大きいサイズ

    2013年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    LdVpmjv

















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/28(木) 19:55:32.08 ID:+3pwzivL0

    灼「スジがいいね、穏乃。タテに一本残ったピンも確実に倒すし」

    穏乃「そうですか?えへへ、照れますね」

    灼「これならボーリングで全国目指せるようになるのも近いよ」

    穏乃「いやいや、麻雀で目指しましょうよ!でも、タダでボーリングさせてくれてありがとうございます」

    灼「まあ、いつもレーンが埋まってるわけじゃないし、サクラみたいなもの。相互利益、Win-Winという感じだから気にしないで」

    穏乃「でも、ボーリングずっとやってたせいで汗かいちゃいましたね」

    灼「それじゃあお風呂入っていって」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/28(木) 20:00:19.56 ID:+3pwzivL0

    穏乃「それじゃあお言葉に甘えて」

    灼「こっち。ついてきて」




    穏乃「ふぅ~、生き返る~」

    灼「お年寄りみたい・・・」

    穏乃「でもあれですね。さすがに二人で浴槽に入るのは狭いですね」

    灼「でも、こうして身を寄せ合えば・・・」

    穏乃「ひゃぁ、灼さん、胸が・・・///」

    灼「ご、ごめん・・・///」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/28(木) 20:02:39.08 ID:BKP2am0+0

    阿知賀が誇るロリコンビですか

    イイネ



    【憧「誰この美少女?結婚して!」穏乃「服変えただけで大げさだよ憧…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    QqtLJEy




























    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 18:00:20.34 ID:edXkEIkr0

    キーンコーンカーンコーン

    ガラッ

    姫子「こんにちはー」

    煌「こんにちはですー」

    仁美「おう来たな1年タッグ」

    美子「やっと4人打ちできるね」

    姫子「遅れてすみません。日直でちょっと時間かかってしまって・・・」

    哩「構わんけんはよう入れ。練習すっぞ。大会も近いけんな」

    姫子・煌「「はいっ!!」」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 18:04:18.98 ID:edXkEIkr0

    仁美「んじゃ私は外で見ちょるけん」チュー

    哩「すまんな。ほんじゃ始めるぞ」カラカラ


    煌「通らばリーチです!」カッ

    哩「通らんな。ロン。18000」

    煌「すばらっ!?」

    美子「それは通らんやろ・・・ちゃんと河見んと」

    煌「それは考えたのですが・・・」

    哩「お前はもうちょい引くことも覚えんしゃい」

    姫子「次があるけん、がんばろ?」

    煌「うぅ・・・はい」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 18:07:02.55 ID:edXkEIkr0

    『下校時刻となりました。校内に残っている生徒は速やかに下校準備を・・・』

    仁美「ん。もうこんな時間か」チュー

    哩「今日はここまで。おつかれさん」

    美子「お疲れ」

    姫子「お疲れ様です」

    煌「」ポカーン

    姫子「花田ー。下校時間よー」ユサユサ

    煌「すばっ!?」ハッ

    美子「今日は散々やったからね。ゆっくり休みや」

    煌「はい・・・失礼します」ガラッ

    哩「うちらも帰るか」

    姫子「はいっ」



    【哩「私の部屋寄ってかんか?」姫子「はっはい…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ugn5ibmnm5dpuna




































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 00:13:22.06 ID:cZ3NqKPn0

    千早「バストアップには腕立て伏せが最適」

    千早「自宅で簡単にできて効果絶大」

    千早「一ヶ月で…10センチアップも夢じゃないですって!?」

    千早「なんてこと…」

    千早「こんな簡単なことに今まで気付かなかったなんて!」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 00:13:56.92 ID:ekEg6/TZ0

    バスト90のAAAカップの出来上がり!



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 00:15:53.60 ID:85XS/HYd0

    バストアップじゃなくてビルドアップじゃん



    【千早「あれ…もしかして胸筋を鍛えれば」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Tidu7cN





































    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 03:17:11.28 ID:gEimeI5k0

    小走「本当に?」

    衣「本当だ!」

    小走「本当の本当に?」

    衣「た、多分・・・」

    小走「本当の本当の本当に?」

    衣「う、うわぁあああん」

    小走「ふん、ニワカと試合するまでもなく私が勝ったか」

    初瀬「先輩さすがです!」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 03:19:33.02 ID:NFbWuKjP0

