大きいサイズ

    2014年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405687816/l50

    1 : ◆9NgV143E7U 2014/07/18(金) 21:50:16.42 ID:yG4r4d0SO

    インハイ出立前、ある日の宮永家

    咲「ねぇ…お父さん…?」

    界「ん?」

    咲「聞きたいことがあるの…」

    界「何だよ?暗い顔して」

    咲「私とお姉ちゃんって……本当に姉妹?」




    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 21:52:06.50 ID:yG4r4d0SO

    界「おいおい何言い出すんだ。そりゃ確かに離れて暮らしてはいるがな、お前と照はれっきとした姉妹だよ!神様も言ってるんだ!」

    咲「う、うん…(神様?)」

    界「なんだ?やっぱりインハイで照に会うの、不安か?」

    咲「そんなことないよ!今なら…麻雀を通してなら、きっとお姉ちゃんとお話できる!」ギュ



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 21:54:02.32 ID:yG4r4d0SO

    界「……咲。…そうだな、お前がその気なら、きっと照とも仲直りできるさ。」

    咲「ありがとう、お父さん。」

    界「まぁ…咲と照が仲直りしても、照は俺のこと“お父さん”って呼んでくれるかはわからんがな…(こんな頼りない男が父親じゃなぁ…)」

    咲「や、やっぱり!」

    界「え?」



    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 21:58:48.07 ID:yG4r4d0SO

    咲「そうだったんだ…だから…お母さんは…お姉ちゃんと一緒に…」

    界「お、おい、どうした?」

    咲「お父さん……お姉ちゃんは…宮永照はお父さんの子供じゃないんだね…」

    界「は?」

    咲「お母さんが…他の男の人との間に作ったんだね…」

    界「おい…」



    【【咲SS】界「宮永家日和」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406692928/l50

    1 : ◆p3yuNM37DY 2014/07/30(水) 13:02:08.03 ID:7gCY2DY+O

    待合室


    P「みんな、収録頑張ってるかな」


    P「あ、そういえば竜宮小町も同じ収録なんだよなー」


    P「……さて、もうすぐ終わるよな」






    ガチャッ


    P「おっ、誰か戻って来たか?」


    あずさ「あら?プロデューサーさん……?」


    P「あずささん?あれ?ここ、竜宮小町の待合室じゃないですよ?」


    あずさ「えっ?す、すみません、また迷っちゃったらしくて…」


    P「大丈夫ですよ。えっと、それよりも……」


    P「ど、どうしたんですか?そんなびしょ濡れのTシャツ姿で……」





    2 : ◆p3yuNM37DY 2014/07/30(水) 13:07:18.74 ID:7gCY2DY+O

    あずさ「それが、さっきの収録で……」


    あずさ「亜美ちゃんが、お湯のお風呂に私を突き落としちゃいまして…」


    P「えぇ!?何で!?」


    あずさ「私は『押さないでね?押さないでね?』と忠告したんですけど……」


    P「あぁ……」


    あずさ「亜美ちゃん、反省してくれましたしそれはいいんですけど…その…」


    あずさ「ちょっと寒くて……すみませんが、タオルありませんか?」


    P「あっ!そうですよね、すみません!えっと……」ガサゴソ



    3 : ◆p3yuNM37DY 2014/07/30(水) 13:10:16.27 ID:7gCY2DY+O

    P「どうぞ」


    あずさ「ありがとうございます」


    P「ささっ、座って座って」


    あずさ「はい……よいしょっと」ストンッ


    P(いやぁ~、まさかあずささんが来るとは……)


    P(…………ん?あれ、何か体に違和感が……)



    P(…………あっ)








    P(やべぇ、ズボンのチャック全開だったよ……)



    【P(チャック開いてる…)あずさ(下着見えてる…)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405344939/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 22:35:39.87 ID:UhU108d3O

    一作目、真姫「暑い...」海未「えぇ...」
    二作目、真姫「ある夏の」海未「μ's」

    一年トリオかわいすぎる
    加えてのんたんも最近じわじわくる

    一作品目と二作品目とは話は別に繋がってるわけじゃないです。






    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 23:28:47.48 ID:UhU108d3O

    ちなみにストーブの人のSSを見て書き始めました!




