大きいサイズ

    2013年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 19:18:52.11 ID:cOBVSZK4O

    琥珀自室

    琥珀「年末ですねー」オコタデミカンムキムキ

    志貴「ですね。今年も色々ありました」ミカンムキムキ

    琥珀「秋葉様が怒声を上げた日は最早数えきれませんよ」オヨヨヨ

    志貴「まぁ秋葉はいつもあんな感じだから、諦めてください」

    琥珀「志貴さんが抱きしめてそっと耳元で一言言って頂ければそうでも無さそうですけどねー」

    志貴「またまた冗談。俺の手にはもう負えませんよ」

    琥珀「(……志貴さんが素直になってさえいただければ遠野家乗っ取り計画も現実味を帯びるんですけどねぇ)」

    志貴「あ、琥珀さんテレビのリモコン取ってください」

    琥珀「はいはいー」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 19:19:32.59 ID:8aP/k7EG0

    翡翠ちゃんはでますか?



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 19:21:35.44 ID:cOBVSZK4O

    志貴「……やっぱり年末だとどこもかしこも特番ばかりですね」タナカアウトー

    琥珀「毎年毎年殆ど同じ内容ですからそろそろ飽きがきちゃいます。ゲームでもやります?お勧めハードはプレステです!」

    志貴「いいですね。何があるんですか?」

    琥珀「グルーヴ地獄Ⅴですっ!」

    志貴「ちょっと年末に無間地獄を体験するのはよしたいので他にありませんか?」

    琥珀「あら、残念です。じゃあ無難なところで桃鉄でも」

    志貴「まぁ、さっきよりかはましですね。でも二人でやるのもあれですから秋葉たち呼んできますか?」

    琥珀「その必要はありませんよっ!秋葉様なら翡翠ちゃんと仲良くランデブーしているから行っても無駄です!」

    志貴「?」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 19:24:22.11 ID:cOBVSZK4O

    ――三咲町内某所

    秋葉「翡翠。何故私たちは年末にスーパーを梯子しているのかしら」

    翡翠「志貴様が秋葉様が買ったシャンバリーレを早急に欲しいと仰っていたので」

    秋葉「翡翠。シャンバリーレの用法を知っているかしら」

    翡翠「いえ」

    秋葉「主に、果てしないお使いよ」



    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 19:26:45.25 ID:brDMUvg+O

    カレー先輩は出ますか?



    【琥珀「年末ですね。志貴さん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 23:25:48.20 ID:6YRD5iJaP

    年末・黒の組織 リビング

    ウォッカ「うぅ~、さむさむ~。こたつこたつ」バタバタ

    ウォッカ「今朝は特に冷えるな」コタツモグリー

    ジン「おい、ウォッカ」

    ウォッカ「あ、おはようごぜえます!兄貴!」ヌクヌク

    ジン「ああ、それよりもうすぐ始めるぞ」

    ウォッカ「へい!うちの組織の年末恒例行事……」

    ジン「ああ、餅つき大会だ」ニヤリ



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 23:28:01.93 ID:1YzEcBZf0

    ほのぼのするじゃねえかおい



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 23:31:31.12 ID:6YRD5iJaP

    ジン「もうすぐもち米の準備ができる、あとはキャンティに任せてきた」

    ウォッカ「臼も杵も庭に出してますぜ!いつでも始められますぜ!」

    ジン「そうか、少し休憩してもち米を待つか……ウォッカ、ココアでいいか?」

    ウォッカ「あ、俺がいれますよ!」

    ジン「いや、いい。ついでだ。お前もココア多目、砂糖多目だったな」コポポ

    ウォッカ「へい!兄貴と同じです!」



    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 23:39:22.56 ID:6YRD5iJaP

    ジン「ココアはやっぱり森永だな……バーボンが取引先からもらったクッキーがあったな、あれも出すか」コポポ

    ウォッカ「……」ジーッ

    ジン「恋はスリル、ショック、サースペーンス」ハナウター

    ウォッカ「……」ホッ

    ジン「ん?どうした、ウォッカ」コタツモグリー

    ウォッカ「い、いえ。なんでもねえをです!餅つき楽しみですね、兄貴」

    ジン「ああ。貰い物だがクッキーがあるぞ、なかなかいけるぞウォッカ」モグモグ

    ウォッカ(兄貴、機嫌良さそうでよかったぜ)