    ニワカ先輩が本気出せば対戦者の指にマメ作りまくるから



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 03:24:33.35 ID:gEimeI5k0

    初瀬「長野最強の天江衣もシメてやりましたし、次はどいつをシメてやるんですか先輩?」

    小走「次か・・・」

    初瀬「まだ決めかねてるんでしたら千里山なんてどうですか?」

    小走「千里山?」

    初瀬「ええ。関西最強とかいって調子乗ってるんでシメてやりましょうよ」

    小走「では行こうか。王者の移動方法を御見せしよう。すいません、関西の千里山女子高校までお願いします」

    初瀬「す、すごい!長野からタクシーで千里山までだなんて!」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 03:26:08.37 ID:b4ZOmYMk0

    飛行機の方が安上がりだろwwww



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 03:27:00.08 ID:q9OtL00Z0

    関西最強は愛宕洋榎ちゃんのいる姫松だろうが(震え声)



    【小走「ニワカは相手にならんよ」衣「衣はニワカじゃない!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    UKb2QeU



























    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 09:56:46.73 ID:sV3DCbTg0

    末原「あぐ!うぐ!」

      スタタタタタタタ・・・・・・

    末原「ハァハァ!」

      スタタタタタタタ・・・・・・

    末原「逃げなきゃ!早く逃げなきゃあいつが!」

      スタタタタタタタ・・・・・・

    末原「ハァハァ……」

    ???「末原さ~ん」

    末原「!!」

    ???「待ってよ~遊ぼうよ~」

    末原「嫌や!」

      スタタタタタタタタ・・・・・・

    ???「待ってってば~」

    末原「ハァハァ……」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 10:02:04.30 ID:sV3DCbTg0

       スタタタタタタタ・・・・・・

    末原「早く!早く!」

       スタタタタタタタ・・・・・・

    末原「どうして……どうしてわたしがこんな目に……!」

    末原恭子は得体のしれないなにかに追いかけられていた

    末原「逃げろ!逃げるんや!」

      スタタタタタタタ・・・・・・

    末原「ハァハァ……!」

    ???「おっかけるよー!」ガシィ!

    末原「触らんといてや!」バン!

    末原恭子を追いかけるなにかとは……

    咲「冷たいなぁ末原さ~ん」

    それは宮永咲だった……!

    咲「酷いよ末原さ~ん」

    末原「ひぃ!」スタタタタタタッ!



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 10:08:15.59 ID:sV3DCbTg0

    末原「ハァハァ……」スタタタタタタッ!

    咲「置いてかないでよ~」フラフラー

    末原「くっ……いつまで追いかけてくるんや……!」スタタタタタタッ!

    咲「どこまでも追いかけていくよ~」フラフラー

    末原「もう嫌や……」ヒッグ スタタタタタタッ!

    咲「泣かないで末原さ~ん」フラフラー

    なぜ宮永咲が追いかけてくるのかわからなかった、ただひたすらに末原は咲が怖かった

    末原「わたしがなにしたんや……」スタタタタタタッ!

    咲「ふふ~ん♪」フラフラー

    末原「ハァハァ……あ!」キキーッ!

    末原は間一髪のところでブレーキをかける

    末原「なん……やと……」

    なんと末原の前には大きな河が流れていたのだ

    末原「このままやと宮永に捕まる……」カタカタ



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 10:12:47.42 ID:sV3DCbTg0

    咲「えへへ~」フラフラー

    末原「くっ……!」

    咲「待って~」フラフラー

    末原「せーのでダイブや!!」ピョーン!

      バシャーン!!

    末原「ハァハァ!!」バシャバシャ!

    咲「ああああ!!」

    末原「急げ!急げ!」バシャバシャ!

    末原は泳ぐのは苦手だったがそんなことは言ってられない
    急いで向こう岸に着かなくては咲に捕まってしまうのだ

    末原「あぷっ!あぷあぷ!」バシャバシャ!

    咲「末原さ~ん……」

    末原「あぷっ!うぷっ!」バシャバシャ!