    ピンポーン






    海未「はーいどちら様ですかー?」

    がちゃ

    真姫「こんにちは、海未」

    海未「真姫、どうしたんですか?家に来るなんて」

    真姫「暇で散歩してたら海未の家の付近まで来てたから寄ってみたのよ」

    海未「そうですか..あ、どうぞ上がってください」

    真姫「じゃあお邪魔するわ」













    海未「今日は誰もいないので緊張しなくていいですよ」

    真姫「別にしてないわよ」




    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 00:02:57.01 ID:0aJWb+2nO

    真姫「海未は今日何をしてたの?」

    海未「テレビ見ながらのんびりしてましたよ」

    真姫「海未ってテレビ見るのね。以外だわ」

    海未「真姫の中の私はどうなってるんですか...」

    真姫「テレビなんか見ずに読書してる武闘家」

    海未「訳がわかりません」










    真姫「ざっくり言うと、クラスのみんながカラオケ行くっていうのに一人だけ行かずに本屋によってる人」

    海未「妙にリアルですね」



    【真姫「海未と」海未「真姫と」うみまき「テレビ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405916940/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:29:10.86 ID:D5ofQoH90



    ガララー

    穂乃果「ただいまー」


    雪穂「おかえりなさい。お姉ちゃん当てにダンボールが届いてるよ」


    穂乃果「私に……?」


    雪穂「うん。はい、これ」


    穂乃果「思ったより小さいね。なにが入ってるんだろう」


    雪穂「え、お姉ちゃんが頼んだんじゃないの?」


    穂乃果「うーん、そんな記憶ないけどなぁ」


    雪穂「取り敢えず開けてみたら? もしかしたら忘れてるだけかもしれないし」


    穂乃果「うん、そうしてみる」






    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:33:16.40 ID:D5ofQoH90


    穂乃果「これは……眼鏡?」


    雪穂「お姉ちゃん、視力悪かったの?」


    穂乃果「ううん、全然」


    雪穂「そっか、もしかしたら届け場所間違えたのかも。問い合わせてみるね」


    穂乃果「うん」


    穂乃果「そういえば、1度も眼鏡かけたことないや」


    穂乃果「少しだけならいいよね」スチャッ


    穂乃果「ん……これ、伊達眼鏡だ」


    穂乃果「なんで伊達眼鏡……他になにかあるかな」ガサゴソ



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:36:40.58 ID:D5ofQoH90


    ______________________

    好感度数値化眼鏡の使用について

    ・この眼鏡をかけることによって相手の好感度が数値化され、表示されます

    好感度の計測は以下の通りになっています

    0以下---興味なし
    00---10無関心
    11---40普通
    41---80好き
    81---100大好き
    100以上---知らない方があなたの身のためです

    ______________________


    穂乃果「………へぇ」


    穂乃果「(この眼鏡をかけてたら、相手の好感度が分かるんだ。結構気になってたんだよね。皆が穂乃果のこと、どう思ってるのか)」


    穂乃果「(もし、0以下がいたら……考えるのやめよ)」


    穂乃果「(明日が楽しみだなぁ……!)」ワクワク



    【穂乃果「――」海未「……穂乃果、どうかしましたか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406718568/l50

    1 : ◆6FsPUKC7KlP8 2014/07/30(水) 20:09:38.78 ID:DMCO1lEE0

    渋谷凛「なの?」

    星空凛「にゃ?」

    松岡凛「なんだ?」





    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 20:10:21.09 ID:ByNKLLne0

    ついに来たか……!



