

    灼(憧と穏乃が入ると麻雀が続かない…)

    灼(それに、蚊帳の外っぽくてさびし…)



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/28(日) 01:14:05.84 ID:M8DzEE750

    久「こたつ麻雀…こたつの下で起こったことはすべて不可侵」

    久「ゆえに、裸足でしか参加が許されない競技」

    久「寝ながらも可。手が届かない場合はマジックハンド使用可」

    久「おかしも可。ただし手が汚れないようにこちらもマジックハンドを使用可」

    久「その競技性のゆえに、麻雀が続かないことも多々あると言われている」

    まこ「何言っとるんじゃお前さんは?」

    久「こたつ麻雀を知らない人のための説明よ♪」

    まこ「そーかい」



    【宥「こたつ麻雀部」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    201210290159590000


    5 :脱ぐな 2012/09/23(日) 22:34:31.45 ID:rU2IntWR0

    -部室-
    ガチャ

    尭深「おはようございます…」

    尭深「…誰もいない。今日は一番のりか…」

    尭深「あれ、なんだろこのお茶の缶?『若返りの茶』…?」

    尭深「そういえば今日、誠子が珍しいお茶を見せるとか言ってたっけ…」

    尭深「……」ソワソワ

    尭深「飲んでも…いいよね?」

    尭深「…いただきます」ゴクリ

    ~~~~~~~



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:38:52.35 ID:rU2IntWR0

    ~~~~~~~
    バタン

    淡「みんなおっはよー」

    淡「やったーいちばんのりだー」

    淡「みんな来るまでソファーで寝てようかな~」トコトコ


    たかみ「Zzz…」スヤスヤ

    淡「…だれ、この子」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:45:05.68 ID:rU2IntWR0

    淡「え…ホントにだれ?」

    淡「ちょ、ちょっと起きなさいあなた!」ユサユサ

    たかみ「ふにゃ…?」ムニャムニャ…

    淡「起きた?」

    たかみ「…おねえちゃんだれ?」

    淡「あたしは淡、大星淡よ。あなた、自分の名前言える?」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:48:49.80 ID:rU2IntWR0

    たかみ「たかみ!しぶやたかみです!」

    淡「そうなんだ、タカミちゃんって言うんだ~……へ?」

    たかみ「どうしたの、おねえちゃん?」キョトン

    淡「タカミって…え、なに?…同姓同名?」ブツブツ

    たかみ「お、おねえちゃん?」



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/23(日) 22:51:35.82 ID:o00bBCus0

    心身ともに幼児化するパターン…すばらですね



    【菫「お茶を飲んだら尭深がちっちゃくなった?」淡「うん!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ivrdQ


    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:09:49.44 ID:4ALGeg7o0

    セーラ「白糸台他から推薦の話が来たで」セーラ「白糸台高校に入学したで」

    の続きです

    1年生のインハイで優勝、それから2年経ったということで



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:11:36.32 ID:4ALGeg7o0

    2年後、初夏、麻雀部、部室


    セーラ「(感動のインハイ初制覇から2年が経った)」

    セーラ「(俺らは翌年も全ての大会で優勝して、もはや全国に敵はおらんようになった)」

    セーラ「(照は個人戦も連覇中で、最強の高校生という称号を手にした)」

    セーラ「(全国を連覇した俺ら1軍レギュラーには、専用の部屋が与えられた)」



    セーラ「(…そんな、ある初夏のこと)」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:13:11.60 ID:4ALGeg7o0

    セーラ「あいつまた遅刻か」

    菫「そのようだな」イライラ

    照「……」ペラッ

    尭深「淡ちゃん、多分、教室で寝てると思います」

    セーラ「相変わらずええ度胸やのぉ、あいつ」

    菫「江口、起こして連れて来い」

    セーラ「はぁ?なんでいつも俺やねん、尭深行って来い」

    尭深「ごめんなさい、私が起こしても淡ちゃんは起きないんです…」

    セーラ「ほな、照が行け」

    照「やだ…」ペラッ



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 21:14:42.97 ID:W9tpoPzp0

    フィッシャーは来年のエースだから(震え声)



    【セーラ「白糸台高校の三年生になったで」 セーラ「白糸台でインハイの決勝に進出したで」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    org3539130


    3 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/10/29(月) 21:54:12.40 ID:neF0Ad4gO

    初美 「姫様から頼まれたお菓子を途中で食べてしまいました…」

    春 「…」ポリポリ

    霞 「あらあら…ふふっ」

    初美 「落ち着いてる場合じゃないですよー」

    春 「…私は食べてないから」ポリポリ

    霞 「私も食べてないもの…初美ちゃんどうするの?」

    初美 「解らないから助けを求めてるんじゃないですかー!」



    5 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/10/29(月) 22:02:01.99 ID:neF0Ad4gO

    初美 「どうするんですかー!」

    霞 「あら…まずは謝るのが先なんじゃないかしら?」

    春 「同感…」ポリポリ

    初美 「春ちゃんも黒糖食べてる場合じゃないですよー…姫様ずっと楽しみにしてたんですよ?」

    霞 「だったらどうして食べちゃったのかしら…全く…」

    春 「とにかく姫様が頼んだ物を探さなきゃ…メモはある?」

    初美 「ありますよー?」ピラッ

    春 「…何を頼んでたんだか」ジィ

    霞 「どれどれ…小蒔ちゃんは何を…」ジィ

    春 「」

    霞 「」

    霞 「これはちょっと擁護出来ないわねぇ…」

    春 「頼んだ姫様のセンスを疑う…」



    7 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/10/29(月) 22:09:29.68 ID:neF0Ad4gO

    春 「塩豆大福にドラ焼きに芋羊羹って…女子高生のセンスじゃない」ポリポリ

    霞 「あら、聞き捨てならないわね…私も好んで良く食べてるわよ」

    初美 「美味しいじゃないですかー」

    春 「なんだか年寄り臭い趣味…」ポリポリ

    初美 「は、春ちゃん…!?」

    春 「…………あ」チラッ

    霞 「…春ちゃん、私は全然怒ってないわよ」ニコッ

    春 (そうやって笑顔だと余計に怖い…いっそ怒ってくれた方が楽)

    初美 「知らないですよー」ニヤニヤ



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:16:27.69 ID:ipDnZyj90

    塩豆大福もどら焼きも芋羊羹も大好きだ



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 22:16:44.96 ID:Wj/nJUUP0

    どれも好きなんだけど・・・と思ったけどよく考えたら俺女子高生じゃなかったわ



    【初美 「大変ですよー」】の続きを読む

    このページのトップヘ