    【ジン「ウォッカ、餅つき始めるぞ」ウォッカ「へい!兄貴!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:12:19.33 ID:mWt88Z+/0

    穏乃「和、憧。おっはよー」

    憧「おはよう」

    和「おはようございます」

    穏乃「へへっ……早速で悪いんだけど、どっちか昨日の数学の宿題見せてくれない?」

    憧「なによー、またやってないのか!あんたは!」

    和「穏乃、宿題は自分でするものだと何度も注意したはずですが」


    ピンポンパンポーン

    久「一年生、二年生、三年生の生徒のみなさん。全員講堂に集まって下さい。学園長から大切なお話があります」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:16:19.06 ID:mmgKwcXy0

    あれ?みんな一緒か?



    4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:22:29.49 ID:mWt88Z+/0

    講堂

    憧「大切な話って何かしらね」

    穏乃「学食のメニューが増えるとか!?」

    和「それのどこが大切なお話なんですか。もっとこう真面目な話でしょう」

    憧「次のテストで全教科赤点の生徒は退学とか……ニシシシ」

    穏乃「そ、それは困るよおぉぉぉぉぉ」カタカタ

    和「もしや……、誰かうちの生徒が不純同性交遊したとか……」



    ~~~~~~~~~~

    霞「こんにちわ。学園長の石戸霞、17歳です☆非常に残念なお知らせがあります、国立音ノ木坂iPS学院が廃校になる事が決定致しました!」

    穏乃「」

    憧・和「ふぁっ!?」



    【穏乃「私達の学校が廃校になるって!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 21:29:48.27 ID:DABVJEh00

    海未「穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果」

    ことり「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」

    絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカホノチカ」

    穂乃果「くっ、追い詰められた…!」

    穂乃果「こうなったら自分の家に隠れるしか…」

    ガラッ

    雪穂「オネエチャンオネエチャンオネエチャンオネエチャンオネエチャン」

    穂乃果「」



    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 21:41:02.92 ID:J/1nJQAb0

    スピリチュアルなスレやね



    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 21:53:52.12 ID:DABVJEh00

    雪穂「オネエチャンノパンツオネエチャンノパンツオネエチャンノパンツ」

    穂乃果「ま…窓から逃げなきゃ…!」

    ガシャーン

    穂乃果「駄目だ…もう家にもいられない」

    穂乃果「とにかく逃げよう…ほのキチ達に絶対見つからないような…遠くへ…」

    穂乃果「うぅ…どうしてこんなことに…」グスッ



    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 21:56:01.04 ID:KT32KaKC0

    雪穂が憂に見えた



    【穂乃果「ほのキチ達が襲ってくる…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:13:25.44 ID:ZrHVAGWyO

    灼「は?意味が分からな…」

    玄「灼ちゃんは私にひどい事したよね?」

    灼「私何かした?」

    玄「…灼ちゃんそんなに私を怒らせたいんだね…」

    玄「しょうがないからヒントをあげるよ」

    灼(いったいなんなんだろ?)



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:16:09.41 ID:ZrHVAGWyO

    玄「みんなが集まって麻雀部ができてインターハイで決勝まで行ったよね」

    灼「うん、ハルちゃんの指導のおかげだと思…」

    玄「灼ちゃんって何かにつけてハルちゃんハルちゃん言ってるよね」

    灼「確かにそうかも…それが嫌ってこと?」

    玄「それも嫌だけど違うよ」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:17:02.25 ID:igD14UjK0

    クロアラすき



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:19:17.45 ID:ZrHVAGWyO

    灼「嫌なんだ…」

    玄「嫌に決まってるよ!いっつも先生のことばっかり考えちゃってさ」

    灼「そんな事ない!ちゃんとみんなのことも考えてる」

    玄「部長として頑張って先生に褒めて貰うためだよね」

    灼「違っ」

    玄「違わないよ!」



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/31(火) 00:21:51.39 ID:hiQBMr0O0

    玄灼って強そう
    水滸伝にいそう



    【玄「灼ちゃんは私に謝らなきゃいけないよね?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29 23:18:30 ID:D3CqAvQ60