    3 : ◆6FsPUKC7KlP8 2014/07/30(水) 20:10:35.25 ID:DMCO1lEE0

    凛「ひぃっ!? は、裸の男の人がいるにゃー!?」

    凛「あ、あなた早くこっちへ! そ、そこの変態男……それ以上近づくと警察を呼ぶわ……!」

    凛「は……はぁっ!? ちょ、ま、待て! なんで人をそんな変質者みたいに……」

    凛「そんなブーメランパンツ一丁でズブ濡れの男が何言ってるのよ!」

    凛「こ、怖いニャあ……」ぶるぶる



    4 : ◆6FsPUKC7KlP8 2014/07/30(水) 20:13:33.43 ID:DMCO1lEE0

    凛「いや待て、説明させろ! この格好はついさっきまで水泳の練習中だったからで……」

    凛「というかなんだここ!? なんで俺はこんなとこに連れてこられたんだ!?」

    凛「それはこっちのセリフ。トレーニング中だったのにいきなりこんな場所に……」

    凛「り、凛もμ'sの皆と一緒に練習してたのに気付いたら……」

    凛「ん……凛……?」

    凛「え……凛……?」

    凛「え? なに? ど、どうかしたのかにゃ?」



    6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 20:14:56.87 ID:o5m5W95aO

    ややこしすぎワロタ



    【凛「これはいったいどういうこと――」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406657878/l50

    1 : ◆nv1kPr3aqINd 2014/07/30(水) 03:18:08.71 ID:hqbIO2mh0

    ことまきです


    時系列などは特にありません。パラレルです。


    呼称はアニメ基準です。



    その他オリジナルの設定も若干入っています。


    長くなりません。



    よろしくお願いします。





    2 : ◆nv1kPr3aqINd 2014/07/30(水) 03:21:36.87 ID:hqbIO2mh0

    真姫「……な」


    真姫「どういうことお母さん!!!」



    真姫「え……? いや、友達なの?」



    真姫「理事長と?」

    真姫「知らなかったんだけど……」








    真姫「だからって、なんでこういうことになるの!?」


    ことり「――あはは……よろしく」



    真姫「うぅ……」


    真姫「誰かをウチに泊めるの初めてなんだけど……」



    ことり「あ、そうなんだ。わ、私で大丈夫かな……」




    3 : ◆nv1kPr3aqINd 2014/07/30(水) 03:22:47.62 ID:hqbIO2mh0

     聞くところによると、お母さんと理事長は友達だったらしい。

     今までは会う機会も少なかったけれど、私が音ノ木に入学したことでまた繋がりが出来て、そうしたら何故かことりが泊まりに来た。



    真姫「べ、別にいいんじゃないの!?」



    ことり「本当!?」


    真姫「え、ええ……」


    ことり「私も海未ちゃんと穂乃果ちゃん以外の人の家に泊まるのは初めてなんだ!!」


    真姫「そ、そうなの?」

    ことり「うん!」

    ことり「真姫ちゃんでよかった!」



    真姫「あ、あっそ……///」




    真姫「……」

    ことり「……」



    ことり「そういえば私たち、あんまり話したことなかったね。あはは……」


    真姫「そ、そうね……」


    真姫「……」



    ことり「……」


    真姫「そ、そろそろ夕ご飯みたいよ!」



    【真姫「小鳥のさえずり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404839950/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 02:19:11.43 ID:EmPRFOrSO

    恒子「えっ!?そんなのあるの?」

    健夜「うん。どうしても華があるのは女性プロだけどね。男性は燻し銀な人たちが多いんだよ。」

    恒子「おじさんが多いイメージだなぁ。」

    健夜「若い人もいるんだよー」

    恒子「じゃあすこやんは若い男狙い…と。」メモメモ

    健夜「ちがうよ!!そーいうのじゃないの!ただ交流して楽しむだけ!」

    恒子「ふーん…まぁすこやんが楽しいならいいか。じゃあ今日はこれで…」

    健夜「バイバイ」

    健夜(そう…ただ交わって愉しむだけ…)





    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 02:19:51.03 ID:EmPRFOrSO

    【注意!】
    18禁な描写がたくさん出てきます

    原作イメージぶち壊しです

    ストーリー性もありません

    要は薄い本と同じ


    ※ひっそりやるので忘れた頃にsage進行の予定。気になる方はお待ちください。



    6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 03:54:55.28 ID:RK1O5x0vo

    乱交しか思い浮かばないわ



    7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 04:43:36.11 ID:JEKWpOixO

    大沼南浦くらいしか知らないけど
    そんな今って男性プロ出てるわけ?