    【末原「カタカタ過ごしたらあっという間に昼過ぎです」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FDQre














    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 22:18:15.08 ID:+eo2JGn30

    菫「おや?ここは大会関係者以外立ち入り禁止だぞ?なんで男子が……」

    京太郎「すみません、俺、迷っちゃって・・・。一応長野県代表の関係者です」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 22:20:54.01 ID:+eo2JGn30

    菫「長野代表・・・?まさか清澄高校・・・」

    京太郎「知ってるんですか?」

    菫「まあな。だが、共学校だとしても、この大会は女子の大会だぞ?」

    京太郎「はは・・・。俺、唯一の男子部員なもんで、この大会には雑用として連れてこられたんですよ・・・」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 22:23:46.52 ID:+eo2JGn30

    菫「そうだったのか。何と声をかけてやったらいいか・・・」

    京太郎「まあ、今更なんで気にしてないっすよ」

    菫「そうか。ところで迷ったと言っていたな?どこに行きたいんだ?案内してやるぞ」

    京太郎「いいんですか?」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 22:25:50.93 ID:+eo2JGn30

    菫「ああ。それに、男子がうろうろしていては他の人間が不審に思うかもしれないしな」

    京太郎「俺は不審者ですか」

    菫「ふふ、冗談だ」

    京太郎「冗談きついっすよ」

    菫「で、どこに行こうとしてたんだ?」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 22:28:53.65 ID:+eo2JGn30

    京太郎「ええ、売店を探してたんです」

    菫「なるほど。それならこっちだ。案内するからついてきてくれ」

    京太郎「助かります。あ、俺、須賀京太郎っていいます。清澄の一年です」

    菫「私は白糸台の三年、弘世菫だ」

    京太郎「よろしくお願いします」



    【京太郎「この童貞だけは絶対死守してみせる…」菫「狙い撃つのみ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    67QFVtm
















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:49:01.91 ID:/umHEB5g0

    憩「そうやで。7日間毎日欠かさずやれば治るから、頑張ってな」

    玄「はいっ!」

    玄(小さいおもちだけだけど、堂々とおもちを味わう大義名分ができたよ!)

    玄「これから一週間、他校が東京に残ってる間にペロペロしまくるよっ!」ゴッ

    憩「頑張ってや~」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:03:10.52 ID:vDW+DXQR0

    ~1日目~

    玄「ふぅ~む、どうしようかな…」

    煌「お困りのようですね」スバラッ

    玄「あっ、すばらさん!」

    玄(よく見たらこの人も結構小さいおもちだよね…?)

    煌「どうかしましたか?」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:06:31.62 ID:c+7fguFe0

    ラスボスは姉妹丼ですね、わかります



    【玄「1日1 回小さいおもちをペロペロしないと死ぬ病気?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7ia6LSh















    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 17:42:19.48 ID:+eo2JGn30

    京太郎「気が利いてんな、咲。いい嫁さんになるな咲は」

    咲「そうかな?」

    京太郎「ああ」

    優希「京太郎のご飯にふりかけかけといたじょ」

    京太郎「勝手なことをするな優希!」

    優希「えぇーっ・・・」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 17:46:08.04 ID:+eo2JGn30

    和「須賀君の目玉焼きに塩を振っておきましたよ」

    京太郎「余計な真似するんじゃない!」

    和「すみません」

    久「須賀君のデザートの雪見だいふく、一個食べちゃった」

    京太郎「殴りますよ部長」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 17:51:32.30 ID:+eo2JGn30

    咲「あ、京ちゃん。ほっぺにご飯粒付いてるよ?取ってあげるね」

    京太郎「ちょっ、恥ずかしいだろ咲///」

    優希「京太郎!」

    京太郎「何だよ優希?」

    優希「お前、咲ちゃんにばっかり甘いんじゃないのか?」

    京太郎「んなこたねぇよ」

    久「そうかしら?」



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/27(水) 17:55:23.84 ID:oq9CBBbUO

    一人忘れてませんかねぇ……



    【咲「京ちゃんの唐揚げにレモン汁かけといたよ♪」京太郎「うわわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vceXN
















    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:11:46.07 ID:Z/+3RHw8P

    健夜(今日は早く帰って、撮り貯めしてたドラマみなきゃ……)テキパキ

    ブブブ ブブブ

    健夜(メール? 誰からだろ……うわっ、こーこちゃんだ)

    健夜(『はや☆りんの家で宅飲み! 至急Q駅前に集合されたし!』……?)