    透華「は?」

    一「ええっ?」

    衣「ふんふむ」

    純「マジで!?」

    智紀「…ほぅ」



    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29 23:21:14 ID:D3CqAvQ60

    ハギヨシ「宮永さ…」

    咲「あ、そ、それじゃあ私はこれでっ!!」シュバッ

    一「え?返事も聞かずに帰っちゃうの?」

    衣「咲ー、また遊びに来るとよいぞー」バイバーイ


    ~~~~~


    咲「うわああああん!どうしよおおおおおおおお!!」ジタバタ

    久「ちゃんと告白してきたようね。偉い偉い」ナデッ



    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29 23:24:10 ID:D3CqAvQ60

    咲「ううっ、恥ずかしくて死にそうです…」グスッ

    久「たかが愛の告白くらいで何を恥ずかしがってるのよ」

    咲「だって誰かに告白するのなんて初めてだし」

    咲「それに、私みたいな何のとりえもない小娘がハギヨシさんのような完璧な人になんて分不相応で…」

    咲「きっと今頃鼻で笑われてるに違いないよおおおおおおお!!」ジタバタ

    久「何でそんなに卑屈なのよ…」



    【咲「あのっ、好きですっ!!」ハギヨシ「私…ですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 : ◆yfWmR9mD4k 2013/09/03(火) 02:04:53.08 ID:EeVspyYxo

    ――――――――――――事務所


    ちひろ「いやいやいや。給料日この間だったじゃないですか?」


    mwPhvjx
    千川ちひろ(??)


    P「まあ……いろいろありまして」

    ちひろ「あっ……まさか、風俗やキャバクラに行ってるんじゃないでしょうね?」

    P「ち、ち、違いますよ!……その……いろいろです」

    ちひろ「でも、どうするんですか? 出費もこれからあるでしょう?」

    P「一応、生活する最低限の家賃や携帯代などは残してます」

    ちひろ「……まあ、それならいいんですが」



    ちひろ(って……よくねーよ! スタエナ買ってくれないじゃん!)




    2 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/03(火) 02:05:27.77 ID:EeVspyYxo

    P「そういうわけでして……今回はドリンクは無しで……」

    ちひろ「ちょっと待った!!」

    P「えっ?」

    ちひろ「はあぁ……仕方ありませんね。いつも、お世話になってるPさんですし」

    P「まさか……」

    ちひろ「500MCでスタ5本+2本おまけしますよ」

    P「やったあああ! さすがちひろんさんです! ありがとうございます!!」

    ちひろ「もう……今回だけですからね?」



    ちひろ(まあ、これでも十分利益は出るんだけどね……)



    3 : ◆yfWmR9mD4k 2013/09/03(火) 02:06:20.18 ID:EeVspyYxo

    ――――――――――――後日、事務所


    ぐぎゅるるるるるるるるる


    ちひろ「Pさん」

    P「はい」

    ちひろ「お腹鳴りすぎですよ」

    P「お恥ずかしいです……」

    ちひろ「ご飯食べてないんですか?」

    P「一応食べてます」

    ちひろ「じゃあ、どうしてそんなにお腹が?」

    P「今日はテレビの収録無いですから……」

    ちひろ「どういうことです?」

    P「テレビの収録だとお弁当出ますからね。お昼代が浮きます」

    ちひろ「朝は?」

    P「カロリーメイトで」

    ちひろ「夜は?」

    P「お弁当の残りを……」

    ちひろ「何やってるんですか! いつか倒れちゃいますよ!?」

    P「ですね……この間調子に乗って30000MC使ったのがまずかったかな?」



    ちひろ(ヤバいっ!!)



    【千川ちひろ「は? 金が無い?」モバP「…ええ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 01:23:59.09 ID:11b2Hl59P

    P「変じゃないと思うけど、何かあったのか?」

    貴音「みんなが口を揃えて私のお尻はやばいと言うのです……」

    P……確かにある意味やばいな」

    貴音「!」

    P「い、いや悪い意味じゃなくてだな」



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:01:12.71 ID:okTQFz8w0

    貴音「やばいとは一体どういうことなのですか!?」

    P「いや…その…まぁ…」

    貴音「まさか、私が気づいていないだけで何か重大な病なのですか!?」

    P「落ち着け!病気なんかじゃないからな!?」



    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:04:09.21 ID:okTQFz8w0

    貴音「お願いです、私も覚悟は出来ています!病なら病とはっきりと!」ウルウル

    P「違うって!病気なんかじゃないからな!?」

    貴音「では何故皆は私のお尻をみてヤバイというのですか!?」

    P(どうする!?本当のことを言うか!?でも、もしそんなことしたら…)