    9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 04:57:43.01 ID:ajM7CqV+o

    >>7
    モブでしょ。薄い本ではふつーふつー



    11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 11:17:55.19 ID:EmPRFOrSO

    麻雀協会のとある建物


    健夜「こんばんは」

    そこでは数人の男性プロ雀士が集まり、ささやかな宴が始まっていた。

    「やぁ、小鍛治プロ。先に始めちゃってるよ。」

    健夜「…もう始めてるんですか?お元気ですね。」クスクス

    咏「んっ…あっ…すこやん…ごめんねぃ、始めちゃってるぜぃ」

    部屋の奥では三尋木咏に男が群がって可愛がっていた。

    男達は、咏の着物のあわせ目から手を滑り込ませ、かわいらしいおっぱいをまさぐる。
    膨らみこそ僅かなものの先端は既に硬くなっており、指で刺激するたびに咏から甘い吐息が洩れる。



    【健夜「男性麻雀プロと交流会」【R18】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405949680/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 22:34:50.11 ID:svWkFgQe0

    ※SS投稿9回目
    ※キャラ崩壊があるかもしれません





    2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/21(月) 22:35:30.40 ID:svWkFgQe0

    穂乃果「……何言ってるの絵里ちゃん?」

    絵里「ほら、私達が結婚したらどちらかの苗字になるでしょ?」

    穂乃果「(全然意味分かんないよぉ…)」

    絵里「その時にどちらの苗字が良いかなと私は考えているのよ」

    穂乃果「その前に穂乃果達いつ結婚する事になったの?」

    絵里「私的には高坂の方がいいと思うの」

    穂乃果「あれー?穂乃果事無視?」

    絵里「高坂なら穂乃果が私の夫という事になるわよね…ハラショーじゃない」

    穂乃果「全然ハラショーじゃないよ絵里ちゃん」

    絵里「もちろん絢瀬穂乃果も捨て難いわ、愛妻穂乃果……思い浮かべるだけでキューティーパンサーしてしまいそうだわ」ジュルリ

    穂乃果「ダレカタスケテー」

    絵里「私が帰ってきて出迎えて穂乃果は私にこう言うの……」

    _
    __
    ___

    穂乃果「お帰りなさい絵里ちゃん!ご飯にする?お風呂にする?それとも……穂乃果?」



    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/21(月) 22:36:03.75 ID:svWkFgQe0

    絵里「勿論穂乃果よ!それより穂乃果…「絵里ちゃん」じゃなくて「あなた」って呼ぶように言ったわよね?」

    穂乃果「あ、ごめんなさい…」

    絵里「いけない子ね……いけない子にはしっかりと教え込まないといけないわね」

    穂乃果「あ、あなた……///」

    絵里「もう遅いわ……今日は寝かさないわよ?」キリッ

    ___
    __
    _

    絵里「ハッラショォオオオォォオォォオォオ」

    穂乃果「絵里ちゃんうるさいよ」

    絵里「こんな素晴らしい日々が手に入るのに叫ばずにはいられないわ!」

    穂乃果「あ、やっと穂乃果のいう事に反応してくれたね」

    絵里「これが絢瀬穂乃果となった時のメリットの1つよ!」

    穂乃果「まだあるんだね……」

    絵里「よくぞ聞いてくれたわ!次は愛妻穂乃果との朝よ!!」

    穂乃果「あ…やらかした……」



    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/21(月) 22:36:36.90 ID:svWkFgQe0