    健夜(やだなぁ……行きたくないなぁ……)

    健夜(でも行かないと、きっと家の方にまで電話がかかってくるんだろうなぁ……)

    健夜「はぁ……仕方ないか」



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:16:21.32 ID:Z/+3RHw8P

    ◇◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

    ―はやり宅―

    健夜「なんかすっごくいいところなんだけど……」

    咏「いやいや、すこやんのところには劣ると思うぜぃ」

    はやり「なんたって一戸建て、しかも、なんでもしてくれるお母さんが一緒にいるしね☆」

    健夜「うぅ……」

    恒子「ぶっちゃけすこやん、こういうデザイナーズマンションに住みたいと思わないの? お金なら山ほどあるでしょ?」

    健夜「お金はお母さんに預かってもらってるから……」

    恒子「うわぁ……」

    咏「おいおい……とってもアラフォーには思えないねぃ……」

    はやり「さすがのはやりも、少し引いちゃうかも☆」

    えり「……」



    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:23:56.54 ID:Z/+3RHw8P

    咏「ん~? なんかえりちゃんノリ悪くね? 知らんけど」

    えり「……仕事の途中で拉致られたら、誰でもこうなりますよ」

    恒子「え、フケてきたんですか……さすがっすね先輩!」

    えり「……」イラッ

    咏「いやいや……まさか定時以降も働いてるような人間がいるとは思わなくてさぁ!」ケラケラ

    咏「そのまま連れてきちゃった! 知らんけど」

    はやり「まぁ今日はそんな日々の業務の疲れを癒す慰労会ってことで☆」

    はやり「ほらほら☆お寿司もイタリアンのオードブルもたくさんあるよ!」

    咏「おぉ~」



    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:28:12.53 ID:Z/+3RHw8P

    恒子「イタリアン……はやりんって確かフレンチの方が好きだったんじゃ……」

    はやり「お酒たくさん飲むのに、油類多使用のフレンチはちょっと気が引けちゃうの☆」

    健夜「あぁ……」

    はやり「……すこやんもアラフォーなんだから、油断してるとお腹がハンバーガーみたいになっちゃうぞ☆」

    健夜「アラサーだよ! それにご飯はお母さんがちゃんと考えてくれてるから平気だよ!」

    恒子「うわぁ……」

    咏「知らん……ノーコメント……」

    えり(はやく帰りたい……)



    15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:30:53.95 ID:zMd66ud50

    このアラサーキツい



    16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:31:22.97 ID:Z8F+1FOm0

    アラフォーだよ!!!



    17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:33:21.48 ID:O+a0c/+4P

    こんなアラフォーはこーこちゃんぐらいしかもらってくれませんね



    【健夜「コンマは絶対」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    e3sd2e7fp9zhc6d


























    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:16:15.09 ID:D2ySKaWm0

    ガチャッ

    佐天「あー……でも会社だるいなー……」靴トントン

    佐天「3年持たないかも……」トコトコ



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:16:49.29 ID:P2KA7C+Q0

    美人やしデカパイやし寿退社やろこれは



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:24:06.75 ID:D2ySKaWm0

    佐天(でも贅沢な事言ってられないよね……)トコトコ

    佐天(わざわざ転職してブラックにでも当たったらそれこそ地獄だろうし)

    佐天「はぁ」トボトボ

    御坂「佐天!」タッタッタッタ

    佐天「あ、御坂さん」

    御坂「おはよう~」タッタッタッタ

    佐天「おはようございます」ペコッ

    御坂「そんな覇気のない歩き方してて……しっかり身を入れて仕事しなきゃダメよ」バンバン

    佐天「は、はい」アセアセ

    御坂「じゃあね」タッタッタッタ

    佐天「あ、行っちゃった……」

    佐天(御坂さんはうちの親会社である超大企業の社員。でも毎日本当に忙しそう……)

    佐天(上に行くのも考えものね)

    佐天(呼び捨てにされるのやっとなれてきたわ)



    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:30:02.29 ID:D2ySKaWm0

    ――オフィス――


    佐天「……」カタカタカタカタ

    佐天「……」カタカタカタカタ

    佐天「ふぅ」

    佐天(こんな誰でも出来る仕事……退屈だわ)

    上司「佐天ちゃん、これのコピーとっておいて」

    佐天「あ、はーい」スクッ

    佐天「……」トコトコ

    佐天(でもまぁ出来ないような事させられるより遥かにマシよね)ピッ カシャーン

    佐天「……よし」トットッ

    佐天「コピー、ここに置いておきますねー」スッ

    上司「ありがとー」

    佐天(周りも優しいし)



    14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:31:44.58 ID:DbPH50cu0

    サテンさんにシンパシー感じるwwwww



    16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:35:12.74 ID:pWRW8m9x0

    誰でもできる仕事しか任されなかったらストレスやばいだろうな・・・



    24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 21:52:44.02 ID:yy/lTNLE0

    >>16
    かと言ってできない仕事をやらせても…



    【佐天涙子(23)「よし! 頑張れ自分!」】の続きを読む

    このページのトップヘ