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/30(月) 02:05:36.67 ID:UuZmBJRl0

    巨尻ちん



    【貴音「あなた様……私のお尻はどこかおかしいのでしょうか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:05:40.99 ID:gFlBiYAM0

    小鳥「なんで・・・私の何が悪いの・・・」ウルウル

    >>3「>>8が悪いんじゃないですか?」



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:06:32.15 ID:0RpKtBM00

    春香



    8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:08:37.29 ID:SOMKc906P




    10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:09:16.59 ID:MV56SftU0

    確かに髪色緑はダメだな



    11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:10:40.30 ID:quhBoDCfO

    ファッキューハルカッス



    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 23:12:28.91 ID:gFlBiYAM0

    春香「頭が悪いんじゃないですか?」

    小鳥「グスッ・・・えっ?頭?」

    春香「そうやっていい歳してメソメソしてるとすごく頭が悪そうに見えますよ?」

    小鳥「・・・」

    春香「やっぱり頭が悪そうな人って印象が良くないでしょ?男女関係なしに」

    小鳥「た、確かに・・・」

    春香「別に泣くのは構わないと思います、私だって恋くらいしたいですし」

    春香「でもそういうのは独りの時だけにしましょうよ」



    【小鳥「今年も彼氏ができなかった・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 20:07:37.63 ID:gqAA5bzC0

    戦刃「ええと…盾子ちゃんの言ってたカラオケボックス…ここだ」

    戦刃「カラオケって入るの初めて、かも」

    戦刃(でも盾子ちゃんが遊びに誘ってくれるのは間違いなく初めて…嬉しい…)

    戦刃「一番奥の部屋だっけ…」

    戦刃「盾子ちゃん、来たよー」ガチャ

    戦刃「…!?」



    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 20:08:27.28 ID:gqAA5bzC0

    江ノ島「おっそーいっ!約束の時間ピッタリに来るとか何考えてんの!?」

    江ノ島「アタシも苗木もとっくに待ちくたびれちゃってるんですけどー!」

    江ノ島「ねー苗木ー?」

    苗木「うぅ…」

    戦刃(…苗木くん!?)

    戦刃(な、苗木くんが、)

    戦刃(エプロンドレスに犬耳カチューシャつけて、)

    戦刃(盾子ちゃんの靴を舐めてる…)



    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 20:10:06.73 ID:gqAA5bzC0

    江ノ島「オラ犬、ご奉仕のセリフ忘れちゃったの?」ゲシ

    苗木「はいぃ…ボクみたいなクズのド変態に盾子様のお靴を綺麗にさせていただけてるなんて最高の幸せです…」ペロペロ

    江ノ島「ん!哀れっぽさが漂う今にも泣きだしそうな声色はナイス!」

    江ノ島「でもただセリフを読み上げればいいってもんじゃねーんだよっ!」

    江ノ島「もっとエロい息遣いで靴を嬉しそうにしゃぶりながらしゃべれ!やり直し!」

    苗木「うぅ…ボクみたいなクズのド変態にぃ…」ペロペロ

    戦刃「い、一体何が」

    江ノ島「はーっ絶望的に察しが悪いねお姉ちゃん」

    江ノ島「どっからどうみても『苗木の弱味を握って奴隷にしてる』って図でしょうが、言わせんな恥ずかしい」



    5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/29(日) 20:10:48.27 ID:gqAA5bzC0

    戦刃「どうしてそんなことに…?」

    江ノ島「ははーんそう来ると思ってたよ、ホントお決まりのセリフしか吐けないんだねぇ」

    江ノ島「まぁそんな残念なお姉ちゃんの為に説明してあげるとねぇ…『かくかくしかじか』ってことだよ」

    戦刃「えっと…全然わからない」

    江ノ島「はぁ!?これ一語で伝わらないとかアンタホントにフィクションのキャラクター!?」

    江ノ島「もういい、苗木、アンタが説明しな!」

    苗木「うぅ…実は昨日…」



    【江ノ島「苗木の弱味を握って無理矢理女装させる」】の続きを読む

    このページのトップヘ