    絵里「朝穂乃果はエプロンを付けて私を起こしに来てこう言うの……」

    _
    __
    ___

    穂乃果「あなた!朝だよ!!早く起きないとお仕事遅れちゃうよ?」ユサユサ

    絵里「あと5分だけ……」

    穂乃果「もう!いっつもそう言って!起きないならいってらっしゃいのちゅーしないよ」

    絵里「今起きたわ」ガバッ

    穂乃果「おはよう、あなた」

    絵里「ええ、おはよう穂乃果……それよりおはようのキスがまだだったわね」チュ

    穂乃果「ん…もう、いきなりはずるいよ絵里ちゃん///」カァ

    絵里「穂乃果が愛おしいから仕方なかったのよ」

    穂乃果「絵里ちゃんてば……それよりご飯出来てるよ!」

    絵里「穂乃果の頂きにいきましょうか」

    穂乃果「その前に、お顔と歯を磨いてきてね?」

    ~洗顔、歯磨き&食後~

    絵里「今日も美味しかったわ……そろそろ時間だし行くわね」

    穂乃果「うん!お仕事頑張って!じゃあ、いってらっしゃいのちゅーだよ」チュ

    絵里「ん……ありがとう穂乃果」チュ
    ___
    __
    _

    絵里「スッパシィイィィイイバァアァァアアァァア」

    穂乃果「だからうるさいよ絵里ちゃん」

    絵里「最高の未来設計だわ……伊達にKKEの名を冠するだけあるわ」

    穂乃果「P(ポンコツ)H(ヘンタイ)E(エリーチカ)だよ」

    絵里「これは愛よ!愛してるばんざーいよ!」

    穂乃果「穂乃果はばんざい出来ないよ」



    6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/21(月) 22:43:05.11 ID:ocrivxv00

    安定の賢くないチカ



    【絵里「高坂絵里と絢瀬穂乃果、どっちがいいかしら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404905592/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 20:33:12.27 ID:MNrhCsyIO

    前作は
    真姫「暑い...」海未「えぇ...」
    です。
    話自体は繋がってるわけじゃないので前作は見なくても大丈夫!だと思う。





    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 21:56:53.48 ID:218UG2hj0

    部室

    海未「誰も来ませんね」

    真姫「そうね」ぺら

    海未「一年生組は何してるんですか」

    真姫「凛の勉強を花陽が見てるわ」

    海未「では3年生は?」

    真姫「受験勉強」



    5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 21:57:47.61 ID:218UG2hj0

    海未「そういった類の話しは無しと決めたでしょう!?」





    真姫「どうすればよかったのよ」ぺら





    6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 22:01:43.71 ID:218UG2hj0

    真姫「だいたいことりとほのかはどうしたのよ」

    海未「店番があるといって一人消え、衣装を作るといって一人消えました」

    真姫「...次は海未ね」ぺら

    海未「消えて欲しいのですか?」

    真姫「まさか、ただ順番的に次は海未だなーと思っただけよ」ぺら

    海未「大丈夫です。私は消えませんよ」

    真姫「海未....」......ぺら



    7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/09(水) 22:02:31.40 ID:218UG2hj0

    真姫「ただの暇人ってことよね」



    海未「いきなり核心をつかないでください」








    【真姫「ある夏の」海未「μ's」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406535849/l50

    1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 17:24:19.53 ID:TpyxvRMno

    短い予定です。



    千早「萩原さんがいつも『ひんそーでちんちくりん』と悩んでいるのを聞いていて、なんとか力になれないかと思っていたの」


    雪歩「そ、そうなんだぁ。ありがとう千早ちゃん・・・」



    律子「・・・千早は何を言ってるのかしら」


    春香「雪歩が反応に困ってますよ」





    3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 17:28:29.80 ID:TpyxvRMno

    千早「色々考えたんだけど、萩原さんは私より一つ年上だから、もう高槻さんのように『これからの成長』というのは、あまり期待しないほうがいいかもしれないわ」


    雪歩「はぁ・・・。そうだよねぇ・・・」


    千早「でも、諦める事はないわ。可能性はゼロじゃない!」


    雪歩「そ、そうかな。どうしたらいいのかな」


    千早「まずは食生活の見直し、適度な運動ね」


    千早「運動の方はレッスンもあるし大丈夫かも知れない。やっぱり食生活ね。牛乳は好きかしら?」


    雪歩「いえ、私はお茶の方が・・・」



    4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 17:32:35.33 ID:TpyxvRMno

    律子「・・・あれは、いつもひんそーひんそーと言っている雪歩への復讐?」


    春香「いや、そんな感じでは無いですよ。千早ちゃん、真剣に説明してますしね」


    律子「しかし、あんたが言うな。って言葉が出そうになるわね」


    春香「もう出ちゃってますよ、律子さん」



    5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 17:34:31.25 ID:3PXvUgbDO

    雪歩への復讐と嫉妬と八つ当たりだろ



    【千早「萩原さんの貧相なスタイルを改善しましょう」 雪歩「えっ」】の続きを読む

    このページのトップヘ